烟霞淡泊

2016年08月

月例の両親のお墓参りで中野へ。
途中、長女宅に届け物をして、一緒に中野へ。

夏の花々
image

image

JR中野駅まで長女を送り、今度は次女の所へ、届け物と預り物、ついでに一緒に取手に里帰り。

お昼に寄った回転寿司屋さんのあるメニュー。
結構美味しい。
こういうの、好きです。
image

image

8月2日に相模湾の木肌鮪/鰹が開幕して、始めのうちは鰹ばかりでしたが、木肌鮪が当たりだしたとの情報。
まずは来週から参戦予定です。
道具の確認、青物/泳がせ竿、昨年買った木肌鮪用のリール(ビーストマスター6000、10号400m)、天秤、こませかご、鮪リング、ハリス(フロロカーボン、20/22/24/30号)、仕掛け(各号xジャイアンとキハダ16/18号の組合わせ)。
鮪リングは、掛けた後に道糸に通して落とすと鮪の口に嵌まって鮪が弱って取れる確率を上げる、という優れ物です(ほんまかいな?)。
昨年は7回参戦して、キメジと鰹各1本と、ボウズどころか鮪の当たり1回も無しという体たらく。
さて今年はどうなることやら。
image

本日は猛暑の予報です。
午前中早く、暑くなる前に谷原大師その3で、つくばみらい市の矢井田、福田、豊体、長渡呂、長渡呂新田、狸渕、弥柳を巡ります。

前回同様につくばみらい市立図書館の駐車場に車を停めてスタートしました。

第47第49番 正覚寺大師堂(矢井田将監新田)
DSC_2845
一堂二番です。
DSC_2846
第81番 福田公民館大師堂(福田)
鹿島神社と公民館と大師堂
DSC_2847
DSC_2848
第53番 浄円寺前大師堂(豊体)
お堂の中に木が茂っていて、ワイルドな状態。
DSC_2850
DSC_2849
第1番 浄円寺大師堂(豊体)
真新しいお堂です。
DSC_2851
第49番 長渡呂公民館大師堂(長渡呂)
水宮神社と大師堂
お堂を撮り忘れてしまいました。
次回撮りましょう。
DSC_2852
第37番 法円寺大師堂
DSC_2853
DSC_2854
第2番 狸穴公民館大師堂(狸穴)
公民館と大師堂
DSC_2855
DSC_2856
第54番 弥柳西公民館大師堂(弥柳)
清滝神社と公民館と大師堂
DSC_2858
DSC_2861
DSC_2859
DSC_2860

本日は7箇所9堂でした。
image

本日走行距離:9.8km
累計走行距離:3,739km

つくばみらい市図書館に戻ります。
稲穂も大分実ってきました。
DSC_2862

近くの「大久保利通商店」という和菓子屋さん。
DSC_2864
DSC_2863
よもぎの華という蓬餅(漉し餡入り)。
蓬の仄かな香りと上品な甘さの漉し餡、なかなか美味しいです。
DSC_2865
ご馳走様でした。



北海道の旅で故障したエントランスドア(外国製)のシェードの部品が入荷して修理可能となったので茨城県常総市のRVランドへ。
image

シェードを吊る紐の取り付け具の外れなのですが、その部品のみの供給が無くシェード一式交換の少し大掛かりの作業になってしまいました()。
image

この修理と併せて、①後方のMAXXFANの取り付けネジに錆が浮いて雨漏りのような跡、②ナビ経由のFMラジオの受信が悪い、③バックモニターの画像を常時映したい(後方の車を確認したい。)、点検と相談を。
修理の間、トレイラーハウスの休憩所でオリンピックを見ながら待ちました。
image

作業終了。
image

image

取り替えたシェードは、部品予備用として貰って帰ることに。
image

修理費総額14,040円(部品代:5,400円、技術料:8,640円)でした。
その他の件ですが、
①MAXXFANの取り付け部材にひびが入りコーキングにも隙間ができていたため。
とりあえずコーキングの処置で様子見。
③は現有のバックカメラからの映像を分配してバックミラーモニターに写すという案(部品代・技術料、総額約4万円)。
依頼しました。
何やかんやで午前中一杯かかってしまいました。

昨日、旅から帰った午後、近くの病院に行きました。
6月の中旬頃からのことですが、左手で重い物を持つと痛みを感じるようになって、だんだん症状が重くなって、一昨日のながい百秋湖のパドリングの後では手に力が入らないように。
問診、触診、レントゲンで付いた診断は「上腕骨外側上顆炎」でした。
所謂、テニスエルボー、肘の腱鞘炎ですね。
対処法は「保存療法」で、手術等の外科処置しないで湿布薬での消炎とストレッチ等の運動で直す方法です。
処方されたロキソニンの湿布薬。
image

