"全国のビール工場見学をコンプリ一トしようその5 "で千葉県船橋市の「サッポロビール千葉工場」へ。
今まで、「その1:キリンビール取手工場」、「その2:アサヒビール茨城工場」、「その3:アサヒビール福島工場」、「゛その4:キリンビール仙台工場」、と訪れています。
今回は、初めてのサッポロビールの工場です。

取手⇒我孫子⇒新松戸⇒西船橋⇒津田沼と3回の乗り継ぎ。

津田沼着、さてお昼は「立ち食い蕎麦の名店シリーズその12」で「つだ沼そば」で頂きます。
image

ワンコインランチ(もりと小海老小天丼、500円)と掻き揚げそば(400円)。
image

麺:生麺/汁:出汁中庸・塩分低め/量やや少な目。
ロメオタモドキとしてはもう少し塩分高めが良いかな。
ご馳走様でした。

さて、JR津田沼駅からサッポロビール千葉工場まで、4km強の散歩(実際は6kmぐらい)。
image

image


谷津干潟公園」へ。
image


谷津干潟」、有名な処ですが初めて訪れました。
image

大きなエイが泳いでいました。
image


サッポロビール千葉工場が見えてきました。
image


工場見学へ。
スケジュールは、見学30分、ビール試飲20分。
有料で500円/1人です。
image

image

image

ビールはサッポロ黒ラベルのみ。
泡がクリーミーでとても美味しい。
注ぎ方のレクチャーで驚きの泡の作り方、残念なことに写真がありません。
ビール専用のコツプのお土産付きで、明日サッポロ黒を買って、やってみましょう。
image

ご馳走様でした。
サッポロビールで、工場見学ができるのはこの千葉工場と札幌工場と九州日田工場の3工場で、 千葉工場と 九州日田工場は有料、札幌工場は無料です。

工場の送迎バスで津田沼駅に戻り、JRで船橋まで行って、「坊ちゃん」で外飲み。
image

白ホッピー(セットとナカ1杯)と角ハイボール、煮込み、酢モツと突き出し。
image

レバー、テッポウ、カシラとナンコツ、タン。
image

シロモツ、棒つくね、フエガラミ、めんち。
image

串焼きを、美味しく、たっぷり楽しんで、4,018円。
ご馳走様でした。

帰宅して、駄目押しの家飲み。
image


本日の歩数、14,855歩、良く歩きましたね。