秋葉神社前キャンプ場(10:15)⇒松間橋(13:15)⇒秋葉神社前キャンプ場(14:45)⇒道の駅ふじおやま(18:20)⇒自宅(23:30)

気田川川下り第2日目の朝。
秋葉本宮下社にお詣りに。
下社の正式名称を()「遥斎殿」といい、山上の御本殿を遥拝する神殿とのことです。
ところで全国の800社に及ぶ秋葉神社の総本社です。
公式HPによれば
「御祭神は、火之迦具土大神()と申し上げ、伊邪那岐・伊邪那美二柱の神の御子で火の主宰神です。火の光は時間的、空間的に人間の活動範囲を拡め、その熱は人間に冬の寒さも克服させ、食生活を豊かにし、そのエネルギーは工業・科学の源になると共に、その威力は総ての罪穢れを祓い去ります。光と・熱と強いエネルギーを与えられたこの神は、文化科学の生みの親として畏敬され、崇められてまいりしました。」
とあります。
DSC_0663
なかなか良い雰囲気です。
DSC_0664
下社本殿、
DSC_0666
社殿横の巨大な鉄製「十能」と「火箸」、鉄鋼業者の奉納だそうです。
DSC_0665

本日も、昨日と同じ秋葉神社前キャンプ場から松間橋ゴールまでです。
DSC_0667
DSC_0668
DSC_0669
DSC_0670
高圧線下の瀬、我が家は瀬の前で座礁して、後ろ向きで降りてしまいました
DSC_0677
DSC_0678
快適な瀬が続きます。
DSC_0683
DSC_0694
少し操船に慣れたような気がしましたが、一寸油断すると、瀬の前で座礁してくるっと回ってしまい後ろ向きのまま背に入ってしまうことが、それと角度のついた曲折部でアウト側に振られて岸壁にぶつかることが何度も・・・。
やはりコース取りが難しいですね。
昨日より早くゴールに着いて、楽しい川下りの終了。
それにしても先達のベテラン勢が見守ってくれて安心です。
2日間、ほんとうに有難うございました。
気田川は6月1日より鮎の解禁で、10月までは川下りはお休みとのこと。
10月、ベストの水位で再訪したいものです。

秋葉神社前キャンプ場に戻って、皆さんにお別れをして、一路帰宅の途。
渋滞に掴まることもなく順調に走って、道の駅ふじおやまで休憩。
夕暮れの富士山が綺麗です。
DSC_0695

23:30、本日中に帰宅。
今回走行距離:653.9
燃費:8.52km/L
楽しい旅でした。