烟霞淡泊

2014年05月

足を踏み入れたことが無いところ行ってみようシリーズ第5弾。
お弁当を持って、りんかい線の国際展示場駅裏手の方へ散歩。
NECの施設(何時も通っているのですが正式な名称が判りません)を抜けて。
image

街路樹、これは桐の仲間ですかね。
image

りんかい線の国際展示場駅と、遠くにゆりかもめの有明駅。
image

有明駅のを横を通って。
image

先日散歩した東京そなエリアも越えて。
image

東雲方面を望む。
image

白い沈丁花が咲いていました。
image

本日は4,200歩の散歩でした。

エントランスのオブジェ5月。
4月と余り変化が無いような・・・。
image

まん中の躑躅と左右の菖蒲ですかね。
image

今日はバタバタして散歩に出られず、中庭を一周。
チューリップはすっかり終わって、躑躅。
image

それとこの白い花。
良い匂いがします。
ジャスミンの仲間かな?
image

昨日、家に着く頃、寒気がして、風邪気味でした。
風邪薬を飲んで早々に寝ましたが、まだ抜けていません。
相方は帰宅中の次女と小美玉の方へ用事に出かけ、私は大人しく留守番です。 
釣り道具の後片付けを。
image

槍烏賊の仕掛けを1つ作りました。
image

高岡(05:00)⇒妙高SA(07:30)⇒練馬IC(11:45)⇒都内で用事⇒自宅(15:00)
妙高SAで朝食
image

妙高山はまだ大部雪が残っています。
image

15:00に帰宅。
今回走行距離:1,261km
消費軽油量:131L
燃費:9.6/L
この時期に北陸を訪れるのは久々で、満喫しました。
ふと思い立って行ってみた七尾の青柏祭は、思いの外素敵なお祭りで、大変良い物を見物しました。
さて、次はどこに行きましょうか?

本日は石川県七尾市のお祭りの青柏祭見物と和倉温泉へ。
image

食彩市場に車を停めて、大地主神社の方へ歩いて行きます。
青柏祭のポスター。
image

高さ12mの巨大な山車が3台(加治屋町、府中町、魚町)が大地主神社に集合するのですが、魚町の山車は移動中で追いかけることに。
丁度辻を曲がるところでした。
大きい。
image

曲がり切ったところ。
image

真っ直ぐの処は見物人も綱引きに参加できます。
また山車の前面の木遣衆が木遣り歌を歌うのですが、余程練習したのでしょうか、若いのになかなか見事。
それと頗る男前ですね。
image

記憶に残ったの歌詞をNETで引くと次のよう、ちょっと艶っぽい。
「富士の白雪 朝日で溶ける 娘島田は 情けで解ける」
それにしても曲るために方向転換する時がなかなかの見物です。
慎重に山車の位置を決める。
山車の前の方に太い柱を通して人がその柱に乗って、梃子の原理で前輪を浮かして、後輪だけが接地している状態にして、1/4回転させる。
位置を決めて、山車をその位置に合わせる作業?のよう。
image

前面に柱を入れて前輪を浮かせるその1
image

前面に柱を入れて前輪を浮かせるその2
image

前面に柱を入れて前輪を浮かせるその3
image

前面に柱を入れて前輪を浮かせるその4image

前輪が浮いています。
image

綱を引いて山車を回します。
さて、大地主神社へ向かいましょう。
商家で振る舞い酒を頂きました。
青竹のカップになみなみと。
image

商家のディスプレイその1
image

商家のディスプレイその2
image

商家のディスプレイその3、花嫁のれん
image

商家のディスプレイその4、花嫁のれん
image

大地主神社にお詣りします。
image

加治屋町の山車
寿蘇我対面 蘇我兄弟対面乃場 とあります。
image

府中町の山車
等伯 聚楽第 秀吉対面乃場 とあります。
image

2台揃い踏み、なかなかの迫力です。
image

食彩市場まで戻って、少し休憩。
蒲鉾のスギヨの「スギヨファーム直売店」でおやつを。
image

橙のスムージー、ジェラート2種、葱蛸揚げ、野菜揚げ、キャベツのお好み焼き風。
美味しかったです。
ご馳走様でした。
七尾駅方面に散策。
山車が通った後には油の跡が。
image

