烟霞淡泊

2013年11月

年に1回のカワハギで、三浦半島の佐島の海楽園へ。
自宅(04:00)⇒海楽園(06:30)⇒出船(07:30)⇒沖上がり(14:30)⇒自宅(18:50)
海楽園
DSC_1187
船宿から富士山を望む
DSC_1189
行程20分の釣り場
DSC_1190
ワッペンサイズ
DSC_1193
中型、23cm
DSC_1199
中小取り混ぜて、7匹。
竿頭は20匹程度釣ったとのことで、食い渋った一日でしたが、まあ充分楽しみました。
帰りの首都高は、結構混んでいました。
スカイツリー、青くライトアップされていて綺麗です。
DSC_1201
本日の夕食は、カワハギの薄造りと肝醤油、カワハギ鍋。
最近お気に入りの柚子焼酎ハイボール。
焼酎:黒霧島、炭酸:サンガリア、柚子:先々週の「道の駅にのみや」で調達。
薄造りの肝醤油、鍋も美味しいですね。
カワハギは癖がなくて、それでいて味が濃く、どんな料理にも合います。
御馳走様でした。
DSC_1203




勤め先の事務所が入っているビルの受付に恒例のクリスマスツリーが飾られました。
image

JR柏駅西口のコンコース
image

一年があっと謂う間です。
年をとればそんなものだとよく謂われますが、誰そ彼時だからこそ、密度の高い時を生きたい、と思うこの頃。

ア東葛印旛大師霊場その4です。
朝食は昨日の大阪出張のお土産の551蓬莱屋の豚まんとミネストローネ。
DSC_1148
本日は、柏市の柳戸、泉、金山、鷲野谷、若白毛、岩井新田、辺りを巡ります。
駐車は手賀の丘公園に。
DSC_1149
第83番 弘誓寺(柏市柳戸)
DSC_1150
境内に大きな銀杏の木があります。
木漏れ日ごしの葉が美しい。
DSC_1152
変わった弁財天が。
寧ろ此方が忠実なのかもしれません。
DSC_1151
第28番 伊津美神社(柏市泉)
DSC_1153
第33番 龍泉院(柏市泉)
DSC_1154
第31番 不動堂(柏市泉)
DSC_1156
第70番 三夜堂(柏市泉)
DSC_1157
第29番、30番、87番 長栄寺(柏市若白毛)
興福院と同じ、お堂の長屋ですね。
DSC_1158
第34番 庭先(柏市箕輪)
DSC_1159
第59番 如意寺(柏市箕輪)
DSC_1160
第81番 如意寺(柏市箕輪)
DSC_1161
第15番 如意寺(柏市箕輪)
DSC_1162
第73番 龍光院(柏市岩井)
DSC_1163
第6番 龍光院(柏市岩井)
お堂の周りに山茶花、銀杏、モミジと華やかです。
DSC_1164
龍光院の門前の石版
DSC_1165
第14番 善竜寺(柏市鷲野谷)
DSC_1166
第71番 善竜寺(柏市鷲野谷)
お堂はなく、石碑でした。
DSC_1167
第20番、88番 医王寺(柏市鷲野谷)
DSC_1168
第15番 香取神社(柏市鷲野谷)
DSC_1169
第11番 日枝神社(柏市鷲野谷)
DSC_1170
本日はこれで終了。
20番を廻りました。
本日走行距離:15.9km
東葛印旛大師:68.3km
累計走行距離:2,013
お昼は、ポタ後の定番のカレーで、柏市の増尾の「タァバン」へ。
サービスランチ(680円、サラダ、ダルカレー、ナン、アイスチャイ)、ランチB(880円、サラダ、マトンカレー、ナン、ラッシー)、クーポンで10%引き。
サラダ
DSC_1174
カレーとナン、飲み物の写真なし
DSC_1175
たっぷりなカレーと大きなナンでお腹一杯になりました。
御馳走様でした。
充分美味しいのですが、白井のアルヌールのスパイスが利いたカレーを食べてしまうと、物足りなく感じますね。




大阪へ出張となりました。
タ方、会合が長引いて18:15から移動で、新大阪着は21:45。
恒例の天神橋筋の天満酒蔵(居酒屋)と七福神(串カツ)へと、JR天満へ。
ギリギリでセーフ、何とか二軒行けそうですね。
天満酒蔵(閉店後撮ったので人が居ません)
image

