烟霞淡泊

烟霞淡泊(えんかたんぱく)の心境には程遠く、日々誘惑と闘いながら(連戦連敗・・・)、ポタリング、カヤック、八十八箇所(四国霊場写し)と七福神巡り、釣り、キャンピングカーの旅を楽しんでいます。ご笑覧あれ。

終日羽幌に滞在。

北への旅13日目、羽幌サンセットビーチの駐車場の良い天気の朝。
KIMG0046

今日は「第8回はぼろ甘えびまつり」です。
おまつり開始の30分前に会場に着くと、既に大勢のお客さんが来場していました。
先ずは、甘えび限定販売の行列に並びますが、既に千人くらいが並んでいるそうです。
KIMG0049
KIMG0051

一時間程並んで、500g(1,500円)をゲット、お昼に甘えび丼して頂きます。

KIMG0054

10時からアイスクリームの早食い競争の申し込みが開始とのことで受付に行くと、何と女性は定員で締めきり、男性は私で締めきりでした(子供、女性、男性、各5名×2グループ)、う~ん残念。

KIMG0053
競技は単純で、1個のアイスクリームを早く食べたものが勝ちで、各グループの1位は甘えび500gの賞品が貰えます。
さて結果は、屈強な若者に囲まれた初老でこの手の競争が不得手な私、それでも4位と健闘(?)、楽しみました。

1529789121180

1529789107573
昨年の枝幸かにまつりのかに早食い競争でグループ1位、決勝3位だった相方は、「私なら勝てる」と一言、頼もしい限りです。
ところで何故アイスクリームなのか?ですが、羽幌には近隣の豊富の牧場の牛乳を原料にしたアイスクリーム工場があって、その商品はセイコーマートで販売されている、ということからだそうです。

さて、お昼には予定通りの甘えび丼と剥いたえびの殻で出汁をとった味噌汁。
新鮮なので剥きにくいのですが、味見すると、透明で甘くてとても良い歯応えです。
ご飯に甘えびを山盛り、味噌と卵をトッピングして、醤油を垂らして頂くと、これは美味しいですね。

KIMG0059
KIMG0061
KIMG0063

ゆっくり休んでから会場に戻り、沢山の飲食の露店で昼食その2?、おやつ?、まあ良いでしょう。

KIMG0056
KIMG0071
KIMG0070

この旅の初めての「おまつり」を堪能しました。
今日も羽幌に泊まって、明日は天塩中川に戻ります。

終日羽幌に滞在。

北への旅第12日目
今日も朝から小雨交じりの空模様です。
Kさんと羽幌公園のパークゴルフ場(9ホールの3コース、無料ですが協力金100円以上)へ。
昨年7月の道の駅パパスランドさっつるのパークゴルフ場以来の2回目です。
Kさんに道具一式をお借りして、スタート。

KIMG0014
ベテランのKさん、軽く振っているのにライナーで遠くまで飛びます。
1529741362412
へっぴり腰な私、あらぬ方向へ。
1529741357786
KIMG0017
この手の競技が不得手な相方と私ですが、それでも下手は下手なりに面白いですね。
たまに芯に当たると、なかなか気持ちが良いです。
各地に良いパークゴルフ場がありますので、先ずは貸道具で始めてみましょうか。


内陸方面の移動するKさんとお別れして、我が家は再び羽幌港フェリー乗り場の駐車場でお昼を頂きと休憩して、マメイカの狙いの夕まづめを待つことに。

お昼はマメイカとベーコンのパスタ、美味しい!!!

