自宅(06:30)⇒七草(11:30)⇒野沢温泉(14:00)

思い立って、富山県の高岡の相方の母上と妹親子で長野県の野沢温泉へ行くことに。

下道で、草津経由で野沢温泉へ向かいます。

大津から草津温泉に向う途中の「蕎麦茶寮 なな草」でお昼を。
この店は2013年7月13日の「草津温泉旅行1日目」で訪れました。
image

サービスの突き出し。
image

天せいろう(石臼挽き十割、)
綺麗な細打ちで、喉越し良く、蕎麦つゆも甘味控え目で好み。
天麩羅も、モロッコインゲン、ズッキーニ、舞茸…等と、如何にも草津温泉らしい。
image

湯葉とじせいろう(挽きぐるみ、)
image

挽きぐるみらしいザラッとして強い滑りのある食感、噛む蕎麦。
湯葉とじのつけ汁は濃厚で挽きぐるみの蕎麦と良く合います。
2年振りですが、とても美味しく頂きました。
少々値段が上がっていましたが、致し方ないですね。
ご馳走様でした。

途中、「道の駅あがつま峡」と「道の駅花の駅千曲川」に寄って果物を購入。

野沢温泉の「野沢温泉ホテル」に到着。
image


先ずは一風呂浴びます。
18時に交代になりますが、旧女性風呂(?)。
内湯
image

露天風呂
image

含硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)・源泉トポトポ掛け流し・無色透明・硫黄臭・卵味・ツルスベ系。
柔らかくては良く暖まります。
とても良い温泉です。

野沢温泉はなんといっても外湯巡り。
気持ち程度のお賽銭を持ってスタート。

外湯その1松葉の湯
image

温泉卵の湯桶
image

温泉の洗濯場
image

素敵な湯室と湯船
image

不揃いな組石が素晴らしい。
image

長い年月、地元の方の当番で維持管理されてきたのですね。
image


外湯その2真湯
image

エメラルドグリーンがかった濁り場。
image

image


外湯その3熊の上寺湯
image

image

外湯は総じて温度が高めですが、ここは激熱でした。
15時頃で、入浴する人がおらず、温度調整がされていなかったようです。
誰もおらず、入浴した形跡もないと、大概熱いというパターンですね。

外湯その4熊の手洗い湯
image

ピカピカで出来たばかりで混んでいました。
何と今日が新築落成記念だそうです。
image

何かと思ったら、その催し物の流しそうめん、本格的です。
振る舞い酒を誘われ、雨宿りがてら頂くことに。
image

水尾という美味しい地酒をたっぷり(2人で5杯)、胡瓜や売り物の焼き鳥までご馳走になる始末。
間が悪いことに、小銭にしか無く、賽銭箱にほんの少しの寄進しか出来ません。
う~ん、申し訳無し。

母上と妹親子が到着して、夕食。
食事処で頂きます。
image

これに蒸し物、冷やし鉢、鮎の唐揚げ、ご飯と味噌汁、果物と飲み物(瓶ビール大と冷酒、振る舞われた水尾です)。
美味しく、量も丁度良く、満足しました。
ご馳走様でした。

少し休んで、散歩と外湯へ。
まだ開いている店もあり、如何にも温泉街らしい雰囲気で良いですね。
image


外湯その5河原湯
image

image


外湯その6大湯
image

image


2つの道の駅で買った果物。
image

葡萄の「黒いバラード」、桃の「黄金桃」、ネクタリン。
黒いバラードは香り高く、甘味酸味のバランスよく、種無しで皮も柔らかく、丸ごと食べてとても美味しい。
黄金桃は、サクサクした歯ごたえ甘く、桃の味が濃い。
今年初めて「ワッサー」を食べて大変気に入りましたが、これはそれ以上かも。
傷物のB級品とは言えこれが80円とは驚きですね。
ご馳走様でした。