北海道から帰って、市谷の薬王寺の「風花」を訪れようと思っていましたが、ぼやぼやしているうちに骨折してその機会を失ってしまい、やっと歩けるようになって訪問することに。
さて、「風花」ですが元勤め先の先輩が3年前に開いたビールとワインと珈琲のお店で、街歩きの帰りの途中で訪れたり、ワインやビールの試飲会に招待されています。

大江戸線の牛込柳町駅西口からお寺横の狭い路地を抜けていきます。
DSC_3314
DSC_3315
DSC_3317
DSC_3319
DSC_3320
DSC_3322
DSC_3331
大谷石の石垣に蔦が絡んでなかなか良い感じです。
DSC_3330
DSC_3324
DSC_3325
ビール2種(Grolsch:オランダとStropramen:チェコ)と白ワイン(An:トルコ)一杯を頂きました。
DSC_3323
美味しいビールとワイン、軽めの昼飲みに丁度良い量でした。
お互いや共通の友人の近況や、お酒の話、楽しく過ごしました。

今日はもう一軒、新宿で外飲みを計画して、リハビリを兼ねて3km弱を歩くことに。
昨夜来の雨で金木犀の花びらが道路に固まっていました。
DSC_3333
DSC_3332
新宿へ向かう道すがら。
DSC_3336
DSC_3338
本日の外飲み2軒目、鰻料理の名店「新宿うな鐵」です。
DSC_3341
先ずは一番搾り、今日は気温が高く、歩いて乾いた喉に美味しいです。
(さっきのビールは何処に行ったんでしょうかね
DSC_3342
鰻の串一通り(9種)を注文しましたが、既にひれ、肝、レバーが売り切れで6種となりました。
どうもこの3種は回転と同時出ないと注文できないようです。
一品目のかぶと、ほろほろと柔らかく旨味とほろ苦さが良いです。
DSC_3343
右から、2品目の串まき:腹の部分で脂が乗っていて美味しい、3品目のしろばら:あばら骨近くの白身でさっぱり目。
DSC_3344
右から4品目のくりから:背中の部分、山葵を乗せて醤油を垂らして頂きますが、大変美味しい。
DSC_3345
DSC_3346
手前から5品目のばら:あばら骨近の赤身で少し血の鉄分を感じるような味、6品目のたんざく:蒲焼ですね。
DSC_3347
お酒を頂くことにして、出羽桜の櫻花と摘まみに骨からあげを注文。
出羽桜は定番の美味しさ、骨からあげもカラッと揚って、良い摘まみになります。
DSC_3348
鰻の柳川、これは平凡かな。
DSC_3349
お酒をもう一杯(銀盤、銘柄は不明ですが美味しい)とうざく。
ふわっとした鰻と蛇腹に切れ目を入れた胡瓜がとても良く合います。
DSC_3353
食事に鰻重上を二人で一つ。
柔らかな焼き上がり、たれは端麗、生の山椒と一緒に頂くと、とても美味しい。
DSC_3354
少しづつ、色んな鰻料理を食べることが出来て、大変満足しました。
何時もの昼飲みに比べると少々高くつきましたが、偶には良いでしょう。
ご馳走様でした。