烟霞淡泊

2020年09月

日光湯元温泉本通北駐車場(08:20)⇒赤沼駐車場(08:35~13:15)⇒小田代原・西ノ湖・千手ヶ浜ポタ&ハイク⇒光徳駐車場(15:45)

湯ノ湖の朝、朝食前に湯ノ湖一周の散策へ。
湯ノ湖一周は前から歩きたいと思っていたのですが、冬だったり機会が無かったのですが、漸く叶いました。
20200930_061906
湖畔に出てみると、釣り人が多数、鱒釣りですね。
20200930_062218
20200930_062333
西岸から東岸へ、時計と逆回りで歩いていきます。
少し漣が立っていますが、鏡面一歩手前、綺麗です。
20200930_062443
20200930_062917
男体山が顔が覗かせています。
20200930_062937
20200930_063205
20200930_063307
20200930_063935
フライ、ルアー、餌釣り、鱒釣りも色々ですね。
20200930_065754
湯滝の落ち口、覗くとお尻がムズムズします。
20200930_065913
東岸からの日光白根山
20200930_071105
1時間ちょっと軽い散策、気持ち良く歩きました。
歩行軌跡です。
1601466040642

1601466066166

本日のメインイベント、日光市道1002号線(一般車通行禁止、自転車と歩行者はOK)の「小田代原・西ノ湖・千手ヶ浜ポタ&ハイク」へ。
赤沼駐車場から低公害バス運行路線をシルバK&H号で走って、小田代原と西ノ湖と千手ヶ浜を散策する計画です。
低公害バスは輪行で畳んだ自転車の持ち込みは不可で、シルバK&H号で行くとなると往復するしかないのですが、弓張峠までは軽いアップダウンの繰り返し、弓張峠から千手ヶ浜までは一方的な下り、往きはよいよい帰りは怖いですね。
バスルートマップ
サイクルナビの高低差情報(千手ヶ浜⇒赤沼駐車場)
Screenshot_20200926-085746_NAVITIME for au(NAVITIME)

赤沼駐車場にプレアデス号を停めて、出発。
20200930_083836
日光市道1002号線の始点、ゲートが閉じられていて、横から入ります。
20200930_084241
美しい樹林の舗装道路を快適に走ります。
20200930_084313
日光で最も美しい道とされているそうです。
20200930_084528
石楠花橋から湯川の流れ、巨大な日本庭園のような趣です。
20200930_084704
20200930_084946
小田代原の入り口に到着、シルバK&H号をデポして、ゲートを潜って小田代原一周の散策へ。
20200930_090616
立派な木道の道
20200930_090832
以前は湿原だったのでしょうが、乾燥化が進んで草原になっています。
20200930_091642
20200930_092118
小田代原の「貴婦人」と呼ばれる白樺の遠望、といっても写真に撮るとほとんど見えません。
20200930_093843
ズームをすると
20200930_093856
立ち姿の美しい白樺です。
20200930_093915

小田代原を一周して再びシルバK&H号で走ります。
弓張峠を越えて、千手ヶ浜方面へ一気に下ります。
とても快適なのですが、帰りを思うと怖くなります。
20200930_100736
西ノ湖入り口に到着、此処でもシルバK&H号をデポして、西ノ湖まで散策。
20200930_101249
落葉松の巨木の林、紅葉の時は見事でしょうね。
20200930_101927
西ノ湖に到着。
西ノ湖はかっては中禅寺湖の一部であったが、そこから切り離されてできた遺留湖(東西600m、南北450、面積1km2)とのことです。
季節、降水量で湖の面積が大きく左右されるそうで、今は小さくなっているのですね。
20200930_103231
20200930_103444
静かです。
20200930_103429
20200930_103748

当初は西ノ湖入り口まで戻る予定でしたが、千手ヶ浜に行く遊歩道があるので、徒歩で千手ヶ浜に向かって、千手ヶ浜から日光市道1002号線を西ノ湖入り口まで歩き、其処からシルバK&h号で赤沼茶屋まで戻ることにしました。
遊歩道は千手の森を抜けていきます。
20200930_110004
千手ヶ浜へ。
20200930_111803
20200930_111905
結構強い東風が吹いて、波立っています。
20200930_111928
お誂えのような倒木に座って、休憩&昼食タイム。
20200930_112425
昼食は、「ヤマダイ㈱」の「ニュータッチの凄麺ご当地シリーズ」の全製品20種コンプリートの第8弾で「佐野らーめん」と「奈良天理スタミナラーメン」(14/15杯目)です。
20200930_112411
20200930_113847
佐野らーめん、醤油控えめの端麗なスープ、麺はつるんとした平打ち麺、如何にも佐野ラーメンらしい作りですが、やや単調な感じがします(3.0)。
奈良天理スタミナラーメン、大蒜と豆板醤が効いてパンチのあるスープ、つるんとした中細麺、具材の白菜とニラがなかなか存在感(3.5)。
ご馳走様でした。

今までの記録は以下の通り
2.5:
 横浜発祥サンマー麺、千葉竹岡式ラーメン、名古屋台湾ラーメン、仙台辛味噌ラーメン
3.0:
 新潟燕三条系背脂醤油ラーメン、焼津かつおラーメン、函館塩ラーメン、札幌濃厚味噌ラーメン、青森煮干し中華そば、和歌山中華そば、佐野らーめん
3.5:
 長崎ちゃんぽん、京都背脂醤油味、尾道中華そば、奈良天理スタミナラーメン

さて、問題の帰り道、西ノ湖入り口から弓張峠の2.9km、平均高低差は4.0%、どうなったかというと。
私は、漕げたのは2kmくらいで、押しは0.9kmくらい、息が上がりっぱなしで、本当に疲れました。
此処のところの運動不足が祟っているのでしょうが、それだけではなく、寄る年波なんでしょうね、少々落ち込みました。
さて、一方相方は、最後は2速まで落としたのですが、途中立ち止まることなく漕ぎ上がったとのこと、お見事です。

本日の走行&歩行軌跡

1601466521697
1601466526872
お疲れ様でした

本日の温泉入浴は光徳の「日光アストリアホテル」(1,000円)です。
2019年12月17日に訪れて、2回目ですね。
20200930_143447
20200930_142855
先客が3人居て、浴室浴槽の写真は前回のものを代用しました。
fc32e71a-s
温泉は湯元温泉の引き湯で、硫化水素の匂いの青白色のにごり湯、誰もがイメージする温泉そのものですね。

d1e23697-s
露天風呂も開放的でなかなか気持ちが良いです。
626b51a5-s
含硫黄-カルシウム/ナトリウム-硫酸塩/炭酸水素塩泉(中性低張性高温泉)・無加水?無加熱源泉ドポドポ~ドボドボ掛け流し・泉温/湯船:78/41・40、無色透明(青白色濁)・硫化水素臭・甘ダシ・サラスベ・老舗温泉ホテル系。
ゆっくり浸かって疲れた身体を解しました。

