烟霞淡泊

2017年05月

プレアデス号のルーフベンチレーターのMAXX FANの車内側のカバーを自作しました。
冬にMAXX FANの車内側で結露して、ぼたぼたと結構な量の水がしたたり落ちたりします。
櫻小旅でお会いしたキャンピングカー倶楽部のメンバーの青森在住のOYさんが、厚手のレジャーマット(?)とマジックテープで工夫してカバーを作られていたので、真似することに。
アルミマットとマジックテープを買ってきて、MAXX FANに合わせてカットしてマジックテープを貼って出来上がり。
DSC_0530
DSC_0531
DSC_0532
DSC_0533
DSC_0534
出来上がりです。
DSC_0535
ある程度の断熱効果があるので、結露発生が軽減されて、また直接水が落ちにくくなると良いのですが。
効果は来年の冬にならないと判りませんね

昨年11月に購入依頼をかけていたフェザークラフト社のストラップオンスケグが届きました。
フォールディングカヤックは直進性が良いのですが、追い風や横風が吹いたりすると、またどういう訳か判らないのですがどうにも一方方向に曲がって真っ直ぐに進めないことがよくあります(カヤックを組み立てる時のカバーの張り方のズレ等を疑ったりしましたが、結局判らず・・・)。
昨年秋にキャンピングカー&カヤック仲間のカム郎さんから、フォールディングカヤックに装着可能なフィンのようなフェザークラフト社のストラップオンスケグを試したら直進性が向上したとの情報を頂き、フェザークラフトの代理店のグランストリームに発注しようと連絡を入れたところ、フェザークラフトはごく最近カヤック及び関連製品の製造を中止してつい先日に最終発注を出したところとのことで、取り敢えず追加で発注をして後日連絡となりました。
大分時間が経って音沙汰も無かったのでダメかなと思っていたら、最終の荷物で入荷したとの連絡があった次第です。
DSC_0511
DSC_0512
何処で試してみましょうか。
楽しみです。

近場で用事と買い物の一日。

取手市役所で、国民健康保険の手続き。
市役所の入り口の奥に平成28年度第25回取手市長賞作品(漆芸)がありました。
作品名:走レ
作者:大崎風実(東京藝術大学美術学部・大学院技術研究科修士課程)
DSC_0513
なかなか美しい作品です。
毎年、芸大の卒業作品の中から市長賞作品が選ばれて、市内の公共施設に恒久展示されています。

スーパー3軒、道の駅しもづまで買い物後、「やすらぎの里しもづま」へ。
先日の櫻小旅の帰り掛け、藤が綺麗に咲いているのがちらっと見えて、訪れた次第。DSC_0518
まだ若い藤ですが綺麗に咲いています。
これから年々良くなるでしょうね。
DSC_0520
藤棚の下を歩くととても良い香りがします。
DSC_0521
DSC_0522
DSC_0523
八重の藤
DSC_0524
大分散っている藤も・・・、帰り掛けに見た時が満開だったかもしれませんね。
DSC_0525
白い藤
DSC_0527
DSC_0528
DSC_0529
来年も訪れてみましょう。

今日は催し物と買い物で街中(六本木と京橋)に行きました。

先ずは六本木の国立新美術館で開催されている「草間彌生 わが永遠の魂」(1,600円)展へ。
草間彌生は、私が知っている数少ない現代芸術家の一人、越後妻有トリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭でも作品を観ています。
DSC_0474
DSC_0475
DSC_0476
開館の少し後で、まだ人出が少ないです。
DSC_0478
初期から現在までの作品、273点が展示されています。
2009年から作成が開始された連作「わが永遠の魂」(累計500作品で現在も継続中)から140作品が一挙公開されている中央展示室。
広い壁面に巨大なキャンバスの作品が隙間なく並べてられて、面白い展示法です。
それとこの展示室は美術展には珍しくスマホ/携帯のカメラによる撮影が許可されています。
DSC_0480
DSC_0481
DSC_0482
DSC_0483
DSC_0484
DSC_0485
DSC_0486
DSC_0487
DSC_0488
DSC_0489
タイトル「命の限り」(2015年)、先日NHKでドキュメンタリーで制作過程が紹介されていました。
DSC_0490
DSC_0492

