高知市(09:45)⇒かわうその里すさき(10:30)⇒土佐久礼(13:30)⇒四万十市(15:45)

西への旅第9日目、高知市から四万十市へ。
台風18号接近中ですが、西へ移動。

洲崎のかわうその里すさき
DSC_4342
多田水産」で、鰹たたきシリーズその2として、藁焼きかつお塩たたきを頂きました。
DSC_4341
 美味しく、量もお値段も手頃で、朝のおやつに最適です(^^;。

須崎の街歩き、時折強い雨の中の散策、風流ですな・・・。
DSC_4344
DSC_4345
DSC_4351
DSC_4353
DSC_4354
DSC_4357
 四国ご当地ラ一メンその2の須崎鍋焼きラーメン「橋本食堂」へ。
鍋焼きラーメン(550円×2)、鶏出汁醤油スープ、のびない細麺、出汁を取ったあとのひね鶏とちくわ、落とし卵・・・、う~ん、好みです。
DSC_4346
 
次は土佐久礼の「大正町市場」へ。
 土砂降り中の散策、酔狂ですな。
DSC_4360
DSC_4361
このところの時化で店のほとんどがお休みでした。
DSC_4362
古風な氷の自動販売機、初めて見ました。
DSC_4364
DSC_4365

 四万十市へ移動、着く頃には雨があがり、風もおさまりました。
四万十温泉平和な湯で一風呂浴びた後、サンリバー四万十にプレアデス号を停めて、中村の街中へ散策&外飲みへ。
DSC_4369
 「味劇場ちか」で外飲み。

DSC_4370
なかなか広い板場の周りを囲むようにカウンターがある少し変わった居酒屋です。
DSC_4378
先ずはビール
DSC_4371
鰹塩たたき、明神丸、多田水産ときてその3です。
アサツキ小口切り、玉ねぎ、大蒜を盛って、ポン酢は周りに回し掛けている感じです。
酢みかんを掛けますが、鰹以上につまがとても美味しい。
これは真似してみましょう。
DSC_4372
手長海老唐揚、四万十川の定番。
DSC_4373
ちゃんばら貝、土佐食材の定番、身を取るのに時間がかかって、とても良い摘みです。
DSC_4374
清水鯖たたき、最後の半人前、とても美味しい。
ゴマ鯖なんですよね。
DSC_4375
擂り身揚げと茶碗蒸し
DSC_4376
鯨すじ煮込み、ふわふわした食感とクジラの脂の旨味が独特。
DSC_4377
新生姜と豚肉巻き揚げ、これは美味しい。
土佐生姜がこの辺の名産、真似してみましょう。
DSC_4380
焼き鯖すし、少し火が通りすぎかな。
DSC_4381
お酒も沢山頂いて、お勘定は8,000円弱でした。
美味しくて、安い、なかなか良いお店でした。
ご馳走様でした。

 明日から少し摂生します(本当?)。