烟霞淡泊

2017年11月

買物のお釣りの500円玉の貯金を長年やっていまして、現役の時は500円玉で30万(最大で50万)の貯金缶を使っていたのですが、リタイアしてからはさすがに無理で今は10万の一番小さな貯金缶です。
500円玉が手に入るように買い物をしますが、相方の500円玉も両替して手に入れています。
私はクレジットを使わず買い物は買物で、時折大きな買い物をする時には相方のクレジットを使ってポイントを稼ぐことはありますが、長年の習慣で変えることは無いでしょうね。
おおよそ1年で満杯になるのですが、丁度今の貯金缶が一杯になったので開けました。
何時ものことですが、開ける時はちょっと幸せな気持ちになりますね、別にお金が増えているわけでは無いのですが
DSC_5172
DSC_5173
銀行に持参して貯金、口までギチギチに入れたので15万弱となりました。
新しい貯金缶を購入、また1年ですね。
DSC_5175




今日も秋晴れの良い天気で、予てより一度訪れたかった世田谷区の「等々力渓谷」の紅葉狩りへ。
此処の所寒い日が続いていましたが、今日は暖かい一日になるようです。
自宅からは、常磐線(普通)⇒千代田線⇒東急東横線⇒東急大井町線で1時間半程で等々力駅に到着。
東京都内の果てのこの地、初めてです。
DSC_5088
駅から僅かな所にと等々力渓谷の入り口。
DSC_5089
渓谷に降りていくと、空気がひんやりとしてきました。
DSC_5091
街中にこんな渓谷があるのが不思議ですね。
水も綺麗です。
DSC_5092
DSC_5094
DSC_5095
鴨も泳いでいます。
DSC_5097
DSC_5098
DSC_5102
渓谷の際は沢山の湧水があります。
DSC_5104
DSC_5105
紅葉がチラホラと。
DSC_5107
DSC_5108
有名な不動の滝、今でも修行が行われているそうです。
DSC_5110
滝と不動堂
DSC_5111
DSC_5112
万願寺 等々力不動」へ
DSC_5114
紅葉が真っ盛りです。
DSC_5117
ウィークデイですが賑わっています。
DSC_5118
DSC_5120
DSC_5122
DSC_5123
DSC_5127
DSC_5128
等々力渓谷に戻って日本庭園へ。
DSC_5131
なかなか良い庭園でです。
DSC_5133
立派な茶屋がありました。
DSC_5134
DSC_5135
DSC_5137
DSC_5138
等々力渓谷の出口から等々力駅まで
DSC_5140
少しお腹が空いたので「肉の吉野」で買い食いを。
DSC_5141
コロッケとメンチカツ、揚げ立てサクサクで美味しい。
DSC_5142

東急大井町線で戸越公園駅へ。
此処から戸越銀座へ散策。
DSC_5144
DSC_5146
DSC_5147
DSC_5148
戸越銀座の蕎麦屋さんの「蕎都」
DSC_5157
蕎麦前を楽しむことに。
エビスビールの中瓶と揚げ蕎麦
DSC_5149
唐墨の炙り、香ばしくて旨味強く美味しい。
DSC_5150
牡蠣の天婦羅、サクッと揚って熱々。
DSC_5151
ちょっと面白い酒器、片口に酒を注ぎ、溢れると盃に、それが溢れると皿にと。
これは良いですね、気を付けて探してみましょう。
DSC_5152
出汁巻き卵、蕎麦前の定番
DSC_5153
盛り、綺麗な細打ちで強いこし、汁も辛めで、なかなか美味しい。
DSC_5155
卵とじ、蕎麦は熱々の掻き玉汁に浸かってふっくらとしていますが、熱に負けていません。
DSC_5156
ちょっと遅めの昼食を、蕎麦前から蕎麦とゆっくりと楽しみました。
ご馳走様でした。
戸越銀座から東急目黒線の武蔵小山に続く商店街、「戸越公園通り商店街」、「宮前商店街」、「戸越銀座」、「パルム」と商店街が多いですね。
昼間から飲めるお店も散見されて、こんな商店街が近くにあるというのは羨ましい。
DSC_5159
DSC_5160
DSC_5161

