烟霞淡泊

烟霞淡泊(えんかたんぱく)の心境には程遠く、日々誘惑と闘いながら(連戦連敗・・・)、ポタリング、カヤック、八十八箇所(四国霊場写し)と七福神巡り、釣り、キャンピングカーの旅を楽しんでいます。ご笑覧あれ。

5時起きで朝一番で中野へ墓参り、9時30分には帰宅。 
イオンモールつくばに買い物と古紙をリサイクルへ。
image

ペニーレインつくば店」で昼食のパンを。
image

いろんなパンが。
image

レストランも併設されているようです。
image

「RVランドつくば店」に寄ってみました。
なんと「ハラさん」さんのオルビスが止まっていました。
初めてお会いしました。
先週に北海道から帰ったばかりですね。
オルビスのこと、カヌーのこと、等のお話しを伺いました。
いゃー本当に偶然でした。
image

昼食、ペニーレインのパン。
なかなか美味しい。
ご馳走様でした。
image

夕方に破竹(苦竹?)の筍採りへ。
沢山採れて、本日の夕食は筍が一杯。
image

筍と豚肉の炒めもの、茹で筍の和え物(和風、中華風)、筍と掻き卵の冷たいスープ(画像無し)、焼き筍、オニオングラタンスープ、蒸し鶏のサラダ。
焼き筍はエグミが強くては、ダメでした。
後は美味しく頂きました。
ご馳走でした。


相方が知人と食事会とのことで、私は夕食替わりに近場で軽く一杯。
取手の「一会」です。
image

なかなかの店構え。
image

レモンハイ
image

付き出し、キャベツと魚肉ソーセージをマヨネーズで和えただけなのですが、どういう訳か、美味しい。
image

茗荷の天麩羅となんこつ(塩)。
image

しろかわ(たれ)。
image

かしら(塩)
image

焼酎のナカ2杯を追加して、2,400円ぐらい。
安い、美味しい、店主と常連の面白い会話、三拍子が揃った良い店です。 

朝は少し寝坊して、散髪して、近所の空地で破竹(もしかしたら苦竹?)採りへ。
まだ早かったのか収穫は2本。
下拵えを。
image

皮を剥いて
image

さっと湯がき(5分ぐらい)
image

水に晒し
image

下拵え終了
image

午後は「手賀沼温泉満天の湯」でゆっくりとしました。
どこにも行かない休日は久し振りです。 
取手の大橋を渡る時、温度表示計は何と34℃。
道理で暑い訳です。
本日の夕食は昨日に引き続き釣果で。
刺身盛り合わせ(柳メバルの刺身と松皮造り、真鱈の昆布締め)、破竹と若芽の和え物、クリームチーズの味噌漬けとクラッカー、白ワイン。
image

掻き玉と破竹の冷たい澄まし
image

本日のメイン、マゾイのアクアパッツァ。
image

アクアパッツァの残りでスパッゲッティ、板若芽掛け。
image

根魚、(真鱈を除けば皆高級魚ですね)、を堪能しました。
ご馳走様でした。



取手(01:30)⇒平潟漁港(03:30~14:45)⇒取手(17:30)
幻の柳メバルが釣れているとのことで参戦。
平潟は県北で少し走れば福島県です。
第15隆栄丸
4時前でもうっすらと明くなっています。
image

平潟漁港を出船。
image

2時間位走って開始。
水深は200m前後と結構深い。
食いが渋い。
日本海の激渋を引き摺っている?
image

それでも、ぽつぽつ釣れて、クーラーが賑やかになりました。
真鱈に夾まれた少し茶色っぽい魚が柳メバル、真っ赤な魚はメヌケ、焦げ茶の斑点はマゾイです。
image

本日の釣果、柳メバル:2、マゾイ:3、メヌケ:3、ウケグチメバル:3、真鱈:7、で55Lのクーラーがほぼ満杯。
真鱈を専門にすると、たいして釣れないのですが、外道だと釣れるというよくあるパターンです。
これだけ釣れると後始末が大変そうです。
さて帰宅して、知人、ご近所にお裾分けして、夕食の準備。
刺身(柳メバル、メヌケ、真鱈)、メヌケの清蒸、あら汁と、シンプルに。
image

柳メバルはメバルにしては脂がのり、とても美味しい。
昔は沢山、簡単に釣れたのでアンポン(タン)などと呼ばれていたそうですが、今は全く釣れなくなって、鮮度が良ければ、幻、高級魚扱いだそうです。
ただ東北、北海道では下魚扱いの所もあるようです。
処変われば、でしょうか。
鹿島のアカムツ釣りの外道で一度釣れたことがあります。
メヌケも小さいですが、味が濃くて、これまた美味しいですね。
清蒸のメヌケも、言わずもがなな美味しさでした。
ご馳走さまでした。
真鱈は切身にして塩麹漬け、冷凍へと後始末を。
これだけの魚を捌くと、手がボロボロになりました。

日本橋の本社で会議の後、「 ニューカヤバ 」で一杯。
18時入店で、一番混んでいる時間ですね。
エビスの生(X2)とつまみ4品で、2,100円。
「昼間っから晩杯屋」より料理は高めですが、飲み物は1杯100円からと激安なので、いい勝負ですね。
image

魅惑のディスペンサー、チューハイやホッピー用の宝焼酎、1杯100円。
ホッピーの外が250円、中(焼酎)は100円ですので外1中3で、何と550円。
image

気合いが入ってしまいました。
この後、梯子2軒で、恐ろしい晩となりました。
まあ、年に数回(?)はよいでしょう。

//今日は時間がなく事務所の周りをグルグル3回。
Panasonic Center TOKYOの植栽を。
image

余り見たことのない、何の仲間か見当も付かない花その1
image

余り見たことのない、何の仲間か見当も付かない花その2
image

余り見たことのない、何の仲間か見当も付かない花その3
image

花はキンポウゲに似ていますが。
image

金魚草の仲間?
image

これはラベンダーだ!
image


このページのトップヘ