弘前市(終日)

今日は弘前公園の昼と夜の櫻を楽しみます。

朝食前の移動中に採った蕗の薹で、蕗の薹味噌を作りました。
DSC_9956
DSC_9958
DSC_9959
プレアデス号の中が春らしい蕗の薹の香りで一杯に。

本日の朝食は蕗の薹味噌と鰊の煮付け、何時になく朝食らしい朝食です。
DSC_9979
ご馳走様でした。

弘前駅前から直行バスで弘前公園の櫻朝の部へ。
染井吉野は八、九分咲きです。
DSC_9981
DSC_9980
色々な櫻の開花状況(4/25、一昨日)が掲示されていますが、これは良いですね。
DSC_9985
東内門をくぐって。
DSC_9988
日本で一番古い、樹齢135年の染井吉野だそうです。
染井吉野の寿命は50年から60年と謂われているので、本当に長寿ですね。
DSC_9989
DSC_9990
本丸方面へ
DSC_9991
下乗橋、此れより先は入園料(310円、1日有効)が必要となります。
DSC_9995
DSC_9996
樹齢100年から150年の枝垂れ櫻が沢山、見事な花付きです。
DSC_9997
DSC_9999
DSC_0001
DSC_0003
DSC_0007
本丸から覗いて。
DSC_0009
DSC_0011
日本一樹幹が太い染井吉野だそうです。
DSC_0017
DSC_0018
外堀をぐるっと歩きます。
DSC_0025
少し吹いた風で見事な花筏。
DSC_0027
特別解放された市役所の屋上から。
DSC_0030
櫻のトンネルを行きます。
DSC_0038
DSC_0044
DSC_0045
DSC_0047
櫻も染井吉野、小糸櫻(枝垂れ桜)、紅枝垂れ櫻、おかめ・・・と種類が豊富で、枝打ち等よく手入れされていて、とても美しい。
お堀、門、城壁、櫓と本丸、広場、岩木山の眺めと櫻、素晴らしい、今回の櫻小旅で一番の櫻林でした。

弘前駅に戻って、駅前の生鮮食品市場の「虹のマート」で昼食を購入。
DSC_0051
セロリのサラダ、人参のサラダ、納豆はんぺんフライとイガメンチ、海鮮の小丼、これで1,210円の中食(外食と内食の中間で)。
DSC_0054
美味しいく頂き、ご馳走様でした。

午後は少し休んで、アルブレイズ号で3km強のところにある温泉銭湯の「境関温泉」(380円)へ。
DSC_0057
image

ナトリウム-塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)・無加熱無加水源泉ドボドボ掛け流し・泉温46.5湯船42・緑褐色透明・微硫黄臭・微塩味・ヌルツル・立ち寄り湯風温泉銭湯系。
もっと鄙びた方が好みですが、自転車で行けるくらいのところとなれば、充分満足です。

弘前公園の櫻夜の部へ。
暮れかかりの時間が一番美しいように思うのは私だけでしょうか。
DSC_0061
日本で一番古い染井吉野
DSC_0063
DSC_0066
DSC_0068
ライトアップされた枝垂桜も格別です。
DSC_0075
DSC_0076
DSC_0080
風が弱くなって鏡面気味で素晴らしい景色です。
DSC_0090
DSC_0098
DSC_0101
夜櫻も満喫しました。