道の駅みずなし本陣ふかえ(09:00)⇒島原(09:45)⇒島原街歩き⇒脇浜温泉(14:00)⇒長崎神の島公園(17:15)

昨夜来の雨が降り続いています。
結構暖かい朝なのですが、普賢岳頂上付近は冠雪していました。
DSC_8388
島原市に戻って、小雨の中、街歩きへ。
島原城
DSC_8389
DSC_8392
武家屋敷
DSC_8393
石垣の上に更に石が乗せている変わった造り、何かと思ったら。
DSC_8402
泥棒除けの置石というものだそうです。
泥棒が塀を乗り越えようとすると、石がガラガラと落ちてその音で気付くという仕組みです。
武家屋敷が公開されています。
DSC_8396
DSC_8395
DSC_8394
小雨の中、他にお客さんも居なくて、とても静かでした。
DSC_8407
次は街中の湧水へ。
しまばら湧水館、中で子供連れのご家族が寒ざらし作り体験をしていました。
DSC_8411
DSC_8412
四明荘、100年以上前に医師の別荘として建てられたものだそうです。
DSC_8413
DSC_8414
大きな池と一体となった素晴らしい邸宅です。
DSC_8415
DSC_8417
DSC_8418
「水屋敷」で寒ざらしを頂きました。
DSC_8422

DSC_8433
DSC_8424
DSC_8423
寒ざらし珈琲セット、寒ざらし小豆抹茶セット(計1,458円)を頂きました。
DSC_8427
小振りのこしのある白玉といった感じで、上品な甘さで清々しい。
ゆったりと休みながら、美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

長崎へ移動の途中、内食で天婦羅饂飩を。
お昼の内食は、スパゲッティか饂飩ですね。
DSC_8438

今日の入浴は、雲仙市小浜の「脇浜温泉共同浴場」。
「まっとうな温泉(西日本版)」の無料入浴券を使って、通常の料金の150円が無料となり、本代(東日本/西日本・合計3,600円)控除後の無料獲得総金額は7,170円となりました。
渋い外観
DSC_8444
渋い木のロッカー(?)
DSC_8440
何とも素敵な浴室と浴槽(写真はNETから拝借)
image

ナトリウム-塩化物泉(等張性弱アルカリ性高温泉)・無加熱加水源泉ドボドボ掛け流し・泉温98.5/湯船41くらい・無色透明・微硫黄臭・塩っぱ・サラスベ・鄙び共同浴場系。
入浴感が爽やかでよく温まりました。

小浜を過ぎた辺り「緑のトンネル」という看板に釣られて県道201号線を走ることに。
後で調べたら、NETに「春から夏の緑美しい頃にできる自然のトンネルです。 道の両側から緑豊な木々が生い茂り、まるでトンネルのようになることからこう呼ばれています。 以前は、小浜~愛野間を結ぶ鉄道として利用されていた温泉鉄道跡でもあり、道幅が狭いのが特徴です。 現在は、県道201号線として利用され、その涼しげな雰囲気が人気を集めています。」とありました。
場所によっては数百m待避所も殆どなく、対向車と出会ったらと思うと、冷や汗が・・・。
DSC_8445
DSC_8451
このトンネルは出口が見えるのですが、長くて途中曲がっていて先の見えない恐ろしいトンネルもありました。
DSC_8453
途中すれ違ったのは軽自動車1台だけ、助かりました。

長崎に当到着して本日のP泊は、神の島公園駐車場。
本日夕食は地の連子鯛の煮付け、地の鰤の刺身、鶏手羽・魚ミンチ・キャベツの炒め、今日も地の魚を美味しく頂きました。
DSC_8455
ご馳走様でした。