終日、屈斜路湖の和琴半島に滞在。

朝一番のアクティビティーで、屈斜路湖の和琴半島のオコヤツ地獄で温泉卵作りと朝ラーパドリングツアーです。

今日も晴れ間が覗く天気で、風もそう強くなく、本当に天候に恵まれていますね。
image

我が家はトローリングしながらパドリングしていきます。

和琴半島の岬を超えると向かい風が強くなりますが、大したことはありませんでした。
DSC_2278
image
image

オコヤツ地獄に到着、船でしか行けない絶景です。
熱湯がいたるところで噴出しています。
DSC_2280
image
98℃の温泉がボコボコと湧いているところへ卵を浸けます。
8分と5分、その後水に浸けて冷やす、をやってみました。
DSC_2281
5分(左)と8分(右)、8分は殻が割れて温泉が卵の白身の色を変えてしまいました。
DSC_2284
卵を割ってみましたが、私の好みは右の茹で卵風です。
仄かに温泉の風味がついたような、塩は付けなくとも美味しいですね。
DSC_2285
朝ラー(カップ麺)を頂きます。
環境のため!?、普段は飲まない汁もしっかり飲み、美味しく頂きました。
卵2個、2週間分ですね・・・。
DSC_2286
image
ご馳走様でした。
来たコースを取って返して帰ります。
DSC_2295
DSC_2296
途中、和琴半島の付け根にある和琴温泉の露天風呂に寄って足湯。
DSC_2299
image
DSC_2298
エントリーポイントに戻って温泉卵作りと朝ラーパドリングツアーの終了です。
image

image

旭川方面に移動されるTご夫妻とお別れして、我が家はTご夫妻お奨めの川湯温泉公衆浴場(250円)へ。
典型的な温泉銭湯ですね。
DSC_2313
DSC_2312
素晴らしい浴室と浴槽、向かって左が熱湯(無加水)、右が温湯(加水)になっています。
DSC_2302
熱湯、43℃くらいでしょうか、pH1.8と強酸性でピリッとした浴感です。
DSC_2306
温湯35℃くらい、加水されているのでしょうか、柔らかな浴感です。
DSC_2305
酸性/含鉄(Ⅱ)/硫黄-ナトリウム-硫酸塩/塩化物泉(酸性低張性高温泉)・無加熱無加水ドボドボ掛け流し・泉温/湯船:44/43、無色透明・硫黄臭・強酸味・ツルスベピリ・正統派温泉銭湯系。
250円、素晴らしい泉質、今回の北海道の温泉で尾岱沼の浜の湯とともに甲乙付け難い名湯ですね。

17時過ぎに、トローリングを兼ねた夕暮れパドリングへ出ました。DSC_2315
image
image
image
私のロッドにFish on!!!
タモをデッキに縛り付けたままでしたの、相方にロッドを渡して、タモを準備。
弱い引きで寄ってきたのは、残念、ウグイでした。
DSC_2316
image
流れ込みの近くに上陸して、流れ込み廻りをキャスティングすると、今度は相方がFish on!!!
結構良い引きでしたが、残念、大きなウグイでした。
DSC_2320
エントリーポイントに引き返す途中、私のロッドにFish on!!!、ウグイでない力強い引き、鱒でしょう。
オールが落ちそうになって、リールのハンドルから手を離してテンションが緩んだ一瞬、鱒がジャンプして針外れ・・・、うーん残念、30cm前後の鱒でした。
逃した魚、悔しい思いは残りますが、夕暮れパドリングを楽しみました。
DSC_2322

今日の夕食は、冷蔵庫整理メニュー、Tご夫妻に教えて頂いたセイコーマートのワンコインワインのG7シリーズのシャルドネ。
DSC_2324
G7シャルドネ、すっきり爽やかで、美味しいです。
ご馳走様でした。