雰囲気のある商家その1
image

雰囲気のある商家その2
image

お昼は七尾駅前の「のと前回転寿司夢市」で。
のどぐろ、あかにし貝、生鯖、しろえび等、地物の寿司を楽しみました。
ご馳走様でした。
次は和倉温泉へ向かいます。
image

立派な日帰り温泉施設です。
泉質は、高塩分・カラシブウマミ・サラサラ系。
ゆっくりと温まりました。
ゆるキャラの「わくたまくん」。
image

石の「わくたまくん」。
image

夕食は相方の実家家族全員とうちご飯。
image

大勢で楽しく、美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

終日、高岡に滞在。
朝食を摂って、少し家の手伝いをしてから、買い物、温泉、お昼を。
氷見温泉郷総湯」、高塩分・ねっとり系、良く温まります。
image

お昼は氷見うどんの「海津屋」で、かき揚げざるうどんとかき揚げうどん(共に800円)。
image

喉越しであればざるですが、出汁の旨さとふわっとしたうどんの食感も捨て難いですね。
うどんの汁の色をみると高岡以西は間違いなく関西圏です。
ご馳走様でした。
一旦帰って、また少しお手伝いをした後、古城公園へ散策に。
古城公園その1、満々と水を湛えた濠。
image

古城公園その2
image

古城公園その3、射水神社。
image

古城公園その4
image

古城公園その5
image

たかまちまつりで辻で獅子舞が披露されていました。
獅子舞その1
image

獅子舞その2
image

獅子舞その3
image

火を使った獅子舞でなかなか勇壮です。
さて夕食は相方の実家の家族と此方に来た時は必ず訪れる高岡駅傍の「八五郎」で夕食会。
私の還暦のお祝いの会でもあります。
地の物の刺身、擂り身揚げ、おでん、泥鰌の唐揚げ、その他諸々、美味しく頂きました。
突き出しと刺身盛り合わせ
image

擂り身揚げ
image

おでん
image

泥鰌の唐揚げ
image

蛍烏賊
image

ご馳走様でした。
そして、有り難うございました。
さて帰りは万葉線で。
ドラえもんトラムだといいね、なぞと言っていたら、その通りに。
image

イラスト
image

ドラえもんのぬいぐるみ
image

楽しい一日でした。

道の駅「国上」(03:30)⇒寺泊(船釣り04:30~14:30)⇒寺泊魚市場通り(15:00)⇒中之島見附IC(15:45)⇒魚津IC(18:00)⇒高岡(19:00)
明け方の寺泊港
image

第一ゆたか丸」、出船準備。
本日の釣り物は沖メバル。
image

今日は良い天気になりそうです。
image

佐渡島沖まで1時間30分強で釣り場に到着。
水深は70m~90mで沖メバルとしては浅めです。
船の舳先に佐渡島が見えます。
image

さて・・・。
天気晴朗なれど魚の機嫌頗る悪し。
キープするには忍びないサイズ2匹。
(浮き袋を吐いたので仕方なく。)
image

漸く忍びなくないサイズが1匹、2匹。
image

結局、沖メバル4匹、ワカシ1匹でお終い。
所謂、凪倒れですな。
隣の常連さんに拠れば、滅多にない激シブの日であった、とのこと。
最近よく聞く台詞であります、とほほ。
本日は相方の実家で釣果を期待した夕食会、
寺泊お魚市場コースまっしぐらと相成り、笠子とバイ貝を購入。
中之島見附ICで北陸自動車道に乗り、魚津ICまで快調に巡行して国道8号線に。
まだ白い立山連峰。
image

