焚き火会用の魚の調達に外房勝浦のフラシャーサビキ~槍烏賊を計画していますが、なかなか模様が良くなりません。
昨年もこの時期に、釣行して大真鯖と槍烏賊を楽しみました。
真鯖はぼつぼつ復調したようですが、槍烏賊は漸く「つ抜け」という状態です。
因みに「つ抜け」は、つが付かない初めての数字で10を超える、という意味で釣りので業界用語す。
1つ、2つ、3つ…、9つ

さて、この一年、焚き火会用の魚の調達を目論むと、大時化、ボウズのコースとなるのですが、今回はどうなることやら。

フラシャーサビキ用の竿の泳がせ竿に中型電動(6号700m)と槍烏賊用の槍烏賊専用竿に小型電動(3号400m)。
image


前回のメバル釣りでは、秘密兵器その1(赤い防寒アノラック)と秘密その2(赤いトランクス)でしたが、今回、秘密兵器その3で、築地の波除け神社の御守り。
image

image

25年くらい前、海釣りを始めた頃、頂いた御守りで、永らく行方不明になっていたのですが、先日釣道具を整理している時、見付けました。
期待しましょう。