今日のP泊地は、日光アストリアホテルのすぐ近くの光徳駐車場です。
今日はP泊は我が家だけのようです。
20200930_171246

歌ヶ浜第1駐車場(13:00)⇒湯ノ湖駐車場(14:30)

歌ヶ浜の朝
20200929_055137

昨日組み立てたワイルドカード号の出艇準備。
20200929_060327
駐車場の南端に出艇出来る場所があります。
20200929_060313
20200929_061735
起きた時は風も無く穏やかだったのですが、最初の岬を越えると、風が強くなり、波も大きくなってきました。
20200929_062728
旧英国大使館別荘辺りでは、横波を受けて漕ぎづらくなってきました。
20200929_062732
20200929_062904
旧イタリア大使館別荘の桟橋の先で、上陸して様子をみることにしました。
20200929_062908
30分くらいで風は収まったので、目的地の寺ケ崎の半島の付け根の砂浜を目指します。
靄のような雲も上がって、青空が広がりました。
20200929_070739
寺ヶ崎の半島
20200929_070743
寺ヶ崎の半島の付け根の砂浜、朝陽が当たっています。
砂浜に動く灰色の影が幾つか、目を凝らすと、猿の群れでした。
10匹くらいの群れで、どうしたものかと思いましたが、近付いていくと何時の間にか居なくなりました。
20200929_071044
砂浜に到着です。
20200929_071402
さて此処に来た目的は、軽く漕いだ後に、朝陽を浴びながらプライベートビーチのような砂浜で朝食を摂ることです。
20200929_072114
お湯を沸かして熱いカップスープ、パン、茹で卵の簡単な朝食ですが、美味しいです。
20200929_072520
20200929_072512
20200929_073819
ゆっくり休んで帰途、寺ヶ崎の半島の突端へ。
20200929_074709
20200929_074715
半島の突端から、横切るように真っすぐ出艇場へ向かいます。
20200929_075409
20200929_075115
殆ど無風で漣程度の湖面を、快漕します。
20200929_080338
歌ヶ浜が近づいてきました。
20200929_081054
20200929_081145
パドリング終了です。
20200929_081400
休憩も入れて2時間、4km、昨年10月の北海道の然別湖以来1年振りのパドリング、楽しみました。

1601367826067

ポタリングその1
シルバK&H号に乗って、イタリア大使館別荘と英国大使館別荘を巡ります。
20200929_090159
20200929_090414
緩い登りの道
20200929_090417
美しい樹間の道
20200929_090643
少し色付いた道を歩いて。
20200929_090930
イタリア大使館別荘に到着、英国大使館別荘と共通の観覧料300円で入館。
昭和3年に建造された別荘、何とも素敵な外壁です。
20200929_091206
1Fのワンルームの食堂、居間、書斎、此処は居間ですね、ガラス戸越しの中禅寺湖が印象的です。
20200929_091331
食堂エリア、素敵な暖炉。
20200929_091343
居間と書斎エリア
20200929_091417
書斎エリア、此処にも暖炉が。
20200929_091512
サンルームのような広縁
20200929_091613
歪みのあるガラス越しの中禅寺湖
20200929_091635
休憩室
20200929_091851
天井の杉板の意匠、素晴らしいですね。

20200929_091700
2Fへ
20200929_092028
大使夫妻の主寝室でしょうか?
20200929_092724
20200929_092816
外に出て桟橋から建屋を望みます。
20200929_094204
こちらの外壁も素晴らしい。
20200929_094240
英国大使館別荘へ。
20200929_104812
20200929_104643
20200929_104616
1Fと2Fに広縁があり、中禅寺湖の眺望が素晴らしい。
20200929_095338
20200929_100432
2Fではまず此処に。
20200929_103803
写真撮影です。
さて何で此処で撮影?
20200929_102008
その理由は
20200929_102114
これです、吉永小百合さんの「大人の休日倶楽部」のポスターの真似っこ
長野県の弁天山古墳の櫻」「秋田の増田の内蔵」に続く、第3弾です。
20200929_102124
英国文化交流室で英国式ティータイムを楽しみました。
20200929_103756
20200929_100659
オリジナルスコーンセット(1,530円)とスコーンとクッキーセット(1,940円)。
普段の我が家では考えられない注文ですが、それが大満足でした。
紅茶もスコーンも美味しいのですが、このクッキー素晴らしく美味しい。
ゆっくりと雰囲気と素晴らしい景色を楽しみ、堪能しました。
20200929_101433
遊覧船が通り過ぎていく窓、絵画のようです。
20200929_101356
遊歩道から見上げました。20200929_09084220200929_09090520200929_090909イタリア大使館別荘は会館直後だったので、他にお客さんが居らず我が家だけ、英国大使館別荘も静かで、とても贅沢な時間を過ごしました。


ポタリングその2、歌ヶ浜から菖蒲ヶ浜まで往復しました。
普段は車でさっと通りすぎる道のりをシルバK&H号で走ります。
20200929_115450
見事な緩やかな円錐形の男体山
20200929_115433
20200929_120240
二荒山神社中宮祠、男体山頂上に鎮座する二荒山神社奥宮と日光市街の二荒山本宮の間にあるので、中宮祠と呼ぶそうです。
20200929_122516
なかなか立派な神社です。
20200929_121042
男体山の登山口です。
20200929_121753
20200929_121826
中禅寺湖の北岸の道、多少のアップダウンはありますが、苦にならないレベルです。
車の通行量が多いのですが、それでも気持ち良く快走しました。
20200929_125541

1601367844433
12.5km、1時間強の気持ちの良いポタリングでした。

1601367852042

湯ノ湖へ移動、戦場ヶ原を走ります。
20200929_133925
20200929_133946

湯ノ湖に到着して、奥日光湯元本通り北駐車場にプレアデス号を停めて、本日の温泉入浴の「日光山温泉寺」へ。
お寺にある開湯1,230年の温泉、前から一度訪れてみようと思っていたのですが、此処に来るのは冬季休業中が多く、今回漸く叶いました。
辺り一帯強い硫化水素臭が漂っています。
20200929_135317
「まっとうな温泉(東日本版)」の無料券で入浴して、本代(東日本/西日本・合計3,600円)控除後の無料獲得総金額は12,520円となりました。
20200929_143057
20200929_143117
素晴らしい雰囲気です。
20200929_135758
先客が二人いらっしゃって、お風呂の写真はNETから拝借。
大人が3人で一杯になる小さな湯舟に71℃の源泉がトポトポと掛け流しになっており、温度調節で加水されるようです。
泉質も浴槽・浴室も素晴らしい。
DSCF1588-1024x768
含硫黄-カルシウム-ナトリウム-硫酸塩/炭酸水素塩泉(中性低調性高温泉):加水無加熱源泉トポトポ掛け流し・泉温/湯舟:71/44(今回入浴時)・白濁・硫化水素臭・甘ダシ苦渋・サラスベ・お寺併設立ち寄り湯系、念願かなって満足です。
涼しい風が心地よい休憩室。

