烟霞淡泊

2014年01月

今日はポタリングもお休みで、近所を散策することに。
少し朝寝坊して、遅い朝食その1、もとい、お目覚。
かおりの(苺)、ナッツ、亜麻仁油、珈琲。
DSC_0461
朝食その2、歩いて30分ぐらいの所にある「trois fleches」で朝食を。
DSC_1632
胡桃とチーズ(上左、200円)、茄子とズッキーニ(下、180円)、黒ゴマ餡パン(上右、150円)、名前は不正確です。
DSC_1631
サービスの珈琲と一緒に頂きました。
どれも優しい味で、美味しかったです。
クーロンヌ戸頭店と、どちらに行こうか、迷いそうです。
御馳走様でした。
稲の高台を散歩しようと。
この辺はまだ畑が残っています。
DSC_1633
イヌノフグリ、春ですね。
DSC_1636
6000歩でした。
自宅に帰って、少し休んで、今度はつくばみらい市の谷井田辺り、「間宮林蔵記念館」と「結城三百石記念館」を散策がてら訪れることに。
谷井田の小道。
DSC_1637
麦畑。
最近、この辺りで田んぼを麦畑にしているのが多く見られます。
パンや饂飩で国産の小麦粉の需要が増えているのかも。
DSC_1639
間宮林蔵記念館」入館料100円。
間宮林蔵の業績と生涯が展示されています。
間宮林蔵の人となりが良く判り、なかなか面白かったです。
DSC_1640
間宮林蔵の銅像と生家
DSC_1641
近くの水神宮にあったお堂。
しめ縄が張られているのはご愛嬌ですが、大師堂でした。
DSC_1642
貼り付けられた札には、谷原大師第二十九番。
この辺りにも八十八箇所霊場があったようです。
今度調べてみましょう。
DSC_1643
水神宮の注連飾り、なかなか素敵ですね。
DSC_1644
次の結城三百石記念館へ。
まんさく(金縷梅)の花です。
花木では、春の一番でしょうか。
DSC_0464

結城三百石記念館」(入館無料)。
DSC_1646
つくばみらい市のホームページより転載。
『結城家は鎌倉時代初期の朝光公を始祖とする名族であり、江戸時代初期に当地に帰農して以来「結城三百石」と称され地方開発の中心的役割を担ってきま した。郷土の発展を願って当家から寄付された屋敷を保存活用し、建物と周辺環境を整備して、市民利用施設として、広く公開することを目的としています。 敷地内には母屋・長屋門・蔵などがあり、全体を自然観察路として整備し、四季折々の草花、野鳥、虫たちを見ることができます。館内では当時の生活をうかが い知ることができるように、生活具をもとの場所にそのまま展示してあります。また史料収蔵庫には江戸時代初期からの文書類が五千点以上保管されており、そ の一部が展示公開されています。』
長屋門から母屋を。
DSC_1647
母屋です。
取り忘れましたが大変大きな梁でとても立派な造りです。
築300年で、戸などはそのまま取り外しができるほど、歪み等がないとのことです。
DSC_1648
書院(?)の障子、工芸品ですね。
DSC_1650
障子の上の欄間、素晴らしいですね。
DSC_1653
庭の竹林、素敵です。
DSC_1649
2時間半ほどの散歩でした。
10,000歩で本日累計は16,540歩でした。
今回のように近場でもまだ行っていないところが結構あるかもしれません。
四季折々、良いところ巡ってみましょう。




2014年七福神シリーズ第4弾、八千代七福神です。
八千代に因んだんでしょうね、吉祥天を加えて八千代八福大尊天としています。
「道の駅やちよ」の駐車場から出発。
東栄寺(八千代市保科)
image