何故、上腕骨外側上顆炎になってしまったのか?
パドリングエルボー、北海道で6箇所延べ9回のパドリングが原因ですね。
特に朱鞠内湖は3日間毎日10km以上、がきいてしまったようです。
CCCの久保さんに教わった腕でなく体幹で漕ぐ漕法だったら、患らなかったのでしょうが、どうして腕で漕いでしまいますね。
暫くは湿布して、大人しくしていましょう。

さて、朝一番でプレアデス号の洗車。
昨日はさすがに暑くて、洗車する気になれませんでした。
洗車すると旅が終わったと感じますね。
image

道の駅ばんだい(06:15)⇒黒羽(08:30)⇒自宅(12:25)

新潟県から南東北の旅第6曰目、福島県から帰宅。
道の駅ばんだいを早朝に発って、途中、栃木県大田原市黒羽の高橋商店に寄ってお土産用の鮎の素焼き(5本、1,250円)のと朝食用塩焼き(320円x2)を買いました。
美味しくて安い焼き鮎、長年贔屓にしている店です。
image

image

贅沢に塩焼き鮎の朝食。
頭から丸かじり、ふわっとした身、鮎らしい香りと苦味、美味しい。
image

ご馳走様でした。
お土産用の扇形に作った串焼き鮎が素敵です。
image

image


「道の駅にのみや」で野菜の調達と苺の冷たいスウィーツでおやつ。
image


昼頃に無事帰宅しました。

今回走行距離:1,059km
燃費:8.2km/L
全行程下道でクーラーをかけての走行、まあこんなもんですかね。
都道府県別一番搾り4つ(埼玉、新潟、山形、福島)、田圃アート3箇所(越谷、行田、小野川温泉)、街ポタ&街歩き3箇所(新潟、酒田、新庄)、ご当地&ソウルフード4つ(新潟タレカツ、酒田ラーメン、新庄とりもつラーメン、山形どんどん焼き)、温泉卵づくり2箇所(瀬波温泉、小野川温泉)、ながい百秋湖パドリング、鶴岡市立加茂水族館と諸橋近代美術館・・・、と盛り沢山でした。

次は何処に行きましょうか?

長井市(06:15)⇒ながい百秋湖(06:40)⇒小野川温泉(11:50)⇒白布温泉(13:20)⇒諸橋近代美術館(16:10)⇒道の駅ばんだい(18:30)

新潟県から南東北の旅第5日目、山形県長井市から福島県会津若松市。

この旅のメインイベントの一つ、ながい百秋湖の早朝パドリング、三淵通り抜け参拝なるコースです。
合地沢湖面広場でエントリーして、三淵渓谷(地図の12)へ向かいます。
image

image

image

image

image

image

image

image

三淵渓谷の入口
image

「卯の花姫伝説の地」で渓谷そのものが信仰の対象でもあったようです。
三淵そのものは200m位の幅数m、高さ20~30mのゴルジェ(廊下)で、到着した時は朝日が斜めに差して、まるで「もののけ姫」の世界でした。
行ったり来たり、ゆっくりと楽みました。
image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

流れ込みおやつ(?)のカップ麺、2人で1個です。
image

image

エントリーポイントへ戻ります。
image

なかなか面白いパドリングでした。

小野川温泉でこの旅2回目の温泉卵づくり。
image

湯温を測ると68℃、今回はふるふるの温泉卵(反対卵)を作るために20分にしました。
image

(NETで共同浴場の湯桶で温泉卵が出来るという情報で行ってみたのですが、「・・・ここではラジウム卵はできない・・・**商店で体験してください・・・」というような看板がありました。物理的にできないのか、使用することが不可なのか判らず、そのままやってしまいました。)
小野川温泉田圃アートがあり、見物へ。
こじんまりとしていますが、なかなか良い感じです。
image

image

今日のお昼は、先程作った温泉卵で温泉卵丼。
温泉卵は堅めの半熟卵が好みなのですが、これはこれで美味しいですね。
image

ご馳走でした。

今日の入浴は「まっとうな温泉(東日本版)」の無料入浴券で、白布温泉の「中屋別館不動閣」へ。
image

image

image

含石膏硫化水素泉・ドボドボ源泉掛け流し・無色透明・無臭・無味・ツルスベ系。
川に面した長い湯槽、広い洗い場、午後の西陽を受けてキラキラ光るお湯、名湯ですね。

白布峠を越えて、裏磐梯の「諸橋近代美術館」
ヘ。
サルバドール・ダリのコレクションでつとに有名で、念願叶っての訪問となりました。
image

image


本日のp泊は「道の駅ばんだい」。
本日の都道府県別一番搾りは、福島づくり。
14本目ですが、何時も通り取手づくりに軍配、でした。
image

酒田(08:30)⇒新庄(10:30)⇒山形(14:40)⇒長井(18:45)

