大阪出張の恒例の天神橋筋六丁目の居酒屋参りです。
たまには新しい店にも行ってみようとなりまして、「大阪・関西のB級グルメガイド」を参考に「泰三屋」へ。
道すがらの天神橋筋六丁目の飲み屋街その1。
image

天神橋筋六丁目の飲み屋街その2。
今日は祝日で休業の店が多いょうです。
image

泰三屋
image

瓶ビール大(500円)と突き出し。
image

御一人様セット(1000円)のその1、インド鮪の刺身。
image

御一人様セットその2の鮪頬身の炙り焼き。
image

御一人様セットその3の海胆とイクラの軍艦。
image

夫々、先ずは美味しいのですが、わざわざ大阪まで来て入いる店でも無いのかな、というのが感想です。
勘定は1,700円でした。
ご馳走様でした。
天神橋筋六丁目の飲み屋街その3。
image

天神橋筋六丁目の飲み屋街その4
image

天神橋筋六丁目の飲み屋街その5
image

やはり何時もの店へとなり、「天満酒蔵」へ。
瓶ビール大(350円)と生ずし(〆鯖、200円)。
量は少ないですが質と値段、充分ですね。
独り飲みには最高です。
image

スマホのバッテリ一が切れて、此が最後の一枚、残念!。
何時も頼む浅利の酒蒸しが売り切れで蛤の酒蒸し(300円)。
小振りですがふわっとした身がたっぷりで、丁度良い蒸し揚がりです。
image

これ以外に、揚げ一口餃子(パリパリで美味しい、200円)、鰯丸干し(普通に美味しい200円)で、勘定は1,250円でした。
ご馳走様でした。
まだ早いしもう少しとなりまして、天満酒造の隣の「七福神」へ。
プレミアムモルツの生ビール(100円、何時でも1杯目はサービス価格なのです)。
串揚げは、鳥チューリップ(150円)、海老(250円)、鱧(150円)、穴子(100円)で勘定はて750円でした。
キャベツを山盛り食べて晩御飯代わりにしました。
今回の飲み屋巡りは、この1ヶ月で-3kgの体重減でそのご褒美、ということで?。
昨日のラーメンと今日の飲みっぷりと食べっぷり(といってもビール大瓶2本、生中1杯、行きの新幹線での缶ビール1本)で、元の木阿弥かな。
体重計に乗るのが怖いです。