さて、東急池上線の戸越銀座駅から五反田駅まで出て、東京駅へ。
今晩は、元勤め先OBの食事会が東京駅傍であります。
相方と別れて、東京駅辺りをぶらぶらしました。
長かった東京駅とその周辺の改修工事も終わったのですね。
高層ビルと煉瓦の東京駅、なかなか素敵です。
DSC_5164
DSC_5162
DSC_5163
新丸ビルのクリスマスディスプレイ
DSC_5168
高島屋のクリスマスディスプレイ。
DSC_5169
DSC_5171

さて元勤め先のOB会、この会食は、今年7月にお世話になりました札幌在住の先輩が音頭を取っての集まりですが、昨年の10月24日に初めて声を掛けて頂き、今年で2回目の参加です。
8名の参加ですが、皆さん相変わらずお達者で、何よりです。
昔話とお互いの近況等、お酒もたっぷり頂き、楽しい一時を過ごしました。
有難うございました。
来年もまた元気にお会いしたいものです。

先週の24日から始めた「どうぶつの森ポケットキャンプ」、20年弱前に子供たちと夢中になったゲームソフトの「どうぶつの森」に比べると、単純で少々面白みに欠けるような印象がありますが、始めると結構嵌りますね。
ゲットしたレアアイテム、途中からスクリーンショットで撮り始めたので、マグロ、フグ、モルフォ蝶等がありません。
[画像:423ff058-s.jpg][画像:08260fcb-s.jpg]

[画像:5054db52-s.jpg]


キャンピングカーも最初(オリジナル)はバンコンバージョンのような形だったのですが、OKモータース(キャンピングカーのビルダー)でカスタマイズしてキャブコンバージョン/2階建てにしました。
金額が判らず後払いでローンを組まされるというのは、オリジナルのどうぶつの森に近いような・・・。

[画像:0ebca9c2-s.jpg]
[画像:49c2885d-s.jpg]

今日も良い天気です。
午前中は旅の後始末で、先ずはプレアデス号の洗車。
[画像:f1b273f0-s.jpg]
「ケルヒャー家庭用高圧洗浄機K2」、軽くて小さく、扱いがとても楽ですね。
[画像:a45f4ff4-s.jpg]

午後は、Down the kokaiで泥や砂で汚れたワイルドカード号を組み立てて洗いました。
Down the kokaiが今年の漕ぎ納めで、例年同様に洗剤で洗って乾し上げます。
[画像:97728532-s.jpg]
フレームのジョイントに潤滑油を吹き付け、リブフレームの欠けたプラスティックチャンネルを交換する等のメンテナンスも。
[画像:1be49efe-s.jpg]
1年有り難うございました。
来年も活躍して貰いましょう。

福岡堰下の水門広場(08:55)⇒豊田堰上流の上陸点(14:50)⇒福岡堰下の水門広場(16:45)⇒自宅(18:15)

Down the kokai第2日目。
昨日の養蚕橋(筑西市)から福岡堰(常総市)の34.2kmに引き続き、本日は福岡堰から利根川合流点(取手市)の30kmを下ります。
福岡堰の水門の広場の朝、今日も良い天気です。
[画像:143226bd-s.jpg]

小貝川の中下流域まとめ
・3つの沈下橋をくぐります。
その1:常総橋、その2:川又橋、その3:小目沼橋(橋本体・橋脚も全て木製で流れ橋の構造と全国でも珍しい沈下橋と言われています。写真撮影に失敗、昨年漕行時の写真を最後に添付しました。)
・人工物の見えないところは、釧路川湿原域を思わせます。
・堰の前の幅広い川で浅瀬に苦労、結構な距離をライニング。

水門の広場のエントリーポイント
[画像:633bb6eb-s.jpg]
沈下橋その1:常総橋
[画像:70296b5f-s.jpg]
流れの無いところの流速は1km/h以下です。
[画像:8ce16a5b-s.jpg]
[画像:f9193a64-s.jpg]
[画像:075552ac-s.jpg]
沈下橋その2:川又橋
[画像:53a0e805-s.jpg]
[画像:e2b10fde-s.jpg]
休憩
[画像:4134a9f0-s.jpg]
この辺りになるとバサーが沢山いますが、fish onは一度も見掛けませんでした。
[画像:c25442ef-s.jpg]

