取手(09:40)⇒道の駅下賀茂温泉湯の花(18:50)

思い立って、今満開の河津桜を観に、伊豆半島へ出掛けることに。
河津桜は、Wikipedia
「オオシマザクラ (Cerasus speciosa (Koidz.) H.Ohba, 1992 ) とカンヒザクラ (Cerasus campanulata (Maxim.) A.N. Vassiljeva, 1957 )の自然交雑種であると推定されている。
カワヅザクラの学名は Cerasus lannesiana Carrière, 1872 ‘Kawazu-zakura’」
「 1955年に飯田勝美が静岡県賀茂郡河津町田中で原木を偶然発見したことが由来である[1]。当初、発見者の飯田氏の屋号から「小峰桜」と地元で言われてきたが[1]、その後の学術調査で今までに無かった雑種起源の園芸品種であると判明し、1974年に「カワヅザクラ(河津桜)」と命名され[1]、1975年に河津町の木に指定された[1]。現在も原木はこの地に存在し、2007年現在で樹齢50~60年である。また、1968年頃からこのサクラが増殖されるようになった。」
とあります。
色々な処に河津桜があるのですが、古木を見たことが無く、不思議に思っていましたが、此で理由が判りました。

染井吉野より1~2ヶ月早く咲き、近頃は色んな処に植えられて、身近な桜になっています。
今年、3月中旬から積年の夢だった櫻旅を予定していますが、此に河津桜を組み込むことはできないので、今満開とのテレビのニュースを見て、思わず出掛けてしまいました。

さて、朝ゆっくりと取手を出発して、下道(国道6号⇒246号⇒1号⇒135号)をのんびり走って、河津桜その1「下賀茂温泉の河津桜」を目指します。
夕方に着いて、先ずは夜桜、翌朝早くに昼の桜を観ようという計画です。

伊東市辺りを走っていますが、大分陽が傾きました。
image


道の駅下賀茂温泉湯の花」に到着。
image


早速、夜桜見物へ。
image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

川沿いの土手の河津桜がライトアップされていていますが、周りに灯りが無いので鮮やかに浮かび上がって、なかなか綺麗です。
水面に映る桜も良い感じなのですが、残念ながらスマホのカメラでは上手く写りません。
4×3が私のスマホで、16×9は相方のスマホで、こちらの方がまだ良いですね。
ゆっくりと歩いて20分程、堪能しました。

少々身体が冷えて、道の駅に併設されている足湯に浸かりました。
少し熱めのお湯が気持ち良く、温まりました。
image

image

image


明日は、朝の内に下賀茂温泉の桜を一回りして、西伊豆の松埼辺りまで足を伸ばして、午後は、河津桜その2の「河津温泉の河津桜」を観る予定です。