やはり「加波山神社」の「きせる祭り」に行くことに。

筑波山を越えて八郷の板敷峠から細い林道を4.7km、更に急で細いダートを1.2Km。
私よりも技術と度胸がある相方も、ビビるような道でした。
image


駐車場に車を停めて、加波山神社拝殿へ。
霧が立ち込めています。
image


加波山神社拝殿と加波山三枝祇神社拝殿、加波山頂上方面のたばこ神社へ続く道、何とも素敵な浴衣の人々。
image


本日の主役、長さ2.5m、重さ60kgという大煙管。
image


刻み煙草(と言ってよいのでしょうか?)を、詰める、詰める。
image


火を起こします。
image

火お越しは結構難しいようで、3回目に成功。

起こした火を大煙管の煙草に移します。
image


大煙管を加波山神社拝殿から山頂手前のたばこ神社まで険しい道を担ぎ上げます。
なかなかの見物です。
image

image

image


大煙管をたばこ神社に納めます。
御神酒ならぬ御神煙草(?)、私も3年振りに一服してしまいました()。
image


お祭りの参加者は40人ぐらいで、こじんまりとしてアットホームな、少し風変わりな、とても良いお祭りでした。
ユーモアたっぷりの宮司さんと、その御子息でしょうか、爽やかな若い禰宜さんもなかなかの好印象でした。
大いに楽しみました。

おまけ
火お越しと火移しの後、盛大な餅撒きがあり、お餅やらお菓子やらを沢山頂きました。
image