烟霞淡泊

2015年10月

急にラーメンが作りたくなって、二郎インスパイヤ(勿論「擬き」です。)に挑戦。

材料
1)麺
つけ麺専用中華麺[つけ麺の巨匠 山岸一雄監修](東洋水産㈱)
2)スープ
①豚足(豚骨代わり)3本で350mL
②茅の舎だし(魚出汁代わり、吸い物の2倍の濃さで煮出し)350mL
③醤油ダレ(煮豚の煮汁)
3)具
ザク切りキャベツ 1/8個
モヤシ1袋
刻み玉葱
微塵切りニンニク

豚足で出汁取り
①豚足を丸のまま沸騰5分。水に取って洗い、その後2つに縦に割ります。
②また沸騰5分。水に取って洗う。
③玉葱、大根、人参、ニンニク、生姜、粒胡椒と水で圧力鍋で焚く。弱火30分。
④煮汁を漉す。
⑤冷蔵庫に入れて固めて脂を取り除く。

煮豚
①醤油、味醂、酒各125mL、にんにく1片、長葱1/3本、生姜少々を沸騰させる。
②豚バラ肉(ブロック、500g)を入れて、ごく弱火で30分、火を止めてそのまま余熱をかける。

4)ラーメン作り
①麺茹で4分(袋記載は5分)
②スープは豚足出汁と濃厚茅の舎だしを各350mLに煮豚の煮汁を適宜足します。
③ザク切りキャベツ1とモヤシは茹で30秒。茹でたお湯で丼を温める。
④相方に「ニンニク入れますか?」と聞いて(無くてはならない儀式です)、丼にスープを張り、湯切りした麺を入れ、茹で野菜を盛り、煮豚、刻み玉葱、微塵切りニンニクをトッピングして。
小ラーメン麺少な目、お待ちどう様。

image


殆ど乳化していなくて(当然か)、塩分・脂ごく控え目、無化調と、二郎とはかけ離れていますが、食べていくと、何か少し二郎のテイストが…。
昨日の夕方と本日の午前、楽しんで作りました。
ご馳走様でした。


以前から気になっていたバス用品、「足晴珪藻土バスマット」を購入(イトーヨーカ堂、20%引きで4,640円)。

使ってみましたが、濡れた足で踏むとあっという間に足から水が無くなり、さらっとした感触。
使用者の、「布のバスマットに戻れない」、というのも判る気がします。

image

佐倉八十八ヶ所」その4で、本日は四街道市の小名木、鹿渡、栗山、長岡、山梨、上野、和田、佐倉市の大篠塚を巡ります。

四街道総合公園に車を停めて出発。
image

image


第50番 吉祥寺跡(四街道市小名木)
image

image


何かと思えば、こんな学校もあるんですね。
image


第72番 善光寺(四街道市鹿渡)
image

image

もう一つお堂が、千葉寺第68番とあります。
image

image

千葉寺八十八ヶ所」は、此からの八十八箇所巡礼の候補で、情報を集つめようとしているところです。


第85番 蓮花寺(四街道市栗山)
image

image

image

第67番のご詠歌の額もありました。
うっかりしてお大師様がニ体あるか確認しませんでした。

第60番 正福寺跡(四街道市長岡)
image


第77番 西福寺(佐倉市大篠塚)
image

image


第3番 宮の下(佐倉市大篠塚)
image


第66番 薬師堂(四街道市山梨)
image


第59番 薬師堂跡(四街道市和田)
image

お大師様のお像は鍵の掛かった公民館の中でした。

谷津田を行きます。
image


第80番 薬師堂跡(四街道市上野)
image


第46番 地蔵堂跡(四街道市成山)
image

image

image

なかなか見付からず諦めかけた時、相方が発見。
佐倉市民ハイキングクラブのホームページでも「やっと探し当てたお大師さんは防空壕のような中に入っていました。」とありました。

