烟霞淡泊

2016年07月

秦山木が伸びているので、少し刈り込むことに。
毎年この時期に新しく伸び始めた枝を払っています。
image

ついでに今年生えた布袋竹の枝を二節目で揃える作業も。
image

7月の月例の墓参りへ、中野へ。
行きすがらに長女と次女のところに寄って、北海道のお土産を届けたり、用事を済ませたたり、です。
すっかり夏の装いです。
image

image

image


夕方、選挙の投票へ行って、帰りに、北への旅の間に強化工事が終った自宅前の堤防に登って見ました。
低く薄かった堤防が高く広く、綺麗に整備されています。
image

image

昨年9月の集中豪雨では、強化前の堤防の縁2mぐらいまで水位が上がって、不安に感じるほどでした。
これで少しは安心できますかね。

北への旅の途中、プレアデス号のエントランスドアのシェードを釣っている紐の取り付け具が取れてしまい、シェードの調節ができなくなってしまいました。
image

image

RVランドに連絡して、部品(取り付け具)の調達も含めて調べてもらうことになりました。
少し時間がかかりそうそうです。

久々の自宅の朝。
玄関脇の植木や植物、自動給水器のお蔭で青々としています。
長期の旅をするのに、とても便利な設備ですね。
image

image


早朝からプレアデス号の荷物出し、上水と廃水の処理等を行って、全休を軽く洗車して、後始末は終了。

少し遅めの朝食を「クーロンヌ戸頭店」で。
image

久々ですが、とても美味しく頂きました。
image


午後は、市ヶ谷の薬王寺の「気まぐれギャラリー風花」へ。
マスター(私の元上司)にビールの試飲会に誘われて、元勤め先の同じくOB1名、現役1名、私の3名でお伺いしました。

image

image

image

黒ビール(5種+1)
image

image

image

赤ワイン(2種)
image

珍しいビール、更にワインと美味しい摘まみを頂いて、昔話から元勤め先やお互いの近況等・・・、あっという間に夕方になってしまいました。
何時ものことながら、居心地が良くて、つい長居と飲みすぎてしまいます。
ご馳走様でした。
有り難うございました。

苫小牧港(01:30)⇒大洗港(19:40)⇒自宅(21:50)
北への旅35日目、帰途。
苫小牧港を01:30に出港して茨城県大洗ヘ。
始めは結構ウネリがありましたが、それも次第に無くなり、船に弱い相方も楽にして過ごせました。
image

image

当日の19:45に大洗に到着して、22時過ぎには帰宅。
翌朝暑くなる前に、プレアデス号の後始末、荷物の運び出しと軽く洗車して、漸く旅が終わりました。
image

・全工程35日間、北海道30日間
・パドリング
大沼/小沼、美々川、朱鞠内湖、網走湖、クッチャロ湖、釧路川湿原、屈斜路湖&釧路川源流
、全漕行距離:113km
・ポタリング
大沼ー周ポタ、千歳/旭川/枝幸街ポタ、カヤック回送ポタ、全走行距離:68km
・釣り
豆イカ/羽幌港、サクラマス/朱鞠内湖
・お祭り
「尾岱沼えび祭り」と「枝幸かに祭り」
・工場見学
サッポロビール、キリンビール、アサヒビール、雪印メグミルク、カルビー
・ご当地&ソウルフードシリーズ
やきとり弁当/はせがわストアー・函館、ラッキーピエロ/函館、カレーラーメン/味の大王総本店・苫小牧、鶏半身揚げ/若鶏時代なると・小樽、他計9件
・外飲み
室蘭やきとり「一平 中島本店」/東室蘭、ジンギスカン「大黒屋」/旭川、回転寿司「トリトン夕陽が丘店」/北見、計3件
・全走行距離(下道のみ):4,121km、消費軽油:464L、燃費:8.9km/L
緩い計画、天候任せの行き当たりばったり、それでもなかなか盛沢山で楽しい旅でした。
FBやMixiの皆様から、情報やアドバイスを頂き、とても助かりました。
有り難うございました。

