今週末の金曜日から日曜日は静岡県の天竜川水系の気田川で川下りを「カム郎」さん達と予定していたのですが、雨天の予報で来週へ順延となりました。
ふと気が付いて、調べてみると14日(日曜日)は白子玉ねぎ祭り、2014年から毎年訪れていたのにすっかり忘れていました。
天気は余り良くなさそうですが、取り敢えず行くことに。
05:30に出発して07:15に白子のお祭り会場に到着。
小雨がパラつく陽気で、お客さんの出足も例年に比較して少な目ですが、それでも08:00には300人くらいの行列です。
image

image

青の235/236、4色あるので940名分ですね。
image

バスで玉ねぎ畑までピストン輸送してくれるのですが待ち時間は1時間半から2時間くらいでしょうか。
その間、会場で玉ねぎ料理の試食や催し物で時間を潰します。
image

玉ねぎフライ
image

玉ねぎサラダ
image

玉ねぎスープ
image

白子町のゆるキャラ「げんき君」です。
image

予想通りの1時間30分でバスに乗り込み、玉ねぎ畑へ。
雨で畑がぬかるむかと心配したのですが、少し湿った程度でした。
image

今年の玉ねぎは玉が大きいですね。
小さな玉ねぎも探して隙間ができないようにナイロン袋に詰め込みます。
玉ねぎの茎を掴んで引き抜いて、茎と根を鋏で切り落として、泥を払って・・・、というだけなのですが結構楽しい。
image

8.05kg(左)と8.25kg(右)、去年は8kgを超えなかったので、まずまずです。
11:45頃会場に戻り、早々に帰宅の途へ。

お昼は、去年の白子玉ねぎ祭りの時と同じで印西市の武蔵野うどんの「鈴や」へ。
image

カレー盛り(800円、細麺)とカレーうどん(800円、太麺細麺合い盛り)と肉うどん(750円、細麺)を注文。
写真はありませんが、細麺は太麺、太麺は細麺を4本並べたくらいで箸で持ち上げるのが辛いくらいの重量感。
麺は武蔵野うどんらしくゴワっとしていてこしが強く、嚙むタイプ小麦粉の香りも強めです。
カレーうどんは細麺、太麺が熱でふっくらとしてしていて食べやすい。
カレーもりは、麺のしっかりしたこしを楽しむ感じで、つけ汁もカレーうどんの汁より出汁が効いています。
肉うどんは武蔵野うどん定番の豚バラ肉の汁ですっきりとした美味しさです。
image

image

相変わらずボリュームたっぷりでお腹一杯になりました。
ご馳走様でした。

本日の夕食は、収穫の新玉葱が主役。
玉葱ハンバーグ、オニオンスライス、玉葱とベーコンのスープ、他。
辛みが殆どなく、甘みが強く、真っ白(透明でない)で柔らかく優しい触感が特徴の新玉葱。
熱をかけても、生でもとても美味しい。
暫くは楽しめますね。
image

デザートに千葉県佐倉市の洋菓子店の「カーメル」のケーキ。
苺のタルト、ガトーショコラ、モンブラン、小ぶりですがなかなか濃厚。
皆美味しいのですが、モンブランの台がマカロン、食感と味わいが秀逸でした。
image

ご馳走様でした。