新潟県と南東北の旅第4日目、山形県酒田⇒新庄⇒山形⇒長井市へ。
酒田の日和山公園を出発。
新庄へ、途中の道の駅とざわで茄子詰め放題(100円)、欲をかいてしまいました(^^;。
image

image


新庄に到着。
30℃とそれほど暑くなく、軽い街ポタ、こじんまりとした街で程よい運動です。
image

image

image

image

お昼は、街ポタの途中に、ご当地&ソウルフードその3で「一茶庵支店」のとりもつラーメン(600円)と冷しとりもつラーメン(700円)。
image

どう見ても飛び道具めいていますが、真っ当でなかなか美味しい。
熱い方はとりもつの風味が強いのですが、冷しの方はとりもつの旨味のみが残って、上品な出来です。
image

image

ご馳走様でした。
街ポタに戻って暫く行くと、かわうそときつね通りのモニュメント、なかなか可愛い。
image

image

本日走行距離:5.3km
累計走行距離:3,729km

山形市へ移動、霞城公園を散策して、おやつにご当地&ソウルフードその4で、どんどん焼きの「おやつ屋さん」でチーズどんどん(290円)。
2人で1個、食べれるかどうか心配しましたが、杞憂でした。
image

image

想像通りの美味しさ、カロパは最高でしょうな(^^;。

本日の入浴は上山温泉の「下大湯」(150円+100円:洗髪料)へ。
image

image

浴室の画像(NETから)。
image

ナトリウム・カルシウム・塩化物-硫酸塩泉
(中性低張性高温泉)・ドボドボ源泉掛け流し・無色透明・徴硫化水素臭・渋薄塩味・サラサラ系、キリッと熱く、素晴らしい温泉でした。

本日のP泊は長井市の松ヶ池公園。
一番搾り山形づくり、結構違いがはっきりしていて、取手づくりに軍配。
image


明日はながい百秋湖でパドリングの予定です。

道の駅朝日(07:40)⇒加茂水族館(09:40)⇒酒田(12:15)⇒

新潟県南東北の旅第3日目、新潟県から山形県へ。

道の駅朝日の朝。
image

笹川流れの先の海岸
image

遠くに粟島
image


鶴岡市立加茂水族館、前から訪れたかっところです。
image

image

沢山の海月、ディスプレイも凝っていて素晴らしい、楽しみました。
image

image

image

image

image

image

image

image


お昼は酒田ラーメンの「花鳥風月」。
image

花鳥風月ラーメン(全部乗せ、880円)と冷し海老ワンタン麺(850円)。
こしの強い縮れ細麺と鰹節が利いたスープとふるふるのワンタン、美味しいです。
山形ラーメンのバリエーションの一つの冷しラーメン、冷たいタイプは始めは美味しく後になって飽きるというパターンが多いのですが、これはそんなことはなく最後まで美味しく頂きました。
image

image

image


酒田街ポタ、港で栄えた古い街並みを楽みましたが、何処か新潟に似ていますね。
image

image

image

image

image

image

image

image

image

本日走行距離:8.7km
累計走行距離:3,724km

本日のメインイベント、酒田の居酒屋の「久村の酒場」で外飲み。
日和山公園にプレアデス号を停めて、そぞろ歩いて行きます。
image

素晴らしい雰囲気、素敵な店内の意匠(特に机兼ショーケース見事‼)、安くて美味しい摘まみと山形の銘酒の数々、良い感じのお客さん・・・、名店です。
口開けは、奇しくも一番搾り山形づくり。
image

剥き蕎麦
image

うどがわらきゅうりの漬け物
image

山形の銘酒
image

げそ揚げと生揚げ
image

小茄子の漬け物
image

烏賊の軟骨の唐揚げ
image

岩牡蠣
image

山芋のチーズ焼き
image

つやひめのおにぎりとオキギスの擂り身汁
image




道の駅南魚沼⇒新潟市⇒瀬波温泉⇒道の駅朝日と

新潟県と南東北の旅第2日目で新潟の県南から県北へ縦断。
道の駅南魚沼の朝、何時の間にかキャンピングカーが3台。
image


お昼は新潟タレカツの「かねこ」で、カツ丼(670円)とカツカレー(700円)。
カツ丼は新潟タレカツの中では異端の肉厚で、ご飯の上に3枚とご飯の中に2枚。
サクサクで柔らかいモモ肉のカツと甘めの醤油たれ、美味しい‼、カツカレーも言うこと無し。
image