DSC_0479
初期(1939年~)、ニューヨーク時代(1957年~)、帰国後(1970年~)、絵画、彫刻、書籍、映像と多彩な作品が展示されています。
展示場外展示が4点ありました。
Ⅰ-148オブリタレーションルーム
DSC_0497
DSC_0494
DSC_0493
DSC_0496
Ⅰ-146木に登った水玉2017
DSC_0498
DSC_0499
Ⅱ-052ナルシスの庭
DSC_0501
Ⅰ-141南瓜
DSC_0502
美しく、面白く、多彩で、膨大な、とても親しみやすい現代アートの作品、楽しく鑑賞しました。

次は「モンベル東京京橋店」へ。
今週末に静岡県の天竜川水系の気田川へダッキーによる川下りを予定しており、服とヘルメットを買おうとつくば市のモンベルへ商品の有無を問い合わせたところ在庫が無く、近隣のモンベルの在庫を調べてもらって、東京の京橋店にあるとのことで訪問です。
image
パドリングジョン(パドリング用のネオプレンのウェットスーツ、×2)とヘルメット(×2)を購入、総額3万円弱でした。
これでダッキー用の装備は揃いましたかね。
DSC_0510

お昼は前から訪れたいと思っていた南インド料理の「ダクシン八重洲店」へ。
DSC_0507
Bセット(1種類のカレー、880円)、チキンカレー(中辛)とナン。
DSC_0505
Cセット(南インド・ミールズ・ランチ、1,240円)、野菜のカレー(甘口)、魚のカレー(辛口)、ラッサム、サンバル、サラダ、チャトニー、ドーサ、パパド、ライス、サモサ。
DSC_0506
どのカレーもスパイスが効いて、強めの塩気でパンチがあります。
それほど辛さを感じないのですが、食べ進むと汗が流れ落ちます。
美味しいですね。
南インド料理を堪能、ご馳走様でした。

今日も良い天気になりそうです。
DSC_0469
今日の朝食は珍しやパン食で、昨日IKEAで買ったバンズとウインナでホットドック。
DSC_0467

プレアデス号の運転主横のスペースは自家製の収納ボックスを嵌め込んでいますが(2016年10月25日作成)、地図や本を置くスペースがない(ボックスの上に置くとブレーキを踏んだ時に前に落ちる)、ボックスが大きすぎる等の使い勝手の悪さを感じました。
そこで相方主導で改善へ。
現状
image

改良
本を立てるラックと小さなボックスの組み合わせとしました。
DSC_0470
DSC_0471
DSC_0473
なかなか良い感じです。
使い勝手を確かめてみましょう。

家に帰った一昨日から、富山県高岡に在住の相方の妹御が来宅して、東京・横浜に出掛けましたが、今日帰宅する途中三郷のIKEAに寄りたいとのことで、行くことに。
前回訪れたのは2016年2月7日だったので1年3か月振りですね。
DSC_0464
我が家は、小物と食品少々、何時も通り全て数百円の商品ばかりです。
DSC_0463
相変わらず楽しいところですね。
少しづつではありますが、商品も変わっていて、飽きません。

午後はプレアデス号の洗車、タイヤ交換(スタッドレス⇒夏タイヤ)。
タイヤ交換は、今までRVランド指定のところや、軽自動車(スペーシア)とプレアデス号の車検・定期点検をお願いしている近所の車屋さんてんやって貰っていましたが、mixiのグループの方から、キャブコンの場合は装着時に「センターフィット」を行うブリジストンの「タイヤ館」が最も良いとの話を聞いて、今回試してみることに。

