道の駅恋人の聖地うたず臨海公園(06:30)⇒本島(08:50~12:40)⇒道の駅源平の郷むれ(15:00)

西への旅第16日目、瀬戸内国際芸術祭秋会期第3日目で本島へ。

道の駅恋人の聖地うたず臨海公園の朝。
DSC_4747
DSC_4746

今日のモーニング讃岐うどんは丸亀市の「よしや」(よしや)であつあつとひやひや、てんぷら(げそとカニ棒)、おでん(厚揚げとすじ)で910円、どんだけ食うんじゃい!?
DSC_4748
こしの強い噛むタイプのうどんで、あつあつの方が合っている感じですが、美味しく頂きました。
 
本島へ。
DSC_4754
DSC_4749
青空が広がり、今日も良い天気です。
DSC_4756
 平地の多いゆったりとした島で、良い雰囲気の古い街並みと作品の在り様がとても良く合っています。
美しい作品も多く、秋会期の最後にふさわしい島をゆっくりと楽しんで巡りました。
145:水の下の空(アレクサンドル・ポノマリョフ)
本日のNo2、大掛かりで美しい作品、如何にも芸術祭にふさわしいとといった作品です。
DSC_4758
DSC_4759
DSC_4760

DSC_4761
笠島まち並保存地区へ。
DSC_4764
美しいまち並み、豊かなしまだったのですね。
DSC_4766
DSC_4767
DSC_4769
DSC_4770
144:Moon Tunes(ツェ・スーメイ)
DSC_4774
DSC_4773
DSC_4776
146:善根湯(斎藤正✖続・塩鮑大工衆)
DSC_4780
DSC_4779
DSC_4783
近くの墓地、故人毎の墓が多数あり、不思議な風景です。
「本島には、亡骸を埋める「埋め墓」とお詣りする「詣り墓」を分ける「両墓制」という風習が今も残っています。」ということで、これは埋め墓のようです。
DSC_4785
143:産屋から殯屋(古郡弘)
DSC_4793
DSC_4794
DSC_4791
DSC_4796
141:威臨丸の家(眞壁陸二)
本日のNo1、美しい、とっても好みです。
DSC_4814
DSC_4809
光の使い方が素晴らしい。
DSC_4813
DSC_4811
142:そらあみ(五十嵐靖晃)
本日のNo3、春の沙弥島で観ましたが、本島に移ったのですね。
これも美しい作品です。
DSC_4818
DSC_4819
DSC_4820
早目のお昼代わり、蛸の天ぷらとコロッケ。
DSC_4824

高松に戻って、本日のP泊の「道の駅源平の郷むれ」にプレアデス号を停めて、夕方から高松の街歩きと外飲みで高松市のライ
オン通の「よって屋」へ。
DSC_4826
DSC_4827
DSC_4828
DSC_4829
DSC_4830
よって屋」、茹で地海老、骨付き鳥(オヤ)、豚キムチ、おでん、餃子とお酒少々(?)・・・で5,443円、安くて美味しい。
この旅3回目の外飲みでした。
DSC_4837
DSC_4832
DSC_4831
DSC_4833
DSC_4834
DSC_4835
DSC_4836
デザート?!
DSC_4838
DSC_4839
 
明日は直島再訪です。