お腹一杯、ご馳走様でした。

新潟市の市役所に車を停めて、立派なパンフレットの「新潟の町小路めぐり」を貰って散策へ。
image

image

image


白山神社、新潟市の総鎮守。
image

image

image

image

本町の小路を行きます。
image

image

なんとも良い風情の銭湯
image

人情横丁
image

image

image

新潟市の台所の本町食品センターで、バイガイ刺身、「アサリ」として売られているが浅蜊ではないハマグリを少し平たくしたような形の二枚貝の「コタマガイ」という貝、秋田産のモヅク、十全茄子、茶豆、と今晩のオカズを購入。
image

鍋茶屋等のお茶屋さんが今も残る新潟の花街の古町。
image

image

image

image

通りのこららは花街で、通りのあちらはお寺さんが立ち並ぶ寺町、面白いですね。
image

image

image

本町や古町と古い街を堪能しました。
ところで、なんと3日前(7月30日)の「ブラタモリ」でこの界隈が取り上げれたばかりでした。
帰りがけ県政会館も見学。
image

image

image

image

image

image

image


北上して、瀬波温泉の噴泉公園で温泉卵づくり。
北への旅で、宮城県の鬼首と北海道の屈斜路湖オヤコツ地獄で温泉卵を作って、嵌まってしまいました。
立派な温泉卵製造所です。
image

80℃、15分という推奨法を試しました。
image


道の駅朝日に到着して、温泉入浴後、夕食。
本日の都道府県別一番搾りは「新潟づくり」毎度のこと「取手づくり」と飲み較べ。
昨日の埼玉づくりと同様、差が殆ど判りません。
このような場合、「僅差で取手づくり」とすることに()。
image


バイガイの刺身は香りが抜けない程度の絶妙な下拵え。
モズクはぽん酢を掛けて磯の香りと素敵な食感を楽しみ。
コマタガイの酒蒸しは濃厚な味。
十全茄子の即席漬けと茶豆は夏の新潟の摘まみの定番。
温泉卵は固茹でになってしまいましたが風味と旨味と仄かな塩味。
みな美味しく頂きました。
image

ご馳走様でした。

自宅(08:45)⇒越谷リユース展望台(09:55)⇒行田古代蓮の里(12:15)⇒道の駅南魚沼(18:30)

新潟から南東北のショートトリップ第1日で茨城県⇒埼玉県⇒群馬県⇒新潟県と移動。
今回のテーマ、一番搾りの都道府県別(埼玉、新潟、山形、福島)の入手、新潟と山形のご当地&ソウルフード、ながい百秋湖のパドリング、諸橋美術館・・・他、です。

田圃アートその1、越谷リユース展望台から。
image

越谷出身のリオ五輪のバタフライの星奈津美選手がモチーフです。
image

東京方面、スカイツリーが見えます。
image


途中、春日部市のイオンモールで一番搾りの埼玉づくりを購入。
8月2日が正規の発売曰ですから、フライング気味ですね。

田圃アートその2、行田の古代蓮の里のタワーから。
ギネス世界記録で「最も広い田圃アート」として認定された行田の田圃アートと「最も長く続いている日本のロールプレイングゲーム」として認定されたドラゴンクエストとのコラボレーションとのこと。
お見事です。
image

歴代の作品と比較しても一番の出来でしょう。
image

image

image

image

蓮も盛りは過ぎましたが、まだ綺麗に咲いています。
image

image

image


お昼は行田の饂飩屋さん「大地」。
image

空の御膳(冷しぶっかけ、半熟卵天、たぬき丼、680円)と大地の恵み天(冷し生醤油大盛、天婦羅6種、920円)。
image

image

立派な讃岐うどんです。
天婦羅も申し分なし。
美味しくてボリュームもたっぷり、ご馳走様でした。

大雨の中、三国峠を越えて本日のp泊は「道の駅南魚沼」、車中泊が数台でキャンピングカーは我が家だけ。
埼玉づくりを何時も通りに取手づくりと頂きます。
image

とても良く似ていて、美味しく、区別がつきません。
こんなパターンは初めてです()。

このページのトップヘ