道の駅小坂田(05:30)⇒豊科運動広場DRスタート(10:15)⇒白金橋・事故(10:30)⇒カヤック回収(13:50)⇒豊科運動広場(15:00)

今回の旅の第1目的は、「ハラさん」と「カム朗さん」との明日7月25日の万水川-犀川DRです。
このコースは昨年の「10月31日」に初めてのDRでしたが、この時期の状況、また一昨日・昨日の雨で増水気味なこともあり、本日偵察で下ってみることにしました。
昨年は、大王わさび農場下流の各川の合流以降は、余裕が無く、大雑把な記憶しかありません。
念のため、下る前に、犀川橋と木戸橋から流れを観察しましたが、川幅が広くなっているくらいで増水による特別な大きな瀬等は無いように見えます。
これ以外には、ここ2週間の万水川と犀川の「水位」と「ライブ映像」を観察しています。

私のシングルで下り、相方は車で回送と撮影を担当することにしました。
豊科運動広場をスタート。
image


快適に下ります、楽しい。
image

image


スタートから2km弱の白金橋の橋脚にカヤックの張り付き事故。
image


何故、こんな小川のようなストレートの川の橋脚に張り付いたのか?
当初は広い左側を抜けるつもりでしたが、直前に右側からに変更しようと思い、軽く右に回るつもりがパドルを深く入れてしまい角度がついて、さらに右側から用水路が合流して強い流れが出来ていて、カヤックが横になって橋脚に当たりました。
ほぼ流れに直角になりカヤックの右側が少しずつ下がり、コックピットに流水が入り始め、コックピットの開口部が垂直になり、カヤック全体が逆くの字となって、完全に張り付きました。
私はコックピットに入ったままでしたがコックピットの開口部は変形せずそのままでしたので簡単に脱出することができました。
カヤックを動かそうとしてみましたがビクともしません。

カヤック撤去の顛末の概略

・相方に連絡を入れ、到着(水濡れで通話不能となり、通りがかりの方の携帯電話を借りて)。
・張り付いたカヤックで二次の事故が起こる可能性とカヤックの撤去等を相談するために警察に通報。
・警察官の到着、状況確認と撤去作業チームの紹介。
・私から撤去作業をして頂ける方に連絡を入れてお願いする。
・警察官が退去。
・撤去作業のチームが到着して、調査を行い、撤去。
・カヤックを解体して、プレアデス号に積載し、白金橋を退去。
・この間川下りで通過されたのはラフティングボート一艘(だと思う)。

撤去作業チームは3名で、撤去作業そのものは40分程度、とても手際が良く、驚きました。
皆さん頼もしく、親切な方々で、本当に助かりました。
(うっかりして皆さんのご所属とお名前を伺うのを忘れてしまいました。大町のアウトドアスポーツのコマーシャルのクラブの方々のように伺いました。)
調査と回収方法の決定。
作業、カヤック先頭部にテープを巻き付け。
口一プと滑車でカヤックを橋脚より引き剥がし。
image


カヤックの損傷。
キールのポールが中央部分で折れ、その他の4~5本のポールが曲がり、でした。
カバーは問題は無いようです。

事故を振り返って。

カヤック操作技術が未熟で、また基本を疎かにしたことが原因で、事故が如何にして発生するのかを実感しました。
また、この様な危険に対する備えも欠如していました。
もう幾つか偶然が重なれば、逆向きに張り付く、あるいはコックピットの開口部が変形して脱出できない等の重大な事故になった可能性も否定できません。

通りがかり方、警察官の方、撤去作業チームの方に大変お世話になりました。
改めて深くお礼申し上げます。

このようにして、1日が過ぎていきました。

さて、夕刻から「ハラさん」と「カム朗」さん、また近くにいらした「EPPEL」さんもいらして、楽しい一時となりました。

明日は、「ハラさん」、「カム朗」がDRして、私はサポートにまわります。