20200929_142853
こんな茶請けも頂きました。
20200929_142914

プレアデス号に帰って、早速これです。
お摘みは温泉寺で頂いた茶請け。
20200929_144129

ふと窓に目をやると鹿が悠然と歩いていました。
20200929_165314
近寄っても逃げもしません。
20200929_165310
近くに別の二頭連れが居ました。
20200929_165715

今日の夕食は、鶏鍋(鶏腿肉、三つ葉、レタス、シモフリシメジ、豆腐)、柳魚、酢蓮。
車旅の夕食で鍋料理が主役になる季節となりましたね。
美味しく、作るのも片付けるのも簡単、汁の味付けと食材で組み合わせは無限、困った時の鍋料理です。
20200929_183059
20200929_183942
ご馳走様でした。

自宅(07:00)⇒紬の里結城パークゴルフ場(08:40)⇒中禅寺湖歌ヶ浜第1駐車場(17:20)

「紬の里結城パークゴルフ場」(2コース18H、500円/1日、NGPA公認)に到着。
茨城県で小貝川ふれあい公園パークゴルフ場と下館パークゴルフ場に引き続き、3番目に訪れたPGになりました。
20200928_085924
通常は、1日フリーでラウンドできるのですが、新型コロナウイルス対策で、2時間制、50人以下の人数制限という変則営業になっていました。
20200928_085938
20200928_085956
A、Bコースともにコース延長が370m前後と、少し短めでしょうか。
紬の里結城パークゴルフ場コース案内図

芝生の管理が良く、綺麗なコースですが、刈込は緩く、なかなか転がらないコンディションになっています。
20200928_090308
コースの幅は狭目ですが、O.B.設定が少なく、楽に打てます。
20200928_091700
20200928_103710
とても良い天気で日差しは強いのですが、気温は低めで、快適です。
遠くに筑波山の双耳峰が覗いています。
20200928_101600
グリーンも素直です。
20200928_103936
2時間、A:2回、B:3回、延べ5コース45H、と軽い運動になりましたが、結構楽しめました。
本日の平均スコア、A:-6.5、B:-6、総合:-6.3、でした。
さて、恒例の評価は、①規模:2、②整備状況:4、③面白さ:3、④料金:3、⑤環境/設備:3、総合:3.0です(正常時営業の条件での評価)。

お昼は、小山市の「一品香 城東店」を予定していたのですが、前回に引く続き臨時休業でした。
一度あることは二度ある、営業することを調べなかった私が悪うございました
次回は(あるか?)はしっかり確認して訪れましょう。
ということで、仕方なく栃木市の「麺堂HOME」へ。
20200928_130852
鶏淡麗ラーメン醤油(720円)、淡麗といいながら旨味強く、醤油が立って、たっぷり鶏油、なかなかパンチがあります。
ツルンとした細麺、具材も低温調理豚叉焼、鶏叉焼、穂先メンマ、白髪葱に柚子の皮となかなか充実、美味しいです。
20200928_125854
20200928_130038
つけ麺あっさり鰹醤油味(830円)、こちらはもちっとした極太麺、麺量250gとボリュームもたっぷりです。
つけ汁が鰹節の風味が強く、油が厚く表面を覆っていて何時までも熱々なのが良いです。
20200928_130013
ご馳走様でした。
店の玄関前の豚のオブジェ?
20200928_130914
バラバラ豚?、なかなかシュールですな。
20200928_130922

餃子専門店正嗣の全店制覇第4弾で鶴田店へ。
といっても正嗣全店は新型コロナウイルス対策で焼き餃子のテイクアウトと冷凍餃子販売のみとなっています。
取り合えず、餃子4人前を購入。
20200928_145014

国道119号線の杉並木
20200928_154233

本日の温泉入浴は、日光市今市の「森友の湯」。
20200928_155028
カラオケ店に併設する立ち寄り湯という変わり種です。
カラオケボックスを抜けていきます。
20200928_155127
20200928_155216
森友の湯
20200928_162431
浴槽一つのシンプルな内湯
20200928_155822
20200928_155320
結構な量の掛け流しです。
20200928_155543
20200928_155630
20200928_161809
単純泉(弱アルカリ性低調性高温泉):無加水一部加熱源泉ドボドボ掛け流し・泉温/湯舟:42/41・無色透明・無臭・無味・サラスベ・カラオケボックス併設立ち寄り湯系、なかなか良い温泉でした。



中禅寺湖の歌ヶ浜第1駐車場に到着。
今夜のP泊地です。
ほぼ1年振りにワイルドカード号を組み立てました。

20200928_175121
男体山の上部は雲の中。
20200928_175208
中禅寺湖の美しい夕暮れ。
20200928_175150

冷凍の正嗣の餃子を指示書通りに焼きます。
20200928_183421
20200928_183540
綺麗に羽が付きました。
20200928_184402
今日の夕食、正嗣の焼き餃子、メバルの刺身、家から持ってきた常備菜2品。
20200928_184416
店で食べるのと同じくらい美味しいです。
20200928_184548
ご馳走様でした。

一昨日摘んできた彼岸花の蕾、一輪が少し綻んできました。
20200927_230037
綺麗に咲くとよいですね。
20200927_230056

朝食、相方の郷里から送ってもらった新米、自家製いくら、腰塚のコンビーフ、ミニトマト、胆振ガッコ、舞茸の味噌汁。
20200927_082647
ちょこっといくら丼、海苔を敷くのを忘れて周りに散らしたら、見栄えが悪いですが、美味しいです。
白醤油を使ったので、色も綺麗ですね。
20200927_083021
腰塚のコンビーフ&卵掛けご飯、予想に違わぬ美味しさです。
20200927_083807
ご馳走様でした。

用事があって帰宅した長女を交えて3人で夕食を。
二色鍋(和風出汁、中華火鍋風、鰤、槍烏賊、レタス、豆もやし、春雨)、豚ロースソティ(自家製ミックススパイス、山椒本返し)、腰塚のコンビーフとポークソーセージ(6月の父の日の長女のプレゼント、冷凍保存していました)、チーズ2種、茹で生落花生、「純米吟醸 不動 備前雄町」(鍋店㈱)。
腰塚のコンビーフ、冷凍して3箇月が過ぎましたが、全く変わらずとても美味しいです。
他の品々も美味しく頂きました。
それと、「純米吟醸 不動 備前雄町」、前回飲んだ「純米吟醸 ひやおろし 原酒生詰め 不動」以上に、ど真ん中ストライクでした。
20200926_191235

デザートは長女のお土産の「フランス菓子 パティシエ ショコラティエ イナムラショウゾウ」のケーキ。
どれも素晴らしく美味しい。
20200926_203837
特に「上野の山のモンブラン」と名付けられたこの一品、ため息が出るような美味しさです。
今まで食べたモンブランの中で間違いなく一番です。
20200926_203949
ご馳走様でした。

