先日、「雑記帳@カヤック用品の改善(?)とパドリング調査」で取り上げた日本橋川・神田川パドリングのエントリーポイントの調査を、街歩きと兼ねて行うことに。

常磐線・千代田線で大手町へ。
大手町の地下道を歩いて、 日本橋方面へ。
DSC_6373
DSC_6374
実は、かって勤めていた会社の本社は昭和通りと八重洲通りの交差点(日本橋3丁目)にあったのですが、昨年12月にコレド日本橋の近くの貸しビル(日本橋2丁目)に移転したとの話を聞いて、ついでに見に行ってみました。
DSC_6382
このビルですね。
DSC_6377
エントランスまで入ってみました。
なかなか良い感じですね。
DSC_6376
私は37年勤務しましたが、会社は創業69年(多分?)、よく続いたものですね。
DSC_6375
近くの日本橋を覗きに。
DSC_6378
麒麟のブロンズ像、この下をパドリングすることになります。
DSC_6380
橋の袂に、「江戸東京湾再発見コンソーシアム」主催の舟巡りの発着所がありました。
DSC_6381

さて、日本橋川から支流として隅田川に流れる亀島川の霊岸橋から高橋にエントリーポイントがあるとのことで、調べてみました。
高橋のエントリーポイントらしき接岸用の階段。
しかし金網の扉に鍵が・・・・。
DSC_6384
反対側にも大規模な接岸施設(係留保管施設)がありますが、此処も施錠されていました。
東京都の持ち物(?)で契約した個人や団体だけが使用できるようですね。
DSC_6385
亀島川を全部歩いてみましたが、金網や塀を乗り越えないでエントリーできそうな場所はありませんでした。
NET上にはエントリー出来るポイントは多くあるような情報がありましたが、出来なくなったのか、カヤックごと乗り越えてエントリーしたのか、ですかね?。

もう一つのエントリーポイントの候補の佃公園奥の船溜まりへ行くことにしましたが、その前にお昼を、茅場町の焼き鳥屋さんの「宮川」へ。
11時45分ぐらいですが結構な行列が。
DSC_6387
から揚げ(880円×2)を頂きます。
本社に勤めていた頃、時折食べにきました。
最後に食べたのは「2014年4月1日」なので、3年弱振りですね。
手羽先(2つ)ともも(3つ)、からっと揚がって表面はパリパリで中は汁気たっぷり。
塩味が利いていてそのままでも、二杯酢に刻み葱をたっぷり入れて浸して食べても、美味しい。
ご飯と鳥スープも、相変わらず良いですね。
DSC_6386
変わらぬ味を楽しんで、ご馳走様でした。

佃大橋を渡って佃公園を抜けて船溜まりへ。
DSC_6389
DSC_6390
ここも水辺に降りられるスロープがありましたが、立ち入り禁止の柵が作られていました。
ここもダメみたいですね。
DSC_6391

しようがないので、中央大橋を渡って江東区の運河方面まで足を延ばすことに。
佃島から相生橋を渡ったところの小さな公園に、比較的に水辺に近い遊歩道があり、そのどん詰まりにスロープ状の浅瀬がありました。
DSC_6394
柵も低くてカヤックを下ろすのに好都合です。
DSC_6393
これなら干満に関わりなくエントリーできそうです。
DSC_6392
この公園にはカヤックを組み立てる場所も、車を着けられるスペースもあり丁度よいですね。
其処から800mぐらいのJR京葉線の越中島駅辺りにはコインパーキング(入庫最大24時間、1,700~1,900円)もあって、車で来ることも出来そうです。

この後は清澄通りから小名木川沿いに地下鉄の住吉駅まで歩きました。
有名な扇橋閘門、丁度通行する船舶があって閘室の扉が閉まるところでした。
DSC_6396

住吉駅から半蔵門線で北千住駅、常磐線で帰宅しました。
今日の歩数は27,138歩で19km、よく歩きましたね。