烟霞淡泊

2015年07月

プレアデス号用のLEDのヘッドライトは揃えましたが、懐中電灯が無かったので、こちらも買い揃えました。
image

OHM LED LIGHT GT22SVD 90lm(977円)で、とても明るい。

もうにひとつ、キャンピングカーネタを。
鎌先温泉に向う山道で、木の枝で思い切りプレアデス号の上部側面に引っかきキズを長々と付けてしまいました。
image

写真に撮すといまいち映りが悪いのですが、実際の見た目、相当に目だつキズです。
どうしょうか?、思案中。

仙台市某所(06:00)⇒西那須野のきらむぎ(10:00)⇒石下のクロサワ(14:15)⇒自宅(15:00)

帰宅の途に。
4号線を順調に南下して、今回の旅の往きに見付けた西那須野の「きらむぎ」(パンの缶詰めで有名)に寄ることに。
image

ブランチとお土産のパン&パンの缶詰め。
image

凝ったパンではなく、素朴でボリュームたっぷり、美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

さて、お昼に西那須野の地の独特な「冷やしそば(浸しそばから転訛したという謂われ)」の「かどや」さんに伺おうとしたところ、臨時休業日(?)、もう一軒の「さかえや」も定休日。
残念!!、次の機会ですね。

栃木県二宮の「道の駅にのみや」で野菜の調達、茨城県右下の「クロサワ」で若鶏の丸焼きを晩ご飯に買って帰りました。
image

若鶏の丸焼き(600円)、写真はNETから拝借。
image

石下のソールフードの呼び声高く、小振りで柔らかく、カレー醤油味でとてもスパイシー。
時折食べたくなります。
丸ごとだけでなく、各部位(もも、手羽等)もあり、お薦めです。

水海道の道路の温度表示が36℃、ヒェ~、いきなり猛暑日()。

無事帰宅して、取り敢えず荷物の片付けと濡れたまま畳んだワイルドカード号の日乾し、夕方、陽が翳ってから、プレアデス号の洗車で後片付け終了。
相方は暑気中り気味、お疲れ様でした。

今回総合距離:1,130km
燃費概算:9.2km
山道が多く、帰りのクーラーが効いたのか、余り伸びませんでした。

今回は2つのビール工場見学を中心に旅を組みました。
メーカーが同じならば何処の工場も同じかな?と思っていましたが、結構異なっていていました。
これからサッポロビール、サントリーが加わり、また全国となると思いの外、面白くなりそうです。

キャンピングカーでビール工場を巡るとなると、P泊地にプレアデス号を停めて、そこから徒歩、交通機関の利用で、往復することになります。
道の駅がそばに在れば簡単なのですが、そうもいかず、今回2箇所とも近場に道の駅は無く「某所」としか書け無い所に車を停めました。
このように、計画を組むための下調べそのものもなかなか面白いです。

さて次回のキャンピングカーの旅は、7月下旬に、キャンピングカー&カヤックの仲間で万水川・犀川ダウンリバーと青木湖カヤックキャンプを予定しています。
ここのところの台風と大雨が気になりますが、良い天気に恵まれることを期待しましょう。



天童公園散策(06:30~08:45)⇒佐藤ワイン(10:30)⇒鎌先温泉(11:30)⇒仙台市某所(14:30)⇒キリンビール仙台工場(16:15)⇒仙台市某所

写真無し、メモのみ。

道の駅天童から天童公園散策
なかなか良い公園。山の上に人間将棋の板があり、結構面白い。

南陽市のワイン
7月10日のNHKの地方局(東北?)の番組で紹介されていた南陽市赤湯温泉の「佐藤葡萄酒」の金渓ワイン(赤)を購入。
一升瓶(1.8L)で1,890円でした。

鎌先温泉の「最上旅館
(ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉) 源泉ドポドポ掛け流し・茶褐色・鉄渋味・硫黄・ツルスベ系。
泉質、風呂初め設備良く名湯です。
ここも「まっとな温泉東日本版」にて無料で入湯。
無料累計(本代1,800円控除後)は、+1,050円となりました。