[画像:8752a430-s.jpg]
沈下橋その3、小目沼橋、小貝川で最も沈下橋らしい橋です。
[画像:96be81b8-s.jpg]
撮影に失敗して、昨年の写真です。
[画像:8e6ad12c-s.jpg]
岡堰、小貝川の2っ目の稼働式堰です。
[画像:503d3873-s.jpg]
堰前の迷路のような浅瀬でライニング。
逆光で水深が見えず、川筋が判りません。
[画像:d2ddfd89-s.jpg]
[画像:465d7f58-s.jpg]
[画像:96be81b8-s.jpg]ややっと「何時もの河原」(小貝川リバーサイドパーク)に到着して昼食休憩。
[画像:f3e4bb6f-s.jpg]
今日もカップ麺です。
[画像:6970b376-s.jpg]
後10km強と今日も30kmオーバーです。
[画像:2d6fcac1-s.jpg]
[画像:c32d122e-s.jpg]
上陸点の豊田堰まで2kmのところで突風のような北西の風が吹き出し、どうにもならず漕行断念。
[画像:9b2d3e8d-s.jpg]
[画像:9a5a6000-s.jpg]
2km程歩いて豊田堰にデポした軽自を取って回送へ。
[画像:2da56b3b-s.jpg]

本日の漕行距離は30.5kmでした。
[画像:274542d3-s.jpg]
[画像:2092dacf-s.jpg]

Down the kokai、最後の2kmは断念しましたが、2日間で64.7km、十分過ぎるくらい堪能しました。
キャンピングカーでの長い川旅、結構面白いですが、流れの無い所では1日で25kmくらいが限界ですね。
2日間30km超えで筋肉痛で、明日の朝起き上がれるかどうか
さて、天塩川、釧路川、最上川と100kmを超える川旅、何時の日か出掛けたいものです。 

自宅(05:50)⇒福岡堰(06:20)⇒養蚕橋(07:30~08:20)⇒Down the kokai⇒福岡堰(15:20)⇒回送(福岡堰⇔養蚕橋)

我が郷土の銘川、小貝川、栃木県烏山を水源に100kmの利根川の支流です。
焚き火会の「いつもの川原」、福岡堰のお花見カヤックで良く訪れますが、手軽なパドリングスポットとしてもなかなかの存在です。
福岡堰=20km⇒いつもの川原=10km⇒利根川合流点はカヤックで下ったことがあります。
福岡堰から上流、下館まで40km弱も下れそうなのですが、殆ど情報が無く、自分で調査してみました。
①航空写真での障害物等調査(堰、組み石・テトラポット、瀬、分流・・・)、②自転車による土手道全工程走行、③川地図作成
国交省の河川情報の小貝川黒子のテレメーター水位をチェックして、23日の雨で水位が20cm上がったでDown the kokaiを決行することにしました。
(ここのところ減水状態で下れそうにありませんでした。)

1)ファルトボートで下れる範囲
2)終点は利根川合流点
3)キャンピングカーで回送と宿泊(実際は+軽自)
4)以上の条件から
筑西市養蚕橋⇒利根川合流点(60km強)
2日間のパドリングでP泊は福岡堰

福岡堰下の水門の広場(駐車場)でプレアデス号をデポ。
DSC_4981
ふと小貝川を見ると、朝靄が立って良い雰囲気です。
DSC_4982
養蚕橋下の大きな堰の下からエントリー。
DSC_4983
DSC_4984
初めの10kmは流速は4~5km、それらしい瀬(5箇所)や石組跡等があって、結構楽しい。
瀬の写真は殆ど撮れていません。
DSC_4985
清流とは言えませんが、それでも綺麗な流れです。
DSC_4986
遠くに端正な筑波山が。
DSC_4987
石組みの残骸?、中央のみ漕行可能です。
DSC_4988
DSC_4992
真正面に筑波山、本日の一番かな。
DSC_4993
DSC_4994
DSC_5000
DSC_5002
DSC_5005
DSC_5008
綺麗な中州で休憩
DSC_5012
DSC_5010
小貝川ではこの時期、鮭が遡上することで有名です。
今回、生きた鮭は見ることはできませんでしたが、遡上で力尽きた?、産卵後?の姿を確認しました。
DSC_5013