福禄寿
image

番号札のあるお堂が。
第54番とありますがどの八十八カ所か、判りません。
image

正覚院(八千代市村上)
image

毘沙門天
image

鴨鴛塚というものがありました。
その謂れは。
『むかしむかし、村上の阿蘇沼という、大きな沼のほとりに平入道真円(たいらのにゅうどうしんえん)という侍が住んでおり、いつも狩りを楽しんでおりました。
ある時、阿蘇沼で一羽の鴛(おしどり・雄)を射止めて持ち帰ったところ、その夜、美しい女の人が訪ねてきて、さめざめと泣きながら「今日あなたが私の夫を殺してしまった」と言いました。しかし真円はいくら考えても身に覚えがありません。
「私は、あなたの夫を殺した覚えはない」
そう言うと、美しい女の人は泣きながら、次の様な句を詠み、帰っていきました。
日くるれば 誘ひしものを阿蘇沼の 真菰(まこも)がくれの ひとり寝ぞ憂き
翌朝、雨戸を開けて外に出てみると、きのう射止めた雄のおしどりの隣に、雌のおしどりがくちびるを合わせて死んでいました。
「昨夜の美しい女は、雌のおしどりだったのか。」
真円は、鳥でもこのように情愛は深いのかと心をうたれ、二羽のおしどりを手厚くほうむりました。そして、ここで出家し、沼のほとりに草庵を結び、これが鴨鴛寺(おしどり寺)であるということです。
この寺の参道入り口の左側の弁天様は、そのおしどりの片羽を祀ったことから「片葉の弁天」と呼ばれています。そしてこのまわりの葦の葉は、おしどりの死をいたんで葉が片方しか生えないとも言われています。』
正覚寺は鴨鴛寺とも呼ばれているそうです。
image

ここにもお堂が。
第73番で吉橋大師のようです。
image

十六羅漢が鎮座、これは阿氏多尊。
image

ミツマタの花
何の花か判らなかったのですが、NETで調べて判りました。
image

長福寺(八千代市米本)のお堂の弁財天。
公開されていないようです。
image

長福寺(八千代市萱田)
image

寿老人
image

吉橋八十八箇所第21番です。
image

観音寺(八千代市高津)
image

布袋尊
image

吉橋八十八箇所第10番です。
image

貞福寺(八千代市吉橋)
恵比須
image

八福大尊天が一堂に会しています。
image

布袋尊、寿老人、毘沙門天、弁財天
image

福禄寿、大黒天、吉祥天
image

吉橋八十八箇所第20番です。
image

妙光寺、吉祥天
非公開のようです。
image

妙徳寺、大黒天
ここも非公開のようです。
image

これで終了です。
道の駅やちよに戻ります。
本日走行距離:36km
累計走行距離:2276km
昼食は鎌ヶ谷大仏駅そばのうどんの「お多福」を予定していましたが、準備中の札が。
残念ですがまたの機会としましょう。
道の駅やちよに戻る途中にあった「ラーメンショプ船橋市大神保町店」に寄ることに。
ラーメンショプは「ラーメンショップ牛久市結束店」以来ですが、なぜ選んだのか?
15時近いのにお客さん(車)が多い。
屋根のオブジェ。
DSC_1628

相方のネギナンコツ(850円)
image

私のネギチャーシューミソ中盛り(1100円)
image

お味はオブジェ程のインパクトはありませでしたが、ナンコツとチャーシューは美味しかったです。
ボリュームは充分で中盛の必要はなかったですね。
御馳走様でした。
道の駅やちよに戻り、デザートがわりに、自転車乗りには有名なジェラートのプレミアムイチゴを頂きました。
流石に美味しいですね。
image

野菜を仕入れて、帰宅の途へ。


本日も日本橋で会議。
昼食は八丁堀のすずらん通りの「鳥徳」へ。
昔、本社勤めをしていた時、この店が好きな人がいて何度となく行きました。
image

鳥鍋御飯(1000円)
image

浅い柳川鍋で鶏肉、鶏もつ、豆腐、葱、しらたき、卵がぐつぐつと煮えています。
七味を沢山振って、頂きます。
寒い時は暖まりますね。
御馳走様でした。
2日間、八丁堀のすずらん通りの焼き鳥の「宮川」の唐揚げ定食を食べようとしましたが結構な行列で断念しました。
何時か行きましょう。
さて本日は帰りに相方と合流して金町のやきとんの名店の「ブウちゃん」に寄ることに。
image

