道の駅安曇野松川(07:30)⇒中村公園(08:15、自転車デポ)⇒豊科長野県民運動広場(09:15)⇒万水川・カヤック⇒大王わさび農園(09:45)⇒犀川・カヤック⇒中村公園(11:00)⇒自転車⇒豊科長野県民運動広場⇒中村公園(12:30)⇒凌駕Ninja(13:15)⇒松本城(15:45)⇒浅間温泉・ホットプラザ浅間(17:30)⇒道の駅アルプス安曇野ほりがねの里(18:45)

道の駅安曇野松川の朝です。
天気予報は更に状況が悪くなって、本日は曇りで明日からの三連休は雨とのこと。
今日の万水川までで、小滝の高浪池(日本のヨセミテ)は別な機会に持ち越しですること。
image

北アルプス連山
image


万水川下りの終点の犀川の中村公園下の河原に、アルブレイズH号をデポしました。
image

豊科長野県民運動広場でプレアデス号を停めてカヤックを組み立てます。
image


エントリーポイント、この辺りは 町中の用水路といったようは冴えない感じです。
image

万水川下りのスタート。
image

小さな瀬というか段差がありますが、何事もなく快適に下っていきます。
image

image

image

20分程下っていくと三連の水車小屋を見えると右から川が合流してきます。(下流から見ています。)
image

この川を漕ぎ上がるのですが、結構流れが強くて苦労しました。
観光客に見られて恥ずかしい。
image

ワサビ農園の上流まで200mぐらい遡って、また水車小屋まで戻ります。
image

水草が綺麗です。
image


カヤック専用の上陸ポイントが造られていて、そこから上陸します。
大王わさび農園の一画で、カヤックで来る人も客として迎入れるということですね。
image

わさび田
image

定番のわさびソフト
image

わさびコロッケバーガー、わさびの茎と肉が沢山、わさびソースとわさびマヨネーズを掛けて頂きます。
image

わさび感たっぷりで、美味しいです。
御馳走様でした。
葉山葵が500円で沢山だったので買いました。
熱湯を掛けて漬け込むのが家のレシピだったのですが、辛みを引き出すレシピを貰って試してみることに。

川下りを再開。
image

万水川の本流に戻り、更に下ります。
image

この辺りは釧路川源流に似ていると言われるそうです。
image

支流を集めて瞬く間に大きな川になってきます。
image

穂高川、高瀬川、梓川が合流して、犀川に。
image

image

image

この後の写真はありません。
結構大きな瀬で水を被ってびしょ濡れ、複雑な流れと渦、浅瀬で船底を擦る、等々、ドキドキものでした。
中村公園下の河原で上陸して、相方はカヤックを干して、私はアルブレイズH号で豊科長野県民運動広場へプレアデス号を取りに10km程走り無事終了。
前半はのんびり、快適、後半は結構スリルがあって(強がりです)、とても面白かったです。
生憎の曇り空で、晴れたらもっと良かったでしょうね。

びしょ濡れで体が冷えました。
お昼はラーメンを頂くことに。
豊科の「凌駕Ninja」へ。
image

煮干し醤油セット(豚飯付き、850円)、こってり醤油(780円)、餃子(380円)。
image

丼が変わっています。
冷めにくくする工夫のようですが、そのせいか見た目以上に熱々です。
煮干しもこってりもスープ良く、麺もそれぞれ縮れ細麺と中太麺とスープに良く合っていて、チャーシュー・メンマも良し。
美味しく頂きました。
御馳走様でした。

松本へ街歩きに行きました。
松本城
image

image

松本城から松本駅へ。
image

image

image

image

image

image

大きな振り子時計
image

素敵な街並み、この時期でも花一杯で、街ぐるみで美化に取り組んでいるのですね。
春の須坂といい長野の県民性なのかもしれません。

本日の入浴は、浅間温泉・ホットプラザ浅間(650円)へ。
泉質良く、温まりました。
image


本日のP泊は「道の駅アルプス安曇野ほりがねの里」です。

本日、アクセスが9,000を超えました。
お越し頂いた皆様にお礼申し上げます。