KIMG0022
ご馳走様でした。

16:30から昨日と同じ北埠頭で実釣開始。
風が強いのですが背に受ける風なので、何とか釣れる状況です。
最初は、マメイカ釣り初めての相方がポンポンと5連荘で私は0という恐ろしい展開・・・、先日の塩焼きサイズのヤマメといい、脅威です。

KIMG0025
30分近く経ってやっと私に乗りが、心底ほっとしました。
KIMG0027
一荷釣り、恥ずかしいくらい幸せそうな表情です
KIMG0032
1時間半で17杯、我が家にとっては、大漁です。
KIMG0033


P泊地は昨日と同様に羽幌サンセットビーチの駐車場、着く頃には丁度夕陽が沈むところでした。
KIMG0035
KIMG0036

本日の夕食は、マメイカの湯引きと若芽の酢の物、水蛸の頭の刺身、餃子。

KIMG0039
マメイカはどう料理しても美味しいですね。
夕方のちょい釣りでおかず一品、キャンピングカーの旅を始めた時の目標の一つでした。
ご馳走様でした。
明日は、はぼろ甘えびまつりです。





道の駅なかがわ(09:15)⇒羽幌(10:45)

当初は先ず先ずの天気が続く予報だったのですが、今日から2日間雨模様の予報に変わり、明け方から小雨が降っています。
流石に雨の中を下る気がしなくて、今日は川止めの天気待ちとすることにしました。
それと昨日水に浸けたスマホが復帰せず、最寄りのauショップがある羽幌へ行くことに。
auショップで診て貰いましたが、液晶ディスプレイのの基盤に浸水したようで、ご臨終宣言でした。
現機はエクスペリアでこれを選んだ理由は、まともな手書き入力システムがあるからでした。
エクスペリアの後継機は2017年から、手書き入力システムが無くなってました
そこでKYOSERAの「TORQUE」、防水、耐海水、塩水耐久、耐日射、防塵、耐氷結、耐衝撃・・・・・・、水中でも撮影可能というような機種です。

1529643176261
現機の情報のバックアップがあり、新機に情報の移行ができ、大変助かりました。
さて、FBの投稿は殆どスマホで手書き入力で行っていたのですが、これからは通常の入力(ヒラガナ、ローマ字)となりますので、慣れるまで苦労しそうです。
情報移行に長時間掛かるので、羽幌港の「浜のかあちゃん食堂」へ。

1529641674546
カレーライス(700円)、しみじみ美味しい、真っ当なカレーです。
1529641691882
河豚だし醤油ラーメン(600円)、塩分高めで漁師町のラーメンといったところです。
1529643243741
ご馳走様でした。

駐車場で毎年北海道の旅でご一緒させて頂いている川崎在住のKさんと遭遇。
午後からここから近くの北埠頭でマメイカ釣りをされるということで、スマホの情報移行が終わったら、参戦させて頂くことに。

夕方17:30頃に参戦、仕掛けはYAMASHITAのナオリーセットダブルチャンス1.5B、1.5号のエギと丸イカ用スッテの組み合わせです。

KIMG0024

潮の下げ止まり前までは、断続的に降る大雨の中、入れ乗りで50杯も釣れたそうです。

そろそろ上げ潮が効き始めてまた乗り出すだろうとのことで、レクチャーを受けながら見ていたら、さすが名人、見事マメイカを乗せました。

KIMG0002
私も実釣開始、30mくらい投げて煽っては沈めて糸ふけを取って、を繰り返します。
3投目で大分岸寄りで煽った瞬間ズンという結構な乗り、エギとスッテの両方に乗っていました。

KIMG0003
2年ぶりのマメイカ、可愛いけど乗った時の感触とどきどきする引き、なかなかの釣趣です。
KIMG0005
その後も2投の一回くらいの乗りで、バラシも多少ありましたが上出来です。
45分くらいでつ抜け(10杯)、となる頃には日も暮れて体も濡れてきたので納竿しました。
先達はあらま欲しかれ、Kさん有難うございました。


道の駅ほっとはぼろは、週末のえび祭りのため、入場規制されていて、P泊地を羽幌サンセットビーチの駐車場に変更。

本日の夕食、マメイカの刺身(皮をつけたままの4分割)、ナマコ酢(Kさんの釣果を頂きました)、カスベの煮付け、焼売。

KIMG0008
マメイカの刺身は、小さなヤリイカといった食感と味わいで、美味しいです。
今日から羽幌に3泊するので、また釣行したいですね。

道の駅美深(04:30)⇒中川森林公園キャンプ場(05:20)⇒びふかアイランド書カヌーポートまで回送(08:30)⇒Down the teshio 第2日目⇒天塩中川のカヌーポート(16:30)

