遠方よりの客人の希望の温泉・宇都宮餃子・干し芋、で笠間、氏家、喜連川を巡ることに。
まずは常磐道・北関東道で笠間稲荷へ。
image

笠間稲荷は三大稲荷神社のひとつで昔は胡桃下稲荷神社と謂われていたようです。
image

門前の和菓子屋の「中屋総本店」で、かりんとう饅頭と胡桃饅頭を頂きました。
胡桃下稲荷神社という旧名に因んでなのでしょうか両方とも胡桃が入っています。
かりんとう饅頭はサクサクで美味しかったです。
御馳走様でした。
image

笠間工芸の丘に寄り道
image

きらら館
お手頃の焼き物が揃っています。
買った焼き物とサ一ビスの珈琲。
好みの茶碗を選んで珈琲か紅茶が頂けます。
良いもてなしですね、笠間に来れば寄って何か買おうかな、となります。
image

笠間から栃木県のさくら市の氏家へ。
宇都宮餃子の正嗣(氏家店)。
image

メニューは焼き餃子(210円)、水餃子(210円)の2つのみという潔さ。
1人当たり焼き餃子2人前と水餃子1人前を注問。
焼き餃子、かりっと焼き上がっています。
image

水餃子、つるんとしています。
image

美味しくて、此の値段、満足です。
御馳走様でした。
喜連川の早乙女温泉へ。
鮎のシーズンに、道の駅二宮⇒早乙女温泉⇒与一やな、のコースでよく行きました。
硫黄石油臭・エメラルドグリーン・キシスベ系、でお気に入リの温泉です。
1000円と少々高いのと遠いのが難点ですが・・・。
外観を撮るのを忘れて、休憩室、レトロな感じです。
image

道の駅喜連川に寄りました。
image

客人はお土産に干瓢を、これで後は干し芋です。
干し芋は、常総市の「ファーマーズマーケット北総」で仕入れました。
本日の夕食は河豚と冷凍庫の釣り物の寄せ集め。
河豚の薄造り(2日目)と昆布締め、河豚と槍烏賊のフリッター、槍烏賊の湯引きの柚子胡椒和え(画像無し)、木肌鮪と槍烏賊の刺身、木肌鮪の煮付け、土瓶蒸し:河豚団子・槍烏賊のげそ・舞茸・エノキ茸。
槍烏賊は冷凍7箇月、木肌鮪は冷凍4箇月で充分食べれました。
DSC_1300

御馳走様でした。