ビールの大瓶(500円)、ハイボール(290円)、シークヮーサーハイ(300円)、煮込み(400円)、モツ刺盛り合わせ(300円)、やきとん(レバー、シロ、ハツ、大ガリ、テッポウ、カシラ、アブラ、各80円、各2本)。
写真なし。
噂に違わず、美味しく、安いですね。
御馳走様でした。

千葉県船橋市の非公認ゆるキャラのふなっしー絡みのネタです。
コンビニで見つけたキャンディ。
image

ふなっしー味、ミントふなっしー味、シナモンふなっしー味の3種があり、恐る恐る味見。
image

至って普通のお味でした。
あまりにまともな味が意外で、この点がふなっしー的なのかも。
今日は日本橋で会議で東京駅の地下を通る。
ここにもふなっしーが居ました。
image

日本橋で終日会議にて昼食を摂りに。
じゅじゅ分家」で豚そば(熱、850円)。
image

太目の日本蕎麦がたっぷり、甘辛く炊いた豚バラ、葱、天かす、相当に塩辛い汁。
年寄りに少々きついかな。
ご馳走様でした。
会議の後の飲み会は宝町の「豊年萬福」。
image

店の構えは良さげでしたが、うーん、でお仕舞いでした。
明日も会議、早々に帰りましょう。





利根七福神、九十九里七福神と2014年七福神シリーズの第3弾で結城七福神へ。
15:00につくばで用事があり、朝早い始動です。
久々の戸頭の「クーロンヌ」http://tabelog.com/ibaraki/A0803/A080301/8008774/で朝食を。
DSC_1560
カリカリグラタン(180円)、羽根つきタラモ(220円)、クリームホーン(120円)とコーヒーをテラスで。
カリカリグラタンは特に美味しいですね。
御馳走様でした。
DSC_1558
結城市役所の駐車場に車を停めました。
アルブレイズH号。
DSC_1561
金光寺
DSC_1563
寿老人
石造タイプですね。
このタイプは同じ石工が造ることが多いようです。
ちょっと個性的ですね。
DSC_1562
市杵島神社
DSC_1564
弁財天ですが、非公開のようです。
DSC_1565
毘沙門堂
毘沙門天も非公開のようです。
DSC_1568
恵比寿神社の恵比寿
ここも非公開のようです。
DSC_1569
大輪寺
DSC_1570
大黒天
寿老人の石工と同じ作のような。
DSC_1571
人手観音堂
DSC_1572
布袋尊
DSC_1573
結城の街並みから端正な筑波山。
DSC_1574
乗国寺
羅漢が見事です。
DSC_1575
福禄寿
ここも非公開のようです。
DSC_1576
本日走行距離:16km
累計走行距離:2240Km
結城市役所方面に戻って、真盛堂http://tabelog.com/ibaraki/A0806/A080602/8012070/にて。
DSC_1579
「ゆでまんじゅう」と「くろすけ」。
DSC_1578

「ゆでまんじゅう」はあっさりとした味わいで、「くろすけ」はカリントウ饅頭でサクサク。
御馳走様でした。
お昼は結城市内の「ヒマラヤアジアンダイニング&バー」http://tabelog.com/ibaraki/A0806/A080602/8010624/で、ポタリングの後の定番のカレーを。
DSC_1582
Aランチ(750円、カレー1種、ナン、サラダ、飲み物)をキーマカレーとマトンカレーの辛み3+(辛)で。
サラダとドリンクのラッシー
DSC_1580
カレーとナン
DSC_1581
カレーは結構スパイシーで適度な辛さで美味しい。
ナンはお代わりなしで充分、お腹一杯となりました。
御馳走様でした。
さて、2013年7月4日に始めたブログは6箇月を過ぎ、投稿数が100となりました。
自分で言うのも何ですが、よく続いていますね。

飯岡(8:30)⇒名洗⇒犬吠埼(9:45)⇒猿田神社(10:50)⇒旭(11:40)⇒栗源⇒自宅(14:00)
飯岡刑部灯台公園の朝
夜明け前の飯岡漁港の灯り。
image

