烟霞淡泊

烟霞淡泊(えんかたんぱく)の心境には程遠く、日々誘惑と闘いながら(連戦連敗・・・)、ポタリング、カヤック、八十八箇所(四国霊場写し)と七福神巡り、釣り、キャンピングカーの旅を楽しんでいます。ご笑覧あれ。

道の駅「アグリパークゆめすぎと」(09:30)⇒自宅(10:40)
天気が持ち直せば栃木市へ街歩きに行こうと思っていましたが、関東北部は雪の恐れとの予報で早目に帰宅することに。
朝寝坊して、朝食もゆっくりと取って、野菜の売店が開く9時まで待ちます。
9時の開店とともにお客さんが。
image

3月の声を聞くと野菜の種類も多くなりますね。
少し変わった野菜を買いましたので、今夜食べてみましょう。
image

国道16号を自宅へ。
image

10:40自宅着
今回走行距離:150km
累計走行距離:4852km

自宅(07:45)⇒アグリッシュ川越(10:30)⇒川越七福神巡り(10:50~13:45)⇒藤店うどん川越店(14:00)⇒川越駅⇒アグリッシュ川越(15:00)⇒見沼天然温泉小春日和(16:00~17:15)⇒アグリパークゆめすぎと(18:20)
2月はキャンピングカー(スワロー)を動かせませんでした。
天気は良くないのですが、近場で1泊の小旅行へ行くことに。
取り敢えずの目的を川越にして後は天候次第ですね。
アグリッシュ川越に駐車して川越七福神巡りへ。
小雨模様で自転車はやめて徒歩にしました。
image

渋いお蕎麦屋さんです。
image

渋い豆腐屋さんです。
image

蔵の街並み
image

見立寺(元町):布袋尊
image

菓子屋横町
image

菓子司の「右門」でおやつを。
image

いも恋(180円)、見た目通りの素朴な美味しさです。
image

妙昌寺(三光町):弁財天
image

蓮馨寺(連雀町):福禄寿
image

成田山別院(久保町):恵比寿
image

ミニチュアの四国八十八箇所がありました。
このようなものはあると聞いていましたが初めて見ました。
image

1番から88番までの石碑とお砂があります。
なかなか立派です。
image

喜多院(仙波町):大黒天
image

天然寺(仙波町):寿老人
image

ガラス越しに撮りました。
image

妙善寺(菅原町):毘沙門天
image

変ったお地蔵様
image
 
10月13日はサツマイモの日だそうでこの妙善寺で川越いも祭りが開かれるそうです。
ところで何で10月13日なのどしようか?
「栗(九里)より旨い十三里」から来ているのかな?
image

たっぷり歩いてお腹がすきました。
お昼は「藤店うどん川越店」へ。
13時30分を過ぎたのに結構な行列が。
image

メニュー
image

肉汁うどん(並、650円x2)とかき揚げ(110円)
image

うどんの歯応え喉越し良し、小麦の香もしっかりとしています。
漬け汁は豚のバラ肉がたっぷりで熱々。
かき揚げも揚げ立てでさくさく。
とても美味しいですね。
ご馳走様でした。
川越駅まで歩いてバスでアグリッシュ川越へ。
見沼天然温泉小春日和へ(900円×2)。
image

揚出時は35度ぐらい、塩分濃度が高く、ねっとりした泉質、なかなか個性的な温泉です。
特に非加熱の浴槽は気に入りました。
長い時間浸かってものぼせず、湯上がりはぽかぽかが長く続きます。
今夜はアグリパークゆめすぎとでP泊。
草津温泉の行き帰りによく寄りますが、P泊は始めてです。







今日はお弁当なしで外食。
image

揚げ物が食べたくなりました。
とんかつの和幸有明店でミックスフライランチ
(950円)。
image

キャベツお代わり、ご飯を半分残して、お腹いっぱいになりました。
ご馳走様でした。
食後に散歩。
春の海、ぼかぽか陽気となりました。
有明埠頭です。
image


勤め先の同僚と新木場で一杯。
丸惣」です。
入口ですが店名のプレートがありませんね。
image

入った直ぐのところに大きな冷蔵庫につまみが入っています。
冷たいもの電子レンジで温めるものはここから取り出してレジに渡します。
image

店内で満席でしたがカウンターの端が2席空いていて滑り込みました。
image

生ビールとつまみの第一陣。
image

鮪刺身(380円)は食感も良くしっかりと鮪の味がします。
煮魚は銀ムツ(190円)で立派なもんです。
他には鶏の燻製、漬け物、辣韮、鰺フライ、おでん、川海老唐揚げ、飲み物X5で5,000円でした。
つまみは何れも美味しかったです。
Г昼間っから晩杯屋」には比べるべくもありませんが、先ずは良い店ですね。
ご馳走様でした。

白井市のパキスタン・インド料理の「アルヌール」で食事へ。
カレーはポタリングの後と決めていましたが、本日はポタリングはしないので、せめて少し歩こうと白井工業団地のとある所に車を停めて往復で4km程歩きました。
image

マトンカレー(800円)、野菜カレー(700円)、マトンのビリヤニ(1000円)を注文。
マトンカレーと野菜カレー
image

マトンのビリヤニ
image

カレーは美味しいのですが、何時のような感動が足らないような。
ポタリングが一層美味しくさせるのかもしれません。
ビリヤニは一度食べたいと思っていました。
インディカ米のピラフといったところで、ふわっと、またスパイシーで、美味しかったです。
ボリュームたっぷりでライタを掛けるとまた味に変化が付きます。
近くのミニストップでデザートを。
チーズケーキ.ソフト(198_円)は予想通りの美味しさでした。
image