北への旅第10日目
今日はDown the teshio 2日目で、びふかアイランドカヌーポートから天塩中川のカヌーポートまで57kmの長丁場です。
今日は、先にプレアデス号を上陸点まで運んで、そこからJR宗谷本線とバスを使って出艇場所まで戻る、という回送方法をとりました。
(出艇場所にプレアデス号を置いて、上陸点から出艇場所に戻るには、JRの運行時間が合いませんでした。)
DSC_3541
天塩中川の中川森林公園キャンプ場にプレアデス号をデポ
DSC_3546
何時もの、玄米+十穀米+もち麦の朝食。
DSC_3547
DSC_3548
JR天塩中川駅から始発の宗谷本線の列車に乗って恩根内駅へ
DSC_3549
DSC_3551
DSC_3552
途中の駅で乗車したお客さん、パドリングシューズを履いていたので、もしやと思ったら、びふかアイランドカヌーポートから天塩川温泉カヌーポートまでDRする道内の方でした。
恩根内駅からのバスルートをご存じなく、お話したらご一緒することに。
DSC_3553
恩根内駅からバスに乗り、車窓から。
DSC_3558
びふかアイランドカヌーポートから出艇。
DSC_3560
さて、スマホを水に浸けてしまい、復活しなくなりモバイルPCでFBに投稿しています。
私が撮影した写真もダメで、相方の写真を借用することに。
KIMG8225
KIMG8231
音威子府のカヌーポートでお昼&休憩
KIMG8235
KIMG8232
最近はカップ麺一杯とパン二三個というのが定番になりつつあります。
KIMG8233
KIMG8236
3回目の休憩
KIMG8239
KIMG8241
本日の終点、天塩中川のカヌーポート
KIMG8242
1529702030816
1529702035609

<本日のDR纏め雑感>
・全行程:56.8km、最大速度16.2km/h、所要時間:7時間13分、漕行時間:6時間5分、全平均時速:7.86km/h、漕行時時速:9.13km/h
・瀬とテッシと時折現れる展開、完全に流れが止まるような瀞場は少なく、全体によく流れる感じ
・危険!といったところはなかったが、瀬では水をよく被って濡れっぱなし、また沈み石に掴まったり、複雑な流れを艇の横に受けてバランスを崩しそうになる等、ファルトボートだとヒヤっとする場面もあった。
・水質は全般的に良好で川の匂いは余りしなかった。風景も良く、また河畔林も美しい。
・上陸可能なカヌーポートや河原も多く、自由に休憩がとれる。但し上陸点の天塩中川のカヌーポートは判り難く、また上陸が困難だった。
・初日の33kmより全般的に快適だった。
・さすが57kmは疲れて、両腕と足の裏側の筋肉が大分張ってしまった。
明日の3日目は天塩中川のカヌーポートから幌延の天塩大橋の40km、流れも緩くなり、吹上の風が強く吹くこともあるそうで、最大の難所になるかもしれません。
実は、当初まずまずの天気が続く予報が崩れて、第3日目と第4日目が雨模様となってしまい、6月21日は川止めの天気待ちとすることにしました。
完全な通しで151kmを下りたかったのですが、とても残念です。
(迫力に欠ける断片的な写真となってます。ご容赦の程)

道の駅つるぬま(05:10)⇒名寄大橋(08:30)⇒Down the teshio 151 第1日目)⇒びふかアイランドカヌーポート(17:20)

