奥利根水源の森キャンプ場(07:00)⇒オートキャンパーズエリアならまた(07:50)⇒三峰の湯(15:00)⇒道の駅玉村宿(18:45)

奥利根水源の森キャンプ場の朝。
DSC_4531
我が家の定番の朝食、甘塩鮭とチンご飯と味噌汁。
DSC_4532
水源の森の周回道路を走ろうと思って出かけましたが、積雪のため通行止めでした。
DSC_4533
次回に持ち越し、紅葉の真っ盛りのウィークデイに来てみましょう。

今日のパドリングのならまた湖へ移動。
本来ですと例年通っている奥利根湖へ行きたいところなのですが、貯水率が59%と減水していて、これでは行っても仕方がありません。
ならまた湖はこの時期に珍しく100%と満水なのと、未訪問だったので行ってみることに。
DSC_4541
DSC_4537
ならまた湖も届け出制で、キャンプ場の「オートキャンパーズエリアならまた」が業務を代行しています。
受け付けは08:00からで、届け出を書いて駐車料金(500円)を支払って、キャンプ場内の立派なカヌーポートから出艇します。
DSC_4631
DSC_4542
素晴らしい快晴で、殆ど無風のなか出艇。
時計回りで一周することに(オートキャンパーズエリアならまたのPDF)。

[画像:500973c7-s.jpg]DSC_4543

ダムから正面のエリアは漣が立っていて鏡面にはなりません。
DSC_4545
国境稜線が冠雪しています。
DSC_4548
右岸の風裏に入ると鏡面になってきます。
DSC_4552
(地図上の)「エスケープ」
DSC_4553
「ウォール」、岩肌と紅葉が見事、残念なことに漣が立っています。
DSC_4560
「ジャイアントロック」、幽倉沢の滝へ。
DSC_4561
滝まで遡ることができます。
DSC_4564
DSC_4565
DSC_4567
DSC_4572
DSC_4578
DSC_4581
DSC_4587
DSC_4589
「小石沢」「大石沢」を辿って、本流の流れ込みを目指します。
DSC_4600
DSC_4609
途中の流木帯を抜けて、ちょっと探検気分です。
DSC_4613
DSC_4616
DSC_4618
陽当たりの良い上陸ポイントを見付けて、休憩&お昼で定番のカップ麺。
DSC_4619
小楢俣沢の「ジャングルクルーズ」
DSC_4622
DSC_4623
DSC_4627DSC_4629DSC_4630[画像:73141ec0-s.jpg][画像:b5d234cc-s.jpg]

途中、軌跡アプリが止まってしまいましたが、推定総距離は15kmと久々のロングパドリングとなりました。

紅葉(10)、満水(20)、晴天(20)、無風(15)、国境稜線冠雪(20)の奥利根地区錦繍漕行指数は85%とほぼ絶好で、大変満足しました。

本日の温泉は、奥利根地区のパドリングの帰りの定番の「みなかみ町営温泉センター 三峰の湯」(360円)。

プレハブの浴舎がなかなか素敵です。

DSC_4632

浴室の写真はNETから拝借。

こじんまりとしながらなかなか立派な内風呂と露天風呂です。

[画像:33196c6b-s.jpg]

カルシウム/ナトリウム-硫酸塩/塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)・無加水無加熱源泉トポトポ掛け流し・泉温/湯船:46.6/44and42、無色透明・硫化水素臭・微塩味・サラスベ・立ち寄り風共同浴場系。

高崎のスーパーで、ガリガリ君の新製品のリッチ温泉まんじゅう味、つぶ餡入りで予想通りの味ですが、結構好みです。

DSC_4633DSC_4634

本日のP泊は高崎近くの「道の駅玉村宿」です。