高岡には19:00着。
夕食の画像無し。
沖メバルの刺身は脂が乗って、旨味も強く、とても美味しかったです。

寄居PA(05:50)⇒塩沢石打SA(07:30)⇒中条IC(09:30)⇒大峰山駐車場(09:50)⇒登山口(10:25)⇒一本松展望台(10:35)⇒大峰山展望台(10:50)⇒願文山(11:05)⇒大峰山桜公園(11:35)⇒大峰山駐車場(12:00)⇒ちゅんり(12:25)⇒道の駅「豊栄」(13:30)⇒道の駅「にいがたふるさと村」(14:45)⇒寺泊の市場通り(16:50)⇒道の駅「国上」(17:40)P泊
天気が少し良くなりそうなので、新潟県の新発田市の「橡平桜樹林」へ行くことにしました。
日本一短い山脈の櫛形山脈の大峰山に自生した山桜で国の天然記念物に指定されています。
時間を稼ぐためにSAで朝食、カレーうどん(460円)と卵掛けご飯(400円)。
image

卵掛けご飯は至極真っ当に美味しかったです。
ご馳走様でした。
時速90km前後で快適に巡行して、中条ICで降りて大峰山駐車場に到着。
スワローを停めて、ここから大峰山展望台まで1時間程のハイキングの始まりです。
image

林道には遅咲きの桜がチラホラ。
image

道端の花その1、水芭蕉。
image

道端の花その2、花弁の形が面白い。
何でしょうかね。
image

道端の花その3、きばなすみれ。
image

道端の花その4、たちつぼすみれ。
image

道端の花その5、ちごゆり。
image

山桜
image

一本松展望台、前が橡平桜樹林です。
華やかさはありませんが、新緑の淡い彩りと混じり合って、霞のような風情です。
image

新緑の山道
image

大峰山展望台、霧がかかっています。
晴れていれば日本海も見えるそうです。
image

なかなか素敵な避難小屋「チェリーヒッュテ」、中を覗くととても綺麗でした。
image

願文山を廻って下山することにしましたが、願文山から打って変わって急な下り道、驟雨で難儀しました。
たった300mの山なんですがね。
漸く穏やかな道になりました。
image

麓の大峰山桜公園その1
image

麓の大峰山桜公園その2
黄緑色の桜の御衣黄
image

御衣黄の花弁
image

麓の大峰山桜公園その3
松月(石)と関山(左)。
image

松月の花弁
image

関山の花弁
image

途中で驟雨に遭いましたが、来て良かったです。
今年最後の桜を楽しみました。
さて結構な運動でお腹が空きました。
新発田市のラーメン屋さんの「ちゅんり」へ。
坦々麺(650円)と棒々鶏丼(200円)。
坦々麺は胡麻と挽き肉たっぷり、辛さも適度、なかなか本格的で美味しいです。
棒々鶏丼は普通に美味しいです。
image

鶏塩白湯麺(600円)、麻婆丼(200円)。
鶏塩白湯麺は鳥の旨味が強く、濃厚でとても美味しく気に入りました。
麻婆丼は山椒が効いていて、此また本格的です。
image

焼き餃子(300円)。
肉汁たっぷりでラーメン屋さんの餃子というより中華料理屋の餃子といった感じです。
image

少し食べ過ぎましたが、充分に運動した後なので、良しとしましょう。
大変満足、ご馳走様でした。
寺泊まり方面に道の駅に寄りながら移動。
道の駅「にいがたふるさと村」で紅ズワイガニ(2匹、1,560円)と蝦蛄(299円)を購入。
image

チューリップが花盛りでした。
image

国道402号線を日本海沿いに南下。
image

寺泊の魚市場通りに寄ってみました。
ウィークデイで閉店間際ですが結構混んでいました。
image

道の駅国上」に併設している立ち寄り湯の「てまりの湯」。
この辺りは良寛さんの地でありますな。
料金は500円と元々お安いのですが17時以降は300円と格安になります。
ゆっくりと暖まりました。
image

本日の夕食、紅ズワイガニの剥き身と甲羅焼き、茹で蝦蛄。
image

紅ズワイガニは旨味が少し抜けた感じでイマイチでしたが、蝦蛄はつまみにピッタリでした。
ご馳走様でした。
明日は寺泊港の第一ゆたか丸で沖メバルで出船予定です。






このページのトップヘ