烟霞淡泊

烟霞淡泊(えんかたんぱく)の心境には程遠く、日々誘惑と闘いながら(連戦連敗・・・)、ポタリング、カヤック、八十八箇所(四国霊場写し)と七福神巡り、釣り、キャンピングカーの旅を楽しんでいます。ご笑覧あれ。

月ーの私の両親の墓参りの後、次女の通っている学校の芸術祭へ。
雨の中、玉川上水の道を。
image

生憎の雨で大変のようです。
image

美大の学園祭(芸術祭)は初めてですね。
image

ジャズを聴きながらコーヒブレイク。
image

相方と袴姿の次女。
芸術祭実行メンバーとして長らく準備してきたそうです。
image

模擬店でお昼。
何時も通り、画像撮る前に食べてしまう。
学習しない一家であります。
ラフティー、玉子、大根
image

豚汁とカレー豚汁
image

これ以外にピタサンド、ホットドック、手羽先唐揚、すいとん、中華粽、少しずつ沢山。
御馳走様でした。
模擬雑貨店でかった小さなカップ(200円)、気に入りました。
そう言えば、美大の芸術祭らしい画像が全然ありませんね。
まあいいか?
image




/愛知県の一宮市に出張。
JR尾張一宮駅の改札出口。
何やら変な物達の一群。
失礼しました近隣のゆるキャラだそうです。
image

う~ん。
image

う~ん。
image

これは判り易い!
image

用件が終わり、尾張一宮駅へ戻り。
電車の時間を見つつ、ビールを一杯。
駅前の「寅“ちゃん」。
image

1000円セットをお願いしました。
発泡酒、おつまみ二品、鶏唐揚、一口餃子という豪華版です。
冷や汗をたっぷりかいた後で美味しい!
image

おつまみ二品、蒟蒻と挽き肉のピリ辛、公魚の山椒煮(本日の一番)、いいですね。
image

鶏唐揚、揚げたて、定番の美味しさ。
一口かじった後、何で我慢できないのでしょうかね?
image

ーロ餃子、ちょこっとという量がいいですね。
image
 
御馳走様でした。
近所にあったら通っちゃいますね。

印西大師堂を終えて早1ヶ月。
次は四都大師を考えていましたが二割くらいお堂が特定できません。
新相馬八十八箇所、印西大師はそれでもポピュラーだったのですが、ネツトで調べでもだめでした。
その地の篤志家にでも聞けば何とかなるかもしれませんが、今回はパスして行けそうなところを、ということで東葛印旛大師を。
地区としては白井市、柏市が中心です。
先ずは前回同様に地図にお堂を書き込むところから。
秋から初冬、電車で往復、帰りにー杯、というのもありですね
東葛印旛大師、同行二人、合掌。
image

青のNoは東葛印旛大師堂です。
赤のNoは印西大師堂です。
良く見えないかも。
一部オーバーラップしていますね。

キャンピングカー、スワローの備品、その他を揃えるために、ジョイフル本田へ。
灯油をを購入。
こんな季節になりました。
DSC_0911
工具箱、取りあえずのドライバー類、カッターナイフ、ガムテープ。
DSC_0912
ぶつけた跡の修理用、とほほ。
DSC_0913
三角の警告板とシガーライター電源二股ソケット。
これでレーダー検知器とスマホの充電が同時にできますね。
DSC_0914


仕事で静岡出張。
新幹線から富士山。
image

仕事までまだ時間があり静岡駅辺りを散歩。
どっかの?神社。
image

仕事が終わって一杯飲むことに。
刺身、桜海老の天麩羅、静岡おでん、その他、諸々。
御馳走様でした。
image

仕事の出来は兎も角、ちよっとした小旅行気分を味わいました。

2013北海道第9日目です。
菅生PA(05:00)⇒東北道⇒磐越道⇒阿武隈高原SA(朝食)⇒常磐道⇒RVランド(洗車)⇒自宅(13:00)。
阿武隈高原SA、良い天気です。

image

帰宅しました。
初めてのキャンピングカーの旅が終わりました。
日程:9日間
走行距離:2,752km
 良く走りました。
 東北道で1,400km、道内で1,300km。
使用軽油:294L
燃費:9.36km
 高速が殆どなので燃費が良くなっていますね。
宿泊:キャンプ場(4泊)、道の駅(2泊)、高速P泊(2泊)
 キャンピングカーでの宿泊は予想以上に楽で、快適でした。
 今回の旅行で感じたことは追々纏めようと思います。
余談。
長旅が終わりSwallowを車庫入れするとき、右後面をぶつけてしまいました。
無事に帰れた代わりと思えば、良しとしましょうか。

2013北海道第8日目です。
さて、茨城の自宅に向かいます。
長かったような、短かったような。
仲洞爺湖キャンプ場(07:15)⇒函館(10:15~11:00)⇒青函連絡船⇒青森(15:30)⇒東北道⇒菅生PA(20:50)本日のP泊
洞爺湖にかかった虹
(見えますかね、実際はもっとはっきりとしていましたが)
image

