屈斜路湖和琴半島(10:30)⇒道の駅パパスランドさっつる(11:20)⇒道の駅しゃり(16:20)

屈斜路湖のトローリングを兼ねた早朝パドリングに出掛けました。
風もなく穏やかな湖面です。
DSC_2325
キャンプ場から時計回りに岸から100mから300mぐらいの間をトローリングしていきます。
DSC_2328
DSC_2327
image
時折小さなライズや大きな渦を描くようなライズがあったり、またベイトを追いかけているのか40cmオーバーの鱒がジャンプしている姿も見られますが、まだ当たりはありません。
流れ込み2本目(プリンススホテル近く)辺りで、相方が声高らかにFish on!!!
結構な引きを見せますが、手慣れた遣り取りで魚を寄せます。
30cmの銀毛の鱒、チミケップ湖で釣ったサクラマスに似ていますが、顔つきがほっそり優しい感じで、体高も低いので、ヒメマスではないかと。
DSC_2330
美しい魚体です。
DSC_2331
チミケップ湖の奇跡、支笏湖の確信、そして屈斜路湖の執念 ~「開高健」風~に・・・
相方の釣果ですが満足です。
ところでこの旅でキープした鱒の7本のうち6本は相方、私は動力(漕ぎ手)とタモ取りに徹することにします。
この後もう少し粘ってみましたが、再び当たることは無く、切り上げることにしました。

カヤックを干したり、雑用をして午前中を過ごし、道の駅パパスランドさっつるに移動。
ヒメマスのムニエルの昼食。
身が厚いので背開きにしましたが、何とも身が綺麗です。
DSC_2340
DSC_2339
image

焼くと美しい身の色が消えてしまって残念ですが、脂が乗っていながらさっぱりとした旨味で、これは美味しいですね。
ご馳走様でした。

少し休んで道の駅の隣にあるパークゴルフ場で遊ぶことに。
DSC_2343
ゴルフ場も貸し道具も無料です。
DSC_2342
誰も居ずに、貸し切りでした。
DSC_2348
DSC_2344

DSC_2347
1ラウンド、9ホール×2を楽しみました。
パークゴルフは20年くらい前に1回のみで、今回が2回目、二人ともこの手の競技に相当に不向きなことが改めて確認できました

この後は道の駅に併設された温泉に入って、コインランドリーで洗濯をして、休憩。
飲料水が無くなってきたので、斜里町の来運の名水を汲みに来運神社へ。
6月25日にも汲みに来ていて2回目、冷たく美味しくて、汲み易くて、本当に良い所ですね。
北海道はこのような水汲みスポットがあって助かります。
DSC_2349
DSC_2351
DSC_2350

道の駅しゃりに到着。
何と今日、明日で「第35回しれとこ斜里ねぷた」が開催されてとても賑わっています。
道の駅の駐車場も満杯で、やっと1台の空きを見付けて滑り込みました。
DSC_2355

さて、今日の夕食は久々の外飲みで道の駅からあるいて5分の所の「魚元」へ。
網元の女将さんが開いた居酒屋さんで、漁師に出していた賄い料理が基本で、お任せで料理が出てお腹が一杯になれば途中でストップを掛ける、そんな感じの店です。
DSC_2354
サッポロクラシックの生ビール
DSC_2356
ヤナギノマイの焼き煮(*、見た目がちょっと悪いが美味しい)と山蕗のきんぴら(*、山蕗は油が似合う)
DSC_2357
バイガイの塩煮(*、腸が残った時は手で殻を割って取り出す)ときゅうりの漬物
DSC_2358
ジャガバター(*、バター風味のジャガイモの煮っころがし)と毛蟹入り卵焼き(*、毛蟹の身がぎっしりの巨大な卵焼き)
DSC_2359
鮭のかまの焼き物
DSC_2360
浜茹で毛蟹一杯(*、枝幸産の毛蟹をさんざん食べて舌が肥えた身ですが、充分に美味しい)
DSC_2361
ハマボウフウのお浸し(*、野草の王様、セリと三つ葉を足して二で割ったような歯ごたえと香りが良い)
DSC_2362
漁師の賄いということで、結構豪快で甘辛のはっきりした味付けで美味しく頂きましたが、これでお腹は一杯になりました。
この料理と飲み物6杯でお勘定は7,300円、安いですね。
ご馳走様でした。

お店を出た頃、丁度ねぷたの巡行が始まりました。
青森ねぶたも弘前ねぷたも見たことがないのですが、知床斜里で見物することになりました。
斜里ねぷたは弘前ねぷたが伝わったので、ねぷたなんですね。
ねぷたとねぶたの違いを調べてみると、形状の違い(扇型と人形型)ではなく、地域での呼び名の違いのようですね。
北海道の短い夏にとても良く合っているお祭りでした。
DSC_2366
DSC_2389
DSC_2395
DSC_2396
DSC_2398
DSC_2399
DSC_2401
DSC_2403
DSC_2405
何とも盛り沢山な一日でした。