北への旅第9日目。
天塩地方の天気が3~4日間持ちそうなので、今回の旅の目標の一つのDown the teshio 151(天塩川川下り151km、名寄大橋⇒日本海河口)をやることに。
ワイルドカード号(ファルトボート)、4日間、ソロ、回送はJR宗谷本線やバスや自転車、といった感じです。
上流から中流の1OOkmはそこそこ流れがありますが、残り50kmは流れが無く、吹き上げの風が強く吹くことがあり、体力勝負で厳しそうです。
「ダウン・ザ・テッシ-オ-ペッ2018 スペシャル」に詳細な川地図が掲示されているので、これを頼りに漕行します。
DSC_3540
道の駅つるぬま⇒名寄市まで走って、名寄大橋からスタートしました。
①名寄駅前に自転車をデポ、②名寄大橋の右岸下流の広場でワイルドカード号をキャリアから下ろしてスタート、③びふかアイランドカヌーポートで上陸(漕行距離:34km)、④私は路線バスで名寄駅まで乗車して自転車で名寄大橋まで走ってプレアデス号を回収してびふかアイランドへ戻る(約2時間)、が当日の行動です。
名寄大橋のエントリーポイント
DSC_3538
DSC_3500
この辺りでも既に大河の趣です。
先々週から先週初めまでの長雨で、相当に水量が多くなっているようです。
DSC_3503
水は、先ず先ずの透明度です。
DSC_3505
DSC_3507
この程度の小さい瀬は沢山あります。
DSC_3508
恵深橋のカヌーポートでお昼&休憩
DSC_3513
DSC_3512
DSC_3515
DSC_3519
本日の終点のびふかアイランドカヌーポート
DSC_3527
DSC_3529
回送のバスを待つ間に、普段飲まない炭酸飲料が美味しい。
本当はビールが飲みたいのですが、我慢です。
DSC_3532
DSC_3533
JR名寄駅まで運行するバス、とてもラッキーです。
DSC_3534
JR名寄駅からは、予めデポしたアルブレイズH号で名寄大橋に向かいます。
DSC_3537
本日の漕行軌跡
1529702331660
1529702335438
<川下り雑感>
天塩川は水量が多く、瀬やテッシ(岩盤由来の段差)が少々隠れ気味なのではないかと。
平均時速が8.5kmだったので平均流速は4kmくらいと推測。
瀬とテッシと瀞場が交互に現れる。
ルートを誤らなければ、ファルトで問題無く下れるレベル。
河畔林が美しく、程よい流れに乗って下って行くととても気持ちが良い。
水質はまずまずだが、牧場や市街からの流れ込みがあるので盛夏は厳しいかも。
美深温泉で体の疲れを解して、夕食を食べたら寝落ちしてしまい、目が覚めて投稿しています。
明日の第2日目は未体験の50km超え、果たして漕ぎきれるか?
(瀬とテッシは動画を撮ったのですが、未編集で掲載していません。写真は瀞場ばかりで面白くないですね。)

明日は、未経験の50km越えのDR、さてさてさて漕ぎ切れるでしょうか?

北への旅第8日目(6月18日)
仁木町の山荘の3日目の朝、ゆっくりと起きて片付け、戸締まりをして出発。

札幌へ帰るIさんにお別れして、積丹半島の神威岬へ。
昨年夏に訪れましたが、晴天なのに強風のため岬の遊歩道が閉鎖でした。
朝、雲が切れて少し青空も覗いたので、一縷の望みをかけて行くことに。
遊歩道は開いていましたが、薄曇り。
岬の突端まで絶景の小道を往復、積丹ブル一とまでにはなりませんでしたが、それでも美しい海でした。
DSC_3464
昨年はここまででした。
DSC_3465
素晴らしい風景です。
DSC_3466
DSC_3467
碧い山襞が見事です
DSC_3470
結構なアップダウンで良い運動に。
DSC_3472
DSC_3478
神威岬のシンボルの神威岩
DSC_3479
薄曇りでもこの青さ、晴れた時の積丹ブルーは凄いでしょうね。
DSC_3480
道すがらの花々、これは?
DSC_3481
ハマナスですね。
DSC_3482
キスゲの類でしょうか
DSC_3485
シシウドの類
DSC_3486
これは?
DSC_3487
遊歩道が歩けて良かったです。
次回は、晴天で遊歩道が開放、ですね。


