烟霞淡泊

2015年02月

プレアデス号のエントランスドアが閉まらなくなりました。
もともと思いっ切り閉めないと留まらない状態だったので、いよいよといった感じでです。
RVランドに持って行くために内側は紐で固定して外側はガムテープで留めました。
image


RVランド」に10:00前に到着。
image

引き渡して商談ルームで修理を待ちました。
さて修理ですが、本体の方の受け囗の金具の位置がズレたようで、調整でOK。
右のテールランプの内側に水が溜まっていて、急遽修理となりました。
修理終了、ドアも軽い力で閉まるようになりました。
う~ん、とっても快適です。
もっと早くに修理すれば良かったですね。

RVランドは朝から、お客様が訪れています。
RVランドイオンモールつくば」も開店して商売繁盛の様子、何よりです。
流山の車中泊車専門店(?)「RVランド コンセプト」も、そうなんですかね。
NETで引いてもよく判りませんでした。

野菜も調達しに、水海道の「ファマーズマーケットほくそう」に寄りました。
image

image

image

キャベツ(150円)、菠薐草(120円)、蕪(130円)、生姜(175円、135円)、べにはるかの干し芋(せっこう、700円)。
べにはるかの干し芋は絶品の美味しさで我が家の定番です。
"せっこう"は「」という意味だそうです。
よく見ると「平成26年度ほしいも品評会その他の品種」銀賞のシールが貼ってあります。
image

生産者の黒澤武史さんは「たまゆたか」で金賞、「べにはるか」で銀賞だったそうごす。
通りで美味しい訳です。

帰宅して玄関でふと、そう言えば今年は未年でした。
玄関の番羊、凄く重い。
image

自宅(05:45)⇒中野(07:50)⇒小平(09:30)⇒所沢航空記念公園(10:35~12:10)⇒自宅(16:15)

帰宅していた次女を送りがてら、月例のお墓参りと「所沢航空記念公園」の臘梅を見物しに出掛けることに。

中野の菩提寺。
梅が咲き始めています。
image

真言宗なので大師霊場や観音霊場の碑があります。
南無大師遍照金剛」か「同行二人」が多いのですが、此処は「道行上人」です。
image

「道行上人」をNETで引いても、出てきません。
何でしょうかね。

次女の下宿先で荷物を下ろして所沢航空記念公園へ。

所沢航空記念公園
とても立派な公園で、駐車場も2時間まで無料です。
image

ドッグランもあります。
image

臘梅園に向かいます。
image

一昨日の雪が残っています。
image

広い公園です。
image


臘梅園
image

image

臘梅1本でも、強い香りがするので梅林だとクラクラするくらいかと思ったら、そうでもないですね。
良い香りのレベルです。
image

ソシンロウバイ(素心臘梅)
image

image

image

マンゲツロウバイ(満月臘梅)
image

image

???ロウバイ
image

臘梅園というのは始めて訪れましたが、1月中旬頃からですので、花のない時期、その年の初めての花見というのも佳いですね。

ゆっくりとこうえんを一周しました。
image

染井吉野の古本ですが、蕾を沢山付けていました。
image

紅梅
image

image

白梅
image

ごんずい?、魚ならお馴染みですが。
どんな花が咲くのでしょうか。
image

NETから拝借

image


image

少し意外でした。
ごんずいの「語源」は、牛頭の木(ごずのき)が転訛したもの、だそうです。
image

ゆっくりと散策を楽しみました。






大雪の予報は大はずれで、晴れて冷え込んだ冬らしい朝です。
image
 

お昼の散歩。
今日も時間がとれず近場をくるりと。
Panasonic Center TOKYO
image

オリンピックの展示をしているようです。
残念ながら撮影禁止。
image

親子向けの色々な催し物もやっているのですね。
なかなか面白そうです。

チューリップ植えの説明板。
3月末なら少しみれるかもしれません。
image


本日の散歩の歩数:1,200

毎度お馴染みの過去の訪問シリーズ。
あるいは時効、赦してねシリーズ。
あと3つで品切です。
今日は「べに豚茅場町店」を。
実はこの店は 長女の居酒屋 débutの晩の口開けで、中が茅場町の「魚バー」、〆が先日紹介した「カミヤ茅場町支店」 、何とも今思えば無謀な店揃え、ですな。
更にこの店は、二度目の本社勤務(私の中では二度目の"お務め"と呼んでいますが)の休煙中に、会社の帰りに一杯でよく立ち寄った店でもあります。
閑話休題