利根川の土手の彼岸花の蕾を、百均の針金細工とガラス瓶の一輪挿しで。
少々蕾が固いのですが、咲きますでしょうか?
20200924_165812

お昼は、最近我が家のブームのヤオコーオリジナルの平打ち麺と味噌スープで味噌ラーメン。
炒め野菜たっぷりで麺半量、摺り下ろし大蒜、刻み鷹の爪に追い七味にんにく、美味しいです。
20200925_124603
ご馳走様でした。

午後はプレアデス号の掃除。
拭き掃除:エントランス、ドア、壁、室内の机、キャビネット、流し、樹脂の二重窓とシェード、他
溢したり汚ししたりしたときは拭きますが、改めて全部に拭き掃除をするのは初めてかもしれません。
7年間、滞在800日、狭い車内で煮炊き、炒め物、揚げ物まで行って付いた汚れを落としました。
余り酷い油汚れが無かったのですが、MAXX FANの2台設置のIN-OUT使用で、換気が充分に行えていたおかげですね。
拭き掃除
①熱いお湯で拭く
②台所洗剤を薄めた洗浄水で付け置き
③熱いお湯で拭く
あと、MAXX FANのカバーメッシュの洗浄と内部の埃取り、冷蔵庫のパッキン周りの汚れ黴取りも行いました。

Afterの写真です。
キッチン、周りと奥のベッドスペース。
20200927_072947
ダイネットと大窓
20200927_073131
ダイネット上のキャビネット
20200927_073200
エントランスとテレビ台周り
20200927_073427
Beforの写真も撮ったのですが、写真では殆ど差が写らず、Afterのみにしました。
実際、目で見ると結構な差があるのですが
2時間半の作業、綺麗になりました。

朝日新聞の【茨城県版】にこんな記事が載りました。
キャンプと自転車を楽しむ宿泊型のイベント「かすみがうらライド・ビレッジ」(10月3日~18日)を開催するするとのこと。
霞ケ浦湖畔の歩崎公園の芝生広場にキャンプサイトを設定(有料:2,000円~/1人)して、併せて種々の催し物を予定しているとのことです。
私も霞ケ浦一周をこの秋以降に予定していて、出発点は歩埼公園を予定していますが、キャンピングカーで車中泊する予定なので、これに参加することは無いですね。
この記事の中に一つ気になることがありました。
「サイクルボール」です。
20200924_165602

早速、「サイクルボール」を調べてみると、こんな内容、とても面白そうです
Screenshot_20200927-075732_Chrome
なかなかそそりますね。
Screenshot_20200927-080736_Chrome

Screenshot_20200927-080801_Chrome
此処のコースを覗くと、6コースは我が家レベルでは絶対無理、です。
「かすいち」が唯一可能ですね。
Screenshot_20200927-080829_Chrome
Screenshot_20200927-080851_Chrome

この9月16日に、龍ヶ崎市の小柴に「カインズ龍ヶ崎店」が開店しました。
元は「ケイヨーデイツー新龍ヶ崎店」(2019年7月15日で閉店)の跡地ですね。
今までカインズホームの最寄り店は、千葉県印西市の千葉ニュータウン中央店(自宅から19km)だったのですが、此処は自宅からの距離14kmと少し近くなりました。
20200923_093447
20200923_093507
見た目以上に店内は広く、カインズらしくちょっとお洒落な雰囲気です。
カインズホームはなかなかユニークなオリジナル商品を取り揃えていて、気に入っています。
これで、15km圏内にホーマック、ジョイフル本田、ビバホーム、カインズホーム、山新、ケイヨーデイツーが揃いました。

生筋子が少し安く売っていたので、今年2回目の自家製いくらを作りました。
20200923_143811
20200923_143924
20200923_151054
今日の漬け汁は、白醤油2、煮切り酒1、煮切り味醂1です。
いくらの見栄えを良くするために、濃い口醤油から白醤油にしてみました。
20200923_151658

今日の夕食、常陸牛のランプステーキ(焼き汁ソース、山椒本返し、自家製ミックススパイス、ポン酢)、焼き野菜(蓮根、獅子唐、椎茸、長葱)、冷奴青じそペースト添え、スパークリングワイン(CARMELA)。
タイヨーストアの廉価の常陸牛のランプ、美味しい、このくらいの赤身が丁度良いですね。
カインズ龍ヶ崎店のリカーコーナーのワンコインスパークリングで、充分に美味しい。
20200923_184106
ご馳走様でした。

今日の朝食は、茹で生落花生の炊き込みご飯、小菜(叩き牛蒡、きんぴら牛蒡、焼き塩鮭)。
茹でた落花生をご飯に炊き込んだだけで、味付けもしていません。
落花生の仄かな甘みがなかなか美味しいです。
20200922_074731
ご馳走様でした。

お昼は、「ヤマダイ㈱」の「ニュータッチの凄麺ご当地シリーズ」の全製品20種コンプリートの第7弾で「仙台辛味噌ラーメン」と「和歌山中華そば」(12/13杯目)です
今日は家で食べるので、茹でもやしを添えました。
20200922_122929
20200922_123937
仙台辛味噌ラーメン、仙台赤味噌と辛みを合わせたスープ、旨味というかコクが少し希薄で平面的な味わい、麺はつるんとした太麺でこのシリーズでは一番好みの麺です(3.0)。
和歌山中華そば、徳島ラーメンのようなとんこつスープ、パツンとした細麺、両方ともに不得手なタイプです(2.5)。

今までの記録は以下の通り
2.5:
 横浜発祥サンマー麺、千葉竹岡式ラーメン、名古屋台湾ラーメン、和歌山中華そば
3.0:
 新潟燕三条系背脂醤油ラーメン、焼津かつおラーメン、函館塩ラーメン、札幌濃厚味噌ラーメン、青森煮干し中華そば、仙台辛味噌ラーメン
3.5:
 長崎ちゃんぽん、京都背脂醤油味、尾道中華そば

さて、これでこれで13杯目、残り7杯、流石に少々飽きてきた感が・・・

近々、近場の小旅行に行こうかと、何か旅先のアクティビティは?と探していたら、ちょっと面白そうなサイクリングコースを見付けました。
奥日光の赤沼茶屋南の分岐から、石楠花橋⇒小田代原⇒弓張峠⇒西ノ湖入口⇒千手ヶ浜と続く日光市道1002号線で、2005年から環境保護のために一般車両の通行が禁止され、低公害車のバスが通行しており、歩行者と自転車の通行も許可されています。
これをシルバK&H号で走って、途中の西ノ湖の入り口から中禅寺湖の遺留湖である西ノ湖徒歩往復を組み合わせるコースです。
バスルートマップ
サイクルナビで調べてみると、片道9km、往復18kmです。
Screenshot_20200926-145603_NAVITIME for au(NAVITIME)
高低差グラフは帰りの千手ヶ浜から赤沼茶屋の行程で、5kmは結構な登り、特に2kmは斜度5%を超える坂で、往きはよいよい帰りは怖いですね。
Screenshot_20200926-085746_NAVITIME for au(NAVITIME)
NETから拝借した写真(異なる季節の写真が混ざっています)です。
日光市道1002号線の入り口のゲート。

