アームチェアパドリングその2で「河川の水位の調べ方」を纏めましたが、今度はダムの水位の調べ方を。

ダムの水位は、川の水位と異なって、調べる目的はどれだけ高いか?、満水に近いか?、となります。
満水ですと、湖水面と植生が近くて水面に映る植物が逆さに映ってとても美しいし、またカヤックを湖面に浮かべるのも楽であるとかのメリットもあります。
水位が低いと、普段隠れている湖底が露になって綺麗ではありませんし、もともとダム湖固有の圧迫感というか閉塞感が強まりますね。
例で奥利根湖の水位(この場合貯水率)と風景(写真)を示してみましょう。

2015年10月19日 左俣の東コンボリ辺り 貯水率99%
ほぼ満水で紅葉した木々の間近まで湖面が上がって、見事な鏡面、綺麗ですね。
[画像:e010f10e.jpg]
2016年11月2日 右俣の深水滝 貯水率90%
このくらいだと、殆ど違和感はありませんね。



[画像:7fb78381.jpg]
2016年5月18日 右俣の深水滝 貯水率81%
満水時の湖面下の湖底が大分出ていますね。
[画像:2e3d0028.jpg]
?年 右俣の深水滝 貯水率25%(NETから拝借)
深部の湖底も出始めて、さすがに湖の清涼感が無くなっています。
[画像:9ccca934-s.jpg]

さて、水位は国交省の「国土交通省 水文水質データベース」で全国の主要河川(一級河川:国交省管轄)の水位は共通に調べられるのですが、ダム湖については「国土交通省川の防災情報」が似たようなサイトでありますが、全てのダムを網羅している訳でなく、国交省管轄のダムのみです(どうもこの2つのサイトは元は繋がっているらしいのですが、位置関係が判りません)。
①国土交通省 川の防災情報
スクリーンショット (12)
②ダムをクリックすると都道府県の表示
スクリーンショット (13)
③都道府県をクリックして、更に該当のダムのダムマークをクリック
スクリーンショット (15)
④矢木沢ダムをクリック、現在の情報が得られます(正し情報に限りあり、貯水率は見れません)。
スクリーンショット (16)
⑤過去の情報を求めるのであれば、「過去一週間のデータ」をクリックして。
スクリーンショット (18)
⑥更に「水文水質データベース」をクリックして
スクリーンショット (19)
⑦「任意期間ダム諸量」をクリックして
スクリーンショット (22)
⑧期間を設定してクリック
スクリーンショット (23)
これで2016年11月2日は、貯水率90%であることが判りました。
結構手間ですが、これでリアルタイム及び過去の水位が調べられます。

国交省管轄外のダム、例えば都道府県管轄のダムについては、個別にNETで引くしかないですね。
東京都が管轄の小河内貯水池(奥多摩湖)の例
スクリーンショット (24)
スクリーンショット (25)