ビール大瓶(350円)と鱧落とし(250円)
大阪に来ると鱧を頼みますね。季節ではありませんが気にしません。
梅肉ではなく酢味噌ですが、美味しいです。
値段を考えれば立派です。
image

浅利の酒蒸し(200円)
これも何時も頼んでしまいます。
小粒ですが身がふっくらとしていて大変美味しいです。
特に汁が塩っ気がきつくなくて、旨味たっぷりで、絶品です。
image

店内風景その1
閉店間際なのですが混んでいます。
image

お酒(250円)
たっぷり入っています
image

店内風景その2
おでん鍋と鉄板
大阪の居酒屋は必ずおでんがありますね。
鉄板は少し見え難いのですが、鉄板の上に持ち手に布が巻いてある小さめの鉄板があります。
これで食材を押し付けて焼くのですが、大阪圏以外では余り見たことがありません。
image

天麩羅盛り合わせ(340円)
まあ美味しいのですが、普通かな。
image

LOとなりました。
30分の滞在、今回も満足、御馳走様でした。
安くて、美味しい、大井町の晩杯屋と良い勝負ですね。
店の歴史と雰囲気では、天満酒蔵の勝ちですが。
さて、次の七福神へ。
実は天満酒蔵の隣です。
image

生ビール(一杯目は100円)
串カツ、海老(150円)と貝柱(200円)、鳥チューリップ(150円、噛じってしまい写真無し)
この店は串カツ1本より注文可なので少しづつ食べるには良いですね。
また種も30種ぐらいあり、飽きません。
image

おでんで筋(3本で300円、またまた1本欠け)
image

20分の滞在、満足、御馳走様でした。
今夜の宿は新大阪でまた戻ります。
JR梅田駅、此処も大きく変わりましたね。
image

ホテルのレム新大阪
定宿の廉価のホテルが取れず、此処へ。
11700円でシングルの予約だったのですが、アップグレードでツインの角部屋に。
室からの夜景、いい雰囲気です。
バスルームも硝子張りで夜景が見えます。
何か贅沢な気分に。
image

朝の部屋、バスルーム
image

さてと、仕事へ、冷や汗をかきに行きますか?
ところで次は4月です。
今シーズンで最後です。
もう少しゆっくりと前泊したいですね。


キャンピングカーを2週間振りに運転することに。
長期間運転しないとタイヤの変形等、よろしく無いとのことで、日帰りで出かけることにしました。
「道の駅にのみや」で野菜を仕入れて、井頭公園で軽いポタを。
自宅(07:45)⇒道の駅にのみや(09:05)⇒井頭公園(10:00~11:30)⇒真岡市内(12:00~13:30)⇒自宅(16:00)
道の駅にのみやの駐車場でスワロー
売り場の画像の取り忘れ。
野菜の買い出し、大根、長葱、韮、ほうれん草、小松菜、カリフラワー、赤い大根、柚子、ピーマン、1,020円なり。
何時も通り、安いですね。
DSC_1100
井頭公園へ。
スワローとアルブレイズH号
DSC_1101
広い公園をポタリング。
DSC_1106
大分色付いています。
DSC_1104
池の周りを走る。
灌漑用の池の周りに造られた公園のようです。
綺麗に整備された所と、自然が色濃く出た所と、バランスが良いですね。
DSC_1109
ネットでよく出ているモミジです。
DSC_1110
気持ちの良い道が続きます。
DSC_1115
池全体を望む。
DSC_1117
銀杏の黄色も鮮やかです。
DSC_1118
さてお昼になりましたので、真岡市内のお蕎麦屋さん「志奈乃」へ。
DSC_1121
かつ丼セット(もり、900円)とたぬき蕎麦(450円)。
セット一つ(もり)にたぬき蕎麦が定番です。
たぬき蕎麦は、種物の王者であると信じて疑わない、私です。
DSC_1120
かつ丼は甘目仕上がり、美味しい。
もりは、凝ったお蕎麦ではないが、美味しい。
たぬき蕎麦は、質のよい揚げがたっぷり、ほうれん草の歯ごたえ良し、甘目の蕎麦汁良し、この値段で、大満足です。
御馳走様でした。
腹ごなしに真岡市内の大前神社と五行川へ。
大前神社、立派な神社です。
DSC_1123
日本一大きい恵比寿様だそうです。
DSC_1124
五行川で鮭に関する催し物があったようです。
鮭が泳いでいるのが見えます。
シロザケとのこと。
DSC_1126
五行川は自宅の傍を流れている小貝川の上流で、鮭が上るというのは実際見てみないとイメージが湧きませんね。
本日のおやつ、ローソンでピュアロールケーキ。
生クリームが美味しいです。
御馳走様でした。
DSC_1127
本日のポタ、
走行距離:9km
累計走行距離:2,023km
でした。
なかなか楽しかったです。