夜明け
image

立派な展望台
眺望は抜群、設備もよし、でP泊に良いところです。
image

朝食
昨日のnaya(78)のゴルゴンゾーラと蜂蜜(250円)、ドライフルーツと木の実1/2(250円)、無花果と胡桃1/2(250円)、木の実と向日葵の種(250円)、目玉焼きとほうれん草、馬鈴薯と玉葱のスープ
image

どれも美味しかったのですが、ゴルゴンゾーラと蜂蜜、ドライフルーツと木の実が気に入りました。
名洗と屏風浦その1
日本のドーバーと呼ばれています。
image

名洗と屏風浦その2
image

犬吠埼の灯台
青い空に白い灯台が眩しい。
image

犬吠埼からその1
image

犬吠埼からその2
image

猿田神社
神社の石段の下にJRの総武本線が走っている変わり種です。
image

丁度電車が通りました。
image

立派な本殿です。
image

旭市の「支那そば へいきち」へ。
メニューは支那そば一つという潔さ。
image

従来麺(手前)と極細麺(奥)
image

麺は歯応えが楽しく、スープはさっぱりとしていますが複雑な旨さがあり、噂に違わず美味しいですね。
御馳走様でした。
この後は「道の駅くりもと」に寄って野菜を仕入れて、自宅へ。
走行距離:492km
燃費:9.4km
盛り沢山な小旅行でした。
次は何処に行きましょうか?

道の駅和田浦WA・O(08:40)⇒興津海浜公園⇒守谷海岸⇒naya(78)(11:10)⇒山武市役所(11:50)⇒九十九里七福神⇒山武市役所(15:00)⇒かんぽの宿旭(16:30)⇒飯岡刑部灯台公園(18:00)
道の駅和田浦WA・O
スワロー(SWALLOW)
image

朝食、ご飯、味噌汁、菜の花即席漬、ヨーグルト、亜麻仁油
image

シロナガスクジラの骨格レプリカ
image

興津海浜公園
こじんまりとしていますがP泊には良さそうです。
image

興津海岸
image

興津の隣の守谷海岸です。
千葉で最も綺麗な海岸だと思います。
image

長生郡長生町の「naya(78)で予約したパンを取りに。
明日の朝食べる予定で、楽しみです。
image

山武市役所にスワローを停めて、「九十九里七福神」巡りへ。
馬頭観音堂
image

毘沙門天
image

光明寺
image

寿老人
image

月蔵寺
image

大黒天
image

宝積寺
image

福禄寿
image

お昼を頂くことに
山武市の「やぶ久」
image

おやこどんセット(900円)
image

もり(700円)
image

道すがらに入ったお蕎麦屋さんでしたが美味しかったです。
特にモリは、打ち方よし、汁よし、薬味よし、でした。
真光寺
image

布袋尊
image

慈広寺の恵比寿天、画像無し
image

海厳寺
image

弁財天
image

山武市役所へ戻ります。
最近廻った七福神は石像が多いのですが、九十九里七福神は木像を始め、皆なかなか由緒がありそうですね。
本日走行距離:27km
累計走行距離:2224km
かんぽの宿旭で入浴。
飯岡刑部灯台公園でP泊。
夕食は、生姜焼、野菜類、〆鯖、鰯の胡麻漬、味噌汁、ご飯(画像無し)。
デザートは公園の直ぐ近くにある「ライトハウス」のソフトクリーム(250円)。
しっかりミルクの風味があって美味しかったです。
image

今日も盛り沢山の1日でした。
無題

3連休で房総半島を一周することに。
自宅6:30⇒千葉北IC⇒鋸南富山・道の駅富楽里とみやま9:15⇒道の駅きょなん⇒水仙ロード(ポタリング)⇒道の駅きょなん⇒佐久間ダム⇒大崩水仙の里⇒まるい鮮魚店⇒鮨やまと館山店(14:00)⇒州の崎灯台⇒道の駅ちくら・潮騒王国⇒道の駅和田浦WA・O(17:00)
道の駅富楽里
image