美しい樹林の続く道。
rodo
石楠花橋からの湯川
Y5951
小田代原
Y5964
西ノ湖
sainoko
千手ヶ浜
Y5968

美しい樹林の道、小田代原と西ノ湖の散策、となかなか面白そうなコース、帰り道のきつい坂を登りあがることができるか?と少々不安もありますが(低公害車は折り畳み自転車の持ち込みは不可のようで)、その時は押しを入れるしかないですね。
計画してみましょう。

4連休の2日目の日曜日、次女、相方、私の3人、混むのを承知で栃木県の南東部のさくら市、那珂川町、那須烏山市辺りへ出掛けることにしました。

朝7時に出発して、さくら市の喜連川へ。
10時に本日の目的地その1の「喜連川早乙女温泉」(1,100円)に到着。
喜連川の端の山中にある温泉、素晴らしい泉質と開放感のある浴室で我が家のお気に入り、鮎のシーズンには、「道の駅二宮」⇒「早乙女温泉」⇒「余一やな」のコースでよく行きました。
 20200920_095723
NETから拝借した浴室の写真。
広々として天井が高く、浴室の奥の壁が無く、とても開放的です。
広い湯舟、湯舟を取り囲む形の良い大きな石、コンクリートの床を掛け流しのお湯が綺麗に流れています。
湯舟の内側に沈んだ座り心地の良い石があって、上半身を出して涼むのにとても具合が良いです。
理想的な浴室かもしれませんね。
0c85e730607f59c9764448355062cecb
硫化水素臭と石油臭、薄濁りで陽が当たるとエメラルドグリーン、40℃くらいの温めの湯で、ゆっくりと浸かることができます。
466b6ddc7067545b42b02342dd7dbea9
ナトリウム-含硫黄-ナトリウム/カルシウム-塩化物泉(中性高張性高温泉)・加水無加熱源泉ドバドバ掛け流し・泉温/湯舟:73/40・淡緑色白濁・硫化水素臭石油臭・塩味苦味渋味・サラスベ・個性派立ち寄り湯系。

道の駅きつれがわに寄って野菜の調達。
20200920_093238

今日の目的地その2の「栃木県なかがわ水遊園」。
栃木県唯一で淡水魚中心の水族館、10年くらい前に一度訪れたことがあります。
20200920_113943
20200920_114112
20200920_114116
検温で行列ができていました。
入場料は大人650円でしたが、65歳以上は老人週間で無料でした
でも老人週間という表現、老人福祉法によって制定された表現なんでしょうが、少し抵抗を感じますね
那珂川に生息している魚類が上流から下流へ展示されています。
20200920_120151
20200920_120145
20200920_120154
20200920_120414
最後に海の生物も。
20200920_121047
もう一つのアマゾン川を再現した巨大水槽
2m超えのピラルクー、最近よく釣っていますね(あつまれ動物の森のはなしですが)。
20200920_121756
20200920_122331
併設のレストラン、ピラルクーやキャットフィッシュのメニューがあります。
20200920_122931

馬頭の「ミートショップとりよし」へ。
20200920_130458
店名はとりよしですが、豚肉と馬肉が中心で、鶏肉はありません。
お目当ての馬刺し(腿肉と霜降り肉)を購入。
20200920_130516

本日の目的地その3、烏山の「矢沢のやな」。
何時もは「寒井観光余一やな」に行くのですが、新型コロナで今年は休業してしまい、初めて矢沢のやなを訪れてみました。
20200920_132746
20200920_132801
広い食堂にぽつぽつとお客様。
20200920_132826
鮎の刺身、生き鮎でまだ口をパクパクさせています
身が厚く、良い歯ごたえ、脂が乗っていて甘く、美味しいですね。
20200920_133257
鮎の塩焼き(×2)。
私は鮎の串を抜いて塩を払って頭から食べる習慣ですが、少し焼きが甘いのか、頭のパリっと感が無く、背骨も残り、ちょっと残念です。
20200920_133820
やな定食(×1、塩焼き2本、鮎フライ、鮎の炊き込みご飯、漬物、味噌汁)
20200920_133936
先ず美味しく頂きましたが、鮎を食べた!!!感が少々希薄だったような・・・。
ご馳走様でした。
今年は簗は設置しないみたいです。
遠くに友釣りの釣り人。
20200920_135257
20200920_135314

烏山の「島崎酒造」の洞窟酒蔵見物へ。
第二次世界大戦末期に造営された戦車の製造工場跡を日本酒の熟成庫に使っているとのことです。
20200920_142041
砂岩の手堀り、だそうです。
20200920_142059
総面積2,400m×mを400人で1.5年で手掘り、凄いですね。
20200920_142151
20200920_142347
20200920_142727
20200920_142734
owner's Bottle、最大20年保存で費用は33,000円、どうなんでしょう?
20200920_143016
20200920_143013
試飲コーナーがありました。
先日の「鍋店株式会社」では私が試飲したので、今日は相方です。
20200920_143519
純米酒、純米大吟醸、大吟醸、先ず美味しいのですが、「香り高く甘み旨味が強くどっしりとした飲み心地」が好みの我が家には、ちょっと物足りないという印象であった、とのことでした。
20200920_143540

ゆっくり走って、17時に帰宅しました。

夕食は、馬刺し2種(腿肉、霜降り肉)、焼き野菜(長茄子、椎茸)、南蛮の炒め煮、茹で生落花生。
たっぷりの馬刺し、贅沢に結構厚切りを大蒜辛味噌、大蒜胡麻油、本返し(甘口醤油代わり)で頂きました。
腿肉(手前)は赤身の旨さとさくっとした食感、会津でいつも食べる馬刺しです。
霜降り肉(奥)は、脂の濃厚な甘みと旨味、ねっとりした食感、これは美味しい!!!
これだけのものはそうそう食べれませんね、堪能しました。
20200920_185121
追加の槍烏賊の筒焼き(釣り物冷凍保存6ヶ月経過)、まだ美味しく頂けます。
20200920_185659
デザートは、昨日に引き続き、三軒茶屋の「OIMO」の生スイートポテトの残り5種。
20200920_193249
ご馳走様でした。

茹で生落花生を使ったアレンジレシピで、落花生のポタージュスープ。
①準備
殻を割って、薄皮を剥きます(300g)。
20200919_115706
②落花生のピュレ作り
剥き落花生(300g)と水(150mL)をブレンダーにかけます。
20200919_115839
少し粒が残るくらいまで潰します。
20200919_115844
20200919_120738
③ポタージュスープ
落花生ペーストを豆乳でのばして、チキンブイヨン、塩、胡椒で味付け。

お昼は、明太スパゲティと落花生ポタージュスープ。
落花生ポタージュスープは美味しいのですが、結構な量の落花生ペーストを入れているのに落花生感が薄く感じます。
もしかしたら、同じく豆である豆乳が干渉するのかもしれませんね。
夕飯に落花生のビシソワーズを予定しているので、今度は牛乳でのばしてみましょう。
20200919_122450
ご馳走様でした。

