終日、尾岱沼に滞在。

第57回尾岱沼えびまつりの第一日の朝、キャンピングカーが増えてきました。
DSC_1307
露店も準備
DSC_1308

お昼から祭りが始まりました。
DSC_1300

先ずは、地元の飲食店や漁協関連の露店でお昼を頂きます。
北海シマエビの天丼(700円)、あさり汁(300円)、帆立餃子(400円)、あさりラーメン(500円)と沢山頂きました。
いずれも美味しいのですが、北海シマエビ天丼が秀逸。
大ぶりの北海シマエビが丸のままからっと揚っていてとても美味しいです。
image

DSC_1309

さて、後で見て、「えび・あさりすくい抽選会」等のイベントの写真が全くないことに気づきました。
(明日、しっかり撮りましょう。)
その「えび・あさりすくい抽選会」は今日は1回で、相方と並び、私はえびで相方はあさりが当選。
抽選器(がらがら)で抽選しますが、あさり:えび:はずれは3:2:1ぐらいでしょうか。
あさりはスプーンで掬い(30秒くらい?)、えびはプラスティックの小さい駕籠で一掬いという方法でです。
本日の獲物、自分が掬ったのと+αのおまけがついて、結構な量になりました。
DSC_1318
DSC_1315

夕方1時間程、あさりの剥き身で岸壁からチョイ投げ釣り。
DSC_1312
釣果は30cm弱のクロガシラ(鰈)とカジカ、岸壁からチョイ投げ(10m以内)でこんな魚が釣れるなんて、さすが北海道ですね。
DSC_1314

本日の夕食は地の物と現地調達品で。
まずは祭りでゲットした北海シマエビの茹でと刺身、甘く、濃い旨味、歯応え良く、文句なしの美味しさです。
DSC_1317
同じく祭りでゲットしたあさりの酒蒸し、大きく身もふっくら、あさりの旨味たっぷりで北海道のあさり独特の美味しさです。
露天で買った花咲かにの(甲羅無し)甲羅焼きとむき身
DSC_1319
釣ったクロガシラとカジカを煮付けで、新鮮なので身が弾ぜてしまいました。
あらかじめ用意していたおでん、ちょっと多かったかも。
DSC_1320
ご馳走様でした。
魚介類中心で一見ヘルシーそうですが、いくら何でも食べ過ぎですね。