タイヤ館で待っている間に、ご近所のキャンピングカー&カヤック仲間の「ハラさん」からTELがあり、FBのキャンピングカー倶楽部の青森在住のメンバーの方から沢山魚が送られて来たのでお裾分けというお話しで、取りに伺いました。
何と先日お世話になったOYさんからで、「ハラさん」に私にも声を掛けてと連絡があったとのことでした。
立派なクロソイです。
一匹は姿造り(刺身と松皮造り)にして、残りは鱗を引いて腸を抜いて冷凍へ。
本日の夕食、クロソイの姿造りと絹さやと豚肉の炒めもの。
絹さやは「ハラさん」の菜園の収穫物です。
クロソイは旨味が濃くてとても美味しいのですね。
絹さやは今年の初物、柔らかくてシャキシャキでした。
DSC_0466
0Yさん「ハラさん」、ご馳走様でした。

玄関の風知草がその名にふさわしい風情です。
出掛けている間は1回/2日で自動給水をしました。
DSC_0468
出発する前日の風知草
image


今日は、長女と次女と私の合同の誕生日会で、久々に一家四人で食事会。
長女と次女がアレンジしてくれて、街中へ。
気持ちの良い五月晴れです。
DSC_0461
銀座一丁目の「ISOLA Blu」。
DSC_0457
丁度、我が家で満席、人気がある店なんですね。
前菜盛り合わせ、大皿で取り分けスタイルです。
サラミ、勘八のカルパッチョ、揚げ?、フリッタータをサービスのグラスワインと。
DSC_0449
ピッツァ2種、トマト系と四種チーズ/トリフ。
もっちりしたナポリ系ピッツァ、特に四種チーズ/トリフはトリフの風味が強くて、とても美味しい。
DSC_0451
ニョッキのゴルゴンゾーラとポルチーニのソース、ポルチーニとゴルゴンゾーラの濃厚な香りが印象的です。
DSC_0453
トマト系のタリアテレ
DSC_0452
豚の肩ロースのロースト、絶妙な焼き加減で、これも美味しいですね。
DSC_0454
デザート盛り合わせと飲み物。
DSC_0455
2時間弱のランチ、ゆっくりと楽しみました。
実は、今日は長女と今年就職した次女の招待、感慨深いランチとなりました。
ご馳走様でした。

道の駅国見あつかしの郷(06:30)⇒自宅(13:15)

道の駅国見あつかしの郷の朝
DSC_0440

国道4号線を南下して、国道294号線で茨城へ。
DSC_0443

お昼過ぎには無事帰宅しました。

櫻小旅エピローグ

 29日間の櫻小旅を終えました。
予行演習のつもりでしたが、楽しい旅である一方、櫻の盛りを巡っていく難しさも味わいました。
特に今年は、櫻巡りをされている多くの人が「開花時期が遅く、花付きが悪く、咲き方がばらけている(同じ場所で蕾の櫻と散っている櫻が同居している等)」、巡るのが難しいと言われているのが印象的でした。

