道の駅月野夜矢瀬親水公園(05:10)⇒奥利根湖管理道路入口(05:55)⇒奥利根湖ダム駐車場(06:15)⇒奥利根湖エントリーポイント(07:10)⇒利根川本流(水根沢辺り09:40~10:10)⇒奥利根湖エントリーポイント(11:45)⇒川場温泉いこいの湯(14:15)⇒道の駅川場田園プラザ(15:30)


今回の旅のメインイベントの奥利根湖新緑パドリングへ。
パドリングの記録と併せて、昨年秋と今回のパドリングから、覚書や関連する情報も載せてみることにしました。

奥利根湖管理道路の開通時間の06:00に合わせて出発して05:55に着きましたが、既にゲートは開かれていました。
ダムの駐車場に着つくと、釣りのボートが5艇、シーカヤック1艇、出艇準備中でした。
我が家も管理小屋に行ってダム湖利用申請書(利用者氏名・住所、コース、帰着時間、緊急連絡先、等)を提出してその半券を受け取ります(帰着時に管理人さんに渡します)。
10日前までは貯水率98%前後だったのに、この一週間で毎日3%程度づつ低下して今日は81%、満水が一番ですが、まあなんとか許容できるぐらいですね。
image

ワイルドカード号組み立てて、エントリーポイントまで運んで出艇。
image
本日のパドリングコースは、右コース(利根川本流方面)で、20kmのロングコースです。
image

パドリングスタート、二股までまっすぐ北に漕ぎあがりますが、やや強い吹き下しの向かい風です。
DSC_0569
遠くにまだ雪の残っている国境稜線の山が見えます。
DSC_0571
左コース方向の国境稜線の山々。
DSC_0573
新緑と残雪の残る山、パドラーの間では、日本のユーコン、リトルカナダ等と謂われているそうです。
DSC_0614
本流方面(右コース)に入ると場所によっては風が通らない湖面も現れます。
DSC_0575
漕ぎ始めて1時間で休憩、お茶と甘い物を頂きました。
DSC_0578
新緑の鏡面、芽吹いたばかりの新緑が眩しいです。
DSC_0579
DSC_0581
DSC_0582
DSC_0584
DSC_0585
DSC_0589
割沢の対岸辺りにある万年滝、一年中見られる滝です。
DSC_0591
DSC_0607
DSC_0594
終点の利根川本流に近づいて、両岸が狭まってきます。
DSC_0596
水深も浅くなって、川のような様相になってきました。
船底に触れている足が冷たく感じるようになりました。
とても冷たい水が流れ込んでいるようです。
こんなところで落水すると数分で低体温症になってしまうでしょうね。
DSC_0597
DSC_0598
漕ぎ上がれるところまで行って終点、漕ぎ出してから2時間30分でした。
DSC_0599
DSC_0601
早いお昼、パドリングの定番のカップラーメンを頂きます。
カップラーメンはパドリングの時だけと決めていますが、何時ものことながら美味しい。
ゆっくりと休憩しました。
DSC_0603
さて、エントリーポイントに戻ります。
漕ぎ上がったところから、200mぐらいの川下り、結構楽しい。
DSC_0602
DSC_0604
DSC_0605
まだ吹き下しの風が吹いていて、追い風状態で快適にパドリング。
秋に来た時は風が吹き下しから吹き上がりに変わって、帰りが苦労しましたが、今日はとても楽です。
DSC_0608
DSC_0618
エントリーポイントまで1時間30分と相当早く帰ることができました。
DSC_0619
DSC_0621
往き2時間30分、帰り1時間30分、休憩30分、計4時間30分の楽しいパドリングでした。
昨年10月の錦繍の左コースに続いて新緑の右コース、この逆も良さそうです。
また来ましょう。

<奥利根湖パドリング覚書>
1.情報
1)「独立行政法人水資源機構 八木沢ダム 奈良俣ダム
 貯水率、ダム湖の映像(1週間毎、新緑や紅葉の時期の見極め)管理道路(冬季閉鎖)の開通期間・時間、奥利根湖の利用上の注意等の情報が纏まっています。
2)パドリング記録
以前私が調べた参考になりそうなblog(私の秋の記録も加えています)。
①春~夏
ユーコンに行ってきました、なんちゃって奥利根湖カヤックキャンプ」、「右か左か~奥利根湖~-IS-AMU log」、「奥利根パドリング
②紅葉
錦繍奥利根」「カヤックで紅葉狩り(奥利根湖)」、「晩秋の奥利根湖でカヤック」、「カヤック@錦繍の奥利根湖

2.注意事項他
1)湖上での通信
①湖上では携帯は繋がらない(と思われる)。
auは繋がりませんでした(DoCoMo、他は判りませんが)。
事故等が起こったら、無線機でも持っていない限り人が伝える他は方法が無いのでは…。
②位置情報(Yahoo!地図等)もスタートから二股までは表示されましたが、それ以降は表示が更新されない状態。⇒詳細な地図を必ず持参すること。
2)風について
秋春の2回のパドリングから、
朝から午前中は吹き下しの風となることが多いようです(2回とも吹いた)。
昼前後から、吹き上げの風が発生することも(秋は吹いた、今回は判らない)。
⇒可能な限り早く出発することが望ましいと思う。
3)パドリング速度
右コースや左コース等、長距離を漕ぐ場合、少々の向かい風でも4km/hrぐらいの速度で漕げる艇が望ましい。
4)動力船
動力船はカヤックやカヌーを認めれば減速して呉れるが、峡部は波が大きく返しの波も立つので、注意が必要。

カヤックを干して、畳んで、日帰り温泉へ出発。
当初は昨年の秋に訪れてとても気に入った「水上町営温泉センター 三峰の湯」に行ってみましたが、何と本日は臨時休業。
仕方がないので、本日のP泊予定の道の駅川場田園プラザの近くの「川場温泉いこいの湯」へ。
DSC_0622
DSC_0624
優しいお湯にゆっくり浸かり疲れた筋肉を解しました。


「道の駅川場田園プラザ」に到着。
道の駅川場田園プラザといえば、これです。
山賊焼(500円)と川場ビール(バイツェンとレッドエール、各430円)。
山賊焼は、肉の旨みが強くジューシーでボリュームたっぷり、川場ビールも濃厚で山賊焼に良く合います。
ご馳走様でした。
DSC_0626
お客さんも帰って静かになった夕暮れの道の駅。
DSC_0631
DSC_0632