東葛印旛大師霊場その3です。
今回は柏市の高柳、塚崎、藤心、逆井の辺り。
自宅(08:30)⇒塚崎総合運動場(09:15)
第47番 稲荷神社(柏市藤ヶ谷新田)
DSC_1079
第39番 民家の庭先(柏市高柳)
本当に民家の庭先でした。
この家の方が掃除をしていたので、御挨拶してお参りしました。
新相馬、印西大師を終えて、東葛印旛大師を自転車で廻っていることをお話したら、御主人がお堂のこと、第39番の赤亀山延光寺の由来を聞いて亀の像をお堂の横に置いたこと、等のお話を頂きました。
DSC_1080
亀の像と鐘(ご主人が家から持ってきておいてくれました)。
亀とご主人、相当にお茶目です。
DSC_1082
亀と鐘の由来は次のようなこと。
「時代は平安中期、延喜11年(911)のころ、竜宮に棲んでいた赤亀が背中に銅の梵鐘を背負ってきたという。
僧たちは早速これを寺に奉納して、これまでの山号、寺名を「赤亀山延光寺」に改めた。
この梵鐘には、「延喜十一年正月…」の銘が刻まれ、総高33.6cm、口径23cmの小柄な鐘で、明治のはじめ高知県議会の開会と閉会の合図に打ち鳴らされていたともいわれ、国の重要文化財に指定されている。」
第23番 高柳の福祉センター(柏市高柳)
横の柑橘系は、柚子?と思ったのですが、レモンのようです。
珍しいですね。
DSC_1083
第27番、82番 福寿院(柏市高柳)の本堂
茅葺で綺麗な本堂です。
DSC_1084
第27番、82番
DSC_1085
第2番 善龍寺(柏市高柳)
DSC_1086
第3番 神明社そば(柏市高柳)
DSC_1087
第9番 慈本寺(柏市藤心)
DSC_1088
第69番 観音寺(柏市逆井)
DSC_1171
立派なお寺で、モミジが綺麗です。
DSC_1172
もみじその2
DSC_1173
第48番 厳島神社(柏市逆井)
立派な庚申様です。
DSC_1089
第78番 宗寿寺(柏市塚崎)
DSC_1090
第18番、76番 寿量院(柏市塚崎)
DSC_1091
本日終了、13番を廻りました。
本日走行距離:12.7km
東葛印旛大師:52.4km
累計総走行距離:2014km
本日のお昼。
第3番のすぐそばに「トラッタリアももんがの森」の看板が。
新しい店のようです。
DSC_1098
お昼のC(1,480円)を。
しゃきしゃきと歯ごたえ良く、爽やかな酸味
DSC_1092
前菜盛り合わせ。
丁寧に作った様子が味わいに出ています。
美味しい。
DSC_1093
相方の、牡蠣とキャベツのクリームソース
スパゲチーニでしょうか、牡蠣とキャベツの火の入れ方がよいです。
なかなか美味しい。
DSC_1094
あさりとムール貝のトマトソース。
熱っつ熱です。
なかなか美味しい。
DSC_1095
デザート、ココアのロールケーキ。
中の生クリームに刻んだ胡桃が入っていて、なかなか美味しい。
DSC_1096
通りがかりに気が引かれてお邪魔しましたが、良い店ですね。
御馳走様でした。
地図で調べたら、柏の角上魚類の傍でした。
ということで今晩のおかずを買いに。
活ズワイガニ(550円)とギス(270円)を買いました。
本日の夕食。
蒸しズワイガニ、カニサラダ、蓮根のおろし柚子和え、ズワイガニの甲羅焼き(写真なし)、ギス他の鍋。
前回に引き続き、良い食材でした。
小振りな生ずわい蟹ですが充分楽しめました。
蒸すと味が濃いように感じますね。
DSC_1099
美味しかったです。
御馳走様でした。

