烟霞淡泊

2015年06月

久々に「キリンビール取手工場」の工場見学に行くことに。

我が家は、北10kmにアサヒビール守谷工場、南4kmにキリンビール取手工場が在るという、ちよっと素敵なロケーションです。

ビールを美味しく頂くために、またカロリー消費のために、自宅から歩いて往復することに。
image

image


キリンビール取手工場見学、一番搾りを中心にビール造りの解説。
image


二条大麦の麦芽、結構美味しい。
一番搾り麦汁と二番絞り麦汁の飲み比べ、一番搾り麦汁は甘味が強いです。
image


ウィークデーなので製造ラインが動いています。
今まで土日しか来たことがなく、動いているのは初めて見ました。
image


一番搾り取手づくり(フルーツ香の強いホップと5.5%)と普通の一番搾りの飲み比べ。
取手づくりは香りも味も濃く感じます。
image

取手工場でのみ製造のハートランドと氷結パインアップル9%。
image


動いている工場、試食(?)と試飲、大いに楽しみました。

帰り掛けに、キャンピングカーの旅の新しいテーマを思い付きました。
「全国のビール工場見学をコンプリートしよう!!」です。
本日は地元で歩きでしたが、先ずその1、でした。

本日の歩数:15,616、久々の合格。

自宅(05:00)⇒中野⇒小平⇒権現堂(12:50)⇒自宅(17:00)

思い立って、昨日に引き続き、紫陽花見物へ。
月例の墓参りと次女への届け物の後、幸手市の権現堂に行きます。

中野の両親の菩提寺、雨が降っています。
image


権現堂到着、ウィークデーで道が結構混んでいました。

権現堂堤 あじさいまつり」(6月6日~7月5日)です。

image

image

知っている数少ない品種、墨田の花火。
image

image

image

image

image

image

image

image

変わった柏葉紫陽花。
image

image

image

image

image

image

雷電、とても綺麗な青色とグラデーション。
気に入って買うことに。
image

image

image

image

image


色々な品種が展示されていて、名札も付いています。
image

image

image

image

image


権現堂堤は品種が多く、規模も大きく、植方も工夫があリ、なかなか見応えがあります。
堪能しました。

お昼は幸手市の「農家料理なごみ」で。
image

image

季節の風セット、メインはサックサク春巻きと鶏のやわらかオーブン焼き。
image

image

重ね煮」という料理だそうです。
ご馳走様でした。



自宅(09:00)⇒宗吾霊堂(10:00)⇒はたや(11:30)⇒イオンモール成田(12:00)⇒自宅(13:30)

数年前から紫陽花の名所を巡るのが、お気に入りです。
茨城県の大宝八幡宮、千葉県の宗吾霊堂、埼玉県の権現堂堤、今年はもう少し増やそうかなと思っています。
今年は例年より7~10日ぐらい早く咲き始めたそうで 、先ずは近場の「宗吾霊堂」に行くことに。

1時間で宗吾霊堂に着きました。
image


立派な本堂。
image


紫陽花のお供え。
image


紫陽花園へ。

私が覚えている数少ない品種の1つ、柏葉紫陽花。
image

image


オーソドックスな紫陽花、この色が好きです。
image

image


額紫陽花
image

image


image

image


image


楽しみました。

甘味処かカフェを捜していたら、葛餅の店が見つかり行くことに。
成田市の「はたや」です。
image

葛餅(170円)とところてん(350円)を購入して、まず葛餅を頂きました。
モチッ、ツルンとした食感、黒蜜が大変美味しい。
あっという間に頂いてしまいました。
もっと買えば良かったかな。
ご馳走様でした。

イオンモール成田の「パッセンジャーメッセージ」のあるショルダーバックが一目見て気に入いました。
相方からの少し遅い誕生日のプレゼントとなりました。
有り難うございます。
image