中下流域は、ゆったりした流れ、つくば山の眺め、豊かな森林の中、野鳥・・・、等々。
DSC_5014
小貝川ふれあい公園でお昼&休憩
DSC_5016
今日もカップ麺です。
DSC_5015
DSC_5017
DSC_5019
DSC_5021
DSC_5022
DSC_5028
漸く福岡堰が見えてきました。
DSC_5033
DSC_5035
福岡堰下の水門の広場の上陸ポイント
DSC_5040
DSC_5041
[画像:08d7c203-s.jpg]
[画像:caeeddeb-s.jpg]

今夜のP泊地
DSC_5042
鍋料理、この時期の定番です。
作るの簡単、後片付け楽、食べて美味しい、と三拍子揃ってます。
DSC_5043

さて、Down the kokai第1日目、34.2kmのダウンリバーを楽しみました。
筋肉痛が始まってます。
明日、身体が動くかな~?

ところで今日でプレアデス号での旅の延べ日数が400日となりました。
何処まで伸ばせますかね。 
取り敢えず1,000日を目標にしましょう。

清々しい秋晴れの朝。
DSC_4975
皇帝ダリアの蕾が膨らんでいますが、霜が降りる前に咲きますかね。
DSC_4976

次女は朝早く都内へ出勤して、今夜は都内の新居に帰ります。
今年の2月から10箇月程の3人の生活でしたが、今日からまた相方と2人になりました。

こんなゲームを始めました。
どうぶつの森 ポケットキャンプ」です。
20年弱前に子供と一緒に夢中になってやったゲームのアプリ版です。
オリジナルとアプリ版の違いや経緯等はこちらへ
[画像:ad401264-s.jpg]
主人公のです。
[画像:ccc681a6-s.jpg]
主人公のキャンピングカー、見た目はバンコンバージョンのようですが。
[画像:64294928-s.jpg]
コーチ内を見るとクラスA並みですね。
[画像:e1c74801-s.jpg]
魚や昆虫や果物をゲットするのは同じですが、大部簡単になっていますね。
マグロは、図柄から木肌鮪のようですね
[画像:aaa888eb-s.jpg]
暫く遊べそうです。

運び忘れたり、買いそびれた物等を運ぶために、今日も都内へ。
まあ、世話の掛けすぎかもしれませんが、引っ越しの手伝いって何処か楽しいですね。

引っ越しが終わって、相方、次女、私で小伝馬町へ長女と待ち合わせ。
長女と待ち合わせて、頼んでいた買い物の受け取りと久々一家4人で昼食を摂ることに。
長女のお奨めの小伝馬町のピッツア屋さんの「PIZZERIA IL TAMBRELLO」です。
[画像:df7b6c92-s.jpg]
マルゲリータ、フンギ、クアトロフォルマッジ、日替わりの4種のランチ(1,000円)を注文。
良く働きましたというご褒美でイタリアのビールのPERONI(700円)も。
優しい味付けの野菜のスープ
[画像:a4e43549-s.jpg]
右奥からマルゲリータとベーコンとフンギ
[画像:cf102a0c-s.jpg]
同じくクアトロフォルマッジと日替わり
[画像:5a53b819-s.jpg]
デザートのパンナコッタ
[画像:53c4fcdb-s.jpg]
皮がもちっとしながらさっぱり目でチーズと具のバランスが良いですね。
何れのピッツアも美味しいですが、順番を付けると、ベーコンとフンギ>クアトロフォルマッジ>マルゲリータ>日替わり、かな。
この値段でこのクオリティ、人気があるのも判ります。
ご馳走様でした。

帰宅して、次女の引っ越しのお祝いの夕食。
最近凝っている低温調理のローストビーフ(塩胡椒で真空パックし・ヨーグルトメーカーで60℃150分、ローストしていません)、ディップ類(ハナマサのコンビーフのポテトサラダ、アボガドと海老のサラダ、ゴルゴンゾーラチーズ&ナッツ&蜂蜜、烏賊の塩辛)とクラッカー、ウスメバルのアクアパッツア、ベビーリーフとミニトマトのサラダ、スパークリングワイン。
DSC_4974
変わり映えのしないメニューですが、出来はまずまずで美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

今日も次女の引っ越しの手伝いで都内へ。
荷物の搬入と片付けで午前中から午後14時ぐらいまで。
転入、免許の住所書き換えなど、区役所と警察署に付き合いました。

転居先近くの柿の木に、大きなインコが、柿を美味しそうに食べていました。
逃げたインコが逞しく生きているということでしょうか。
DSC_4969
DSC_4970

立派な区役所
DSC_4973
DSC_4972
今日は「良い夫婦の日」なんですね。
婚姻届けを出してきたのでしょうか、2組のご夫婦の記念撮影を頼まれてしまいました。
末永くお幸せに。
DSC_4971