お昼は話の種系で余市の「ファミリーすしガーデンハウス」
DSC_3491
まんぷくちらし(880円):1.5号の酢飯に山盛りのネタ、と三食丼(880円):鮪と卵焼き+とび子と烏賊+いくらとサーモン、鮭のあら汁(100円×2)。
先ず先ず美味しく頂きましたが、予定通りお腹一杯になりました。
DSC_3489
DSC_3490
ご馳走様でした。

さて、天気予報と地図をにらめっこして、今日は道の駅とうべつ(今年4月開業)に寄って、道の駅つるぬまへ。
DSC_3493

P泊地の道の駅つるぬまの傍の「浦臼町自然休養村センター」で入浴。
ゆるキャラの臼子ねぇさん、一寸来歴を調べようと思いましたが、止めておきました
DSC_3497

本日の夕食、残り物で簡単に。
DSC_3498

明日は早起きして早朝に名寄まで走ります。

仁木町(09:00)⇒岩内(10:00)⇒赤井川温泉(14:30)⇒仁木町(15:30)

北への旅第7日目(6月17曰)
今日は仁木町の山荘に終日滞在です。
朝練で、昨日ヤマベの新子釣りでボウズだったのでリベンジです。
夜半の雨で笹濁りの例のポイントでやっと5匹、ほっとしました。
今日は午前中に岩内港に波止釣りへ。
投げ釣りで鰈、ブラーで根魚狙いです。


さて山荘を出発して数100m行ったところのヒグマ用の「はこわな」に人だかり。
まさか⁉️と思ったけど、そのまさかでヒグマが掛かっていて遠目でもはこわながガタガタ揺れています。
ハンターがライフルを構えて発砲、仕方がないとはいえ、可哀想な・・・。
北海道は何処でもヒグマが出る、を実感しました。

DSC_3444
DSC_3440
DSC_3443
 さて岩内港の波止釣り、風も少し強く、渋い。
YI師匠がクジメのような魚、相方がカジカのような魚をあげ、私は例によってボウズ。
小さいけれど美味しそうだったのでクーラーへ。DSC_3447

 DSC_3445

今日の温泉入浴は、赤井川温泉カルデラの湯(400円)。

浴室の写真はNETから拝借。

akaigawaonsen10
akaigawaonsen8
ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉(アルカリ性低張性高温泉)・加水無加熱源泉ドポドポ掛け流し・泉温/湯船:56.6/43and41・無色透明・無臭・無味・ツルスベ・立ち寄り湯系。

気持ち良くゆっくりと温まりました。

山荘に帰って、私は料理の担当で、YI師匠と相方は食材調達へ、「新子5匹では足りん」と相方、ついでに山独活の穂先も。

DSC_3450

 DSC_3454

結果は、相方が立派な塩焼きサイズを、ううう・・・私は当分立ち直れそうにありません(T_T)。

DSC_3459

今日も自家調達の海の幸、山の幸満載の宴会。

昨日の蕨は重曹の熱湯に一晩漬けて、灰汁抜き。

DSC_3449

今日も山独活
DSC_3455

クジメのような魚とカジカの類いの魚(何れも手の平サイズ)の姿作り(^o^)v
DSC_3457

蕨のお浸し
DSC_3461

山独活の天婦羅
DSC_3460

ヤマベの新子の天婦羅
DSC_3462

ヤマベの塩焼き

DSC_3463
低温調理の牛腿肉と豚の肩ロース

1529293170010

ゆっくり楽しんで、9時過ぎにはバタンキューでした。




東大沼キャンプ場(06:20)⇒仁木町(13:00)

北への旅第6日目(6月16日)
東大沼キャンプ場の駐車場、土曜日の朝ですが、車が大分増えてきました。

先ず今日は大沼から仁木町へ移動します。

朝食はセイコーマートで中食。

セコマ名物の110円のスパゲッティシリーズ、朝食にぴったりです。

DSC_3407

 途中、尻別川ラフトコースの出艇・上陸場所を偵察。

出艇場所の中野橋の駐車場。

高校生のラフティング体験の団体でごった返していますが、ウィークデーは人出は少なく、駐車もOKとのこと。

DSC_3408

流石に尻別川、水が綺麗で、水量も良さげです。
DSC_3410

上陸場所の羊蹄大橋の広い河原、ラフトコースの終点です。

DSC_3414

DSC_3413

仁木町のIさんの山荘へに到着。
元勤め先の先輩で、退職後、千葉から札幌に移り住んで8年目になります。
築26年の素敵なログハウス、昨年に引き続きお世話になります。

