札幌(08:45)⇒小樽(10:10)⇒余市(15:10)

さて本日も朝から強い雨降りの中、札幌から小樽、余市へ。
image

小樽公園に停めて散策へ、小樽には17年前に一度来たことがありますが、何か雰囲気が違うような・・・。
万華鏡やガラス工芸品やオルゴールの店へ入りましたが、販売品だけでなく、非売品のアンティークや芸術品のレベルの物の展示があって、なかなか見応えがありました。
image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image


ゆっくりと散策して、お昼は北海道のご当地&ソウルフードその4で「若鶏時代なると」の若鶏半身揚げ定食(1,000円)を頂くことに。
image

唐揚げグランプリ連続金賞受賞店だそうです。
因みに、新潟市の「せきとり」も金賞を受賞していました。
表面はパリパリで中はしっとりと揚がっています。
胸肉もパサつきはなく、なかなか美味しい。
只、少々塩っけが強いですね。
image

さすがに1人1枚は多くて、少し残して、夕食のお摘みに持ち帰りました。
ご馳走様でした。

ダメ押しの北海道のご当地&ソウルフードその5の「かま栄」のパンロール(216円)を。
image

是非食べたいと思っていた1品、練り物を薄い食パンでくるんで揚げた(?)もので、表面がサクで中はフワァで、これは味しい!!。
image

ご馳走様でした。

午後は余市に移動して、「余市川温泉」で入浴(440円)。
image

少しレトロな温泉銭湯で、良い感じです。


「道の駅スペースアップル余市」にプレアデス号を停めて、「ニッカウヰスキー余市蒸留所」の工場見学へ。
これで工場見学の打ち止めです。
素晴らしい施設と環境、案内の人の説明が上手くて感心しました。
竹鶴とスーパーニッカとアップルワインの試飲は、お薦め飲み方(トワイスウォーター、水割り、ロック)とソーダ割で頂きます。
う~ん美味しい‼
ソーダ割のアップルワインが一番美味しく感じてしまう、お子様並みの舌です()。
image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

素敵な工場見学を堪能しました。

今日のP泊「道の駅スペースアップル余市」です。
夕方、漸く晴れ間が、明日は天気が良くなりそうです。
image