次女の引っ越しの手伝いで、引っ越し業者に荷物を預けた後、乗らなかった荷物を車に乗せて都内へ。

お昼は都内へ向かう途中、久々に丸亀製麺で。
釜揚げうどん(並、290円)と野菜かき揚げ(130円)といか天(110円)とごろごろ野菜の揚げ出しうどん(620円)。
DSC_4968
確かに本場の讃岐うどんの名店には比べることはできませんが、安くて美味しく、ファストフードとしては立派なものですね。
ご馳走様でした。

穏やかな秋晴れの朝です。
DSC_4975

夕食に、先日、北海道の知人より頂いた馬鈴薯4種を蒸かして食べ比べ。
右上から、時計回りで、「マチルダ」、「レッドムーン」、「男爵」、インカの目覚め」です。
当然のこと、バターと烏賊の塩辛を添えて。
[画像:6e486e43-s.jpg]
夫々に旨味や甘み香りが高く美味しかったのですが、じゃがバターではやはり男爵ですね。
馬鈴薯、当分楽しめます。

かわせみ河原(11:00)⇒自宅(15:30)

3日目の朝、良い天気です。
かわせみ河原の設備で、トイレと洗い場。
普段はこの程度で良いのでしょうが、繁忙期は少し不足気味かもしれません。
それと今回は予約サイトに宿泊したので近かったのですが、河原のフリースペースだとちょっと遠いですね。
DSC_4958
DSC_4957
朝食は昨日の特製カレーと豚の角煮で、カレーほうとう、朝からボリュームたっぷり、美味しく頂きました。[画像:1107cf2a-s.jpg]

テントを畳んで撤収、人数がいるとあっという間ですね。

撤収が終わってから、かわせみ河原で開催されていた「NSMC」を見物、NSMCはノースサイタマ ミリタリー キャンプの略号なんですね。
多数のジープと軍隊装備関連のフリマの店が多数で、なかなか面白いです。
DSC_4960
DSC_4961
DSC_4962
DSC_4963

さて、昼前に解散です。
3日間、Nさん始め皆さんに大変お世話に、またご馳走になり、とても楽しいキャンプでした。
有難うございました。
Nさんとは、来年の鰻釣りでご一緒できると良いですね。

早朝にNさんが昨日の宴の後片付けを、我が家はまだ眠っていて・・・、恐縮の限りです。
スクリーンタープを畳んで、大型テント2張りを連結して、広い居住空間を設営。
DSC_4954

当初の天気予報では雨と北風の一日でしたが、結局雨も降らず、穏やかな曇りの一日となりました。
そして、今日も朝から食べて飲んでの一日です。
DSC_4940
DSC_4941
DSC_4942
DSC_4945
DSC_4946
DSC_4947
DSC_4948
DSC_4949

アトラクションで、火打ち道具(マグネシウム ファイアースターター)と「ファットウッド」で火起こしにトライ。
最近、Nさんはファットウッド探しに凝っているとのこと。
ファットウッド、樹脂(松脂)が溜まった松の幹、松の倒木を探して採取するそうですが、なかなか見付けるのが難しいそうです。
ファットウッドを割った断面、ずっしりと重くて、松脂が溜まっているのが見え、とても良い香りがします。

[画像:76b1a609-s.jpg]
ファットウッドを削って火打ち石で火花を飛ばして火を付けます。
DSC_4950
結構簡単に付きました。
DSC_4951
松脂の香りが広がって、良い感じです。
DSC_4952
これは面白いですね、これからは気を付けて松の倒木を探してみましょう。

DSC_4955

クラッカーにゴルゴンゾーラチーズとナッツをのせて蜂蜜を垂らしたスナック、簡単で美味しい、これは真似してみましょう。
[画像:804680f0-s.jpg]
Nさんのスペシャリテの特製カレーの豚の角煮乗せ、どの料理も美味しいのですが、とても美味しい。
別腹でするっと食べてしまいました、あな恐ろしや
DSC_4956
体重計に乗るの怖い一日となりました。