朝食です。
道の駅富楽里とみやまの惣菜屋の菜の花で、いわしのつみれ汁(150円)、あらめ汁(150円)、さんま山椒煮(50円)、このしろのさんが焼(150円)と自家製おにぎり。
ここのあら汁(200円)が大変美味しく、お得なのですがこの時間で売り切れでした。
image

道の駅きょなん
ここに駐車して、アルブレイズH&K号で水仙ロードをポタリングヘ。
東京湾越しの富士山
ピンボケですが中央の上に渡り鳥の一群が。
image

水仙巡りその1
江月水仙ロードその1
image

江月水仙ロードその2
image

江月水仙ロードその3
image

江月水仙ロードその4
image

江月水仙ロードその5、上江月
image

勝山への下りその1、小さな峠
image

勝山への下りその2、勝山の海岸
image

本日走行距離:15km
累計走行距離:2197km
水仙巡りその2
大崩水仙の里その1
image

大崩水仙の里その2
image

大崩水仙の里その3 八雲神社
image

大崩水仙の里その4
image

佐久間ダム
image

鮨やまと館山店
金目鯛、鯖、中トロ
image

その他に、槍烏賊、鱈白子、つぶ貝、鮪赤身、鰤
美味しかったです
御馳走様でした。
州の崎灯台
image

館山湾を望む
image

夕暮れの和田浦海岸と釣り人
image

まるい鮮魚店で購入した本日の食材、黒ムツ(1300円)、まて貝(650円)。
この他に道の駅で購入した〆鯖5枚(傷あり・剥がれで200円の特売)、菜花(100円)。
image

黒ムツの刺身、黒ムツの煮付け、まて貝の酒蒸し、〆鯖と菜花の即席漬け、銀杏。
image

黒ムツは文句なしの美味しさ。
まて貝は見たこともないような肉厚でふっくらとした蒸し上がり。
満足満足、御馳走様でした。

キャンピングカーに乗っていてHP、ブログを開設してている人は、少なからず「快適化」というジャンルを載せています。
とてもそのレベルではありませんが、真似事を。
<テレビ設置>
地デジアンテナをオプションで付けたのでテレビ(SHARP LC-19K90)を購入してセッティング。
地震対策の粘着シートで固定しましたが、今時のシートは凄いですね、ビクともしません。
試しにつけてみると、TBSしか入いらない。
この地域は地デジも共同アンテナからとっているくらいで、そんなものか?と思っていましたが、スワロー(SWALLOW)の2箇月点検の時にみて貰ったら、何のことはない、接続が不良だった模様。
今は此の通り良く映ります。
image

