歌登(08:15)⇒佐呂間町(12:00)⇒斜里町(14:40)⇒養老牛温泉からまつの湯(15:20)⇒屈斜路湖和琴半島(17:15)

ゆっくり休んで起きた朝、お風呂に入って朝食へ。
ビュッフェタイプで、素材も味付けも良く、美味しく沢山頂きました。
普段の3倍以上、どうして宿に泊まった朝食って美味しいんですかね。
DSC_2183

紋別市の「オホーツクラベンダー公園」、名前に釣られて寄ってみました。
これからのようでしたが綺麗に咲いていました。
DSC_2191
DSC_2185
DSC_2186
DSC_2187
DSC_2189
DSC_2190

北勝水産に寄ってお土産の「帆立チップス」を購入。
ついでにお昼に、帆立カレー(700円)に帆立バーガー(450円)を。
見た目通りの美味しさです、
DSC_2194
ご馳走様でした。

昨日までご一緒したKさんお奨めの「養老牛温泉からまつの湯」を訪れて、釧路川源流の出発点、中間点、終点の偵察もやって、和琴半島湖畔へ行くことにしました。
そのついでに、途中にある「神の子池」を訪れることに。
道道1115号線からダート道を神の子池へ。
DSC_2196
神の子池、ウィークデイですが結構なお客さんが居ました。
DSC_2197
曇天ですが、それでも池の青さが凄いです。
DSC_2198
DSC_2200
DSC_2202
DSC_2203

養老牛温泉からまつの湯に入湯。
DSC_2205
何とも素敵な湯舟、混浴です。
DSC_2204
女性・夫婦・家族優先の湯舟もあります。
DSC_2210
42℃くらいでとても気持ちの良いお湯です。
ナトリウム・カルシウム-塩化物硫酸塩泉(低張性中性高温泉)・無加熱加水ドボドボ掛け流し・泉温/湯船:79/42、無色透明・微硫黄・薄塩・サラスベ・正統派野湯系。
(泉質の表記は無かったので他の養老牛温泉から引用)
DSC_2206
地元の有志の方々が守り続けている野湯、有難く入湯させて頂きました。
昨年の台風で湯舟が流されてしまい、数か月の努力の末、復旧されたそうです。
このような温泉が何時までも続くことを願って止みません。

釧路川源流の偵察。
終点の美留和橋
DSC_2214
DSC_2212
DSC_2211
中間点の美土里橋
DSC_2215
DSC_2216
出発点の屈斜路湖流れ出しの胡桃橋
DSC_2217
DSC_2219
DSC_2218
国交省河川情報の弟子屈の水位は100.04mで此処1ヶ月くらいは変化がありません。
若干増水気味だった一昨年の7月5日の水位は100.17mなのでその時に比較すれば、水量は少な目ですね。
川下りするには良いコンディション、明日が楽しみです。

本日のP泊地の和琴半島駐車場について夕食。
カスベの煮付け、味覚亭の塩ホルモン、帆立の紐の佃煮、北海道らしい、何時にも増して茶色な食材と料理。
DSC_2220
ご馳走様でした。