次女が帰ってきて、持参したお土産を頂きました。
三軒茶屋の「OIMO」の生スイートポテト10種です。
20200919_152515
掌サイズ、サクサクに焼かれたパイに色々な素材やフレーバーを加えられたスイートポテトが綺麗に盛られています。
20200919_152615
20200919_152625
ブリュレ(下右)、プレーン(下左)、カカオ(奥)
20200919_152954
ラムレーズン(右)、抹茶(左)
20200919_153329
甘さ控えめで、薩摩芋をベースに色々の風味が乗ったような味わい、台のパイがサクサクで良いアクセントを与えています。
皆美味しいですが、私はプレーン、ブリュレ、ラムレーズンが気に入りました。
ご馳走様でした。

次女が「あつまれどうぶつの森」を持ってきて、ローカル通信で一緒に遊びました。
空港で次女のアバターを待っている私のアバター。
20200919_154352
次女のアバター
20200919_154756
未入手の果樹や家具やレシピを貰ったり、色々なテクニックを教えて貰ったりと、楽しい!!!
1600991213516
1600991216930
1600991219606
1600991223525

久々に3人の夕食、普段より少し手を掛けた料理です。
海老の細巻き春巻き、真鯛のカルパッチョ、豚ロースのソティ(山椒本返し、自家製ミックススパイス)、シロエビのバラ天婦羅、落花生のビシソワーズ、「純米吟醸 ひやおろし 原酒生詰め 不動」(鍋店株式会社)。
買い物の最後に、またシロエビが安く売っていて買ってしまい、海老の揚げ物が被ってしまいました。
「純米吟醸 ひやおろし 原酒生詰め 不動」、ど真ん中ストライク、やはり試飲して買うのが一番です。
落花生のビシソワーズは落花生感が強めに出て、牛乳でのばす方が良いみたいですね。
20200919_185730
ご馳走様でした。

此処数日間は最高気温が30℃未満の日が続いていましたが、今日は32℃くらいまで上がる予報です。
20200921_134601

お昼は、チキンカレー、今日で5回目でそろそろレシピを固定したいのですが、もう少し時間が掛かりそうです。
材料は、冷凍の鶏腿肉(丸鶏を裁いて冷凍保存していたもの)、冷凍の自家製炒め玉葱ペーストと同トマトペーストの3点。
何時も目分量ですが、次回は量りましょう。
20200918_082638
自家製炒め玉葱ペーストとトマトペーストを煮こむ。
20200918_082957
人参を薄切りにして炒め、鍋に加えて、人参の形が無くなるまで煮込む。
20200918_084808
骨付き腿肉を半分に割る。
20200918_084135
塩故障して、フライパンで焦げ目をつけるように焼く
20200918_084401
鶏肉を加えて煮込む。
20200918_102818
味付けは、コンソメキューブ2個(1個/1人前)、ウスターソースととんかつソースとトマトケチャップを適宜。
塩分はコンソメキューブ1個で、2.3gなので、鶏肉の振り塩やウスターソースととんかつソースとトマトケチャップを加えると、3.5~4gくらいと推測。
20200918_112753
香辛料その1:刻み鷹の爪小さじ山盛り1杯(写真無し)
香辛料その2:生生姜の千切り
20200918_113449
香辛料その3:エスビーカレー(小さじ山盛り2杯、1杯/1人)、その4:ガラムマサラ(適宜)、その5:クミンシード(適宜)、その6:カルダモン(適宜)
香辛料のを加えるタイミング(食べる時を0時間としてそれ以前の時間)は、刻み鷹の爪:3時間、カレー粉:1時間、生生姜千切り:30分、ガラムマサラ/クミンシード/カルダモン:直前。
20200918_113929
思い付きで茄子を追加。
20200918_121211
最後の香辛料を加えて出来上がり。
20200918_122426

今日の出来上がりは?、
香り、スパイス感、辛み、塩梅、旨味、食感、合格です。
失敗は茄子は切ってそのまま煮込んだこと、色が悪く食感もイマイチでした。
揚げ焼きかよく炒めて加えるべきでした。
20200918_122939
20200918_122943
美味しく頂き、ご馳走様でした。

秋らしい涼しい日は今日までで、明日からまた30℃を超える日が続くとのことです。
此処1箇月くらい運動量が極端に減って太り気味。
平均体重64.5kgから+3kg、退職後初めての高水準が続いて、簡単には戻りそうにありません。
買い物&ポタリングは、何時も自宅と戸頭往復の10km弱なのですが、今回は小貝川自転車道経由で大回りしました。

小貝川の紫水の自転車道
20200917_095935
自動車と共用の道ですが、走りやすいです。
20200917_100002
岡堰の堰堤道
20200917_100344
この辺りは河畔林が両岸に続いて、カヤックで下ると釧路川の中流湿原域を漕いでいるような雰囲気が味わえます。
20200917_101024
戸頭のヤオコーで買い物と水汲みをして、利根川土手道を南下します。
20200917_111128

本日の走行軌跡
1600414008476
1600414013214

本日走行距離:26.8km

累計走行距離(CYLVA F8F):1,696km
総累計走行距離(ALVLAYS+CYLVA F8F):6,466km
本日消費カロリー:697kcal
結構しっかりとした運動になりました。

お昼は、ヤオコーオリジナルの平打ち麺と味噌スープ。
麺は2人で1人前にたっぷり野菜(モヤシ1袋とキャベツ200gくらい)の減量メニュー。
摺り下ろし大蒜と刻み玉葱が最近のブームです。
スープはとても美味しいのですが、1人前なので、半分は残します。
20200917_125100
ご馳走様でした。

朝食を抜いて、08:40に出発して09:50に本日第1の目的地に到着。
ほぼ10箇月振りで「九十九里ファーム たまご屋さんコッコ」です。
20200916_102134
自販機でたまごかけご飯(400円)をポチッ。
20200916_095305
新米になりましたの貼り紙、良いですね。
以前は多古米であることの表示がありましたが、今はどうなんでしょうか?
20200916_095349
大きな丼に2膳分くらいのご飯、我が家の朝食の4倍くらいの量です。
鶏そぼろ、最後の卵掛けご飯にこれを掛けるのが好きです。
追い打ちをかけるような卵焼き、甘くて美味しい。
漬物と味噌汁。
卵(食べ放題)で、さらに海苔、鰹節、かけ醤油4種、がついています。
2年前はこの内容に加えてご飯と味噌汁が食べ放題で360円と本当に太っ腹だったのですが、まあ今でもこの内容で400円はとても魅力的です。
私の食べ方は、ご飯に卵を割り落とす、醤油を掛けて、箸で軽く掻き混ぜて頂く、です。
これで卵3個。
20200916_095759
最後のご飯に卵を掛けて
20200916_100733
鶏そぼろを載せて、更に揉み海苔を掛けて、頂きます。
20200916_100851
20200916_100931
今日も美味しく頂きました。
何とか丼1杯(レギュラー)と卵4個を食べ切りましたが、夕方まで満腹でした。
何時までこれが食べれるでしょうか?