1)期間:4/6~5/4、29日間
2)走行距離:3,979km
3)燃費:8.5km
 215のスタッドレス、毎日相当時間のFFヒーター稼働を考えると、まずまずの燃費です。
4)立ち寄り/通過県
 茨城、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、三重、奈良、京都、滋賀、福井、石川、富山、岐阜、長野、新潟、山形、秋田、青森、北海道、岩手、宮城、福島、計23都道府県
4)櫻巡り
櫻林:43、一本櫻:38
櫻林ベスト10
①弘前公園(青森県)、②高遠城址公園(長野県)、③弘法山古墳公園(長野県)、④角館武家屋敷(秋田県)、⑤五稜郭公園(北海道)、⑥臥龍公園(長野県)、⑦五条川千本櫻(愛知県)、⑧京都御苑(京都府)、⑨梅津大崎(滋賀県)、⑩足羽川櫻堤(福井県)
一本櫻ベスト10
①釜の越サクラ傍の名もない櫻(山形県)、②大日向観音堂の枝垂れ櫻(長野県)、③薬師櫻(山形県)、④妙徳寺の三本枝垂れ櫻(秋田県)、⑤延命地蔵堂の櫻(長野県)、⑥弘法櫻(岩手県)、⑦関所破りの櫻(長野県)、⑧西丸尾の枝垂れ櫻(長野県)、⑨勝間の薬師堂の枝垂れ櫻(長野県)、⑩宮の原の枝垂れ櫻(長野県)
4)街歩き
 大和郡山市(奈良)、吉野山(奈良)、神岡(岐阜県)、須坂市(長野)、角館市(秋田県)
5)街ポタ
 京都市(京都)、伊那市(長野)、函館市(北海道)
6)パドリング
  琵琶湖梅津大崎お花見カヤック(滋賀県)
7)温泉(かけ流し温泉のみ)
 新保高温泉ペンション山の湯(岐阜)、下諏訪温泉丹過の湯(長野)、戸倉観世温泉観世の湯(長野)、山田温泉大湯(長野)、出湯温泉共同浴場(新潟)、小野川温泉尼湯(山形)、別所温泉共同浴場(秋田県)、三本柳温泉(青森)、境関温泉(青森)、浅虫温泉松の湯(青森)、三沢保養センター(青森)、谷地頭温泉(北海道)、浪岡和の湯(青森)、玄武温泉ロッジたちばな(岩手)、小原温泉かつらの湯(宮城)、13湯、入湯料100円~500円(平均315円) 
8)ご当地フード&食材
 門前稲荷寿司(豊川)、柿の葉寿司(吉野)、葛餅・葛切(吉野)、稚鮎天婦羅(滋賀)、ハスの熟れ寿し(滋賀)、蛍烏賊(富山)、白海老唐揚げ(富山)、擂り身揚げ(富山)、ハルピンラーメン(松本)、飛騨ラーメン(神岡)、ソースカツ丼(伊那)、ローメン(伊那)、山独活炒め煮(自家製、佐久)、芋煮(米沢)、米沢牛飯(米沢)、馬肉ラーメン(長井)、パイカ唐揚げ(弘前)、貝焼き味噌(弘前)、そばもやし(弘前)、イガメンチ(弘前)、青森煮干しラーメン(弘前)、人参の子付け(弘前)、津軽そば(弘前)、山川牧場特濃牛乳(函館)、ヤキトリ弁当(ハセガワストア・函館)、トゲクリガニ(青森)、青森アップルパイ(浪岡)、ばっけ味噌(自家製・青森)、こしあぶらご飯(自家製・青森)。
9)その他
 水汲み:神岡の水屋(岐阜)、谷厳寺の銘水(長野)、御前水(青森)
 温泉卵:小野川温泉(山形)、浅虫温泉(青森)

そうそう大事なことを。
琵琶湖の梅津大崎のお花見カヤックでご一緒したNさん、3日間今津浜のセカンドハウスで大変お世話になりました。
また、青森市のYさん、今年の冬の旅から色々と情報を頂いていましたが、この旅でお会いすることが出来ました。
良い旅と良い出会いに心より感謝します。

さて、暫くは長旅はお休みで、近場をちょこちょこと出掛けようと思います。
その後、初夏から北海道ですね。

道の駅石鳥谷(05:30)⇒道の駅平泉(07:30)⇒道の駅国見あつかしの里(17:00)