全国のビール工場見学をコンプリ一トしようその4、キリンビール仙台工場
見学の説明の資材と内容、試飲のビールの品種も取手工場と異っていました(共通は一番搾りと一番搾りトラウトの2つ)。飽きるかなと思っていましたが、そうでもないかもしれません。
一番搾りプレミアムx2、一番搾りx2、一番搾りスタウトx1、一番搾りハーフ&ハーフ(一番搾りと一番搾りスタウトの1対1)。
image


本日のP泊は、仙台市某所です。

本宮市某所(06:00)⇒米沢市(08:00~10:00、街中ポタ)⇒河北町のといや(11:50)⇒蔵王国際ホテル(13:45)⇒道の駅天童温泉(16:30)

本日は、福島県から山形県に入って、米沢⇒山形⇒天童と北上します。

先ずは米沢市を街中ポタ。
市役所の駐車場にプレアデス号を停めて、ポタ開始。
山形銀行とっても判り易いロゴ、高校の校舎、松岬神社。
image

上杉鷹山、米沢城跡、上杉神社。
image

上杉伯爵邸、旧米沢高等工業学校本館。
image

寺町、最上川の上流、米沢駅。
image

新杵屋の牛肉ど真ん中弁当を購入。
今夜の夕食、これで米沢牛を食べたことにする魂胆。
image

2時間弱の街中ポタ。
古い地方都市は、街中ポタ、街歩きをする楽しみがあって良いですね。

山形の冷やし系麺をたべるために河北町まで走ります。
河北町の「といや」。
冷たい中華そば(700円)、塩分、旨味控えめのさっぱりとした(冷たいので余計に)スープに、ひね鶏のスライス、締めた細麺、予想通りの美味しさ。
image


さて此処から翌日(7月11日)分の写真を消してしまい、以降はNETからor相方の写真となります()。

太目の色黒の田舎蕎麦にかえしの少ない汁、味が良く判る程度に、そんなに冷たくない。
ボリュームたっぷりですが、スルスルと頂けます。
肉そばの名前の由来の肉は、ひね鶏のスライスです。
もう少し柔らかい方が良いかと思いますが、肉そばで無くなってしまうかもしれません。
image


この後は、

1)蔵王温泉の「蔵王国際ホテル」に「まっとな温泉東日本版」の無料券で入湯。
(酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉)・源泉ドポドポ掛け流し・淡青色・強酸味・硫黄+金気臭・ツルスベ系。
入湯料は1,050円が無料で、今までの無料累計の本代1,800円控除後は、+550円となり、早くもペイしてしまいました。

2)「道の駅天童温泉」でP泊、近くの立ち寄り湯(「ふれあい荘」)でもう一度汗を流しました。
100円/1人という安さ。
その他、色とありましたが、省略。

本日で、キャンピングカーの旅100日目となりました。
プレアデス号が我が家に来て1年9箇月、走行距離は16,910km、単純平均で169km/日、少し走り過ぎですね。


小野川湖畔家キャンプ場(06:00)⇒まこと食堂(07:10)⇒ひかり農園(08:00)⇒郡山温泉(09:45)⇒本宮市⇒徒歩⇒アサヒビール福島工場(14:45)⇒JR五百川駅⇒JR本宮駅⇒本宮市(17:30)

4時起き、相変わらず強い雨が降っています。
5時過ぎまで待っても雨が止まず、今日の予定が詰まっているので、カヤックを畳んで出発の準備をすることに。
う~ん、残念、こんなこともありますね。
image


昨年5月以来、久々の朝ラー、喜多方市の「まこと食堂」へ。
image

中華そば(650円)x2を注文。
image

しみじみと、美味しい。
麺、具材、スープ、少し強めの化学調味料の使い方も含め、オーソドックスな喜多方ラーメンなのでしょうね。
昨年の「喜一」は寧ろ、新しいタイプの店なのかもしれません。
ご馳走様でした。
朝から高カロリ一、せっせと運動しなくては。

さて次は「ハラさん」推薦の「ひかり農園」を初めて訪れ、食材を調達。
休業日(昨日)明けの早期で、海鮮の食材が未だ届いていないとのことで、残念ですが、馬刺(200g、1,000円)、煮込み用の馬肉(1kg、700円)、三角揚げ(特大3枚、298円)を購入。
物が良さそうで、何しろ安いですね。
今日の晩ご飯が楽しみです。

