自宅(05:10)⇒道の駅かつら(07:15)

今那珂川ダウンリバーパドリングから茨城県北芸術祭への旅に出ました。

今日は「道の駅かつら」のキャンプエリアで泊まって明日朝、舟戸⇒大瀬のダウンリバーの予定でしたが、道の駅かつらに着いてキャンプエリア下の那珂川を見ると、普段は殆んど流れの無い清流が濁流状態。
image

image

昨日の24:00まで大瀬上流の水位は変化が無かったので、昨夜半、上流域で強い雨が降ったようです。
今日も栃木・茨城は断続的に雨降りとのことで、残念ですが明日のダウンリバーは無理とは
判断して、ダウンリバーのメンバーのハラさんに連絡しました。
またの機会に、ですね。
ということで予定を早めて、茨城県北芸術祭に向けて常陸太田へ移動しました。

「道の駅ひたちおおた」、今年の7月に開設した新しい道の駅です。
展示会場の一つで、インフォメーションセンターもあって前売券をパスポートに交換して、公式ガイドブック(1,300円)を購入。
image

image

image

ビュッフェレストランの中に作品があり、食事を摂らないと観賞できないというのは、う~んですね。

鯨ヶ丘地区へ。
常陸太田の高台で、遠くから見ると鯨の背のように見えることから生まれた地名だそうです。
Dー14:Sings Memory(原高史)
image

image

image

梅津会館以外にも鯨ヶ丘の街中の沢山の建物で展開されています。
インタビューがなかなか味があって、読み込んでいると店の方と目が合って、照れくさそうな微笑み、良い感じです。
Dー11:イ/バ/ラ/キ(ニパン・オラニウェー)
image

image

image

image

本日の一番のお気に入り、気が遠くなりそうな大作、この手の作品に弱いです。
Dー15:Life Stripe(SPRED)
image

image

image

image

image

image

鯨ヶ丘の街並み、古い商店や石畳の小道、なかなか良い雰囲気です。
image

image

Dー13:リビングルーム(北澤潤)
image

image

image


Dー10:常陸のおお田守る竜神(國安孝昌)
image

image


旧常陸太田市自然休養村管理センター
これ以降、撮った写真がSDカードに落ちていないことが多々あり、写真が抜けています。
D-04~D-09
image

image

image

image

image

image

image


お昼は、常陸秋蕎麦の「天下野」へ。
image

image

もり(700円)、天婦羅(400円)、つけけんちん蕎麦(1,000円)を注文は
丁寧に打たれた美味しい蕎麦でした。
滑りが強く、好みですね。
けんちん汁は野菜の濃厚な旨味が出て、熱々で、蕎麦を浸けると蕎麦がふっくらします。
天婦羅もかりっと揚がって、2人で調度良い量です。
image

ご馳走様でした。

ふるさとセニター 竜っちゃん乃湯
D-02:庭にてー風と森(増田聡子)
image

image


本日のP泊は「道の駅ひたちおおた」です。
設備が素晴らしく、快適でした。

「茨城県北芸術祭」、第1回目の開催ですが、良い作品、運営も上手くできていますね。
明日は大宮と大子を巡りますが楽みです。