上田道と川の駅(08:20)⇒須崎市(11:00)

上田道と川の駅の朝。
DSC_9644

須崎の弁天さんの枝垂れ櫻や高山の枝垂れ櫻はまだ蕾なのですが、里の大日向観音の枝垂れ桜等は見頃を迎えているとのことで、須坂へ向かうことに。
3年前にまだ勤めていた頃訪れて、一本櫻巡りの楽しさに目覚めた地でもあります。

さて、須坂に向かう途中、18号線の長野市の上高田辺りに櫻が咲いた丘が目に付き、寄ってみました。
本日の櫻その1で「南向塚古墳」
DSC_9645
満開から散り掛けの櫻が綺麗です。
DSC_9647
DSC_9650

須坂市について先ずは、本日の櫻その2、須坂市五大櫻のその1「大日向観音堂の枝垂れ櫻」、シダレザクラ/樹齢250年へ。
2015年4月に須坂市と高山村の櫻巡りに訪れて、初めての一本櫻、2本の櫻が寄り添うように咲いて、感動しました。
別名、観音堂の夫婦櫻、私の櫻巡りを始めることとなった原点です。
先日、この櫻小旅の途中、TVでこの櫻が取り上げられ、今年の豪雪で1本倒れたことを知りました。
倒れたのは奥様のようです。
DSC_9656
DSC_9652
DSC_9653
3年前の在りし日の夫婦櫻、背景の緑の杉林から浮かび上がって、素晴らしい景色です。
image

折れた櫻の幹
DSC_9654
3年前と変わらない接待、沢山の漬物とお茶。
須坂の人々のおもてなし、巡る春の喜びをともに楽しむ風習、何とも素敵ですね。
DSC_9657

たまたまお話ししたご婦人のお奨めの櫻ポイントに行ってみることに。
本日の櫻その3「鮎川の堤の櫻」、ソメイヨシノ/、若くて勢いのある櫻ですね。
DSC_9658
DSC_9660

本日の櫻その4、須坂市の五大櫻のその2「長明寺の枝垂れ櫻」、シダレザクラ/樹齢400年。
DSC_9663
3年前は二分咲きでしたが、今日は満開です。
DSC_9664
DSC_9667

本日の櫻その5、須坂市の五大櫻その3「延命地蔵堂の吾妻彼岸桜」、エドヒガンザクラ/樹齢430年。
DSC_9671
古木ですが、勢いのある櫻です。
DSC_9668

本日の櫻その6、須坂市の五大櫻その4「洞入観音堂の枝垂れ差櫻」、シダレザクラ/樹齢不明。
3年前は蕾でしたが、今日は満開です。
DSC_9672

お昼は内食で、掻き揚げに山独活の煮付け添え蕎麦。
山独活の煮付けは大量に作りましたので、暫くは楽しめます。
DSC_9677
ご馳走様でした。

本日の櫻その7、須坂市の五大櫻その5「弁天さんの枝垂れ櫻」、シダレザクラ/樹齢250年。
一分咲でした。
池、弁天様、左右に松の古木、素晴らしいシチュエーションです。
満開は7日~10日後でしょう。
DSC_9682
DSC_9686
写真を撮られている方とお話をしましたが、3回訪れていて、何時も三分咲き以下だそうです。
私も何時か、満開で晴天の時、訪れたいものです。
DSC_9687
裏手の杏、良い匂いがします。
DSC_9685

本日の温泉は、高山村の山田温泉の「大湯」(300円)。
DSC_9688
浴室内の写真はNETから拝借。
浴槽、床、壁、天井、給湯システム、全てが檜造りで、天井も高くて、何とも素晴らしい。
特に窓の下の給湯システムは感動すること請け合いです。
image
ナトリウム/カルシウム-塩化物泉(低張性中性高温泉)・無加熱加水源泉ドボドボ掛け流し・泉温67.3/湯船43と40・無色透明(湯の華多量)・微硫黄臭・塩気/ダシ味・ヌルスベ・正統派遺産的共同浴場系。
私の中ではベスト5に入る共同浴場です。

臥龍公園の近くの駐車場にプレアデス号を停めて、本日の櫻その8「臥龍公園の夜桜」、ソメイヨシノ/。
散り始めで、八分咲き・二分散りといったところです。
完全に暮れる前の逢魔が時、夜桜が一番綺麗に見える時、だと思います。
DSC_9689
DSC_9691
露店が沢山出ています。
DSC_9693
DSC_9694
DSC_9695
花筏です。
DSC_9699
DSC_9701
強かった風が止んで、鏡面が出ました。
DSC_9724
名物(?)のみそすきまんとカップ酒。
DSC_9711
夜桜を堪能しました。

本日の夕食、鯉のあらの煮付け、かきなのお浸し2種(胡麻和え、辛子和え)、山独活炒め煮、牛肉の甘辛炒めと茹でキャベツ、殆ど地の食材です。
DSC_9725
ご馳走様でした。