今シーズン初めての鰹・木肌鮪。
何時もの小坪の釣り宿は予約が取れず、昨年一回お邪魔したことのある釣り宿、まさみ丸(葉山)http://www.gyo.ne.jp/masami/です。
自宅発02:00。
葉山港着04:15。
殆″ど無風なのですが、沖合は風速10mで時化気味で、出船するかどうか様子見とのこと。
06:00、風は少し収まったとのことで、出船。
相模湾を真っ直ぐ南下しているようです。
DSC_0578
遠くに見えるのは大島です。
DSC_0579
ナブラを探して、釣り開始です。
先ずは木肌鮪に備えてハリス20号6m、針はMUTU CERCLE1/0で開始。
コマセはオキアミで付けエサもオキアミで抱き合わせで付けます。
中々当りがでません。
途中、二度ほど、別船で木肌鮪とのやり取りをしているのを目撃しました。
当りが出たという無線が入ったのでしょうか、全速力で20分走ると、10隻ぐらい集まって鰹を掛けているのが見えます。
3、4kgの鰹が当たり始めました。
私には全く当りが無く、我慢できずに、ハリスを16号4.5mに落として針もカットヒラマサ14号に。
漸く何度か当たりましたが、連続して針外れ、どうにも噛み合いません、下手ですね。
それでも3kgぐらいの鰹を取り込みました。
鰹が1本でも釣れたので、ハリス18号6m、カットヒラマサ15号にしてギリギリ木肌鮪とやり取りできる仕掛けに変更。
何度目かの潮廻りで、コマセを振った後に、いきなり竿が真っ直ぐに海に突き刺さりました。
鰹の引きとは全く次元が違います。
木肌鮪です。
鰹相手に締めたドラグを慌てて緩め、魚を走らせます。
上手いことに、横に走らず(他の人の仕掛けとお祭りすることもなく)、真っ直ぐ下に潜っているようです。
他のお客さんは皆、竿を上げて待機です。
100m糸が出て、止まるかと思ったら、また走りだし200mを越えました。
漸く魚が止まりました。
さてここから巻き上げようとして電動リールのレバーを上げましたが、動かない・・・。
故障のようです。
仕方なく、ドラグを少ずつ締めながら手巻きで上げますが、スタンディングファイト(両手で竿を持ってポンピングしながら巻き上げる)で20mを巻いて疲れ、竿をロッドキーパーに掛けてウインチファイトでゴリゴリ手巻きへ。
150mでまた魚が抵抗。
残り130mで、ヘトヘトに。
余り時間を掛けると他のお客さんの迷惑になるし、船長も見かねて「道糸を手繰ろうか?」と言ってくれたのを幸いに、お願いしました。
リールで巻くのも大変なところ、船長は素手で新素材の道糸をどんどん手繰ります。
10号といっても細くて、少しでも糸を滑らすと、手は切れます。
プロとは言え、凄いの一言です。
掛けてから20分ぐらいたったでしょうか。
漸く後10m、魚が見えました、ゆっくりと円を描いて上がってきます。
ハリスを手繰って、タモ取り一発。
大きい・・・・。
すぐさま鰓上に包丁を入れて、そのまま大きな発砲スチロールの箱の海水氷に沈めました。
帰港後、検量して24.3kgでした。
20kg以上はキメジではなく、木肌鮪と言っているようです。
釣り始めて3年目、8回目で、ほとんど船長に釣って貰ったようなものではありますが、夢が叶いました。
形も良く、綺麗ですね。
遠近のせいで小さく見えます。
DSC_0580
70Lの大型クーラーボックスには、そのままでは入りきらず、尻尾を折りました。
全長は130cmぐらい。
3Kgの鰹が小さく見えます。
DSC_0581
背骨から剥き身を取る。
DSC_0590
捌きました。
まさしく解体作業、頭を落として、背側、腹側の順番で背骨を入れて五つに分けるの20分程度。
思ったより簡単でした。
一つを半分にして、8ブロックに分けて、先ずは冷蔵庫に収納。
食べる
8月24日 木肌鮪のカマトロ刺身と背骨の剥き身、鰹刺身
8月25日 木肌鮪のカマトロ刺身、鰹刺身
8月26日 木肌鮪の背側の刺身と鰹刺身、木肌鮪のネギマ鍋
DSC_0593
8月27日 木肌鮪のソテーと背側の刺身(写真なし)、鰹たたき
DSC_0594
木肌鮪も鰹も当日より、釣ってから3日以上経った方が美味しくなります。
一週間ぐらいは、刺身を食べてみようと思います。
近所と相方の実家、私の知り合いにお裾分けして、残りは真空パックにして冷凍へ。
しばらくは楽しめます。
最初の目標設定は30kg超だったな、と思い始めたところ。
もし釣れたら、後始末に困りそう、などと取らぬ狸の皮算用、です。