本日予定の最後の第67番75番の薬師堂へ行こうとしたのですが、自転車ナビが案内する道はことごとくダメで時間切れ、次回に回します。

本日は10箇所10番を巡りました。

本日走行距離:20.3km
累計走行距離:3,320km

お堂から次のお堂まで、 高々と10~15mぐらいですが、急坂が1つか2つあって、全部で20kmなのに走った感が高かったです。

少し遅い昼食は、印西市の「茅橋ラーメン」へ。
タンメン(830円)、五目餡掛けラーメン(900円)。
image

タンメンは野菜をしっかり炒めて煮てあり、野菜の旨味がたっぷりとスープに。
五目餡掛けラーメンはすっきりとした醤油のスープと餡掛けがとても良く合う。
何れも野菜が山盛り、熱さに負けない自家製麺、美味しくボリュームたっぷり。
今日は結構運動したから良しとしましょう。
ご馳走様でした。


本日は飯田橋で用事があり、併せて散策しようとなりまして、山手線を一周しようシリーズとは別に中央線(一部総武線?)を歩こうシリーズを始めることに。

秋葉原駅からスタート。
その前に、「立ち食い蕎麦の名店シリーズその13」で「川一」で朝そばを頂きます。
image

この店のスペシャリテのイカ天そば(480円)、定番のかき揚げそば(430円)。
image

天麩羅は揚げ置きですが、さくさく。
そばは茹で麺で醤油が利いた黒い辛汁、正当な立ち食いそばです。
う~ん、美味しい、ご馳走様でした。
近くの三井記念病院の入院の患者さんがこっそりと通うそうです。
病院食の日々での一杯、さぞや美味しいでしょうね。

秋葉原から御茶ノ水へ。
image


御茶ノ水から水道橋へ。
image


水道橋から飯田橋へ。
image


飯田橋の用事は1時間半ぐらいで終了。

さてこの後は、飯田橋から神楽坂を横切って市谷薬王寺の方へ。
久々に知人(元勤め先の先輩)の店を訪ねることに。
image

image


きまぐれギャラリー風花」へ。
image

image

道から降りていく階段の大谷石の壁の蔦とビールの空き瓶のディスプレイが良い感じです(写真取り忘れ)。
マスターお薦めのビール3種を頂いて、旧勤め先やお互いの近況、中之条ビエンナーレのこと、等々、楽しくお喋りをしました。
image

Brugse Zot Blond」(ブルッグス ゾット ブロンド、ベルギー、左)は、旨味、苦味、酸味のバランスがよく美味しい。
EKU 28」( エク 28、ドイツ、右)は、アルコール度数11%で香り高く濃厚で、飲み応え充分。
image

grolsch premium pilsner
」(グロールシュプレミアムピルスナー、オランダ)は、すっきり爽やかな飲み口でこれまた美味しい。
ご馳走様でした。
またお会いする日を楽しみにしています。

さて、本日の都内の街歩きのご褒美その2(?)、向島の「かどや」へ。

15時30分頃到着。
image


銘酒が350円~、摘みは250~350円が中心。
店内全面メニュー(どれだけの種類があるのか!?)、サッポロ赤星と突き出し、鮪刺と鳥皮ポン酢。
鮪刺は赤身2枚と中トロ3枚で300円!?。
image


