今日まで暖かい良い天気で、明日以降は冬型の気象となり冷え込むそうです。

買い物をアルブレイズK&H号で行くことに。
ふれあい道⇒戸頭⇒国道294号⇒ヨークベニマル⇒ふれあい道⇒ヤオコー⇒利根川サイクリングロード、といコースです。
ふれあい道
向かい風ですが、このくらいでしたら何とか。
DSC_6362
ヨークベニマル
DSC_6363
守谷の住宅街
DSC_6364
利根川サイクリングロード
北風を受けて快走。
DSC_6365
DSC_6367
利根川の水面、日差しを浴びて眩しく光ります。
DSC_6369
DSC_6370

帰宅
1時間34分の程良いポタリング。

本日走行距離:21.1km
累積走行距離:3,876km

アルブレイズK&H号と称している折り畳み自転車は、「サイクルベースあさひ」のオリジナルの自転車で 2011年4月に購入したものです。
私と相方で色違い(似ている色しかなかったが)を2台、ライトやチェーン等のアクセサリーを付けて総額で6万円程度でした。
アルブレイズを選んだのは、3万円以内、最も軽い、という条件からで、前輪16インチで後輪20インチの変則で、重量10.7kgを達成しているとのことです。
長年の酷使(でもないか?)で、不具合があればその都度修理、また定期的に注油等のメンテナンスをしていますが、大分ガタが来ています。
また、変速機は島津の6段(最も廉価)が付いていますが、ギア比が低めで、フラットな道ではそこそこの速度を出すためにシャカシャカと漕がなければなりません。
一生懸命走っても、1日でいいところ40kmぐらいです。
そんなこともあり、自転車の買い替えを考えていますが、タイヤサイズ:20インチ、シフト段数:外装8段、車重:12kg以下、価格:7万円(市価)以下を条件にしようと思います。
キャンピングカーのサイクルキャリアに掛けっぱなし、雨曝しでは、これくらいが限界ですね。
ここ2年ぐらい、この条件を満たすものを探してきましたが、結構少なく、「DAHONのSpeed D8」ぐらいでした。
この条件にぴったりなのが、2016年にブリジストンから発売されました。
CYLVA F8F」です。
タイヤサイズ:20インチ、シフト段数:外装8段、車重:11.6kg、価格:55,000円前後(市価)
ペダル一漕ぎで7.1m進むそうです。
一度何処かで試乗してみたいですね。
シルバ F8F に対する画像結果