池袋での仕事の帰り、相方を誘って、ヤキトンの名店の新潟屋へ。
東十条の跨線橋
DSC_1072
瓶ビール(大瓶、600円)、煮込み(300円)と刺し物2種(タン、レバー、300円×2)。
煮込み、大ぶり、さっぱりとした味付け、美味しい。
刺し物、新鮮で、大変美味しい。
DSC_1073
有名なグラスです。
ハイボール、ハイサワー等の飲み物は350円で均一で、グラスに区別を付ける必要はないのですが、確かに謎です。
DSC_1076
ヤキトンは1本、100円です。
シロ(タレ)、チレ(塩)、カシラ(味噌)。
DSC_1075
レバー(塩)とナンコツ(塩)。
DSC_1077
たっぷりと楽しみました。
御馳走様でした。
東十条の駅から新潟屋行く途中に行列のできている和菓子屋があり、帰りにもまだ行列が。
「本日黒松あります」という張り紙が。
草月という和菓子屋で、その黒松(105円)を買いました。
1384519720221
どら焼きでしょうか、美味しいですね。
デザートに丁度良かったです。
御馳走様でした。
DSC_1078


本日は朝4時30分に起きて、私の両親の墓参りと次女の下宿先へ荷物運び。
帰る途中に、久しぶりに角上魚類の柏店に寄ることに。
せいこ蟹(香箱蟹、350円×2)、生食用牡蠣(350円)、帆立稚貝(157円)。


image
蒸せいこ蟹、生牡蠣、帆立稚貝酒蒸し、オイルサーディンの長葱合え、茹でロマネスコ、茹で小松菜、柚子焼酎ハイボール。
せいこ蟹は内子、外子が楽しめました。
帆立稚貝はふっくらした蒸し上がりで美味しかったです。
御馳走様でした。

東葛印旛大師霊場その2です。
本日は白井市の辺りを中心に廻ります。
自宅(07:35)⇒白井市運動公園(08:25)
DSC_1050

第52番 平塚東区集会場(白井市平塚)
アルブレイズK号とH号
DSC_1051

第65番 84番 延命寺(白井市平塚)
印西大師の第54番、白井七福神の大黒天で、これで3回目です。
DSC_1052

第25番 向台薬師堂(白井市平塚)
東葛印旛大師霊場マップで「判り難い」とありましたが本当に判り難い、神社の中で番号無し、石碑も無し、でした。
DSC_1053

第37番、45番 稲荷神社
DSC_1054

四国八十八箇所のお砂踏み
お砂踏みを調べてみると、「お砂踏みとは実際の霊場の砂を持ち帰り、ミニ霊場の順路の足元の地中に埋めておくという方法である。甲子園の砂のお寺版みたいなものである。」というようなことらしいです。
DSC_1056

足の置き位置でしょうか。
DSC_1057

第5番、35番 円林寺(白井市名内)
DSC_1058

第8番 如意輪寺(柏市藤ヶ谷)
image

第8番の横に、番外の鯖大師がありました。
鯖大師をネットで引くと、
伝説に拠れば、平安時代初期の弘仁年間(810年 - 823年)に空海が八坂八浜を訪れた際に、行基手植えの松の下で野宿し行基の夢を見た。
そこを塩鯖を馬に背負わせた馬子が通りがかった。
空海が塩鯖を所望したところ、馬子は口汚くののしり断った。
坂にさしかかったところで馬が急に苦しみ動かなくなった。
慌てた馬子は先ほどの僧は巡錫中の空海に違いないと思い、空海に鯖を差し出し馬を治して欲しいと懇願した。
空海が加持水を馬に与えたところ、馬はたちまち元気になった。
また、空海が法生島で先ほどの塩鯖に加持祈祷を行い、海に放ったところ塩鯖は生き返り泳いで行った。
これに感服した馬子空海の弟子となり、この地に小堂を建て行基の像を祀り「行基庵」と名付けた。
また「鯖瀬庵」とも呼ばれた。
空海が加持祈祷を行った海岸は鯖瀬と呼ばれている。
ということで、鯖大師も東葛印旛大師霊場に移した、ということでしょうか。
DSC_1061