外観は取り忘れてNETから拝借。
image

ホッピー(セットで300円)とガツポン(180円)
中の追加は200円ですので、ホッピー1本で中を1つお代わり(都合2杯)で500円となり、なかなかお得です。
image

レバテキ串(180円)、カシラとレバー(各140円)、青紫蘇アジフライ?(120円)
image

1,500円でお釣りがきます。
軽く一杯には丁度良いくらいで、ある意味中毒性がある危険な飲み屋です。
大井町にある「昼間っから晩杯屋」がその最たる店で、帰り道に無くて正直良かったと思ますね。
ご馳走でした。

本日は立春。
早春賦 ではありませんが、春は名のみの風の寒さや、です。
明日は関東地方大雪の予報。

勤め先のエントランスのディスプレイが春の装い。
image

木瓜と黄色い花。
image

拡大
連翹でも満作でもないし、何でしょうかね?
image

更に拡大
image


本日のお弁当。
ミルフィーユカツの「おにぎらず」。 
image

image

ご飯の量は同じなのに、ボリューム感があります。
美味しいですね。
ご馳走でした。

本日はばたばたとしてお昼の散歩もなし。
こうしてあと38日目の1日が過ぎました。

定例の引き延ばし作戦の過去の訪問シリーズです。
謎のやきとんチェーン店の「 カミヤ茅場町支店 」です。
本店は「カミヤ人形町本店」で、都内で直系以外も含めると10店舗ほどあるそうです。
人形町、新橋、神田、茅場町、新宿、浅草橋、上野、南千住、五反田…
本店はとても立派なビルで、一族の長男が切り盛りし、各支店(全部ではないと思うが)は一族の姉妹に任されているとの「情報」が。
青森市にも3軒(?、1軒)あり、「」によれば東北線経由で伝播したとも。
5本×2の縛りやルールや符丁があって敷居が高いイメージが保たれているようです。
閑話休題

素敵な外観。
image

ホッピー(400円)、氷なしの本格派、と突き出しの漬け物
image

レバーのナカムラ?(5本分400円)
image

他のカミヤは知りませんが箸はなく、串或いは爪楊枝が箸代わりです。
カシラ(5本、400円)
image

外観、店内、ホッピー、串、好みです。
堪能しました。
ご馳走様でした。





2013年7月4日以来、ブログ投稿数が400を越えて本日は407となりました。
三日坊主が人生の私がよく続いたものです。

さて私の会社勤めも暦であと40日です。
ぽつぽつと慰労の飲み会の声が掛かるようになりました。
有り難いのですが、飲み過ぎ食べ過ぎに注意しなくてはなりませんね。

本日のお弁当、「おにぎらず」という食べ物。
image

平面的な海苔巻き、海苔とご飯のサンドウィッチといったところですね。
中の具は豚肉の生姜焼きです。
なかなか美味しい、ご馳走でした。

少し強い北風が吹いていますが、風の吹かない日溜まりは春のような暖かさです。
image


本日の散歩の歩数:1,100



娘二人が帰宅して夕食会を柏の「ホルモン焼肉 肉の大山 」で。
家族で焼き肉は久々です。
image

< サーロイン、上タン塩、ホルモン盛り合わせ
image

切り落としと並カルビ
image

豆もやしとキャベツ
image

上ハラミ
image

冷麺
image

カルビクッパ
image

これ以外にキムチ盛り合わせ、チョレギサラダ、飲み物多数。
めっきり量は食べられなくなりましたが、美味しい肉を少しずつが良いですね。
ご馳走様でした。

このページのトップヘ