道の駅石鳥谷の朝、岩手県の南部の道の駅平泉が4月27日にオープンしたてだというので、開店前の朝早く行ってみることに。
DSC_0406

道の駅平泉
DSC_0409
開店まで時間があるので、湯がいて出汁醤油に浸け込んだコシアブラを炊きたてのご飯に混ぜ込んで、コシアブラご飯を作りました。
DSC_0407
コシアブラの良い香りがして、先ず美味しいのですが、九頭竜湖の朝に屋外で食べた時の程の感動は無かったですね。
ばっけ味噌、相方作と私作の食べ比べ、やっぱり相方の方が美味しい、私の方は炒め過ぎで香りが飛び気味で筋っぽくなっていました。
DSC_0408
9時の開店前なのにもう大勢のお客さんが詰めかけています。
DSC_0410
高機能な道の駅ですね。
最近付け始めた評価、トイレとTV受信状況は、トイレ:◎、TV:◎です。

大崎市に到着して、昼食と街歩きのために、市役所で土日祝祭日に解放されている駐車場に停車。
DSC_0415

お昼は古川のラーメン屋さんの「冨士屋古川本店」、開店直後でしたが、既に行列が。
DSC_0411
ワンタンメン(750円×2)、端麗ですが塩分高めで鶏油たっぷりのスープに、つるんとした中細麺、少しもっそりとした独特なワンタン、厚めのロースの叉焼、メンマに葱に今時珍しい薄切りゆで卵。
オーソドックスで美味しく、東北らしくボリュームたっぷり。
DSC_0412
DSC_0414
ご馳走様でした。

少し街歩きを、「醸室」へ。
古い酒蔵を飲食店や店舗にリノベーションした施設ですね。
なかなか良い感じです。
DSC_0422
DSC_0416
DSC_0417
DSC_0420
DSC_0418
DSC_0421
幸せの黄色いポスト、ちゃんと郵便ポストの機能を果たしているそうです。
DSC_0423

更に国道4号線を南下して、仙台市を過ぎて白石市へ。
本日の入浴は「小原温泉 かつらの湯」(200円)へ。
温泉までの道が素晴らしい。
DSC_0424
なんとも素敵なシチュエーション。
DSC_0429
DSC_0428
浴室の写真はNETから拝借
image
image
単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)・無加熱無加水源泉足元湧出トトポトポ掛け流し・泉温湯船53.2/43・無色透明・無臭・無味・ヌルスベ・遺産的共同風呂系。
大きな岩屋のような造りで足元湧出の温泉、ゴールデンウィーク初日でお客さんが沢山かと思ったのですが、他にお一人で、ゆっくりと浸かることができました。

道の駅国見あつかしの郷、何と本日グランドオープンでした。
夕方17:00なのに、入場するのに整理券がいるという盛況ぶりでした。
DSC_0435
凄い開店祝いの花飾り。
施設も今風で高機能な作りです。
DSC_0437
此処も、トイレ:◎、TV:◎、でした。

道の駅いなかだて(08:30)⇒八幡平(12:00)⇒道の駅石鳥谷(17:30)

櫻小旅を終えて茨城県取手に向かって帰途へ。
蕗の薹を採るために、八幡平を越えて岩手に向かうことに。

昨日、道の駅なみおかで買った青森のソウルフードと謂われる「イギリストースト」。
DSC_0333

グラニュー糖を混ぜたマーガリンを縫った山食パン、ですね。
焼いていないのにトーストで、グラニュー糖がじゃりじゃりして美味しいですね。
DSC_0334
ご馳走様でした。

八幡平に登ってビジターセンターでお昼、内食で山独活とベーコンのスパゲティ。
DSC_0344

DSC_0339
DSC_0340
少し塔の立った山独活の芽で少しもさもさしていますが、香りがとても良く美味しく頂きました。
DSC_0342
ご馳走様でした。

八幡平越え、とても良い天気で楽しいドライブでした。
DSC_0347
DSC_0365
DSC_0359
DSC_0360
DSC_0361
DSC_0362

岩手県に入ると岩手山がお出迎え。
DSC_0369

小岩井牧場の櫻が満開との情報があり、櫻小旅番外編 本日の櫻その1「小岩井牧場の櫻」、ソメイヨシノ/。
DSC_0378
DSC_0373
DSC_0377

本日の櫻その2「小岩井牧場の一本櫻」、エドヒガン?/。
一分咲きですが、素晴らしいシチュエーションで美しい。
是非、満開の時の櫻を観てみたいものです。
DSC_0379
DSC_0380
DSC_0381
本日の櫻その3「弘法桜」、エドヒガン/樹齢800年。
古木なのに樹勢素晴らしく、見事な花付きで満開、美しいです。
DSC_0383
DSC_0384