第26番、46番 持法院(柏市藤ヶ谷)
DSC_1060

第24番、55番 西林寺(白井市富塚)
DSC_1062

梨園の小道、白井市は梨栽培が盛んです。
DSC_1063

第17番 矢ノ橋台の共同墓地(柏市藤ヶ谷)
DSC_1064
 
本日はこれにて終了。
14番廻りました。
今回走行距離:21.4km
東葛印旛大師霊場累計:39.7km
総走行距離:2,001km
2.5年で2,000kmですか、結構走りましたね。
白井市運動公園に戻る道。
DSC_1065

お昼は、本日もカレー。
ポタリング後の昼食の定番になりそうです。
お店はアルヌール(白井市河原子)です。
表通りから入った道の奥にありました。
店の表から想像できないくらい、店内は広くて、落ち着いた感じです。
DSC_1067

Aセット(豆カレーで、700円)、Bセット(マトンカレーで、800円)とナン1枚お代わり(100円)。
サラダと飲み物(ラッシーとマンゴーラッシー)
DSC_1066

カレーとナン
DSC_1068

カレーはスパイシーで複雑な旨味があって、大変美味しい。
ナンもパリパリでカレーに良く合います。
最近食べたカレー店では一番ですね。
御馳走様でした。

町内会で、日光と渡良瀬渓谷の日帰り旅行へ。
町内会の旅行というのは初めてです。
出発(07:30)⇒谷和原インター⇒佐野SA⇒いろは坂⇒中禅寺湖⇒華厳滝(11:10)⇒日光グリーンホテル(12:40~13:30)⇒日光おかき工房⇒通道駅(16:05)⇒トロツコ列車「わっしー6号」⇒神戸駅(16:36)⇒北関東道⇒東北道⇒外環⇒常磐道⇒到着(20:30)
中禅寺湖、窓から一瞬でした。
image

男体山、良いお天気です。
image
 
華厳滝
エレベーターで滝の目の前に降ります。
例年に比べて水量が多いそうで、迫力があります。
image

お昼です。
湯葉料理が3種類、その他色々で、美味しく頂きました。
御馳走様でした。
image

渡良瀬渓谷鉄道の通洞駅
image

40数年前、高校生の時、新聞部なぞというクラブに所属して、足尾銅山に取材に来たことがあります。
国鉄で中野から桐生(東北線から両毛線?)、桐生から足尾線に乗り継いで、えらく遠くに来たものだと思いました。
通洞の商人宿に泊って、翌日は足尾銅山から松木沢まで行って写真をとりました。
懐かしい思い出です。
トロツコ列車わっしー6号
image

車窓から
image

普通の列車とすれ違い
image

長いトンネルでイルミネーション
image

神戸駅の陸橋の上から
image

神戸駅
image

駅舎、待合室、等の雰囲気はなかなか素敵です。
それに多くのお客さんに来て貰いたい、楽しんで貰いたい、という一生懸命さが感じられますね。
さて本日のイベントはこれにて終了、一路帰宅の途、茨城へ。
充分楽しみました。



笛吹川フルーツパーク(06:40)⇒柳沢峠⇒道の駅「たばやま」⇒奥多摩湖⇒青梅⇒入間⇒国道16号⇒野田⇒自宅(14:00)
柳沢峠の手前の紅葉
image

道の駅「たばやま」
image

狭山辺りのローソンで、ガリガリ君リッチ シチューを。
まあ美味しいのですが、コーンポタージュの方が好み、かな。
image

道の駅「庄和」
野菜を調達。
秋刀魚のつかみ取り(レシート500円分と100円)に並びました。
10匹ぐらいゲットしている人もいます。
並んだのが遅くて、つかみ取りは終了して、もれなく5匹となりましたけど、充分です。
今夜は秋刀魚三昧!!
image