真鱈の内蔵のキムチ、チャンジヤを漬け込みました。
始めて作るので、対象は胃袋だけに。
作業とレシピ。
1)胃袋を開いて、よく水洗いして、包丁でヌメリをこそげて、水洗い…を繰り返します。
2)水気をとって胃袋(285g)に7%の塩を加えて冷蔵庫で一晩。
3)5mm巾で刻んで冷凍、48時間(アニサキス他対策)。
4)解凍、水気をとる。
5)漬け込みタレを作る。
①キムチ用唐辛子:大サジ4杯
②摺り下ろし大蒜:大サジ1杯
③摺り下ろし生姜:大サジ1杯
④摺り下ろしリンゴ:小1/4個
⑤酒:小サジ4杯
⑥味醂:小サジ4杯
⑦酒盗:少々
6)胃袋を漬け込みタレとよく混ぜて、冷蔵庫で保管。
少々、ビジュアルが…ですが。
image

2、3日で食べられるようになります。





新四国江戸川霊場八十八ヶ所」その2で、流山市(十太夫、市野屋、野々下、長崎、前ヶ崎、名都借)、柏市(豊四季)を巡ります。

流山市の総合運動公園に東を停めてスタート。
image


第31番 長円寺(流山市十太夫)
image

元々は十太夫青年館にあったものを、長円寺(流山霊園)に移したようです。
image

とても立派なお堂と大師様です。

第28番 富士見ふるさと会館(柏市豊四季)
image


近くの「諏訪神社」(流山市駒木)に寄ってみました。
流山に向う道すがら、なかなか雰囲気のある参道で、一度寄りたいと思っていました。
image

image

参道も鳥居も本社もこじんまりとしていますが、美しい神社です。
茅の輪くぐりがありました。
お宮参りの家族が2組、地元で愛されている神社なのですね。

第47番、第69番 円東寺(流山市市野谷)
2番あるはずなのですが見当たりません。
image

生えている一本の木を彫り出している仏様。
image


第42番、第48番 春山寺(流山市野々下)
image

第42番
image

第48番
image

第48番は寺の外にあって、
危うく見逃すところでした。

第50番 槇大師(流山市野々下)
image

道から少し上がったところにあり、とてもよい雰囲気です。
image

大きな槇の根元にお堂があり、槇大師と呼ばれる所以。

第49番 金乗院(流山市長崎)
image

image


今日のお昼はヘルシーなカップヌードル、ラタトゥーユとバーニャカウダ、共に200kcal弱。 
全部で900kcal(2人分)です。
image

ラタトューユは美味しい、バーニャカウダは微妙かな。
どう?と出したLINEに長女が「 からあげではなくサラダチキンでカロリーオフ&タンパク質摂取がよろしいかと」。
う~ん、ごもっとも、です

第35番 青龍院(流山市名都借)
image

お堂の写真を削除してしまったようで、次回撮って追加しましょう。

第56番 寶蔵寺(流山市前ヶ崎)
マップには54番、56番の2つと記載されていますが、お堂が3つありました。
第56番
image

第57番
image

第57番は松戸の東漸寺にありますのでダブリでしょうかね。
無番(第54番?)
image

大師様の後ろの石碑に七十七番と掘られていますが、因みに第77番は流山市の光明院にあります。
本堂の裏手には88体の大師様がいらっしゃいます。
image

image


第51番 小島コーポ(柏市豊四季)
見当たりませんでした。
一角に比較的新しい整地跡があるので、撤去、移設されたのかもしれません。
image


第26番 新富近隣センタ一(柏市豊四季)
image


本日は10箇所廻って14番、行方不明が3番ありました。

本日走行距離:22.4km
累計走行距離:3,065km


午前中は宿題その1を取り敢えず完成。
1ヶ月の予定が、2ヶ月強かかりました。
宿題その2がありますが、ぼちぼち行きましょう。

本日のごぜんやまらーめんはしょうゆつけめんとジャージャー麺、今日は見た目の差があります。
image

ジャージャー麺、なかなか美味しい。
ご馳走様でした。
10食(10種)、面白く、美味しく頂きました。

午後は、釣道具の後片付けと真鱈の胃袋で造るチャンジャの準備。
夕方から降り始めました。

茨城県北の平潟の「第15隆栄丸」、中深場五目で出船。
オキメバルとメヌケ(小型でアコウダイとは異なるようです)、あわよくば柳メバルが釣れたら…。
真鱈も釣れますが、2~3本で充分かな、等と目論んだのですが。

