北海道のキャンピングカーの旅で、湖や川で鱒釣をやってみたいと思っていました。
取り敢えずルアーフィッシングがどんなものか体験したくて、自宅から車で1時間ぐらいのところの管理釣場の「ウォルトンガーデン」へ。
NPO法人で一緒のルアーフィッシングやフライフィッシングのエキスパートの方が、先達をしてくれました。

ウォルトンガーデン
image

image

image

image

image

image

image

image

タックルは全て先達が準備、釣り方のレクチャーを受けて、実釣開始。
強風が吹いていましたが、この池は丘を背にして、漣が立つ程度でした。
魚の機嫌はやや悪く、ビギナーは苦戦。
それでも5時間で、ヒットは10で、上がったのは7匹でした。
使用ルアーはスプーン多種とミノー1種。
先達は、流石で、私の3倍以上上げていました。
管理釣場と謂えども、結構難しく、なかなか面白しろくて、楽しかったです。
入門者向けの、然程高くない、タックルを一式揃えて、もう一二度管理釣場に出掛けてみようと思います。

さて、此処の魚は食べても美味しいとの話しで、4本キープしました。
但し、フラシの口が緩んでいて、脱走されてしまい、先達に魚を頂く羽目に。
何から何まで、有り難うございました。

本日の夕食、虹鱒の塩焼きとアクアパッツァ風、他。
なかなか美味しい。
水分を飛ばすような料理法ができると、もっと美味しく頂けそうです。
image

ご馳走様でした。