さて、スマホの機種を変更しました。
AUでARROWS Z FJL22です。
前のARROWSは2年使いましたが、容量不足でアップロードが出来なくなり、薄くて使い易くて気に入っていたのですが、変えざるを得なくなりました。
同じシリーズでの更新ですが、使い方が結構変っていておじさんには辛いですね。
まあ、そのうち慣れるでしょう。

定年退職した元上司が自宅に喫茶スペースを昨年11月に開店しました。
遊びにおいでとお誘いを頂き、都内の散策を兼ねて相方と二人でお訪ねすることに。
少し朝寝坊して、朝食は相方、帰省中の長女と一緒に散歩がてらキャノンの横のtrois fleches(トロアフレーシュ)へ。
image

二代目エビバーガー(210円)、ビーフジャーキー(250円)、ゆずあんぱん(150円)、クランベリーとクリームチーズのサンド(190円)をサービスのコーヒーとともに。
image

どれも美味しかったのですが、本日の一番はビーフジャーキーかな。
散髪して帰宅、6000歩程の散策でした。
都内へ。
新大久保から神楽坂へ山ノ手新宿七福神を巡ることに。
何時もは自転車ですが今回は歩きです。
大久保のラーメン屋さんの「直久」でお昼。
2日連続でラーメンですが本日はよく歩く予定ですので、まあ良いでしょう。
こく旨ラーメン醤油(750円)、生姜塩ラーメン(680円)。
普通に美味しかったです。
御馳走様でした。
image

歌舞伎町の裏手の鬼王神社の恵比寿神
image

新宿二丁目界隈の大宗寺の布袋尊
image

途中に寄り道した西向天神に富士塚がありました。
image

西向天神の横丁、なかなか素敵な風情です。
image

新宿6丁目の法善寺の寿老人
image

新宿7丁目の永福寺の福禄寿
image

余丁町の厳島神社の弁財天
image

原町の経玉寺の大黒天
image

神楽坂の善国寺の毘沙門天
image

新大久保のコリアンタウン、歌舞伎町、新宿二丁目、天神の横丁、神楽坂と個性的な街を巡る散策で面白かったですね。
さて市ヶ谷の薬王寺町の「気まぐれギャラリー風花」へ。
外苑東通から薬王寺坂を登って四つのお寺を過ぎた辺りにあります。
道の高さがエントランスで、階段を降りるとお店となり、ちょっと隠れ家のような雰囲気です。
お店そのものの写真を取り忘れてしまいました。
次の機会に撮りましょう。
リンクを張った薬王寺町のホームページの紹介記事をご覧ください。
image

壁の一面にはたくさんのジャズのLPが飾られています。
珈琲、ワイン、ベルギーとドイツのビールと一寸したお摘みを用意しているとのこと。
本日は貸切にして頂き、ベルギービール、ワイン、色々なお摘み、そそう忘れてはいけません、珈琲も頂きました。
何れも美味しく、楽しいひと時を過ごすことができました。
DSC_0583

次の都内の街歩きの際にはちゃんとした?客として伺うことにしましょう。
御馳走様でした。
本日の歩数は26,000を超えました。
約20km、よく歩きましたね。
記録かもしれません。

休暇を取って槍烏賊釣りへ。
朝一番でフラツシャーサビキで鯖・鯵を数投するのですですが、この時期の大型の真鯖は大変美味しく、どちらかというとこれが狙いです。
04:45出船前
image

勝浦から行程1時間程のところ(何処辺りの沖合か判りません)。
天気は良いのですが寒いです。
image

残念ながら鯖は不発でした。
槍烏賊はポツポツで、始めは大型だったのですが、後半は小型ばかリとなりました。
28杯で食べて残りを冷凍保存するには充分です。
image

12:15勝浦寄港
勝浦は雛祭りの最中でした。
街中の至る所で雛人形が飾られています。
image

お昼は大原手前の中華料理の「天心」。
最近出来たようです。
駐車場に車が多く止まっていたのと佇まいに惹かれました。
image

メニュー
image

安いですね。
醤油ラーメンの大盛(550円)を注文。
image

さっぱりとしたスープですが表面に脂が薄く覆っていて、そのせいか上顎を火傷するほど熱々でした。
スープが熱いのに麺は最後まで伸びることなく美味しく頂けました。
ボリューム満点でこの値段、お客さんが多いのは当然ですね。
帰途の木下辺りで、此処も雛祭りのイベントです。
image

本日は槍烏賊のタ食。
槍烏賊の刺身とゴマ鯖の〆鯖、丹波シメジとげその土瓶蒸、げそ他のつまみ4品(大蒜オリーブオイル和え、豆板醤和え、岩海苔和え、子持ち槍烏賊丸煮)、クリームチーズの味噌漬、烏賊飯。
御馳走様でした。
image



綾ぶどう豚のバラで焼き肉。
焼き肉と海老チリ(長女作、しっかりと辛くて本格的)。
image

焼き肉にしても美味しいですね。
しゃぶしゃぶと同じように一緒に頂く野菜が格別です。
御馳走様でした。
そうそう、本日差し出し人が綾町町長の前田穣さんでゆうパックが届きました。
礼状と日向夏ドリンクの「綾夏ちゃん」でした。
なかなかやりますね。
綾牛も美味しそうなので次回かな。

このページのトップヘ