パスタが食べたくなって、2軒一杯で振られた後、取手のカンパーニャで少し遅い昼食。
ここも混んでいます。
三連休の最後の休みのお昼で外食が多いのでしょうか。
フィットチーネのカルボナーラ(989円)
image

アマトリチャーナ(899円)
image

ボリュームたっぷりで、お腹一杯になりました。
御馳走様でした。
さて、無事帰宅しました。
走行距離、458km。
軽油51lで燃費は9.0km/lでした。
下道だけてすのでなかなか優秀ですね。
カヌー、ハイキングもどき、ポタリングと盛り沢山でした。
次は何処に行きましょうか。
おまけ
秋刀魚三昧の夕食
塩焼き、刺身と締め秋刀魚、煮付け、団子入りの土瓶蒸し、でした。
御馳走様でした。
image




秩父・甲州の第2日目です。
大滝温泉(07:45)⇒西沢渓谷(08:50~10:40)⇒甲府市役所⇒奥藤本店(12:50~14:00)⇒甲府市役所⇒笛吹川フルーツパーク・ほったらかし温泉(16:50)
雁坂峠への途中の風景
image

雁坂峠はトンネルで、あっと言う間でした。
笛吹川の西沢渓谷を散策することに。
吊り橋を渡ります。
image

吊り橋から見た鶏冠山(?)
image

三重の滝、水の色が見事です。
image

相方撮影
image

おまけに私の撮影
image

この上にまだまだ続くのですが折り返すことに。
1時間半くらいで良い運動になりました。
西沢渓谷から少し下って、広瀬湖(ダム)の湖畔。
image

綺麗に色付いています。
image

甲府でお昼とポタリング。
相方とアルブレイズK号。
image

奥藤本店で、蕎麦セット(1180円、もりと鳥もつ煮)とたぬき(850円)。
行列で30分ぐらい待ちました。
甲州の鳥もつ煮はB級グルメで有名ですね。
もつは、肝、砂肝、心臓、キンカン、濃い味付けでご飯に合います。
ボリュームもたっぷりで、お腹一杯となりました。
御馳走様でした。
image

笠富士、天気は悪くなるのでしょうか?
image

舞鶴城公園
image

本日の温泉は「ほったらかし温泉」。
山梨市の山の上にあって露天風呂から夜景が見えることで有名です。
image

本日の夕食は寄せ鍋。
洗い物が少ない鍋物はキャンピングカーの旅では定番になりそうです。
image

雨が振り出しました。
笠富士の予報が当たりましたね。

Ξ連休に秩父から甲州へ。
自宅(07:30)⇒道の駅「アグリパークゆめすぎと」(09:00、朝食)⇒さいたま水族館(10:30~12:00、カヌー)⇒道の駅「おがわまち」(13:30、お昼)⇒定峰峠⇒道の駅「大滝温泉」(16:30、入浴・P泊)
道の駅「アグリパークゆめすぎと」
image

朝食、ご飯と豆腐の味噌汁。
どういう訳か北海道産の牛肉と葱を買いました。
今日はすき焼きですね。
image

さいたま水族館でカヌーに乗ります。1500円/1時間。
7月に草津温泉の帰りに寄って、秋になったら来ようと思いました。
簡単なレクチャーを受けて、出発です。
image

カヌーに乗るのは何年ぶりでしょうか。
少し漕ぐと思い出しますね。
image

鴨の飛び立つところを写真で撮ろうとしてトライしますが、なかなかうまくいきません。
相方撮影、最後の一枚。
image

自由に漕ぎ回れて、楽しかったです。
そうそう、カワセミもいました。
水族館入口の紅葉。
image

道の駅「おがわまち」でお昼。
image

カレーうどん(700円)、肉汁うどん(600円)、かき揚げ(200円)。
もっちリした食感で美味しいうどんです。
カレーうどんは、蕎麦屋さんのカレーではなく、ちょっと本格的なカレー風。
ご馳走様でした。
image

40年振りで定峰峠を越えて秩父、大滝温泉へ。
駐車場のスワロー(Swallow)。
image

大滝温泉、つるんとした泉質。
image

風呂上がりのビールが美味しい、キャンピングカーの良いところです。
本日の夕食はすき焼き。
ご馳走様でした。
image



このページのトップヘ