<今までの訪問記録>
・2015年以前に1回?(350円)
・2015年 3月14日:丼1杯、卵4個(360円)
・2015年 9月19日:丼1.5杯、卵4個
・2016年 4月  7日:丼1.5杯、卵4個
・2016年12月28日:丼1杯、卵4個
・2018年 5月 3日:丼1.5杯、卵5個
・2018年 9月 9日:丼1杯、卵4個
・2019年12月13日:丼1杯、卵5個(400円)
・2020年 9月16日:丼1杯、卵4個

本日の目的地「道の駅くりもと」に到着して、併設の農園で落花生堀です。
落花生堀は、落花生1株130円、詰め放題(袋、小:600、中:1,200円)とバリエーションがあります。
係の方に聞くと、小で落花生20株分、中で30株以上となり、かなりお得と聞いて詰め放題中にしました。
落花生畑で、掘っては詰め、掘っては詰めを繰り返します。
中袋といっても結構な大きさで、一杯まで詰めるのに結構な時間が掛かりました。
20200916_110121
雲が出て日差しが陰り、助かります。
20200916_115754_07
袋一杯詰め切りました。
ずっしりと重たいです。
20200916_122119
20200916_122123

本日の第3の目的地、香取郡神崎町の銘醸「鍋店株式会社 神崎酒造蔵」に到着。
そろそろ「ひやおろし」が出始めていて、それが狙いです。
20200916_130448
温度管理された日本酒セラー?の中に生酒の冷蔵庫もあります。
20200916_131737
試飲コーナー、相方には申し訳ありませんが、私が頂いて買う物を決めます。
20200916_132906
どれも美味しいのですが、香り高く、甘み旨味が強く、どっしりとした飲み心地、で選びました。
1600413980730
20200916_132919
本日購入の「純米吟醸 ひやおろし 原酒生詰め 不動」と「純米吟醸 不動 備前雄町」
20200919_110250

帰宅して、落花生の重さを測ると5kgありました。
300gで300円くらいで売られていますので、5,000円相当、これが1,200円なのでなかなかお得です。
でも、小袋で十分だったかも・・・、塩ゆでして、ご近所や知り合いに届けて、家で食べて、あとは冷凍しましょう。
落花生塩茹でレシピ
①材料(圧力鍋で1回分)
・落花生900g
・水:1.2L
・塩:大匙3倍
②圧力鍋に材料入れて点火
③蒸気が上がったら、強火10分、弱火8分、加熱する。
④直ちに圧力を抜き、笊にあけて冷やす。 
20200916_172852
珍しい、3粒入りの落花生。
20200916_173431
優しい塩梅、落花生の旨味と甘み、美味しいです。
20200916_173504
当分楽しめますね。

朝晩の気温が25℃を切るようになって、秋らしい日が続いています。
鮮やかな黄緑色のカマキリ、この時期には余り見かけないような気がします。
カマキリは緑色から褐色に変化するものと思っていましたが、緑色個体と褐色個体に分かれるそうです。
分かれる原因は特定されいませんが、環境への保護色、捕食されないようにするための対策等があげられています。
カマキリの色は種類によって違う?茶色や緑色に変わることはあるか?」に詳しい解説がありました。
なかなか面白いですね。
20200915_100215

修理に出していたモバイルPCが帰ってきました。
左底部の冷却ファンの故障(接触)で、交換修理とのこと。
これでblogの入力が楽になります。
溜めている宿題を片付けなくては
20200919_090032

お昼はカレー南蛮そば、涼しくなってきたので久々の登場です。
汁が少なく、カレー南蛮そばらしくないというか、見栄えが悪いですが、塩分摂取低減対策です。
またカレー粉は7g、刻み鷹の爪は小さじ1杯、と辛くして塩分が少なくても満足できるようにして、汁としては塩分2.5gなのですが、乾麺のそば1束(80g)に塩分は2.8gも含有しているので、多少湯で水に溶けだすのでしょうが、総塩分量は5gになると思います。
ちょっと検討が必要ですね。
ところで先日400gのカレー粉缶を買いましたが、これでカレー南蛮そば60杯分なんですね。
20200915_122753
20200915_122805
ご馳走様でした。

夕食は、豚ロースのソティ(自家製スパイスミックス、山椒本返し)、近海メバチ鮪の刺身、チーズ納豆アボカドサンド、茹でモヤシの胡麻油和え、焼き獅子唐。
20200915_184849
脂身が適度に入っているロース肉、肩ロースに近い?、美味しいです。
20200915_184855
生のメバチ鮪、爽やかでありながらしっかり鮪の旨味もあって、これは良いですね。
20200915_184903
チーズ納豆アボカドサンド、「9月11日に放送された日本テレビの沸騰ワード10で紹介されていた志麻さんのレシピ」、なかなか美味しい。
20200915_184906
20200915_184908
写真の粉は自家製スパイスミックス(ガラムマサラ、カルダモン、クミンシード、ジンジャー、粉末鶏ガラを適宜に混ぜる)、ソティした肉に付けて頂きますが、エスニック感がでて美味しいです。
20200915_184912
ご馳走様でした。

以前「フリーパワー」のことを書きましたが、これを取り扱っているサイクルオリンピックの最寄りの市川店を訪れました。
目的は、①CYLVA F8Fに装着できるかどうか?、②試乗、です。
①がOKで、②で期待通りの効果(平地から緩い坂道でのアシスト感、漕ぎ出しが楽)を感じられたら、先ずは相方のシルバK号に装着して貰う予定です。

サイクルオリンピック市川店
20200914_104253

①の装着できるか
フリーパワーのフロントギア歯数のMAXは47で、CYLVA F8Fの端数は52で、チェーンを短くすれば装着可能とのことでした。

②試乗でのフリーパワーの効果は?
フリーパワー(ハードシリコンギア)を装着した廉価版の20インチの折り畳み自転車を乗ってみたのですが、
・平地から緩い坂道でアシスト感は殆ど感じません。
・漕ぎ出しは、お菓子のグミを踏み付けたようなグニュという感覚の後に少し遅れて路面のグリップ感が訪れるといった感じで、幾分軽い力で漕ぎ出せるような気がします。
期待した効果は感じられませんでした。
それと、歯数が52から47に少なくなって、一漕ぎで進む距離が7.1mから6.4mと短くなることは、CYLVA F8Fの良さが減じることになります。
CYLVA F8Fは、8段変速であるので、走り出しや緩い坂道は段数を落として対応すれば済む話です。
フリーパワはTVで紹介されていたような「電動アシストに変わる新しいギアシステム」、では無いようですね。
結局のところ、
・フリーパワーはママチャリや普段あまり走らない人にとっては効果が感じらるれようだ。
・高速走行が可能な車種やサドルを高くして走るような場合は、効果が感じられないようだ。
1600413952467
ということで、フリーパワー装着は、今回は見送ることにしました。
歯数のバリエーションやシリコンゴム材質の向上等が図られたら、またトライしてみようと思います。

