小野川湖畔家キャンプ場(06:00)⇒まこと食堂(07:10)⇒ひかり農園(08:00)⇒郡山温泉(09:45)⇒本宮市⇒徒歩⇒アサヒビール福島工場(14:45)⇒JR五百川駅⇒JR本宮駅⇒本宮市(17:30)

4時起き、相変わらず強い雨が降っています。
5時過ぎまで待っても雨が止まず、今日の予定が詰まっているので、カヤックを畳んで出発の準備をすることに。
う~ん、残念、こんなこともありますね。
image


昨年5月以来、久々の朝ラー、喜多方市の「まこと食堂」へ。
image

中華そば(650円)x2を注文。
image

しみじみと、美味しい。
麺、具材、スープ、少し強めの化学調味料の使い方も含め、オーソドックスな喜多方ラーメンなのでしょうね。
昨年の「喜一」は寧ろ、新しいタイプの店なのかもしれません。
ご馳走様でした。
朝から高カロリ一、せっせと運動しなくては。

さて次は「ハラさん」推薦の「ひかり農園」を初めて訪れ、食材を調達。
休業日(昨日)明けの早期で、海鮮の食材が未だ届いていないとのことで、残念ですが、馬刺(200g、1,000円)、煮込み用の馬肉(1kg、700円)、三角揚げ(特大3枚、298円)を購入。
物が良さそうで、何しろ安いですね。
今日の晩ご飯が楽しみです。

郡山市で温泉を探して、「郡山温泉」(400円)へ。
アルカリ単純泉・源泉ドポドポ掛け流し・無色・無味・無臭・サラリ系。
5月の櫻旅の時の「月光温泉クアハイム」もそうでしたが、郡山の立ち寄り温泉はレベルがとても高いです。
image


本日のメインイベントの全国のビール工場見学をコンプリ一トしょうその3で、アサヒビール福島工場の工場見学へ。

本宮市の某所にプレアデス号を停め、工場へ、運動を兼ねて、往きは徒歩で、帰り
はJRで工場最寄りの五百川駅から本宮駅、本宮駅からまた徒歩で、という行程です。

アサヒビール福島工場への長い道のり。
本宮市の某所からJR本宮駅方面へ。
image

本宮駅から五百川駅へ。
image

畦に泥鰌が沢山います。
ふとと見ると田螺も…。
今夜のつまみに採取。
途中のス一パーで軽い昼食も。
水物は摂らずに、我慢。
image

漸く工場が見えてきました。
image

途中、不思議な、シュールな花の蕾。
image


工場見学です。
image

15時のグル一プは5名でした。
工場見学の内訳は、説明・見学:40分、試飲:20分。
長編の映像説明はなく、工程毎に短い映像で説明と茨城工場とは異なっていました。
説明は工夫があってとても判りやすいです。
黒ビールは麦芽を強めに焦がして、黒い色と風味を付けるということを知りました。
同じ会社であれば、映像も説明も一緒かなと思っていましたが、そうではないかもしれません。
尚、見学の工場内の撮影不可は同様。

水物を我慢して喉がカラカラで、試飲タイム。
試飲のビールの量、品種は同じでした。
ス一パードライ、×2。
image

エクストラコールドのス一パードライ(左)と
ス一パードライプレミアム(右)
image

ス一パードライプレミアム(左) とス一パードライブラック(右)
image

10km近い散策と我慢のお陰で、泣けるほど美味しく頂きました。
全国のビール工場見学をコンプリ一トしよう、なかなか楽しい。
次回が楽しみです。

さて、本宮市の某所に帰ります。
先ずはJR五百川駅へ。
image


田螺の佃煮風。
洗って、茹でて、身を取り出し、甘辛く炊き、ます。
image

本日の夕食。
ひかり農園の馬刺、美味しい!!
田螺、少しジャリジャリしますが、そこそこ美味しい()。
image

ご馳走様でした。