自宅(07:30)⇒かわせみ河原(13:00)

鰻釣りの師匠のキャンピングカー倶楽部のNさんに誘われて、埼玉県寄居町の「かわせみ河原」でのキャンプに参加しました。
鰻釣り納竿キャンプと称して同じくキャンピングカー倶楽部のKさんも参加予定で、後はNさんのお知り合いの方で7~8台、10名くらいの参加になるようです。

道の駅はなぞので休憩。
FUKKACHAN MUSEUM
[画像:e8592c0a-s.jpg]
[画像:32b1aa0c-s.jpg]
[画像:82daee6f-s.jpg]
パン屋さんの「Ohaha」
[画像:370d9ffb-s.jpg]
サービスの珈琲と購入したパンを味見して休憩。
[画像:575d60b9-s.jpg]
菊花展を見物
[画像:6c5da477-s.jpg]
[画像:ef323354-s.jpg]
[画像:10d13fdd-s.jpg]
[画像:aaa4f156-s.jpg]

寄居町についてスーパーで買い物をして昼食はラーメン屋さんの「うさぎや」で。
[画像:19c821cb-s.jpg]
醤油ラーメン(680円)と半チャーシューご飯(180円)、醤油の立ったすっきりとしたス一プと喉越しの良い細麺でなかなか美味しい。
[画像:a61f448e-s.jpg]
久々のつけ麺ですが、こしが強く瑞々しい太麺、ボリュームもたっぷりです。
[画像:014d8815-s.jpg]
ご馳走様でした。

かわせみ河原キャンプ場に到着して。
[画像:e37b8173-s.jpg]
Nさんの巨大なHYMER(8m超え)の隣に停めたプレアデス号。
今日はスクリーンタープ一張りです。
[画像:7bbeedc9-s.jpg]
ストーブを焚くとあっと言う間に暖かくなります。
[画像:d4f9ef9b-s.jpg]
私は何時もの芋からの手作り蒟蒻。
[画像:620c9c7f-s.jpg]
15時頃から宴会が始まりました。
何時の如く、撮り忘れ多数です。
それにしてもNさんの料理は、キャンピングカーに負けず劣らず、とっても高級かつ豪快です。
[画像:658f933b-s.jpg]
[画像:00e50b52-s.jpg]
[画像:7f8ad3f2-s.jpg]
[画像:8b854bbc-s.jpg]
[画像:843b3d6d-s.jpg]
DSC_4937
DSC_4935
[画像:57960a75-s.jpg]
[画像:b6b9a2cd-s.jpg]
沢山食べて、沢山飲んで、第1日目は過ぎてゆきました。
[画像:575ce4b3-s.jpg]

昨日の釣果を保存用に加工して、釣り道具を後片付けした一日でした。
疲れが取れず、写真も殆ど撮り忘れ。
何か今回は自分の歳を感じた釣行でした。

小型のウスメバルとウケクチメバル
DSC_4907
型の良いマゾイ
DSC_4908
小型の目鯛
DSC_4906

メバル類とマゾイは鱗を落として腸を抜いて冷凍。
目鯛、鯵、鯖は干物。
小鯖は餌用の皮を作って、身は擂り身へ。
結構な時間が掛かりました。

今週末に埼玉県の寄居市の「かわせみ河原」でキャンプの予定で、その食材調達に茨城県北の平潟の第15隆栄丸の中深場五目へ釣行することに。
目当ては沖メバル(ウスメバル)です。

海況は、多少波っ気があるのですが、まずまずの日和です。
DSC_4905
2時間北上していわき沖で実釣開始。
DSC_4904
久々の中深場で、どうも上手く立ち回れません。
大どもからの順番の投入にもたもたするは、船が揺れるとよたよたするは、何か下手になったような気が

さて結局、釣果は・・・
ウスメバル(小1)、ウケクチメバル(小1)、??メバル(小3)、マゾイ(大1)、ユメカサゴ(小3)、目鯛(小2)、イナダ(1)、鯵(2)、真鯖ゴマ鯖(小中多数)
ということで、ウスメバル調達の目論見は見事外れました。
何時も通りに、オフ会用の食材調達釣行は不調に終わる、というジンクスは今回も・・・

