次女の学校で作品展示会があって、小平市へ。
今回が最後の展示会となります。
入学したのがつい最近だったように感じますが、あっという間の4年間でした。
毎年の芸術祭と年数回の作品展示会を楽しみました。
東京の此方の方には来ることも無かったのですが、併せて色々な所を訪れることもできました。
何時もの玉川上水の遊歩道
DSC_6447
学校の正門
DSC_6480
入口で展示会全体の冊子が配布されています。
いつも感心するのですが、とても立派な冊子です。
image

DSC_6448
次女の学科の作品のポスター、一人一人に好きな色を選んでいるそうです。
DSC_6459
更に学科の小冊子(とても立派な)も配布されています。
image
HUE、色相、HUESで十人十色という意味を込めているそうです。
image
一人一人に見開き1ページで作品の紹介があります。
image

展示
DSC_6449
1484883767293
DSC_6454
DSC_6455
1484883782177
1484883775748
視覚伝達デザイン学科、油絵学科、日本画学科等を中心に、ゆっくりと3時間弱、観て廻りました。
DSC_6460
DSC_6461
DSC_6462
DSC_6463
DSC_6464
DSC_6465
DSC_6466
DSC_6467
DSC_6469
DSC_6470
DSC_6471
DSC_6473
DSC_6475
DSC_6477
DSC_6478
DSC_6479
なかなか面白く、大作も沢山あって、見応えがありました。

さて、歩き廻ったらお腹が空いて、少し遅い昼食を学食で。
カツカレー定食とMAU定食(各410円)、中年(初老?)の夫婦で食べる食事ではないような
DSC_6468
カツカレーを食べて、学生だった頃をふと思い出しました。
1970年代半ばで、食堂とは別に軽食コナーがあって、カレーが80円、カツカレーは110円ぐらいでよく食べました。
カツカレーを食べるとトロミの小麦粉とカツの揚げ油のせいか、大概胸焼けを起こすのですが、それでも食べたくなる美味しさがありました。
較べればここのカツカレーは上品ですね。
ご馳走様でした。

帰りに中野によって、月例の両親の墓参りに。
次女の所へ行くのと月例の墓参りを組み合わせていましたが、それもこれが最後ですね。