北東北の冬の旅第12日目。
道の駅十文字を出て、横手市増田へ向かいます。
CCCのメンバーの方からの紹介もあって、JR東日本の大人の旅倶楽部の吉永小百合のCMで有名になった「増田の内蔵」を見物することに。
増田朝市駐車場にプレアデス号を停めて、増田の「国の重要伝統的建造物群保存地区」へ。
DSC_7447
蔵の駅(旧石平金物店、無料公開)
DSC_7448
DSC_7455
JR東日本の大人の休日倶楽部のCMで有名なシーン。
床に吉永小百合さんが立った位置を示すテープが張ってあり、これは試してみるしかありませんね
DSC_7454
なかなか良い感じです。
DSC_7453
それにしても蔵の内部は美しいですね。
冠婚葬祭にも使われたのでしょうか。
DSC_7449
DSC_7450
蔵の外の屋内の調度も素晴らしい。
DSC_7456
古いタイプの「かまくら」が道に造られています。
昨夜の横手のようなよく見る「かまくら」の形は近年の物だそうです。
DSC_7460
日の丸醸造(有料公開)
DSC_7461
DSC_7462
何とも重厚な内蔵です。
吊るされている照明も素敵です。
DSC_7465
壁の通し柱の間隔が狭いのは贅沢な造りの証明だそうです。
蔵の駅の間隔より狭くなっていますね。
また、通し柱も床も漆が塗られていて、何とも美しい。
DSC_7467
蔵の真ん中の畳の部屋の欄間の細工、ため息が出ますね。
DSC_7468
DSC_7471
奥の板間、内蔵の広さが実感できます。
DSC_7469
試飲、相方には申し訳ありませんが、頂きました。
とても美味しい。
「まんさくのはな」の醸造元だったのですね。
DSC_7474
佐藤養助商店漆蔵資料館(無料公開、小泉五兵衛旧宅)
DSC_7479
大地主の旧宅で家も内蔵のとても立派です。
DSC_7480
ここも見事な漆塗りです。
DSC_7481
2階も公開されています。
DSC_7482
DSC_7483
DSC_7484
調度品も見事、
DSC_7485
何とも贅沢な家屋と内蔵でした。
今日は3つの内蔵を見学しましたが、増田には19の内蔵があるそうです(無料公開:7、有料公開:12)。
街並みも素敵ですし、実は次に行った施設も素晴らしく、再訪しようと思った次第です。

内蔵の通りから少し歩いたところにある「まんが美術館」。
増田は矢口高雄さんの出身で1995年に開設されたとのことです。
公式ホームページから、

「全国でははじめて「まんが」をテーマとした本格的美術館です。 郷土が誇る漫画家・矢口高雄氏(「釣りキチ三平」作者)のフィールドワークを紹介するとともに、マンガ文化の歴史や国内外の著名な漫画家の原画を展示したギャラリーを備え、マンガ単行本、週刊漫画誌も楽しめます。特別企画展では漫画家と読者の交流など、「マンガ」というジャンルに共通した「夢」「楽しさ」を堪能することができます。」
とあります。
DSC_7478
無料なので入ってみると、これが驚きで、真っ当でなかなか凄い施設です。
矢口高雄さんの展示スペースは当然のこと、日本の著名な漫画家の展示ブース(解説の肉筆の原稿や作品)が延々と続き、漫画の単行本や雑誌を収録した図書館まであって、時間があったら相当に楽しめそうです。
DSC_7476
DSC_7475

湯沢の「佐藤養助総本店」でお昼を。
稲庭饂飩の製造販売の老舗中の老舗の食事処です。
DSC_7489
二味せいろ(880円)とタイカレー二味セット(1,280円)を注文。
何とも美しい饂飩です。
稲庭風は良く食べますが、本物は初めてかも。
細くてつるんとしてとても美味しい。
一つの盛りが60gで、一人前は120g、見た目は少ないのですが、充分な量があって、食べ終わると満足します。
DSC_7490
ご馳走様でした。
食後は併設されている工場の見学。
捏ねた種の熟成室ですかね。
DSC_7491
伸ばした麺を更に細く伸ばしています。
DSC_7495
出来上がった製品の選別、全部手作業なんですね。
DSC_7494
稲庭饂飩が高いのが納得できます。

さて午後は日本海沿いに南下してにかほへ。
本日の温泉は「にかほ市温泉保養センターはまなす」(300円)。
DSC_7496
1号泉(掛湯)、2号泉(小浴槽、露天風呂)、3号泉(大浴場)の三種と贅沢な湯使い。
ナトリウム-塩化物強塩泉・源泉ドボドボ掛け流し・泉温?℃/湯船41~43℃・緑褐色(湯船)・石油臭/硫黄臭・し塩っぱ/ダシ・ヌルスベ・日帰り温泉系。
画像はNETから拝借。
image


本日のP泊は「道の駅象潟ねむの丘」。
本日はこの旅の3回目の外飲みで、象潟の「笑福」へ。
TVの「バナナマンのせっかくグルメ」(1月9日)で紹介されて、この旅で寄ろうと決めた店です。
道の駅から2.4kmの住宅街の中にその店がありました。
DSC_7497
DSC_7498
ビールの大瓶、薄はりのグラスで、とても綺麗に洗っているのかふんわりとして消えない泡立ち、美味しい。
DSC_7500
刺身盛り合わせ(鯛、北寄貝、鮃、海老、水蛸、ばい貝、〆鯖)、地の物盛り沢山。
DSC_7501
だだみ(真鱈の白子)の刺身、絶品。
DSC_7503
茶めばるに煮つけ、浅場の関東で謂うところの黒メバルですね。
とても美味しい。
DSC_7504
カキフライ、サクッと熱々、絶品。
DSC_7505
海老のガーリックライスのチーズ掛け、美味しく無い訳はなく、ボリューム満点です。
DSC_7506
いぶりがっこと大根のゆず風味の漬物を熱いお茶と一緒に。
DSC_7507
立派な突き出し(白滝の真鱈の真子の和え物、牛肉叩き、蒸し鶏のぬた)とのどぐろの塩焼きがあったのですが、写真を消してしましました。
訪問前は典型的な居酒屋かと思ったのですが、洗練されていて、少し遊び心もあって、小料理屋の趣もある店で、どの料理も大変おいしく頂きました。
飲み物はビールの大瓶×2、日本酒の冷酒300mL×2、お勘定は7,500円、安いですね。
ご馳走様でした。