北見(07:30)⇒道の駅あいおい(09:20)⇒帯広(12:30)⇒苫小牧(18:00)

北への旅34日目、北海道29日目。
北海道最後の日で、北見から苫小牧まで移動。
道の駅あいおい」で朝のおやつ、「クマヤキ」を頂きます。
image

情報番組で紹介されていて相方が楽しみにしていました。
image

可愛くて美味しい‼
image

私はタピオカ皮のシロクマが好みでした。
「相生鉄道公園」、廃線跡を公園にしたようですが、北海道には同じような施設が沢山ありますね。

お昼は、北海道のご当地&ソウルフードその9で帯広の「カレーショップ インデアン まちなか店」へ。
image

帯広・十勝・釧路限定のカレーチェーン。
粘度高く濃厚、スパイシー、ボリュームたっぷりです。
カツカレーとシーフードカレーを注文。
image

美味しく頂き、お腹一杯。
ご馳走様でした。

お土産とデザートを頂きに六花亭の本店へ。
image

image

本店(支店)の有効期限当日のお菓子、北海道感が・・・。
image


苫小牧へ。
曰勝峠は深い霧の中。
image


日高を越えたとある集落の公園に、トトロ!!
image

image


苫小牧市に到着して、ご当地&ソウルフードシリーズその10で「バーベキューパーク・ブロイラー」鶏ザンギと半身揚げのテイクアウトを予定していたのですが、なんとお休み。
残念ですが、次回ですね。
イオンで買い物をして苫小牧港のフェリー乗り場で夕食。

大洗行きのフェリー「サンフラワー しれとこ」に乗船。
カジュアルルームの旅客運賃(運転手差額も)50%引きのキャンペーン、夜中に運航するので早い、と良いことづくめです。
image

北海道最後の日は、走って食べての一日でした。

塘路元村キャンプ場(05:00)⇒和琴半島(06:00)⇒屈斜路湖から釧路川源流⇒和琴半島(10:00)⇒美幌(12:05)⇒北見(16:00)

北への旅33日目、北海道28日目。塘路元村キャンプ場を早朝に発って、屈斜路湖和琴へ。

和琴半島(オヤコツ地獄)を巡ってコタンの釧路川流れ出しの胡桃橋から美登里橋まで8kmくらいのパドリングを開始。

DSC_2068
和琴半島を回って行きますが、まだ相当に波が高く、横波を受けて漕ぎ辛い。
DSC_2070
結構な時間がかかってやっとオヤコツ地獄へ、上陸して一休み。
噴煙が噴き出し、温泉が湧き上がっています。
DSC_2074
此処でのお楽しみは、温泉卵。
DSC_2073
99℃の温泉に8分間浸けて、温泉卵の完成。
試食すると、仄かな塩味と旨味があって、とても美味しい
DSC_2078
釧路川流れ出しへ屈斜路湖を横断。
DSC_2080

DSC_2084
DSC_2082
さて釧路川源流の川下りへ。
胡桃橋から美登里橋間(2.2km)は初心者向けとのことですが、複雑な流れでカヤックが横向きになったり、倒木に突っ込みそうになったりと、結構スリリングでした。
4.6mと長尺のファルトでタンデムは、このような川下りに少々不向き(言い訳(^^;)で、ここのところの長雨で水量も多くて流れもきつかったかもしれません。
凄烈な流れ、大きな鱒が跳ねたり、突然水鳥が飛び立ったり、短いようで長いパドリング、堪能しました。
写真はほとんど撮れませんでした。
image
image
DSC_2086
DSC_2087
image


