先週の日曜日に釣った鰻を食べました。
6日間の養生後、氷水で仮死状態にして、専用まな板へ、実寸64cmでした。
[画像:fce0dafe-s.jpg]
捌いて、串を打って、タレも前回の冷凍分で今日の焼いた頭と中骨を煮出して、準備完了。
[画像:ec213a0b-s.jpg]
[画像:bdf18d51-s.jpg]
[画像:0d11e62c-s.jpg]
[画像:14a7401b-s.jpg]
[画像:f74f029d-s.jpg]
[画像:69c06cb9-s.jpg]
[画像:539b1e30-s.jpg]
[画像:fe28f862-s.jpg]
[画像:922a3006-s.jpg]
前回、上手く焼けた道具(卓上コン口と魚焼き器)で白焼きにして、直前にタレを3回塗りして焼いて、鰻丼に(焼き上がりと鰻丼の撮影を失敗して写真なし)。
[画像:88579524-s.jpg]
[画像:c518cae8-s.jpg]
[画像:6fd8d7e2-s.jpg]
[画像:e05f3c64-s.jpg]
皮と身に近いゼラチン状の部分の脂の美味しさ、身はホクっとして旨味の強い上品な白身魚のような味わい、普段食べる鰻とは別の美味しさです。
只、今回は焼きが甘かったのか皮のパリっと感が足りないような・・・、ちょっと残念。
3人分の小振りの鰻丼、ご馳走様でした。
次の目標は3人前の鰻重分を炭焼きで、ですね。