予定より1本早いフェリーにのることにして、お昼は北海道最終日の定番の函太郎寿司を断念。
函館駅で駅弁を調達して船内で。
大沼黒牛飯折(1050円)、北の駅弁屋さん(1300円)。
美味しかったです。
御馳走様でした。
image

青函連絡船から津軽を望む
image

東北道を一路南下、東北道の半分強の菅生PAで遅い夕食後、P泊。

2013北海道第7日目です。
エセコの湯本温泉野営場(05:30)⇒道の駅「真狩フラワーセンター」(07:00)⇒道の駅「名水の郷きょうごく」(08:40)⇒Boulangerie JIN(09:10)⇒伊達市(10:40)⇒仲洞爺キャンプ場(11:30)
ニセコの町、ハロウィンのカボチャ
image

吹き出し水公園で水汲み
汲んだ水で味噌汁とご飯の朝食。
image

Boulangerie JIN
ネットで調べたパン屋さん。富良野のラフィーに劣らず美味しいとのこと
image

リュスティック(300円)、栗ロール(250円)
image

仲洞爺湖キャンプ場
image

お昼、ローストポーク、レタス、リュスティックのサンドウィッチと栗ロール。
美味しかったです。
image

洞爺湖一周のサイクリングは時折の雨と強風で断念。
近場を7Kmぐらい散走。
image

好い感じです。
一周は次回に持ち越しましよう。
image

相変わらず、晴れたり、雨が振ったり、という天気です。
入浴は近くの「来夢人の湯」(390円)、湯船が一つのシンプルな造りで、掛け流しのお湯が静かに溢れていて、気持ちの良い温泉です。
image

夕食の準備の時、日暮れの洞爺湖
image

炊事場で昨日のホッケを焼いて、今日買った帆立貝は刺身と貝焼き、ボタン海老も刺身で。
image

ホッケを食べると北海道に来た感じがします。
御馳走様でした。

2013北海道第6日目です。
道の駅「うたしないチロルの湯」(08:30)⇒札幌(10:30~14:30)⇒ニセコの湯本温泉野営場(18:30)
北大の道
image

北大の奥の理想農場(?)
image

レストラン「エルム」
クラークカレー(1250円×2)とヘルシーランチ(1220円)
クラークカレー、辛口で複雑な味わい。
野菜が美味しい。
image

ヘルシーランチ、ヘルシーと謂いながら結構なボリューム。
image

御馳走様でした。
長女を家に送って、二条市場で買い物。
大きな帆立貝3枚(200円X3)とホッケの干物(500円)。
image

今日の入浴は、ルスツ温泉(200円)。
小規模の立ち寄り湯ですが、泉質良し、掛け流しの、おらが村の温泉と言った、良い感じです。
image

湯本温泉野営場に着いた時は真っ暗で土砂降り。
ホッケと帆立貝の炭火焼きの予定でしたが、鉄板焼きに、変更へ。
帆立貝は刺身とバター焼きで。
後は冷蔵庫の有り合わせ。
帆立貝は、美味しいですね。
御馳走様でした。
image

2013北海道第5日目です。
美瑛(08:00)⇒富良野(09:00~15:30)⇒道の駅「うたしないチロルの湯」(17:00)
富良野では自転車を一台借りて、食べ歩きサイクリング。
富良野駅前
image

食べ歩き1軒目、ブーランジェリー・ラフィー、パン屋さん。
いい感じです。
image

マロン(250円)、アップルパイ(250円)、ゆずショコラ(380円)
近くの公園で頂きました。
本格的です。
パイは全部サクサク。
ゆずショコラは重厚な味わい。
荒々しく且つ繊細。
御馳走様でした。
image

次は富良野チーズ工房へ。
空知川から富良野岳を望む。
image

同じく空知川から芦別岳を望む。
image

急坂で押しが入りました。
食べ歩き第2弾、富良野チーズ工房で試食とお土産購入。
image

食べ歩き第3弾
石窯パン アイム
下御料から急坂を登った所に在りました。
外観、店内共にとても良い雰囲気で、森のパン屋さんといった風情です。
image

小さなイートインコーナーがあり、パン3個(シナモンロール、トマトバジルとクリームチーズ、クルミとクリームチーズ各200円)とコーヒー3杯(200円×3)をお願いしました。
パンはどれもほっとするような優しい味わいです。それとコーヒーが美味しかったのです。
御馳走様でした。
image

長くて緩い下り坂の至極快適なサイクリングで富良野駅へ。
キャンピングカーに乗り換えて、食べ歩き第4弾、カンパーナ六花亭へ。
シチュエーションがなかなかです。
image

葡萄畑の中に建っています。
image

ぶどうソフト(250円)、濃厚なぶどうの風味
image

ふらの餅(100円)、直前に焼きを入れるので表面がぱりっとして、面白い食感です。それと中の餡が美味しい。
六花亭のお菓子は、手が込んで素材も良いのでしょうが、それにしては安く感じますね。
image

富良野あんころ(130円、写真なし)
本日の宿泊は道の駅「うたしないチロルの湯」で入浴はチロルの湯。
image

夕食はおでん、写真なし。
だんだん手抜きの感が・・・。

このページのトップヘ