04:30集合、超大型船です。
image


キャビンは畳敷で、釣り場までの行程を快適にぐっすりと寝て行けます。
釣物によりますが1~2時間なので助かりますね。
懐かしい写真が。
2010年に鱈釣りの外道で7.5kgの𩺊を釣った時のものです。
キャビンに貼られていたのに気が付きませんでした。
image


水深120~200m。
一投目、真鱈4kg。
image

その次も2kgの一荷。
五目の仕掛けで(幹8号ハリス6号、途中から幹12号ハリス8号)、大きな真鱈や、数が付くと、切れたり、針が折れたり曲がること度々ですが、それでも大型クーラーが埋まっていきます。
真鱈以外は、私は小メヌケ1匹、柳メバルは船中1匹でした。
海底で真鱈がロを空けて待っている状態。
最期まで変わらず、う~ん残念。
image

1.5~5kgを18匹。


本日の夕食。
image

真鱈の刺身と昆布締めとメヌケの刺身と松皮造り、真鱈のソテー、真鱈汁、真鱈の兜焼き(写真なし)、他。
堪能しました。
ご馳走様でした。

知人何人かに少し貰ってもらい、残りは切り身にして冷凍保存。
4時間の作業、手がボロボロになって腫れ上がりました。
切り身の総重量は10kgでした。
鱈汁、湯豆腐や鍋種に重宝します。

ところで新鮮な真鱈に火を入れるとモロモロした食感ですが、少し時間が経つと、また冷凍すると、身がホロッと薄く剥がれて噛むとキシッとした食感、薄塩鱈の食感そのものになります。
釣り用の小さな冷凍庫(釣果と釣り餌の冷凍保存用)はこの真鱈で一杯になりました。

次の釣行は鹿島の小才河豚で、この時期だけの白子狙いです。



梅雨のようなお天気で、朝から午前中一杯雨降り。

庭の紫陽花が咲き始めました。
image


本日のごぜんやまらーめんは、「煮干しらーめん」と「しょうゆらーめん」です。
たっぷり野菜とともに。
ごく素直な美味しさ、ご馳走様でした。
image


明日、茨城県北の平潟へ、中深場五目の釣行を予定。
仕掛けはフラッシャーサビキで、他の仕掛けは手作りしますが、これは購入。
image

沖メバル、小メヌケ、真鱈がメインですが、うまくすれば幻の柳メバルも掛かります。
ここのところ釣運が尽きかけていますが、明日はどうなることやら…。

真竹(苦竹)を採ってきました。
下拵えします。
image


私の茹で方は、皮を剥いて、 半分に割って、沸騰したお湯で10分、後は冷水にとって、1時間毎に水を変えて3時間漬けて、です。
これで下拵えは終了。
image


今日の料理は、筍ご飯、めのはと筍の和え物、支那竹風、姫皮の漬け物の4点。
image


茹で筍は冷凍保存できるとの情報で、やってみることに。

今日のごぜんやまらーめんは、「つけめん」と「ぴり辛つけめん」、昨日に引き続き、ビジュアルに変わりはありません。
image

この支那竹風は昨年物の最期の一袋です。
ご馳走様でした。






今日も快晴、暑くなりそうです。
image

ご近所の方が植えた花、何でしょうか?
と思って調べたら「立葵」でした。

本日のごぜんやまらーめん。
「冷やし中華ゴマだれ」と「冷やし中華レモンいり」、見た目は同じですね
image

image

冷水で締めた中太麺はツルンとして、美味しいです。
汁も変化があって楽しめます。
ご馳走様でした。

一日中、宿題。
買い物にも出なかったので、夕方軽い散策へ(2,500歩)。
利根川の土手と遊水池。
image


このページのトップヘ