DSC_3418

 DSC_3417

築26年とは思えないくらい内装が綺麗です。
DSC_3451

DSC_3452

さて、本日のアクティビティその1は山菜採りで、蕨と山独活を。
DSC_3416

アクティビティその2は小鳥の巣箱の作り、夏休みの宿題気分です。
DSC_3419
先ず先ずの出来
DSC_3420
山荘の白樺林に設置、小鳥が気に入ってくれると良いですね。
DSC_3423
DSC_3424

アクティビティその3はヤマベ(やまめ)の新子(昨年秋に生まれた子供)釣り。
道路脇の小川のちょっとした落ち込みです。
1529216707643
釣果、新子は相方、新子でないヤマベはI師匠で、
DSC_3426

山荘の贅沢な露天風呂、笑ってしまうくらい立派です。
掃除と給湯で準備は数時間、これも贅沢ですね。
ゆっくりと温まりました。
DSC_3421

ログハウスのテラスでゆっくりと夕食。
ヤマベの新子と山独活の天婦羅、味噌胡瓜と漬物。
新子の天婦羅はほくほくして身の旨味と腸のほろ苦さが絶品、香り高い山独活は山菜の王様です。
DSC_3429
旬の小樽産の大蝦蛄、食べでがあって時間も掛かって美味しく、酒の肴にぴったりです。
DSC_3430
生ラムと野菜の炭火焼き。
玉葱のホイル蒸しが最高、もう1追加しました。
DSC_3432
ヤナギノマイのアクアパッツァ、なかなかの出来、身とスープを残して〆のスパゲッティにしました。
DSC_3433
部屋に戻って、一杯。
DSC_3438

盛り沢山でとても楽しい一日となりました。

北への旅の第5日目、今日は終日、東大沼公園に滞在です。

4時過ぎに起きて、スープとクラッカーを食べて、早朝パドリングへ。
大沼の西部と東部の多島地帯を巡る予定。
曇りがちに少し青空が覗く空模様で、駒ケ岳も特徴的な頂きが雲に隠れています。
DSC_3357
西部の多島地帯、小沼に続くところで、大沼の一番の観光スポットです。
DSC_3358
沢山の小島と複雑な入り江を巡りますが、スマホのY!MAPの航空写真を頼りにして漕いでいきます。
DSC_3359
DSC_3362
上陸できる小島で休憩。
DSC_3363
DSC_3364
多島地帯は遊歩道と橋が整備されていて、何度も橋を潜ります。
DSC_3366
ヒツジクサでしょうか。
DSC_3368
これはコウホネですね、蕾が沢山出ていましたが、見頃は1週間から2週間後くらいでしょうか。
DSC_3369
黄菖蒲みたいな?
DSC_3373
DSC_3377
行けると思ったら、通り抜けられない水路
DSC_3378
東部の多島地帯
DSC_3380
青空が広がってきました。
DSC_3384
DSC_3382
DSC_3383
帰着する頃には、素晴らしい天気になりました。
DSC_3387
沢山の島と複雑な入江、なかなか面白いパドリング、漕行距離:11.1km、朝食前の結構な朝練となりました。


今日の朝食は、[玄米+十穀米+もち麦]と摺り身汁、程好い運動の後、美味しく頂きました。
DSC_3389
ご馳走様でした。

手作りカヌーの進水式だそうです。
木目の美しいカナディアンカヌー、皆さん少しお年を召した方々で、優雅ですね。
DSC_3390

午前中は、相方はアルブレイズK号で6km先の郵便局へ、私はblog打ちやFBへの投稿など宿題を。
DSC_3391
お昼は、乾麺のそばで牛筋大根そば。
DSC_3392

