道の駅湯西川(05:45)⇒喜一(08:00)⇒五色沼入り口(10:45)⇒裏磐梯高原駅(12:00)⇒小野川湖畔の家へキャンプ場(12:35)

朝食抜きで走り出し、昨年6月に訪れたラーメン屋さんの「喜一」へ朝ラーを頂きに。
image

待っているお客さんが沢山、1時間くらい待ちそうです。
sioラーメン(500円+消費税)と熟成味噌ラーメン(750円+消費税)。
image

前回はsioラーメンと熟成醤油ラーメンだったので、今回は熟成味噌ラーメンを頼んでみました。
山塩を使ったsioラーメンは、前回と変わらず、とても美味しく、これが500円というのは一寸驚きです。
熟成味噌ラーメンは濃厚で程良い旨味、今まで出会ったことのない、結構個性的なラーメンです。
朝ラーとしは少し食べ過ぎのような気もしますが、大変美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

さて朝ラーを消費するために、裏磐梯の五色沼を散策することに。

裏磐梯高原駅にプレアデス号を停めて、バスで五色沼入り口まで行って、そこから散策路を裏磐梯高原駅まで歩くという予定です。

バスは1960年代のボンネット型でした。
レトロバスと称して、土日とお盆休み等のシーズン、周遊バスとして運行しているそうです。
image


毘沙門沼
image

ここの鯉は、何か野性味というか凄みがあります。
image


赤沼
image


小さな流れ、緑の散策路。
image


深泥沼
image


竜沼
image


弁天沼
image


青沼
image

葉(?)が白い木、何でしょうかね?
image


瑠璃沼
image


柳沼
image


1時間15分程の気持ち良い散策、楽しめました。
少しは、朝ラーを消化できたでしょうか。

小野川湖畔の家キャンプ場」に到着。
image


2泊の予定ですが、本日は満杯だそうです。
プレアデス号を停めて、タープを張ってもまだ余裕があります。
image

料金は、1,100円/1泊・1名で、今回2名2泊で4,400円と、とてもリーズナブルです。
image

設備は古そうですが、綺麗に手入れ、掃除がされています。
管理人さんは、お若い方ですがとても良く気が付く方で心地良く対応して頂きました。
今年7月初めに訪れましたが、以来お気に入りです。

出艇します。
雲があり、切れ間から青空が覗いたり、小雨がぱらつくお天気ですが、上々です。
image

右手の流れ込みに寄り道して、時計の逆回りで、対岸の庄助キャンプ場を目指します。
向かい風が吹いています。
image


流れ込みに上陸。
image


綺麗ですね。
image


小島の風下側で小休止。
image


庄助キャンプ場に近づいて、小島が多くなりました。
変化があって楽しいですね。
image

image


庄助キャンプ場を近くに見て、左岸沿いの帰り道、追い風に乗ってスピードが出ます。
image


2時間ちょっとのパドリングでした。

snow peakのソリッドステークと東京トップのロックハンマーと赤蜻蛉。
image


夕暮れ
image

image

image