往復300km、1:00出発で17:00帰宅、帰ってから魚の始末、疲れ切って写真も殆ど撮らず、でした。

昨日、茨城県自然博物館に行って菅生沼でパドリングが可能かどうか、調べてみようと思い、NET(Yahoo、MNS、菅生沼/カヤック/カヌー/あすなろの郷等)で調べてみたのですが、殆どヒットしません。
DSC_4860

唯一見付けたのが、この「blog」です。
「【菅生沼とあすなろの里に抱かれて】市の職員と共に、菅生沼の素晴らしさとあすなろの里を共有する為、そして議会が終わって職員との懇親を深める為に、菅生沼でカヌー🛶体験❗️その後、あすなろの里キャンプ場🏕でバーベキューを楽しみました^ - ^職場を離れて大自然の中での交流は、また違ったアイデアや人間関係ができて、イイ時間となりました。是非みなさんも、この大自然に抱かれにお越しください^ - ^」
というような記述がありました。

水海道あすなろの郷(0297-27-3481)と菅生沼を管理している建設省利根川上流工事事務所目吹出張所(電話0471-22-3014)に聞いてみましょうか。
後は、菅生沼でカヤックは可能か?という問いに、「昔はよく漕いだが、茨城県自然博物館が出来てからは行っていない。ストレーナーに注意。」というようなコメントが1件あったきりです。
どうみても望み薄な感じですね。


今日、11月13日は茨城県民の日で色々な県立の施設が無料開放されています。
その一つの「茨城県自然博物館」へ、久々に行ってみることに。
前回は2016年1月28日だったので、1年8箇月振りくらいですね。
開館の9時30分前に到着しましたが、開館を待つお客さんの列が。
DSC_4850
今日は特別の催し物があって、先ずその1で「企画展のサメ展の学芸員による解説ツアー」に参加。
DSC_4851
DSC_4852
普段は展示物と解説版を読むだけですが、学芸員の説明の説明はなかなか面白くて、とても判り易いですね。
DSC_4853
DSC_4855
サメはどれくらい危険か?
動物による年間の死者数の統計で、ダントツの第1位は蚊(マラリア)で72万5千人、第2位はヒトで47万5千人、第3位はヘビで5万人・・・・、と続いてサメは?位で10人と、意外ですね。
ヒトが第2位というのは、意外でいて当たり前でもあるような・・・。
前回訪れた時のここの企画展で、もっとも嫌われている生物という展示があって、その正体は、「鏡に映る格子の中の自分(人間)」、というオチがあったことを思い出しました。
DSC_4856
ちょっと外を散策しに菅生沼へ。
DSC_4858
DSC_4859
DSC_4860
DSC_4861
前回もカヤックに面白そうと思ったのですが、今度こそ調べてみましょう。
DSC_4862
DSC_4863
本日の催し物のその2で、「河川・湖沼・海の生態エリアのバックヤードツアー」に参加。
DSC_4866
展示水槽の裏側より上から覗きます。
DSC_4867
イワナのエリア
DSC_4874
ヤマメのエリア
DSC_4868
中流域から下流域のエリア
DSC_4869
DSC_4870
DSC_4873
繁殖や治療のためのバックヤード
DSC_4875
なかなか楽しかったです。
DSC_4876
DSC_4877

お昼の時間になったので坂東市の蕎麦屋さんの「まつや」へ。
DSC_4879
DSC_4880
もり蕎麦(550円)と野菜天婦羅盛り合わせ(200円)。
細く綺麗に打たれた手打ちそば、歯応え・喉越しも汁の塩梅も良く、ボリュームもたっぷり、美味しいです。
天婦羅も種類多く、揚げ立てで天婦羅用の汁もついて、これで200円は素晴らしい。
DSC_4881
たぬき蕎麦(650円)、熱に負けない蕎麦、出汁の利いた掛け汁、たぬき蕎麦フリークとしては最高点に近い美味しさです。
サービスのご飯、天婦羅を乗っけて小天丼に。
DSC_4882
とても満足、郊外にある普段使いの蕎麦屋さんの名店、ご馳走様でした。