<キッチン道具>
調理台のシンクの下は鍋、フライパン等の調理器。
上の小引き出しは包丁、挟み、箸他のカトラリー。
image

電子レンジの横は食器中心。
10数年前までキャンプで使用していたプラスティック製です。
当面はこれでよいかと。
image

〈ベッド〉
オリジナルのマットの上に低反発のウレタンマットをセット。
元々ベッドは変形した長方形で低反発のマットだと上手く収まります。
image

本日はここまで。
次回はもう少し工夫(?)が認められるネタを用意したいと思います。
<おまけ>
昨日櫻木神社で授かった御守りです。
image


子供達二人は行ったことがないというので、IKEA(三郷)にお昼を兼ねて寄って、その後は我が家で頼りにしている(?)櫻木神社(野田市)へ初詣に。
IKEA(三郷)、ソロソロ正月に飽きた人が来ているのか、結構混んでいます。
DSC_1460
ぶらぶらと店内を見ていると結構時間が経ち、お昼となりました。
一度お昼を食べたいと思っていました。
ビーフシチュー(699円)、スエーデン・ミートボール(20個、799円)、サーモンマリネ(399円)、サラダ(299円)、アークティックブレッド(60円×2、画像なし)、ゴマのラウゲンベーグル(130円)、ロールケーキ(*199円)、アーモンドケーキ(*199円)、濃厚チーズケーキ(*349円)。
デザート*はIKEA会員で15%引きでした。
DSC_1459
どれも美味しかったのですが、ミートボールとアークティックブレッドが気に入りました。
御馳走様でした。
野田市の櫻木神社へ。
この神社は子供達の進学の時、御利益がありました。
(勿論本人たちの努力があってこそでしょうが。)
彼此9年通っています。
櫻木神社の大きな鳥居。
DSC_1462
参道
DSC_1463
新しく造ったようですが、木をふんだんに用いて大変豪華な本殿です。
こんな社はそうそうできないでしょうね。
DSC_1468
其々、御札、お守り、絵馬等を買い求め、御神籤を引きました。
境内入ったところに大きな干支を描いた絵馬があるのですが、9年前初めて来た時は「上手い!」、次の年は「まあまあかな?」、その次の年からは現在に続く・・・、といった感じです。
DSC_1470
境内の菅原神社、午後の長い影が。
DSC_1471
さて、明日で正月休みは終わりです。
良い正月でした。

近場の利根川七福神http://7.longseller.org/c/18.htmlを巡ることに。
新相馬八十八か所で半分以上は訪れていますが、七福神としては未訪問です。
かたらいの里近くに広場に駐車、アルブレイズH号。
遠くに筑波山が。
DSC_1437

かたらいの里から栄橋方面の利根川沿いの道。
四季其々表情が変わって、気に入っています。
追い風に乗って快走。
DSC_1438
東谷寺に上る坂道、直右衛門坂。
DSC_1439
「取手の坂道同好会」と「東谷寺」が建てたようです。
「取手の坂道同好会」ですか、何かそそられますね。
DSC_1440
東谷寺の門
DSC_1442
東谷寺(取手市小文間)の弁財天
DSC_1441
福栄寺(取手市小文間)の毘沙門天
DSC_1443
毘沙門天です。
DSC_1444
この寺も新四国相馬八十八箇所の第63番で、巡拝した時はお堂を改装する、となっていました。
改装ほやほやで、未だ完成はしていないようです。
DSC_1445
またしても、「取手の坂道同好会」の碑が。
勘右衛門坂
DSC_1446
明星院(取手市小文間)
DSC_1447
恵比寿神
DSC_1448
普門院に向かって、向かい風の中、田んぼの道を悪戦苦闘。
普門院(取手市井野)
DSC_1449
布袋尊
DSC_1450
光明寺(寿老人)
DSC_1452
寿老人
DSC_1451
長禅寺(取手市取手)の大黒天
DSC_1453
念仏寺(取手市東)
DSC_1454
福禄寿
DSC_1455
3時間程のポタリングでした。
本日の走行距離:15.7km。
累計総走行距離:2,182km。
無題





新年明けましておめでとうございます。
穏やかな元旦となりました。
お節料理と雑煮、来福純米吟醸八反。
栗きんとん、小鰭の粟漬け、紅白なます、蒲鉾、黒豆、胡桃佃煮、白魚佃煮、
煮しめ、ローストポーク(昨日の残り)、雑煮(餅、大根、小松菜、鶏肉)。
image

御馳走様でした。
子供達は都内へ(湯島天神~上野界隈)。
相方と私は近くの浅間神社から取手方面に初詣を兼ねて散歩。
浅間神社へ向う利根川の上手。
image

浅間神社の鳥居
image

本殿と社務所
こじんまりとしていますがなかなか良い雰囲気です。
image

御神酒と蜜柑、お茶を頂きました。
その後は取手の青柳へ。
革靴とスニーカーを買いました。
革靴は同じシリーズ、スニーカーに至っては全く同じ物を買ってしまいました。
本日の歩数は17,000歩、毎日の飲み食べで、このくらい運動しなくては。
さて、夕食です。
タラバ蟹(成田市物で購入)、燻製盛り合わせ(牡蠣、鶏レバー、砂肝)、鶏鍋(冷凍比内地鶏、白菜、白滝、シメジ、舞茸)と雑炊、クラッカーとディップ、柚子焼酎ハイボール。
image

御馳走様でした。

このページのトップヘ