郡山市で温泉を探して、「郡山温泉」(400円)へ。
アルカリ単純泉・源泉ドポドポ掛け流し・無色・無味・無臭・サラリ系。
5月の櫻旅の時の「月光温泉クアハイム」もそうでしたが、郡山の立ち寄り温泉はレベルがとても高いです。
image


本日のメインイベントの全国のビール工場見学をコンプリ一トしょうその3で、アサヒビール福島工場の工場見学へ。

本宮市の某所にプレアデス号を停め、工場へ、運動を兼ねて、往きは徒歩で、帰り
はJRで工場最寄りの五百川駅から本宮駅、本宮駅からまた徒歩で、という行程です。

アサヒビール福島工場への長い道のり。
本宮市の某所からJR本宮駅方面へ。
image

本宮駅から五百川駅へ。
image

畦に泥鰌が沢山います。
ふとと見ると田螺も…。
今夜のつまみに採取。
途中のス一パーで軽い昼食も。
水物は摂らずに、我慢。
image

漸く工場が見えてきました。
image

途中、不思議な、シュールな花の蕾。
image


工場見学です。
image

15時のグル一プは5名でした。
工場見学の内訳は、説明・見学:40分、試飲:20分。
長編の映像説明はなく、工程毎に短い映像で説明と茨城工場とは異なっていました。
説明は工夫があってとても判りやすいです。
黒ビールは麦芽を強めに焦がして、黒い色と風味を付けるということを知りました。
同じ会社であれば、映像も説明も一緒かなと思っていましたが、そうではないかもしれません。
尚、見学の工場内の撮影不可は同様。

水物を我慢して喉がカラカラで、試飲タイム。
試飲のビールの量、品種は同じでした。
ス一パードライ、×2。
image

エクストラコールドのス一パードライ(左)と
ス一パードライプレミアム(右)
image

ス一パードライプレミアム(左) とス一パードライブラック(右)
image

10km近い散策と我慢のお陰で、泣けるほど美味しく頂きました。
全国のビール工場見学をコンプリ一トしよう、なかなか楽しい。
次回が楽しみです。

さて、本宮市の某所に帰ります。
先ずはJR五百川駅へ。
image


田螺の佃煮風。
洗って、茹でて、身を取り出し、甘辛く炊き、ます。
image

本日の夕食。
ひかり農園の馬刺、美味しい!!
田螺、少しジャリジャリしますが、そこそこ美味しい()。
image

ご馳走様でした。




自宅(05:00)⇒会津若松の十文字屋(11:00)⇒小野川湖畔家キャンプ場(12:20)

国道294号、4号を、途中少々通勤ラッシュに巻き込まれましたが、順調に快走。

少し早い昼食を会津若松の「十文字屋」で。
image


名物の磐梯カツ丼(1,200円)、たじろぐビジュアル。
特大カツ2枚を2つに割って4枚を盛っています。
image

厚いカツは、柔らかくカラッと揚がっています。
ソースは甘めで濃くなくさっぱりめ、脂肪も少なく食べやすい。
なかなか、美味しいですね。
それでも1枚食べれば充分で、2枚はパックに入れてお持ち帰りで、晩ご飯のおかずへ。

喜多方ラーメン(600円)、如何にも喜多方ラーメンらしい風情。
image

太目平打ち縮れ麺で、つるんとした食感、少し塩分高めですが旨味が強いスープ、これまた美味しいです。
ご馳走様でした。

昼過ぎには「小野川湖畔の家キャンプ場」に着きました。

全18サイトのこじんまりとしたオートキャンプ場で、設備も新しくはありませんが、手入れが行き届いて良い感じです。
管理人さんはお若い方で、優しく親切に応対頂きました。
料金も1,100円/1人で、2,200円とリーズナブルです。