茨城県立博物館の近郊の施設紹介にあった「坂東市観光交流センター 秀緑」に行ってみることに。
2016年に旧大塚酒造の跡地を改装して造られた施設とのことです。
DSC_4900
DSC_4898
国の有形文化財の旧大塚酒造店舗兼母屋です。
DSC_4895
DSC_4896
DSC_4897
立派な煙突ですね。
DSC_4894
DSC_4893
中には色々な体験施設があります。
DSC_4892
DSC_4891
併設の動物ふれあい広場。
白いアルパカ
DSC_4887
う~ん可愛い、こんなに近くでアルパカを見るのは初めてです。
触るともふもふで気持ちが良いです。
DSC_4888
茶色のアルパカ
DSC_4885
DSC_4889
DSC_4890
近隣の銘茶の猿島茶のアイスクリーム、濃厚な抹茶感でなかなかいけます。
DSC_4899

DSC_4883

車で100kmぐらいのちょっとした小旅行、秋の一日を楽しみました。

先日、購入した火おこし用トーチの収納袋を相方に作って貰いました。
snow peakの焚き火台Lの自製収納袋で使った残りの黄色のデニム布地でお揃いにします。
[画像:57ecd659-s.jpg]
この黄色は結構目立って、置忘れ防止になかなか効果的です。
DSC_4744
裁断のための採寸。
DSC_4746
裁断した布切れに縛り紐も縫い込んで縫製。
DSC_4747
出来上がりです。
DSC_4748
収納して紐を縛った状態、なかなか良い感じです。
DSC_4749

今夜の夕食は、取手駅傍に最近開店したイタリアン(+スパニッシュ)の「カスッテロ」へ。
夏に一度訪問しようとしましたが、その時は予約で一杯でダメだったのですが、今週末の次女の引っ越しのお祝いを兼ねて夕食会にしました。
DSC_4841
白ワインのフェリックス・センダス・デル・レイ(1,800円)
DSC_4842
ピクルスの盛り合わせ(580円)
DSC_4843
あさりとキノコの白ワイン蒸しジェノバソース(580円)と赤海老とキノコのアヒージョ(800円)
DSC_4844
ソーセージのオリーブオイルソテー(580円)
DSC_4845
自家製じゃがいものニョッキ(930円)
DSC_4846
ローズポークのソテー・バルサミコソース(1,580円)
DSC_4847
ピッツアマルゲリータ(850円)
DSC_4848
夫々の料理はなかなか美味しく、値段も手ごろです。
特に自家製じゃがいものニョッキは、ニョッキのふわっとした食感とじゃがいもの良い香りがして、これは美味しいですね。
今まで食べたニョッキの中で一番かもしれません。
ご馳走様でした。

月例の中野の墓参りへ。
すっかり秋の様子です。
[画像:8f764163-s.jpg]
櫻が咲いていますが、「10月桜」か「コバザクラ」のどちらかだと思いますが・・・
[画像:36e8e0d6-s.jpg]

帰宅途中に練馬区氷川台へ寄りました。
今年の2月に東京都小平市から取手の自宅に帰って勤め先の渋谷に通勤していましたが、落ち着いてきたので、通勤に便利な都内を探して、氷川台に23日に転居することになり、今日は契約で寄りました。
[画像:3cb3f85f-s.jpg]
傍に石神井川が流れています。
[画像:39165937-s.jpg]
地下鉄駅前の繁華街(?)、小さなスーパーとドラッグストアと商店もあって便利そうです。
[画像:cfa69dcd-s.jpg]
駅前を少し離れると、静かな住宅街で、なかなか暮らし易そうですね。
[画像:f125aa0c-s.jpg]

先日のキャンピングトーチに引き続き、キャンピングカー搭載の高カロリ一タイプのガスコンロを新調することに(車内使用は「カセットフーエコジュニア」で此れは野外使用と2台を搭載)。
10年以上使用したイワタ二のガスコンロがパッキングの劣化のせいかガスが点火しなくなりました。
買い換えもイワタニ製品として、第1候補は「
イワタニ カセットフー BO (ボー) EX CB-AH-41 カセットこんろ」二重防風タイプ、3,500kcal(NETで5,140円~)で第2候補は「イワタニ カセットフー ウインドブレイクこんろ 風まる ブローケース入り CB-KZ-1-A カセットこんろ」3,000kal(NETで4,950円~)です。
火力では第1候補なのですが、ガスコンロのプラスチック製の足が融けたとの口コミが2件あり、第2候補に決定。
取手市青柳の「ミスターマックス」にて4,836円で売っていて、購入。
[画像:ffcc106d-s.jpg]
使うのが楽しみです。

このページのトップヘ