早く終わってしまったので、近くの「21世紀の森と広場」で散策することにしました。
21世紀の森と広場は入場無料ですが、駐車場は有料で、100円/1時間の西駐車場に車を停めました。
20200914_113216
21世紀の森と広場は開園していますが、月曜日なので公園内のセンターや博物館は休館でした。
20200914_113329
森と広場と池や湿地帯がある広い公園です。
20200914_113422
池の北部は遊歩道が無く、自然がそのまま保全されているようです。
20200914_113515
20200914_113757
20200914_113801
県道51号線が公園を横断しています。
20200914_114005
20200914_114022
今の時期は殆ど花はありません。
20200914_114221
ヒモゲイトウ、初めて見ました、なかなか面白い。
20200914_114341
20200914_114437
20200914_114913
20200914_115247
20200914_120811
明るく広大な芝生広場。
20200914_121011
湧水?、多分循環水でしょう。
20200914_121243
20200914_121303
ゆっくりと1時間強、気持ちの良い散歩をしました。
1600413962704

お昼は博多うどんの「うどん ウエスト 鎌ヶ谷店」へ。
2019年3月25日に大分県の日田店で初めて食べて気に入りました。
福岡県が中心で九州各県に展開していますが、関東では千葉県(7軒)と東京(1軒)だけです。

20200914_131650
ごぼてん肉うどん(810円)
「やわやわ」ながらも「もちっ」とした食感、少し細めですが、博多うどんの特徴がよく出ています。
ごぼてん、甘辛く炊いた牛肉が、うどんと汁にとてもよく合います。
20200914_132858
かき揚げうどん(530円)
別盛りの大きなさくさくの掻き揚げ、玉葱が甘く、海老も真っ当、美味しいです。
20200914_132852
ご馳走様でした。
メニューを見た時の違和感、やっとその理由が判りました。
「そば」が在って、うどんより前に表示されている、でした。
九州のウエストにはそばはありません、関東だけの対応なんでしょうね。

朝早く取手を出発して、月例の墓参りで都内へ。
20200913_083636
20200913_083648
20200913_083737
「豊島八十八箇所」の87番札所です。
本堂左の大師堂、八十八箇所(写し)巡礼を11箇所巡りましたが、こんな立派な大師堂を見たことがありません。
四郡大師も結願したので、次回はこの豊島八十八箇所か南葛八十八箇所巡礼を計画しようと思います。
20200913_083730
20200913_083843

帰宅途中、次女の所へ寄って、近所の「アンジェリーナ 氷川台店」で珈琲ブレイク。
20200913_095217
こじんまりとしたパン屋さんですが、なかなか個性的なパンが揃っています。
20200913_092052
次女は朝食、相方と私はケーキと珈琲を頂きました。
美味しいですね。
20200913_092739
明日の朝食用のパンも買って、楽しみです。
ご馳走様でした。

ヨークベニマル取手戸頭店で珍しや生の富山湾の白エビを売っていたので、買いました。
白エビは初夏が旬と記憶していたので、今頃?と思ったのですが、漁期は4月から11月と長いのですね。
白エビは火を通す場合は、唐揚げやかき揚げが主な調理法ですね。
さて、唐揚げと、掻き揚げでは無く、一匹一匹上げるバラ揚げの天婦羅にして、食べ較べをしてみることにしました。

本日の夕食、白エビの唐揚げ(小麦粉塗し)、白エビのバラ揚げ天婦羅、照り焼きスペアリブ、アボカドの山葵本返し和え、鱈のつみれ汁。
白エビの食べ較べ、何れも美味しいのですが白エビのバラ揚げ天婦羅に軍配、一層の甘みと旨味、ふわっと柔らかい食感、本当に美味しい。
そういえば公魚も、唐揚げよりもバラ揚げ天婦羅が気に入って、最近は専らこれです。
やはり調理法としては、天婦羅の方が上なのかもしれませんね。
20200912_185022

四郡大師結願のお祝いで、取手駅で外飲みへ出ました。
八十八箇所巡礼の結願のお祝い、これも巡礼の楽しみで出、前回の新四国相馬霊場八十八箇所(順打ち)の結願のお祝いは、2020年5月25日に龍ヶ崎市の鰻料理屋さんの「なか川」でした。

陽が沈みかけて、涼しくなった利根川土手を歩いていきます。
20200911_172730
東の空に虹が掛かっています。
20200911_172736

本日の店は、取手駅東口の「Bistro QUATRE」です。
2020年1月に開店した新店で、「取手・入ったことのない店に行ってみようシリーズ」のその21になります。
因みに写真のお隣の「味蔵」は、2016年1月10日の「取手・入ったことのない店に行ってみようシリーズ」その8で訪問しています。
20200911_190240
20200911_190247
先ずは歩いてきて乾いた喉に、キリンビールのハートランドの生ビール、流石に取手のお店です。
20200911_180803
前菜盛り合わせ(5種)、ポークリエット、ピクルス、パテ・ド・カンパーニュ、ラタトィユ、フロマージュ、隠れていますがサラミもあって6種でした。
少しづつですが、変化があって丁度良いボリューム、楽しめます。
20200911_181827
ワインは南アフリカの「ライオン クリーク シュナンブラン & ソービニオンブラン」、爽やかで、軽めの食事によく合います。
20200911_182258
保冷バックタイプのワインクーラー、結構便利かと思ったのですが、思いのほか扱いが面倒で、何よりワインが見えないのが寂しい
20200911_182351
ミスティカンツァ、生ハムとチーズがたっぷり。
20200911_183302
トリッパのトマト煮込み、程よいトリッパの匂い、なかなか美味しいです。
20200911_184840
もう少し此処で食べようと思ったのですが、美味しい日本酒を飲みたくなり、梯子へ。

取手駅東口の線路沿いの坂道の途中にある「art space /bar conflictable cube」、此処も「2018年9月25日の「取手・入ったことのない店に行ってみようシリーズ」その14」で訪れて、今日で3回目ですね。
坂の途中の民家をリノベーションしたBarでなかなか良い雰囲気です。
20200911_190836
20200911_190815
店内から、取手駅の構内の常磐線の電車が見えます。
20200911_193710

地ビールと日本酒の銘酒
20200911_191634
20200911_191643
蝦蛄の刺身
20200911_193305
糠漬けカタクチイワシ、別の銘酒をお替り、
20200911_194242
段々お腹が空いてきて、低温調理のバナナポークとお替りの銘酒
20200911_194800
止めの、混ぜそば、
20200911_201400

生ビール×2、白ワインフルボトル×1、地ビール×1、日本酒×4、料理7品、2時間10分、四郡大師結願のお祝い、堪能しました。

このページのトップヘ