湖畔に一番近いサイトにプレアデス号を停めて、ワイルドカード号を組み立てます。
ポツポツ雨が組み立ておわる頃には本降りに。
image


夕方まで待ちましたが雨脚は衰えず、本日のパドリングは断念。
明日一番に期待しますが、難しいかも。

雨の中を散策。
image

image

image

8月から相模湾の木肌鮪がはじまります。
鰹、キメジ、木肌鮪の針等を入谷の「浅草釣具店」に買いに出掛け、夜には、東京駅の八重洲で友人と会食を予定します。

入谷で降りると何時にない人出です。
と思ったら、「入谷朝顔市」でした。
image

image

image

image


さて浅草釣具店は、本日火曜日、定休日でお休み。
うっかりしていました。

仕方がないので、綾瀬の「釣吉」へ。
カットひらまさの13、14、15、16号とキハダマグロ16号、18号、サンラインのトルネード ベーシック船ハリス12号を購入。
この針と12、14、16、18、20、22、24、30、40、50号のハリスで、鰹、キメジ(木肌鮪のメジ:鮪の幼魚)から木肌鮪までの仕掛けができます。
2010年:ボウズ
2011年:7kgのキメジ1本
2012年:6kgのキメジ1本
2013年:24.3kgの木肌鮪1本
2014年:ボウズ
2015年、今年こそ30kgオーバーを。

歩き回って喉が乾いて、お茶代わりの一杯。
JR綾瀬駅駅前のその名も「駅前酒場」。
釣吉への行き帰りに、気になって一度入りたいと思っていました。
image

16時で、結構混んでいます。
ボール(300円)は濃厚系、鮪ぶつ(400円)は味が濃く、美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

東京駅辺りをぶらぶらと。
image

image


元の勤め先の友人と会食。
アレンジして貰い、ご馳走になってしまいました。
最期に会った4ヶ月は遥か昔のように感じますが、ご両人、皆さんの近況、会社の様子を伺っていくと、違和感無く、まるで今も勤めていて、仕事帰りの一杯、というように錯覚してしまいそうです。
楽しく、美味しくお酒を頂きました。
有り難うございます。
また秋に会いましょうとなり、こんどは私がアレンジすることにします。
今から楽しみです。

本日も朝から終日雨降りです。

午前中は、特定健康診査+αの検査を受けました。
先日、肺のMRIと糖尿病の眼科検診を行っていますので、胸部レントゲンと眼底検査はパス。
ささっと、待ち時間も含めて1時間半程で終了。
基本的にお年寄りばかりで、(少々オーバーな表現ですが)観察すると、歳をとるということがどういうことなのか実感できます。
忍耐と寛容、ですな。

午後はイオンモールつくばで買い物。

WILD-1でsnow peakの「ソリッドステーク30[6本セット]」(2,678円)を買いました。
コールマンの「XPヘキサタープS」の添付のペグが柔なプラスティックで、砂利混じりでも打てるペグに変えようと探していて、これにしました。
最強の誉れ高い鍛造スチールペグです。
image

専用のハンマーは何と3,900円(6,200円もあり) !!
40年以上前に使っていたハンマーを探すことにします。
ところでsnow peakの製品は2つ目で、もう1つは「焚き火台L」です。
今日買う時に、snow peakのポイントカードを作りませんか?、と店員さん。
「要りません」、とキッパリ、私。

帰って押し入れの中をガサガサと捜索。
40年以上前に使っていたクライミング用のロックハンマーを探し出しました。
image

東京TOP社」のROCKHAMMER Guide -TOP-です。
最期に使ったのは(持ち歩いたのは)28年ぐらい前で、相方と行った「比良山の貫井谷」だったと記憶。
気になってNETで引いたら、同じ物を今でもお持ちの方がいらっしゃいました(「使わなくなった山道具たち」)。
さて、これからはペグハンマーとして使いましょう。
因みにピッケルもアイスバイルも東京トップ社で揃えたことを思い出しました。

登山用具も少し出できて、クライミングテープと細引きとカラビナで、カヤックのライニング用のロープを作りました。
カラビナは「BONATI CASSIN ITALY 1800kg」、懐かしい。
image









雨降りの一日。

朝一番で中野の両親の菩提寺の月例のお参りに。
image


アルブレイズH号にバックミラーを装着することに。
駐車している車を避ける時や、道を横切る時に、後方確認に振り向きますが、体(首?)が堅いのか体ごと振り向くことになリ、不便に感じていました。
image

image

さて、効果の程は?