本日の温泉は、雫石の「玄武温泉ロッジたちばな」へ。
「まっとうな温泉(東日本版)」の無料入浴券を使って、通常の料金の600円が無料となり、本代(東日本/西日本・合計3,600円)控除後の無料獲得総金額は8,270円となりました。
DSC_0402
他にお客さんがおらず、独り占め。
DSC_0391
DSC_0389
ナトリウム-炭酸水素塩/塩化物泉(低張性アルカリ性温泉)・加熱無加水源泉ドポドポ掛け流し・泉温40湯船42/40・緑褐色濁・無臭・鉄味・ヌルスベ・ペンション系。

八幡平で採ったばっけ(蕗の薹)でばっけ味噌を作りました。
炒り過ぎて風味が飛んでしまったかも。
DSC_0404
DSC_0405

青森市(11:30)⇒道の駅なみおか(13:15)⇒道の駅いなかだて(17:30)

昨日、深夜に函館から帰ってプレアデス号に戻ると、ワイパーに名刺とドアノブに包みが。
慌ててFBのメッセージを確認すると、私の投稿をご覧になった青森在住のキャンピングカー倶楽部のメンバーのOYさんが、差し入れを持っていらっしゃたことが判りました。
メッセージで遣り取りして、今日の午前中は都合がつくとのことで、またご足労頂くことに(二度もご足労頂き恐縮の限りです)。
ご夫妻でお越し頂き、キャンピングカーのこと、釣りやアウトドア、青森の食べ物・食材や温泉、共通の知り合い、・・・等をゆっくりと、お話させて頂きました。
初めてお会いするのに初めてでないような・・・、とても楽しい一時となりました。
本当に有難うございました。
また何処かでお会いしたいものです。

さて今日はゆっくりと休養して、明日から帰途へ南下して行くこととして、OYさんに教えて頂いた、青森駅前の「AUGAの地下新鮮市場」(魚の買い物)、浪岡のモール温泉の「和ノ湯」を巡ることに。

「道の駅なみおか」で昼食の天婦羅そば(内食)と名物のアップルパイのデザートを頂きました。
DSC_0325
アップルパイは林檎がフレッシュな感じがして甘め控えめで、なかなか美味しい。
DSC_0328

浪岡の「和ノ湯」で入湯(390円)。
DSC_0327
浴室の写真はNETより拝借。
image
image
アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性温泉)・加熱無加水源泉ドボドボ掛け流し・泉温37.0湯船42/40・焦げ茶透明・無臭・無味・ヌルスベ・日帰り入浴施設系。
浴感がなかなか良く、湯上りの肌がしっとりツルツル。
なかなか良いモール温泉でした。

本日の夕食は、AUGAの地下新鮮市場で購入したトゲクリガニ(3杯、500円)と大きな黒ソイ(300円)。
トゲクリカニは一杯は齧って、一杯は身と味噌を取って三杯酢で、もう一杯は身と味噌を葱と温泉卵を混ぜて甲羅に詰めて甲羅焼きを。
大きなフライパンで蒸し蟹にして、蟹の身を取るのですが、この作業結構好きです
DSC_0329
コンロで火に掛け、バーナーで焦がして出来上がり。
DSC_0330
今日のトゲクリガニ(オス)は味が濃くて絶品です。
DSC_0332
ご馳走様でした。

このページのトップヘ