美登里橋にデポした自転車に乗って、和琴半島のプレアデス号に戻って、回送。

早い昼食は、枝幸かに祭りの抽選で当たった毛蟹でカニ丼と銀杏草の味噌汁、ある意味現地調達の品々です。
たっぷりの身と味噌、う~ん美味しい
DSC_2089
ご馳走様でした。

北見へ移動の途中の美幌峠、晴れ上がって素晴らしい眺望。
DSC_2093

美幌の「点香苑」のぶた饅と鶏肉饅(190)で昼食その2
DSC_2095
笑っちゃうくらい、大きくて重くて、ぎっちりの餡ともちっとした皮でなかなか美味しい。
DSC_2096
DSC_2099
2人で1個で充分でしたね(^^;
ご馳走様でした。

北見の街を散策して、回転寿司の「トリトン夕陽が丘店」で外飲み夕食。
DSC_2106
DSC_2107
トリトンには一度行ってみたいと思っていて、漸く叶いました。
時知らず、蛸の卵、青そい始め、北海道ならでのネタを美味しく頂きました。
ご馳走様でした。
DSC_2105


本日は外飲みのために、北見の繁華街傍のタイムズの駐車場でP泊。
移動、よく運動、よく食べた1日でした。


道の駅かみゆうべつチューリップの湯(05:30)⇒塘路湖キャンプ場(08:30)⇒塔路湖から釧路湿原の釧路川へのパドリング⇒塔路湖キャンプ場

北への旅32日目、北海道27日目。
道の駅かみゆうべつチューリップの湯から、塘路湖キャンプ場へ。

当初、屈斜路湖から釧路湿原源流の川下りを予定したのですが強風で三角波が立って断念。
釧路川の流れ出しと美登里橋(終点候補)を偵察。
流れ出しの胡桃橋から覗くと水量が多くて結構流れも早いですね。
DSC_2026
美登里橋から上流を望むと、とても綺麗な水色、天気が良いともっと綺麗でしょうね。
明日に期待です。
DSC_2027


さて今日は、風を避けて釧路湿原に下りて、塘路湖から釧路川の岩保木水門まで18kmの川下りへ変更。
20160709
塔路駅と終点の岩保木水門に自転車をデポ。
DSC_2029
DSC_2030
塔路キャンプ場に着いてカヤックを組み立てて出艇。
DSC_2032
DSC_2034
塔路湖から釧路川へ抜ける流れ出しの国道の橋とJRの鉄橋
DSC_2036
DSC_2038
DSC_2039
曲がりくねった水路を漕ぎ進みます。
DSC_2040
DSC_2041
DSC_2045
DSC_2047
本流に出ました。
結構な流れがあります。
DSC_2050
DSC_2052
DSC_2053
細岡カヌーポートで休憩。
DSC_2054
丹頂鶴の親子、茶色の雛が可愛いです。
DSC_2055
終点の岩保木水門に到着。
DSC_2057

少々強い風が吹いていますが、緑鮮やかな湿原の中、沢山の水鳥、ゆったりとした流れに任せて快適なパドリングを楽しみました。
プレアデス号を回送に自転車でスタート。
回送の手順は次の通り。
岩保木水門=自転車1⇒JR遠矢駅=JR網走線⇒JR塘路駅=自転車2⇒塔路湖キャンプ場=プレアデス号⇒岩保木水門(相方とカヤック回収)=プレアデス号⇒JR遠矢駅(自転車1を回収)=プレアデス号⇒塘路湖キャンプ場、と結構手間がかかりますね。
電車を利用する回送は初めてで、一寸新鮮です。
DSC_2066

夕方には青空が広がり、明日は良い天気になりそうです。

ウスタイベ千畳岩キャンプ場(14:40)⇒道の駅かみゆうべつチューリップの湯(18:00)

北への旅31日目、北海道26日目。
枝幸かに祭りの2日目、朝から雨降りです。
朝食はKさん特製のフレンチトースト、う~ん美味しい。
DSC_1994
DSC_1995