6月29日のポタリング@ 「新四国江戸川霊場八十八ヶ所」その4 を投稿します。

松戸市の幸田、中金杉、大谷口、横須賀、三ヶ月、八ヶ崎、ニツ木、小金を巡りました。

前回同様、流山市総合運動公園の駐車場に車を停めてスタート。

第2番5番 華厳寺(松戸市幸田)
image

image

image


第3番 篁大師(松戸市中金杉)
篁は“たかむら”と読むようです。
竹叢の意とあります。
image


第76番 医王寺(松戸市中金杉)
image


第9番10番 大勝院(松戸市大谷口)
立派なお寺です。
image

image

image


第38番第74番 正福寺(松戸市横須賀)
image


第25番 三日月神社(松戸市三ヶ月)
image


第18番第73番第82番 長聖寺(松戸市八ヶ崎)
良い雰囲気のお寺です。
image

image

image

image


第79番 光明寺(松戸市ニツ木)
image


第33番第45番 福昌寺(幸谷)
階段の道をアルブレイズK&H号を担いで行きます。
image

image

image


第80番 常光院(松戸市幸谷)
image


第57番58番59番 東漸寺(松戸市小金)
image

image

image

image

image

東漸寺」は長い参道に門が3つ、大きな本堂、立派なお寺ですね。
公式ホームページからの抜粋で、
「明治初頭に、明治天皇によって勅願所(皇室の繁栄無窮を祈願する所)となりました。」
とありました。

本日は、11箇所、18番を巡りました。
あと1回で結願です。

本日走行距離:19.2km
累計走行距離:3,163km


何時も飲んでいる、ビールじゃなくて、発泡酒じゃなくて、リキュール(第三のビール、雑酒)の「金麦<糖質75%オフ>」の「幸せの、あいあい皿みんなにお届けキャンペーン」に応募。
350ml缶48本分のシールで。

届きました。
image

たち吉の焼き物(十草柄)です。

本日の夕食、「NHKのあさイチの解決ゴハン:7月1日のさばみそ生春巻」で使ってみました。
image

image

食べ物が映えるように感じます。
ところで、久々に生春巻を食べましたが、美味しい。
さばみそが良く合います。

本日でblog開始から丁度2年が経ちました。
思い返すと長年三日坊主ばかりの来し方でしたが、これは良く続いています。

「全国のビール工場見学をコンプリートしよう!!」の第2弾で「アサヒビール茨城工場」を訪問しました。

Txの守谷駅から送迎バスで工場に向かいます。
image


アサヒビール茨城工場は、全国の8箇所のビール工場で一番大きな工場だそうです。
image


工場見学は、ガイダンス&映像:20分、工場内見学:40分、試飲:20分で80分ぐらいです。
image

工場内の写真撮影は、残念ながら不可でした。
キリンビール取手工場はOKだったので、企業?、工場毎?の差のなのか、いずれ判るでしょう。

さて試飲です。
試飲会場は60mの高さにあります。
image


スーパードライ
image

スーパードライプレミアム
image

エクストラコールドのスーパードライとスーパードライブラック
image

1人3杯で、4種計6杯、美味しくたっぷりと頂きました。
出来立て、適温に冷えて、美味しい継ぎ方、飲みやすいグラス、家で飲むのと全く別物ですね。
まあ、普段は雑酒なので、そもそも別物ですが()。

お決まりのビールの美味しい継ぎ方。
水辺に咲いているのは、「半夏生(はんげしょう)」ですね。
image

後で知りましたが、今日は雑節の「半夏生」でした。
蛸を買って帰りましょう?。

全国で見学ができるビール工場は、アサヒ:8、キリン:9、サッポロ:7、サントリー:3、オリオン:1、以上で28工場のようです。
(工場だけでなく、博物館も含んでいます。)

今日で2工場、残り26工場です。
さて次は何処に行きましょうか。

雨の中、取手郵便局へ。
道々の花々。

グラジオラス、まつばぼたんを小さくしたょうな?、ライラック
image


四弁の赤いクレマチス?、紫君子蘭、赤い紫陽花?
image


?、 アブチロン、ノウゼンカズラ
image


気にして歩いてみると、年中何かしらの花が咲いています。

このページのトップヘ