今日の温泉入浴は、キャンプ場から20分ぐらいの「駒ヶ嶺温泉ちゃっぷ林館」(430円)。
源泉掛け流しと循環の組み合わせですが、立派な施設で、ゆっくりと温まりました。
DSC_3394

駒ヶ岳が赤く染まる夕焼けを期待して、出艇しましたが雲が出てしまい残念。
DSC_3396
DSC_3397
DSC_3401
DSC_3403
2日間で3回の出艇、堪能しました。
北海道での良い天気率は、今のところ2/2で100%です。

タープを畳んで、ワイルドカード号をプレアデス号のキャリアに載せて、移動準備完了です。
明日は仁木町へ向かいます。

青森港フェリー乗り場(07:40)⇒函館フェリーターミナル(11:45)⇒七飯(13:00)⇒東大沼公園(14:00)
北への旅第4日目(6月14日)
今日は津軽海峡フェリーで青森⇒函館と渡道します。
海割ドライブで14,800円(通常料金18,500円)とお得です。
OYさんにお見送り頂くことに、恐縮の限りです。
DSC_3305
函館山が見えてきました。
DSC_3308
函館に到着、今年の2月以来、4ヶ月振りです。
DSC_3312

イオン、釣り具店2軒で買い物して、大沼公園方面へ。
今年の3月23日に開業した道の駅なないろ・ななえに寄り道しました。
函館周辺でP泊できる所が少なく、重宝するかもしれません。
DSC_3315
DSC_3316

お昼に、ラッキーピエロ峠下総本店へ。
いつの間にかこの店を素通り出来なくなってしまいました(^^;
DSC_3325
DSC_3324
毎回頼む、チャイニーズ千キンバーガーセット(650円)
DSC_3321
セットのラッピポテト、フライドポテトにホワイトソースとデミグラスソースが掛かった恐ろしい食べ物です。
DSC_3322
もう品は毎回異なったものを頼みますが、今回はカツ丼(490円)。
なかなか本格的で、ボリュームをあります。
DSC_3323
少々、食べ過ぎ。
東大沼キャンプ場に着いたら、体を動かしましょう。
ご馳走様でした。

駒ケ岳が見えてきました。
DSC_3329

14時頃、東大沼キャンプ場に到着。
贔屓のキャンプ場、18年前に初めて訪れた時、素晴らしい環境と設備(当時珍しかった人感センサー照明・換気が付いたトイレ)、毎日の清掃、それで無料、感動しました。
湖畔だけでなく、巨木の林間も美しいです。
DSC_3330
荷物は台車で。
DSC_3331
湖畔にタープを張って、ワイルドカード号を組み立て準備完了。
DSC_3332
立派な炊事場
DSC_3333
これまた立派なトイレ。
DSC_3334
18年前と全く変わっていません。

今日の温泉は、車で5分の「留の湯」へ。
2年前に訪れた時は、相当年期の入った旅館だっだのですが、昨年リ二ューアルしてすっかり明るくなっていました。
DSC_3336
浴室の写真はNETから拝借
20170818_001
単純温泉(中性低張性高温泉)・無加水無加熱源泉ドポドポ掛け流し・泉温/湯船:47/42a・無色透明・無臭・無味・サラスベ・温泉旅館系。
2年前の古い浴室、私はこの方が好みです。
5ee1ba29

キャンプ場に戻りました。
大分陽が傾いています。
DSC_3340
DSC_3341
軽く夕暮れパドリングへ。
DSC_3342
DSC_3343
駒ケ岳の頂きに雲が居座って、特徴的な山容を見ることが出来ませんでした。
DSC_3344
DSC_3345
DSC_3348

先ずはビールで乾杯。
DSC_3350
キャンプ場らしく炭火焼き、サフォーククロスラム、手羽先、コマイ、玉葱とミズダコのブツ。
DSC_3352
綺麗な夕焼け、北海道第1日目は良い天気に恵まれました。
DSC_3353
DSC_3355
明日は終日、東大沼公園に滞在です。


このページのトップヘ