本栖湖(10:30)⇒甲府駅(13:45)⇒松本(17:30)

山梨県から岐阜県への小旅行第4日目。
この旅の第2のメインイベント、本栖湖パドリング。
ワイルドカード号(カヤックの愛称、4色でUNOのワイルドカードみたいという長女の呟きから)の進水色で2014年10月に訪れて以来、2回目です。
image

カム郎さんからの情報で、水位60cm下がって駐車場から出艇ポイントまで相当遠くなっていることで、カートにカヤックを括り付けてガタゴトと運びました。
image


7時15分に出艇、湖面の霧が少し動いています。
image

溶岩地帯まで偵察、相変わらず綺麗ですが、陽が差しませんかね。
image


早朝は霧で視界がありませんでしたが、なんと徐々に霧が晴れて、青空が広がり始めました。
image

image

image

早速、次女と相方、次女と私でシュノーケルセットを積み込んで溶岩地帯へ。
image

image

image

image

シュノーケリングは10数年振りです。
最初は水が冷たく感じましたが、慣れる気になりません。
水は凄く澄んでいて、沢山の公魚と鱒科の幼魚が良く見えます。
image

image

image

パドリングとシュノーケルで、たっぷり本栖湖ブルーを楽しみました。
image

image

本栖湖は手軽さと美しさでは、関東随一でしょうか?

カップ麺の早目のお昼を摂って、温泉でさっぱりして、次女を甲府に送り、相方と私はプレアデス号で松本へ。

今回の旅の外飲み、松本の「風林火山」へ向かいます。
「リパーク松本本庄1丁目(24時間700円)」にプレアデス号を停めて、ぶらぶらとお店へ。
image

image

生ビールと付きだし、枝豆、馬刺、山賊焼き、夏野菜の温サラダ、花オクラと金字草の天婦羅、ホル天(牛ホルモンの天婦羅)、ラムテキ、生ビールと地の銘酒3杯。
image

image

image

image

image

image

image

image

どの料理も真っ当に美味しく、ボリュームもたっぷり。
一寸ひねりの効いた料理もあって面白く、店員の接待もキビキビして気持ちが良い。
お客さんもひっきりなしに訪れて、満席を詫びていました。
勘定も安く、なかなかの名店です。
こんな店に出会うと、キャンピングカーの旅の「外飲み」が止められませんね()

ご馳走様でした。
今夜のP泊、とても静で快適でした。
image