森伊蔵のロックと獺祭純米大吟醸磨き5割とタコジャガボール、煮穴子、レバー唐揚げ、銘酒ワンカップ。
image

森伊蔵のロックは700円、初めて飲みましたが、柔らかい口当たり、美味しい。
獺祭純米大吟醸磨き5割は、350円、ひぇ~。

秋刀魚刺とレバーの鉄板焼、もう一杯のお酒、鯨刺身、ボンジリと舌シタ。
image


これでもかと飲んで食べて5,600円、真っ当に美味しくて安い、良い店です。
また訪れましょう。
ご馳走様でした。

押上へ。
image


本日の歩数は19,549歩、歩行距離は14.8km、消費カロリーは793kcal。
よく食べ、よく飲み、よく歩いた一日でした。

今日も見事な秋晴れ。
関東鉄道常総線の西取手のスーパー「おっかさん」まで散歩がてら。

葉鶏頭、秋らしい。
image

秋ですが、結構花が咲いています。
此処数年、意識して花を観るようになりましたが、年中思いの外咲いていることに気付かされます。
image

image

風が少し強くなって、空の青さが増すようです。
image

image


本日の歩数は7,779。
TVで、ゆっくりと早足、メリハリをつけて歩くのが良い、とのことで意識して歩いてみました。




今日も良い秋晴れです。
image


昨日の佐倉八十八ヶ所の第20番不動院で拾った銀杏を洗って干しました。
image

粒がとても大きい。
image


本日の夕食。
おでんに銀杏を入れました。
image

銀杏を食べると、秋を感じます。
image

ここのところ定番の日本酒の出汁割り、お気に入りです。
ご馳走様でした。

佐倉八十八ヶ所その3で、佐倉市の直弥、天辺、寒風、八木、下勝田、米戸、上別所を廻ります。

直弥公園に車を停めてスタ一ト。
image


いきなり森の道、野の道。
image


第15番 宝寿院(佐倉市天辺)
なかなか良い雰囲気
image

image


第34番第55番 多宝院跡(佐倉市直弥)
image


第8番 宝金剛寺(佐倉市直弥)
立派なお寺
image

image


第13番第27番 円輪寺(寒風)
image

image


第20番 不動院(佐倉市八木)
image

image

大きな銀杏を拾いました。

第12番 薬師堂(佐倉市)
image


落花生畑の収穫、勢至堂跡への道。
image


第19番 勢至堂跡(佐倉市米戸)
判り難い所にあります。
image

image


第6番 円妙寺(佐倉市上別所)
image

image


本日は8箇所10番を廻りました。

本日走行距離:10.6km
累計走行距離:3,300km

丘陵と谷津田が複雑に入り組んだような地形で、上り下りが沢山あって、走行距離以上に走った感がありました。

昼食は、「農産物直売所ふくろう」に併設されている「佐倉乃茶屋」で頂きます。
プレハブ(?)系イタリアン。
image

農産物直売所の中に入口があり、中は結構シックな感じです。
image

パスタorピッツァのランチ(980円)2つ、桜海老とエリンギのトマトソースのパスタと鶏肉と長ネギの田楽味噌のピッツァ、で。
バーニァカウダソースのサラダ、冷たいバーニァカウダソースが美味しい。
image

スープ、コンソメの旨味と玉葱他の野菜の甘味、バランスの良い仕上がりで、美味しい。
image

桜海老とエリンギのトマトソースのパスタ、スパゲティーネ(?)と桜海老の濃厚な旨味と香りのたっぷりとしたトマトソース、美味しい。
image

鶏肉と長ネギの田楽味噌のピッツァ、もちっとした生地、少し甘め味噌が鶏肉が良く合い、ボリュームたっぷり。
image

キャラメルのムース&レモンのソルベと珈琲、丁寧に作られていて、少しづつですが、満足しました。
image

美味しくて、とても充実していて、1,000円以下、皆さんの謂う通り、お得なランチですね。
ご馳走様でした。

blogのカテゴリーを細分化して整理していたら、「つくばみらい市を散策した時」に見付けた谷原大師第29番のお堂のことを思い出して、調べてみることに。 
image


NETで調べると、①町史研究 伊奈の歴史 第7号(2003年3月)「谷原大師の成立と変遷」近江礼子、②「板橋不動院では年1度3月に谷原大師巡礼を先達している」、という情報が見つかりました。

①町史研究 伊奈の歴史 第7号(2003年3月)については、つくばみらい市の図書館にあるとのことで、行ってみることに。
image

image

image

立派な研究報告書で、八十八箇所の所在の詳細な記述もありました。
必要なところは写しました。

②については、「板橋不動院」を訪れることに。
立派なお寺です。
image

image

阿吽(?)の白犬、何か可愛い。
image

image

image


谷原大師第61番です。
立派なお堂です。
image

お堂の後ろに、第1番から第88番のお大師様の石像がいらっしやいます。
image

image


お寺の方(ご住職でいらっしゃるのでは?)に伺うと、谷原大師で廃寺等で移設したお大師様に+αで寄進されたもののようです。
また、谷原大師を解説したような資料を伺うと、①以外は無いのでは、というお話しでした。
さて、巡礼できるかどうか?、もう少し調べてみましょう。