「漁船パレード」やΓよさこいソーラン/夢想漣えさし」を見物、お祭りらしい趣向です。

DSC_1999
DSC_2001
DSC_2003
DSC_2012

本日の「北の釣り場(かに釣り)」と「かに早食い競争」は、当然のハズレでした。

トマト詰め放題、ピーマンの無料配布(何と茨城県神栖産)で少し溜飲を下げました。
DSC_2025

最後の「かに無料配布」の抽選に挑戦。
何と相方が当選して、枝幸産の毛蟹2杯をゲット、嬉しい
DSC_2022

終わり良ければすべて良し、かな。
さて後泊の皆様とお別れして、「道の駅かみゆうべつチューリップの湯」へ移動。
3日間、楽しく過ごしました。
お誘い、お付き合い下さいまして、本当に有り難うございました。
DSC_2023

北への旅30日目、北海道25日。
本日はウスタイベ千畳岩キャンプ場に終日滞在。

枝幸かに祭りの初日で、祭りは16時からスタートです。
DSC_1972

朝一番で、千畳岩の磯で「銀杏草」という海藻を採りに。
DSC_1968
DSC_1969
あっという間に袋2杯、脱水機で絞って日に干しますが、午後から天気が崩れて雨なので干し上がるまでにはいきそうもありません。...
DSC_1971
DSC_1975
脱水機はお誘い頂いたKさんの持ち物で、ドラえもんのポケットのように何でも出てきそうです。
Kさんにはプレアデス号のライト消し忘れ防止ブザーを、たまたま部品をお持ちで、10分ほどの作業、部品代だけで付けて頂きました。
当にドラえもんのポケットで、キャンピングカーの快適化の達人ですね。

枝幸の町中まで軽ポタとセイコーマートで買い物。
DSC_1973
DSC_1974

お祭りがスタートして、かに釣り(12名X2回)と早食い競争(15名X1回)の抽選に参加、当選確率は5%ぐらいです。
DSC_1976
DSC_1977

今回のメンバー10名で、早食い競争の抽選に1名が当選。
DSC_1979
DSC_1982
早食い競争は1組5名で、3位となり毛蟹5杯をゲッ卜、おめでとうございます!!。
枝幸産のラベルが付いて、薄氷を纏ったとても良い状態の賞品の毛蟹。
DSC_1996

夕方、雨が強くなる中、今日も酒盛り。
DSC_1990
DSC_1991
DSC_1993

昨日と同じような内容で恐縮です。

道の駅さるふつ公園⇒浜頓別(09:00)⇒ウスタイベ千畳岩キャンプ場(11:35)

北の旅29日目、北海道24日目。
猿払から枝幸のウスタイベ千畳岩キャンプへ。
途中、浜頓別で買い物をして、ベニヤ原生花園を訪れたら、熊出没で立ち入り禁止でした。
北海道でも熊出没情報が多いみたいです。
DSC_1952
DSC_1954
DSC_1953

枝幸のウスタイベ千畳岩キャンプ場、明日、明後日の枝幸かに祭りに備えて、前泊です。
今回Mixiのグループの方のお誘いで参加させて頂きました。
お昼前に到着しましたが、凄い数のキャンピングカー、大小様々、まるで品評会のようです。DSC_1959
DSC_1958
DSC_1960
DSC_1961
DSC_1962

入口、炊事場、トイレに近い高台の一等地を確保頂いていて、感謝です。
DSC_1957

夕方、総勢10名で食事会。
皆さん持ち寄りの美味しい食事、面白いお話と情報交換で、楽しい一時を過ごしました。
何時ものごとく折角なのに食物の写真がありません(^^;。
DSC_1963
DSC_1964
DSC_1967

夜、満点の星、明日は午前中ぐらいまで天気は良さそうです。

さて本日でキャンピングカーの旅が累計で200日となりました。
何日まで重ねることができますかね。

このページのトップヘ