本日は次女の課題作品の展示会があり、東京都小平市に寄って、その後、府中のサントリー武蔵野ビール工場の工場見学を予定します。

東京上野ライン、中央線、西武国分寺線で鷹の台へ。
玉川上水の道、何時もながら気持ちの良い道、後何回歩きますかね。
image

image

展示会、「アイデンティティとブランディングコミュニケーション」なるテーマ。
image

image

image

image

image

image

皆さんなかなかの力作で、何よりも、何時になく判りやすいかな!? ()

さて、武蔵野線で府中本町に向います。
見学まで少し時間があるので、 府中の「大國魂神社」辺りを散歩。

とても立派な神社です。
image

image

image

image

image


境内の種々のお社。

松尾神社、お酒の神様、サントリー武蔵野ビール工場の奉納がありました。
image

image


宮之咩神社、芸能と安産の神様、穴の開いた柄杓を奉納する風変わりな風習。
image

image



サントリー武蔵野ビール工場」へ。

東京競馬場」と「サントリー武蔵野ビール工場」の間を中央高速が通っています。
中央フリーウェイ♪
右に見える競馬場 左はビール工場♪
この道は まるで滑走路 夜空に続く ♪
」の歌詞通りなんですね。

image

image


サントリービール武蔵野工場
image


エントランスに荒井由実の色紙が。
2011年の色紙ですが、「14番目の月」なので荒井由実で良いでしょう。
image


「ザ・プレミアム・モルツ講座」と名付けられた見学のスケジュールは、映像25分、工場見学30分、試飲35分、90分と長丁場です。

image

image

image

コースの段取り、説明は洗練されています。
1時間があっという間に終わったように感じました。

試飲は、ザ・プレミアム・モルツ、ザ・プレミアム・モルツ「香るプレミアム」、ザ・プレミアム・モルツ「マスターズドリーム」の3種、摘みも3種と豪華版。
image

それぞれ個性があってとても美味しいのですが、やはりオリジナルのザ・プレミアム・モルツが好みです。
ご馳走様でした。

このサントリー武蔵野ビール工場が6つ目の工場ですが、一番かも。
素晴らしいホスピタリティ、企業としての姿勢なんでしょうね。
サントリーは、あと、京都工場と九州熊本工場の二カ所で工場見学ができます。
楽しみです。

爆弾低気圧の強風で皇帝ダリアの4本の内、2本が折れてしまいました。
1本はポッキリと、もう一本は折れながらも繋がってはいます。
ビニール紐で引っ張って立てました。
さて、保ちますかね?
image

image


お昼前に、長女の用事に付き合って、柏へ。
3人で、カレー屋さんの「ボンベイ」でお昼を。
image

長女はカシミールカレー(激辛、900円、奥)、相方はインドカレー(辛、850円、まん中)、私はポークカレー(普通、800円、手前)。
image

店に入った瞬間に強いスパイスの香り、体が反応して毛穴が開いて、汗が…。
インドカレー店によく行って食べますが、スパイス感が、もっと強いかも。
カシミールカレーは確かに辛いけど、全く食べれないレベルでは無いです。
インドカレーもポークカレーも美味しい。
image

食後の珈琲とチョコレート、カレーの辛味をリセット、これは良いですね。
ご馳走様でした。

久々にケーキを買って帰り、ティータイム。
image


夕方、近所、利根川の堤防を散歩。
空気が澄んで、夕暮れがとても綺麗。
image

image

image

image

image

image

image




午前中は坂東市の板金工場へ。
プレアデス号の修理をする工場ですが、プレアデス号にカヤック一式を積んだまま修理に出していたので、カヤック一式を取り出してきました。
近場、関東周辺でパドリングを予定します。

帰り掛けに、坂東市の農産物直売所「めぐみの里さしま」に寄って、キャベツ、カリフラワー、芋柄、人参、長葱、甘唐辛子を購入。
image

image


午後は雑用を。

その1、包丁研ぎ。
粗砥と中砥
image

常日頃、使用した後に研ぐ包丁もありますが、今日はまとめて8本を研ぐことに。
image

研ぎ上がり
image

良く切れます。

その2
不用の収納ボックスを燃えるゴミに、切ります。
春に買ったハンディータイプの電動鋸の、久々の出番。
image


夕方、雨がパラパラと振り出しました。
今タは、爆弾低気圧で大荒れになるとのことです。

このページのトップヘ